太郎の友達来る

学期はじめの実力テスト最終日の昨日、
太郎の友達が我が家に遊びに来た。

中1で同じクラスだったAくんとBくん。
比較的家が近いせいもあり、1年の頃はテストが終わるたびに
誰かの家に集まって遊んでいたものだった。

その後、クラスも別れ、それぞれの部活が忙しくなって
あまり集まる機会もなくなってきていたが、
ここにきてまた盛り上がってきたらしい。
(主にモンハン関係でね(≧▽≦))

学童から帰宅して玄関を開けたら、低い声の三重奏が
「おかえりなさーい」「おじゃましてまーす」とお出迎え♪
リビングにはでっかいカバンとでっかいコートが置かれ、
これまたでっかい男子高校生が3人座っていた(≧▽≦)

やっていることは3年前とちーっとも変わらないけれど、
3年前はソファに3人仲良くちんまり座っていたのが
さすがにそれでは収まらず、思い思いにどこかその辺に座っている。

「わー、久しぶりねー。
 Aくん、背中が大きくなったねー! 
 Bくんは本当に久しぶりだから、ちょっと顔みせてー♪」
思わずはしゃいだおばはん(=私)。
Bくん、顔を覗き込んでごみんね(≧▽≦)

でも、「あら、Bくん、顔は変わらないねー」などとほざいた私に
「うん、かわらないんですよ♪」と答えたBくんも、
「あのー、これ、Bと二人で買ったんですが、どうぞ・・・」と礼儀正しくドーナッツを差し出すAくんも
以前とちっとも変わらない♪


私立だと、通学範囲が広すぎるので
なかなかお互いの家を行き来することができない。
(ま、うちがイナカだというのが大きいが)
だから、親子ともどもよく顔を知っている友達というのは大変貴重だ。
中高一貫だと、まだまだ可愛い新入生の頃からの成長も感じられて
とても楽しい。

これからも仲良くしてね、AくんBくん♪
大学生になっても、うちに遊びに来てね♪
[PR]
Commented by まんぼう at 2011-01-16 11:34 x
子どもの友達が遊びにきたんですね。
以前来た時に、居心地が悪くなかった(=放っといてもらった)のでしょう。

この頃の子どもって、3年前と同じような顔をしていても、
体はもうすっかり別の物質に置き換わっているし(何しろすごい新陳代謝)、
大きさも違うんですよね。
それでもちゃんと記憶は残っていて、信頼関係も残っているのが、いいですね。
かわいいなぁ。

我が家はド田舎にあるせいか、あばら家だったせいか、中学以降は誰も遊びにきてくれません。
何だかちょっと寂しいなぁ。

そうそう。高校の修学旅行では、羽田の出発便が非常に早いので、
誰かの家に泊まらないといけないかもしれません。
それも楽しみみたいです。
Commented by poyo25 at 2011-01-16 19:53
☆まんぼうさん
うふふ、居心地悪くなかったんでしょうか?
ならいいんですが。
うちはリビングにしかテレビ(とゲーム)がないので
以前はそばのテーブルで添削などしながら
子ども達の会話を聞くともなしに聞いて楽しんでおりました(^^ゞ

そうそう!
あの新陳代謝の速さだったら、物質としては3年前と別モノですね!
でも、まだまだ可愛いやつらですわ♪

お友達の家に行くといっても、どうしても学校の近くとか
都内のお宅が多くて、申し訳ないです。
今回のABくんは、たまたま同じ沿線に住んでいるので
行き来がしやすいんですが、やっぱり一番都心に近いBくんちに
集まりがちです。

高校の修学旅行・・・♪
いいなー。お泊りかー!?
そのお宅はちょっと大変そうですが、しゅげー楽しそう♪
母も泊まりに行っちゃだめかしら?(≧▽≦)  ←ダメ!
Commented at 2011-01-17 07:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by poyo25 at 2011-01-17 09:32
☆鍵さん
お手数かけました! ありがとうございますm(_ _)m
よろしくお願いします♪
名前
URL
削除用パスワード
by poyo25 | 2011-01-15 11:13 | 学校 | Comments(4)