ぽよよん備忘録

poyo25.exblog.jp
ブログトップ

音楽発表会と情報交換会

今日は次郎の小学校の音楽発表会があった。
例年、大勢の保護者が十重二十重に人垣を作り、ビデオオヤジやカメラママたちで
ごった返すイベントだ。
しかし、今年は新型インフルエンザの影響で、各学年独立発表方式がとられた。
つまり、1学年ずつ体育館に入場し、演奏終了後は自分たちの教室に戻る。
他の学年の演奏が聴けないのは寂しい限りだが、
全校的にインフルエンザが大流行しており、常にどこかのクラスが学級閉鎖している
状況では致し方ないことか。

まあ、おかげで、保護者の方も入れ替わりが激しかったらしくて
最後の発表6年生の頃には、ほとんどが6年生の親のみ。
演奏直前にぎりぎりセーフで間に合ったわたくしでさえも(^^ゞ
余裕で前のほうに座れるという、まさに「怪我の功名」状態であった。

これが小学校生活最後の発表会。
歌こそ、高音が出にくくて
(注:この学年は女子が少ないせいもある。変声期男子ばかりじゃ仕方ないか)
ちょっとイマイチだったかもしれない演奏だったけれど、
合奏「剣の舞」はなかなかお見事!
次郎も骨折した右手でちゃんとピアニカを弾いていた。

となりのクラスなんか、二回も学級閉鎖になって、なかなか練習できなかったらしい。
(その分といってはなんだけど、次郎のクラスは全校でただ1クラス、 
 まだ学級閉鎖になったことがない(゚▽゚))
でも、学年全体でとてもよく合っていたよ。ぱちぱちぱち♪



その後は、同じクラスのお母さん3人と近所でランチ♪
このメンバーでランチをしたのは初めてだが、それだけに話の幅が広がって
楽しかったし、大変有意義な情報交換ができた。
うん。やっぱり、たまにはランチもしなくちゃだめなんだよ♪(*^-'*)>

子供も高学年になると、母同士の交流も少なくなってくる。
難しい年頃にさしかかった子供や、他の家族との関係など
一人で悩んで煮詰まって、子供とぶつかってイライラすることも多い(私だけか?)。
そう。自分でも「第2次育児ノイローゼ(≧▽≦)」
と呼んでいた状態だった。

でも、第1次育児ノイローゼの頃と同じように、いろんな人とおしゃべりしたら
「うちだけじゃないんだ。よし、頑張ろう!」と思うことができた。
ありがと、みんな♪



さーて、リフレッシュできたところで、元気に頑張るぞ。
それに、近々こうちゃんの入園準備をお手伝いできることになったし♪(*^-'*)>
絵本袋とかの縫い物をさせてもらうのさ♪
(注:大変へたっぴだけどorz)
布地選びも一緒に行くんだよー。
可愛い布地と可愛いこうちゃんで目の保養をしようっと。楽しみだわー♪
[PR]
Commented by うさこ at 2009-11-06 21:05 x
poyoさん こんにちは
次郎君の音楽発表会お疲れ様でした。
次郎君も骨折した手でピアニカ演奏大変でしたね。
大変な思いしたけど、あとでこんなことあったよね。って
思い出話に花が咲きそうですね。
Commented by だりあ at 2009-11-06 22:02 x
音楽会、お疲れ様でした♪
ちょっと寂しい音楽会だったようですが、前に座れて、ゆっくり次郎君をみることができて良かったですね(#^.^#)
卒業までの行事が、一つずつ終わって行くのって、何だか寂しいですよね~。次郎君の残り少ない小学校最後の姿を、しっかり見てあげて下さいね♪
(私は、あの小学校の頃のカワイイ娘に戻ってほしいと、今切実に思ってます(T_T))

育児ノイローゼ・・・わかるな~~~。
ランチでもしておしゃべりしないと、どうにかなりそうになっちゃいますよね~~~。
でも、小学校の時と違って、そうそうママ友と会うことがなく、おしゃべりもなかなかできないのが現実です。
で、農園に没頭~~これじゃダメですね(^^ゞ
春になったら、またランチにお付き合いくださいませ~~~♪
Commented by poyo25 at 2009-11-06 23:43
☆うさこさん
骨折した手で弾いたといっても、元々上手ではないので
できばえはあまり変わらないと思われます(≧▽≦)

次郎が骨折したときに一緒に遊んでいた友達は、
次郎が右手を骨折したと聞いたとき、まず思ったのが
「大変!次郎がお母さんに怒られる!!」ということなんですって。
「骨折したけど字は書ける」と知って、ほっとしたとか。
・・・・優しい友達に恵まれて、幸せな次郎です。
・・・・というか、そんなに心配かける私たちの親子関係って・・orz
Commented by poyo25 at 2009-11-06 23:49
☆だりあさん
うちの子の小学校は、今時めずらしいことに、年々児童数が
増えているので、こうした行事があると年々混雑の度合いも増えています。
だから、最後の音楽界でこんなにゆったり見られるなんてラッキーでした。

うんうん。太郎に比べたら、まだまだ小さくて幼くて可愛い
(時もある)次郎を見てると、「こいつもそのうちおっさんになる」
のが悲しくなります(pq)
だりあさんのお嬢さんは、もちろん「おっさん」ではなくて
「キレイなお姉さん」なんでしょうけど、やっぱり少し寂しいですよねー。

うふふ、いつも農園だの牧場だの、大変お世話になってます♪
楽しいですよねー。
でも、リアルおしゃべりが一番ストレス解消には有効かも。
ぜひぜひランチご一緒してください!!(・o・)ノ
Commented by あすか at 2009-11-07 16:12 x
>第2次育児ノイローゼ

青沼貴子著「かわいいころを過ぎたら」を読んだら、きっと気持ちが軽くなると思います。おススメです。

特に、男の子のお母さんにおススメですね^^。

私の場合、3年前のお兄ちゃんの中学受験のときに、突然病気になり、余命宣告を受けことになり、人生崖っぷちにたたされたような経験をしたせいか、人生観がかわりました。

子どもの心に寄り添う感じ・・・・・1人の人間として認めてあげて、息子が好きなテレビやマンガを一緒にみたりして、話題を作りながら、会話をしていると、子どもも、大きく反抗する事もなくなりましたよ。

Commented by poyo25 at 2009-11-07 22:44
☆あすかさん
お母様が大変な病気と戦っている間にも、一人でちゃんと勉強をして
素晴しい学校に見事合格されたお兄ちゃん。
お兄ちゃんのつめの垢をいただきたい・・・と思ったのですが、
そんなお子さんが育ったのも、ひとえにあすかさんの丁寧な
育て方の賜物なんでしょうね。

「子供の心に寄り添う」「一人の人間として認める」
ううっ、耳が痛いです。
今回の育児ノイローゼは特に次郎の受験関係が原因なのですが
やっぱりこれは、私が次郎の状態が「自分の思い通りにならな」くて、
頭ごなしにいろいろ文句をつけてしまうから
次郎も反抗してくるんだろうなー、と反省してます。
子供といえど、一人の人間。
本人を信頼して任せつつ、温かく見守りたいです。

「かわいいころを過ぎたら」、図書館で借りて読みましたー♪
(買えよ!)
「ママぽよ」も愛読していたので、リュウくんがご近所のお兄ちゃん
みたいに思えて、くすくす笑いながら読みました♪
西原理恵子の「ああ息子」だの「毎日かあさん」にも癒されてます(≧▽≦)
Commented by ゆうゆ at 2009-11-09 22:16 x
こんばんは。
音楽発表会できてよかったですね。
骨折しても練習したのですね、、、素晴らしいですね~エライ!
痛かったでしょうね・・・かわいそうに。
ウチの学校は中止になりました・・・。
同時に学級閉鎖で明日まで自宅から出られません!!
もう、家にいて勉強するにも飽きているようです・・・。
余計に落ち着きがありませんし、アホなことばかりやって私が辛いです・・・この子、受験生?って毎回思っている次第であります。
12日からの修学旅行にでも行ってリフレッシュして落ち着いて~って思う今日この頃・・・。
扱いにくい生き物に振り回されますね~頑張りましょうね!!
Commented by poyo25 at 2009-11-10 12:27
☆ゆうゆさん
えへへ、次郎のは骨折と言ってもほとんど日常生活に
影響がない程度なので、ピアニカもOKです。
上手に弾けるかどうかはまた別問題ですが(≧▽≦)

太郎の中学には音楽発表会のようなものはないので
(公式行事としてはないです。去年なぜか1回だけありましたが
保護者非公開でした。ぐすん)
わが子が演奏している姿は、もうこれが見納めかと思うと
ちょっと感慨深いものがありましたねー。

学級閉鎖、元気なお子さんには辛いでしょう。
いやいや、一番つらいのはお母さんか?
早く通常授業が始まって、無事に修学旅行も行けますように♪
名前
URL
削除用パスワード
by poyo25 | 2009-11-06 20:11 | 学校 | Comments(8)

夫と社会人1年目・大学2年の息子達の4人家族。「転んでもただでは起きない!」がモットー、物忘れひどし(゚▽゚)  息子たちはそれぞれひとりぐらし中。


by poyo25