ぽよよん備忘録 poyo25.exblog.jp

夫と社会人1年目・大学2年の息子達の4人家族。「転んでもただでは起きない!」がモットー、物忘れひどし(゚▽゚)  息子たちはそれぞれひとりぐらし中。


by poyo25
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

先輩のお別れ会

しばらく前のこと。

高校時代の部活の先輩のお別れ会に行ってきた。


実はわたくし、高校時代は合唱部だった。
音痴なダーリンと結婚して音痴な息子達と暮らしていると
今では歌とはすっかり無縁の毎日を過ごしているが、
高校3年生の秋のコンクールまで燃えて頑張っていた。
(ちなみにその時は関東大会まで行ったのさ。えっへん)


1学年上の学生指揮者だったY先輩は
当時から音楽的センス抜群の秀才で、
卒業してからもずっと音楽に関わり続けていた男性だ。

そんな先輩が亡くなったのはこの6月。
先輩がよく通っていたという横浜は野毛のジャズバーで
音楽仲間によるお別れ会が開かれた。

高校の合唱部、大学時代の音楽仲間、社会人になってからの友人・・・。
それぞれの人たちが思い出の曲を歌い、先輩を偲ぶ会。

だが、私ときたら、
高音は出ないは (わたくし、ソプラノだったんざます)
音は取れないは (前日、押し入れの奥からキーボードを引っ張り出して
           ちまちまと音を拾っていたら、太郎に
           「今更そんなことしてもダメなんじゃない?」
           と、冷たくも鋭い指摘を受けたが、ほっといてくれヽ(*`д´)ノ

先輩がお空の上で苦笑していること確実のていたらく。
すぐ前で歌っていた別の先輩がいきなり振り返って
「あなた、今は歌ってないのね?」とのたまったぐらいの貧弱な声だったが
枯れ木も山のにぎわい、ということで許して下さいませーm(_ _)m
(なんのことやら)


冷や汗モノで参加した会ではあったが、
30年ぶりに部活のみんなと会えて懐かしかったし、
歌っているうちにどんどん思い出が蘇ってきた。


Y先輩は線の細い、少女マンガに出てきそうなタイプの男子だったのだが、
かなりの寒がりだった。
真冬のある日、どんな話の流れなのかは忘れたが、突然
「僕は股引きはいてるよ」
と、学生ズボンの裾をめくって見せてくれたことがある。
ひゃー、このスタイリッシュな先輩が、も、ももひきーっ!?
私達後輩女子は大変衝撃を受けたものだった。

・・んで、それから数十年経ってもふと思い出すことがある。
ユニクロのヒートテックタイツを自分用に買うときなんかに
「あー、Y先輩も絶対これ愛用してるに違いない(≧▽≦)」
ひとりでくすっと笑ったりしていた。

高校の部活なんて、せいぜい2年半の活動。
学年が違えば、長くて1年半のお付き合い。
それでも、あの頃の仲間の繋がりは数十年たっても古びることはないし
自分でも気づかないところで、
計り知れない影響を与え合っているものなんだな、
としみじみ感じた。


それに、この「腹の底から声を出す」という行為は
今の学童の仕事にも通じるものがあるんじゃないか??
合唱部時代のことなんて、今の生活にはもう関係ないと思ってきたけど
実はずっとつながっていることかもしれない。
人間、すべての経験が今に生かされているものなのだなー。


そんなこんな、様々なことを考えたお別れ会。
先輩、こんな機会を与えてくださってありがとうございます。
またみんなで集まりたいです。
・・・・歌うのは・・苦しいけど(^^ゞ
[PR]
Commented by あっぽー at 2011-10-17 22:02 x
中学生の頃、合唱部ですたw
声が低いのでアルトね

いや~
当時の面影まったくなし!
裏声すら出ないし、音程取れない~~~
歌ってないとあきませんよ

声が出ないから楽器に走ってるアタシです
Commented by まんぼう at 2011-10-17 23:53 x
秋のコンクールって、NHKのですか?
もしかして、関東甲信越ブロック大会で、テレビに出られました?!
高校3年までコンクールに出るという力の入れ方が、すごいですね。
共に頑張り続けて、大会の日に、感無量で部活生活を終えられるのでしょう。
そういう仲間だからこそ、長い年月を越えて、また集い合えるんですね。

ももひきを見せてくれた先輩、きっと心は大人だったのかな、と想像します。
一歩先を歩いて、先に逝ってしまわれたけれども、
多くの仲間から歌で送り出してもらえるって、素晴らしいと思います。
皆さんに久々の再会をさせてくれた先輩の人徳も。

しかし、テレビのNコンで、ソプラノの声を聞いて、驚嘆している私。
ぽよぽよさんがソプラノだったとは!!
Commented by poyo25 at 2011-10-18 20:20
☆あっぽーさん
まあ、ここにも共通点が♪
うれしー♪

んでもって、長年歌わないと衰えるのも
同じなのねーorz
私は楽器すら持ってません(^^ゞ
潤いのない毎日かも(≧▽≦)
Commented by poyo25 at 2011-10-18 20:28
☆まんぼうさん
えへへ、秋のコンクールは、朝日新聞主催のやつです。
NHKは夏だったかな。
・・と書いていても、記憶はおぼろげです(^^ゞ
もう30年も前のことだからなー。

んで、関東大会に行ったのはいいんですが、
そこではビリから2番目の成績で、
自分達の実力のなさを思い知ったのでしたー。
テレビに出てくる子たちは、確実に当時の私達の
100倍ぐらい上手ですっ。きっぱり。

最近お葬式が多くて、いろいろ考えることが多いのですが、
やっぱり「お葬式を機会に何十年ぶりの再会」
ということが多いので、亡くなった方のお引き合わせだなー、と
思います。

んで。
先輩後輩問わず、男子たちが軒並みメタボなので
びっくらしましたわ。
確かに「カラダが楽器」という面はあるのですが、
それにしてもそりゃいかんよ。
なくなった先輩の分まで元気に長く歌えるようにしなくちゃ。
Commented by asuka at 2011-10-23 15:58 x
学生時代の懐かしい人たちとのひと時は、心が癒されますよね・・・
時間がタイムスリップしたような・・・・良かったですね。

ただ、その先輩とも、笑って再会したかったとは思いますが・・・

先輩の分も長生きして、歌ってください^^
Commented by poyo25 at 2011-10-23 22:23
☆あすかさん
恥もかきましたが(^^ゞ懐かしいひと時でした。

歌は・・・・・今となっては続けられるレベルではないのですが、
一日いちにちを大切にして過ごしていきたい、と思います♪
名前
URL
削除用パスワード
by poyo25 | 2011-10-17 13:13 | 学校 | Comments(6)