「母さん助けて詐欺」に見る息子と母の関係性について


大げさなタイトルで失礼いたします(≧▽≦)

先日、太郎の中高時代の友達のお母様とマダムランチをした。
場所は東京駅からほど近い「ミクニマルノウチ」
おいしい。
大変おいしかったo(*^∇ ^*)o 
特に東京地産の野菜がおいちい。

いやー、しばらく見ないうちに、丸の内もおしゃれになったものだねー。
ここは丸の内ブリックスクエアというエリアの一角にあるのだが、
オフィス街の真ん中にありながら、おしゃれで静かでオトナの雰囲気。
中庭ではたくさんの人が思い思いに憩いのひとときを過ごしている。




さて、今回のランチは
私以外は全員ご主人がお医者さんというマダム達。
(子供たちが通う学校は、しゅげー医者の師弟が多いのだ)
めでたくご子息がこの春超難関国立大医学部に進学されたマダムとか、
ご子息は親の職業とは関係なく超難関国立大学に進学されたお母様とか、
大変めでたくもきらびやかなメンバーだ。
例によってわたくしは
へーとかほーとかいいながら(゚▽゚)アポー
皆様のお話を拝聴してきた♪

私が「太郎が連絡を寄越さない(pq)」と嘆いたら、
皆さん、「そうだそうだ」「男の子なんてそんなもんだ」と共鳴してくださる。
年の離れたお兄ちゃんがいるマダムは
「まだ、仕送りしている間はお金で繋がってるんだけどね、
 卒業して就職したら”金の切れ目が縁の切れ目”
 本当に音沙汰なくなるわよー」
とおっしゃる。
うーん、確かにそんな予感はする。
ひしひしとする(―“―;)



ところで、そのマダムから聞いた恐ろしい実話。
ある有名私立中高から有名大学医学部を経て
立派にお医者さんになったご子息を持つ奥様が詐欺にあったんだそうな。
「医局の先輩と一緒に先物取引に手を出して失敗し、医局の金に手をつけてしまった。
 300万で穴埋めできるから、お願い助けてくれないか」
という電話が、息子さんを名乗る男からあったのだそうだ。

後から考えれば確かに怪しかった。
声もなんだか変だったし(「風邪を引いた」と言ってたらしい)
携帯からかけてこないのも変だった(「携帯落とした」と言ってた)
でも、大学病院の名前も合っているし、
結婚したばかりの妻の名前まで出してきたので
信用してしまったんだそうな。

結局、「先輩」を名乗る男にまんまと300万円渡してしまった翌日に
本物のご子息から電話があって、事件が発覚。
「オレオレ詐欺にひっかかるのはお年寄りだとばかり思っていたけれど、
 私たちの年代もターゲットになっているのね・・・・(pq)」
被害にあったマダムが悲痛な面持ちで教えてくださった、というお話。

どうやら、敵はfacebookなどで事前に情報を仕入れてくるらしい。
出身校名や勤務先などで簡単にターゲットが検索できるし
友達の友達ぐらいになれば、詳しい情報も手に入るらしい
(すみません、facebookには疎いもので不確か)。
太郎たちも大学に入ってパソコンやらスマホやらを本格的に活用しはじめ、
facebook だのラインだのを使っているが
こうした、思わぬ形での個人情報流出には注意しないといけないねー、と
母たちは深くふかく肯いたのであった。


最近では、「オレオレ詐欺」ではなく、この手のヤツを
「母さん助けて詐欺」と言うらしい。
確かに、ヨメの名前までゲットした上で詐欺の電話をかけられちゃったら
こちらとしてはひとたまりもないだろう。
有名私立中高で医者の家庭なら、300万ぐらい出すだろうし。
(この値段設定がまた絶妙。
 これが3千万なら躊躇するよね、とみんなで言ってた)

いくつになっても息子は息子。
「助けて」と言われたらいくらでも助けてやりたくなるのがハハゴコロ。
そこに付け込む犯人たちは許せん。

がっ!
息子の声が変だったら、やっぱり疑おうよ、かーちゃん。
携帯変えたと言われたら疑おうよ、かーちゃん。
息子が使い込みなんかしたと言われたら、疑おうよ、かーちゃん。

というか、
それだけ息子が普段音信普通だからそういうことになるんじゃないか??
母に自分の声を忘れられないように、たまには電話しろよ、息子たちヽ(*`д´)ノ
電話でなくても、メールでもなんでもいいから、
母が詐欺に合わない程度には近況報告をしろよ、息子たちヽ(*`д´)ノ

うちのダーリンにも、もっとお母さんに電話してもらおう、と
ちょっと反省したヨメであった(。・_・。)ポッ

大学入学で親元を離れた学生さんたちも、
もっと親御さんに連絡を取るようにね♪(*^-'*)>
[PR]
Commented by あっぽー at 2013-05-22 23:39 x
自分は大丈夫!なつもりですが…実際はどうでしょうね?

折り返し連絡とか、ケータイにかけてみるとか
そのくらいはやってみないといけませんねー
Commented by poyo25 at 2013-05-24 06:04
☆あっぽーさん
うんうん。
「自分は大丈夫!」という思い込みはいけないんですって。
そこに付け込まれる(―“―;)

「誰にも言わないで」と言われても、
「携帯変えたから」と言われても、
確認しなくちゃいけませんねー。

でも、うちの場合、
「そんなお金はない! あんたもよく知ってるでしょヽ(*`д´)ノ」
と私が言って、電話もすぐ切られて終わるような気がします(≧▽≦)
Commented by だりあ at 2013-05-24 18:24 x
親は子供の「助けて~」に弱いんでしょうね~。友達のお姑さんも、息子が営業先からの小切手を落とした、助けて~って言われて、500万円渡したそうですよ~。息子の勤め先も合っていたとか。さらに、丁度こつこつ貯めた貯金500万が満期になったばっかりだったそうです。どこで個人情報が抜き取られてるかわかりませんよね~。

便りがないのが元気な証拠・・って言いますよね(^_-)-☆
家の主人は、ほぼ毎日姑に電話してるようです。それはそれで、なんだか複雑です(ーー゛)
Commented by poyo25 at 2013-05-24 21:10
☆だりあさん
(゚〇゚;)おおっ だりあさんのお知り合いにも「助けて詐欺」の被害者がいらしたんですね!!
ほんとに、母の愛は深いというか、盲目というか・・・。

その点、ご主人は毎日電話してらっしゃるのだから
お義母さまが詐欺に会う確立はゼロですね♪(*^-'*)>
うちのダーリンみたいに、用のあるときも
「僕の代わりに電話しておいて」という輩より
妻としてもずっとありがたいですわよ♪
Commented by まんぼう at 2013-05-25 16:05 x
ぶはははは。
次郎くんの社会科のレポートか?と見まがうほどのタイトル。
そして結論が、「母に自分の声を忘れられないように、たまには電話しろよ、息子たちヽ(*`д´)ノ」というのが、素晴らしい。(爆)
太郎くんもほとんど電話してこられないんですね。(うちも何日会ってないことか…。)
いや、本当です。子どものことを案じていればこそ、詐欺にかかってしまうわけで、近況をしっかり知らせておけば、言ってることの矛盾にも気づこうというもの。
われわれ世代が被害に遭ったという話は、やはり他人事ではないと思い知らされます。
教えて頂いてよかったです。
300万と3000万の行は、お母様方のお話しされている様子を想像して、ぷふっと笑ってしまいました。
Commented by poyo25 at 2013-05-25 19:13
☆まんぼうさん
うふふ。私も卒論書けるでしょうか?(≧▽≦) ←無理

太郎、電話してきません。
引っ越して最初の頃にほんの数回あっただけです。
まじめな話、声を忘れそうです(≧▽≦)
んで、詐欺に引っかかってしまうかも。

でも、我が家の場合は300万円も出せませんので
その辺で詐欺が成立しないかも。
というか、カモ狙いの情報収集の段階で
そもそも我が家はターゲットのうちに入らないかも(≧▽≦)
・・・・・笑っていいのだろうか・・・・
Commented at 2013-05-27 23:04
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by poyo25 at 2013-05-28 18:05
☆鍵コメさん
o(*^∇ ^*)o わーい♪ お久しぶりです!
嬉しい♪コメントありがとうございます!!

そうかー。
お嬢さんも一人暮らしを始められたんですねー。
ううっ、寂しい・・・。
うちはまだ次郎が残っているからだいぶ気も紛れますが
(この言い方もナニですがね(≧▽≦))
鍵さんちはさぞかしお寂しいことでしょう。

昨日、無理やり電話で太郎と話しましたが、
「別にこっちからは用事ないんだけど」
とほざきましたよ、太郎ヽ(*`д´)ノ
ほんとにもう、仕送り停止じゃー!

なーんて言ってると、ほんとに卒業後
「金の切れ目が縁の切れ目」になるんですね。
やれやれ。

でも、鍵さんも同じ心境でいらしたと聞いて
安心しました♪
お互い、子がいなくても楽しく暮らしましょうね♪(*^-'*)>

ぜひぜひブログ再開させてください♪
こちらもちょっと放置気味にってますが(^^ゞ
どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m
名前
URL
削除用パスワード
by poyo25 | 2013-05-22 20:52 | 家族 | Comments(8)