夫と社会人1年目・大学2年の息子達の4人家族。「転んでもただでは起きない!」がモットー、物忘れひどし(゚▽゚)  息子たちはそれぞれひとりぐらし中。

by poyo25

祖母、100歳の大往生

夏休みに入って、学童の仕事も忙しいが
このところ週末も大忙し。
書かないと忘れるので(゚▽゚)アポー 備忘録としてメモ。
まずは第1弾。



我が家の子供たちはとっくに実質夏休みになっていたが
世間では学校が夏休みに入ろうという週末のある日、
私の母方の祖母が亡くなった。

幸い連休だったので、仕事を休むこともなく
実家の兄と羽田で落ち合って
(ついでにラウンジでビールまで飲んで(≧▽≦))
母の実家の山口県まで行った。
1泊して、お通夜とお葬式両方出られてよかった♪


小学校の頃までは、毎年夏休みには長期滞在していたおばあちゃん家。
大人になってからはさすがに訪問する機会も減り、
前回訪れたのは、10年前太郎と次郎を連れて遊びに来て以来だ。
当時はまだ元気だったおばあちゃんは
太郎と次郎のやることなすことに目を細めて可愛がってくれたなー。
(今考えると、あの時既におばあちゃんは90歳。しゅげー元気だったな)

当時太郎は小学1年生。
夏休みの宿題だった絵日記を書いていたら
おばあちゃんに「字が上手だねー」と誉められた。
今回、太郎もこの件を覚えていたが、
あの頃は字が上手だったんだねー。
 せっかくひいおばあちゃんにほめられたのに、今ではねー・・」と
思わず嫌味を言ってしまった母であった(^^ゞ



祖母はなんとあと40日で満100歳という長寿を全うした。
なので、お通夜もお葬式もなんとなく和やか。
私も久しぶりに会う親戚と話すのが楽しかった。
みんなで「これもおばあちゃんのお引き合わせだね」と
言い合いつつ談笑。
なんたって、戒名に「寿」の字が入っているくらいなので
「談笑」してもバチは当たるまい。


何しろ私は10年ぶりなので、とても懐かしかった。
私の子供の頃とはさすがに家の周囲の様子も変わっているが
それでも、なんというか、「におい」が懐かしい。
ひょっとしたもう二度と来ることはないかもしれないおばあちゃん家。
周りの景色をしっかり目に焼き付けてきた。


んで、
従妹(母方にはイトコは一人しかいない)に11年ぶりに会ってびっくら。
前回会ったのは彼女の結婚式で、ろくろく話もできなかったので
私の記憶にはどうしても小さかった頃のいたずらっ子しかなかった。
それが、なんとびっくりもうアラフォーだと!?
喪主の父と母(私には叔父・叔母)を助けつつ、
大勢の親戚が集まる場では見事に気配りをし、
座持ち上手で美人の若奥様が、
これがあのO子ちゃんかい!!????
ひょー、おねーちゃん(注:私じゃ)はびっくらしたよ。




そんなこんなで懐かしかったお葬式。
急に留守番を頼んだダーリンと子供たちには負担をかけたけど、
帰宅して一番に玄関で
「遠くて大変だったけど、
 おばあちゃんにちゃんとお別れできてよかったわ。
 みんな、どうもありがとう」
と言ったら、3人とも神妙な顔で頷いてくれた。

ありがとね。
[PR]
by poyo25 | 2011-07-30 18:33 | 家族 | Comments(6)
Commented by あっぽー at 2011-07-31 00:07 x
大往生、おめでとうございます
うちの祖母も満100歳の大往生でした
(戒名に清・慈とか入ってて、恐れ多い感じ…w)

その血筋をしっかり受け継いでいるはずですが
そこそこでいいやと思う私…
Commented by まんぼう at 2011-07-31 08:23 x
太郎くん、次郎くんにとっては、ひいおばあちゃんだったんですね!
数え年ならとっくに100歳。まさに大往生でしたね。
温かい親族に囲まれて、豊かな一生を送られたのでしょう。
お弔いは、寂しさもありますが、久々に親類が語り合って、笑顔になれるんですよね。
(うちの親戚では、乾杯の音頭をとった人もいました。)
こういう機会でもないと、なかなか一堂に会することはできませんから、本当に「お引き合わせ」だと思います。

ぽよぽよさんも、山口で夏休みを過ごされたことがあったんですね。
今の生き物好きの基礎を築き上げられた頃でしょうか??
直系の親族が亡くなると、滅多に行くこともなくなりますが、
心の中で一つの故郷として残り続けますね。
太郎くん、次郎くんにとっても、自分たちを温かく見守ってくれたひいおばあちゃんは、自らの温かさとして生き続けるのでしょう。

祖母様が天国でもお幸せでいらっしゃいますように。
Commented by poyo25 at 2011-08-01 11:51
☆あっぽーさん
(ひょっとして、アップルレッドさんかな?)
コメントありがとうございます。
いやー、なかなか100歳大往生はいらっしゃらないですよね。
戒名もおめでたい系になっても不思議はない。

でも、私も「そこそこでいいや」と思うのです(≧▽≦)
Commented by poyo25 at 2011-08-01 11:55
☆まんぼうさん
ありがとうございますー。
そう。ああいう世界では数え年で考えるらしいので
めでたく100歳、寿でした。
うふふ、うちの場合も
「えーと、乾杯・・・じゃなくて、・・・」と
叔父が言いました(≧▽≦)

祖母は、しゅげー元気なおばあちゃんでしたが、
同時にしゅげーきつい性格のばあちゃんでもありました(≧▽≦)
今回、改めてその血が私の母にも流れていること、
んでもって、私にも流れているかもしれないことを悟りました。
・・・なるべくキツいおばあちゃんにならないように
頑張りましゅ・・・・・・・(^^ゞ
Commented by あすか at 2011-08-05 22:44 x
ホント、大往生ですね・・・・そのくらいまで生きられたら・・・・嬉しいでしょうね・・・・

お疲れ様でした。
Commented by poyo25 at 2011-08-06 17:20
☆あすかさん
うーん。 最期の何年かは病院だのホームだのに
お世話になっていたので、果たして本人が嬉しかったかどうかは
定かではありません。

でも最期は、可愛がっていた孫(私の従妹)に看取ってもらい、
ひ孫(私の従妹の娘。幼稚園児)にお通夜のお泊りまで
してもらって、ひいおばあちゃんは喜んでいただろうねー、と
みんなで言い合っていたのでした。
名前
URL
削除用パスワード