夫と社会人1年目・大学2年の息子達の4人家族。「転んでもただでは起きない!」がモットー、物忘れひどし(゚▽゚)  息子たちはそれぞれひとりぐらし中。

by poyo25

これが最後のお弁当

今日、次郎に最後のお弁当を作った。

太郎の時は、それは確か12月のはじめ、
最後の通常授業の日だった。(過去記事)

3学期に入ってからは、太郎は基本的には自宅で勉強していたので
確かお弁当はあまり必要なかったはず。
講習などで学校に行く時にどうしていたか・・・???
あれ、忘れちゃったー(゚▽゚)アポー
何しろ、まだ次郎にはお弁当を毎日作っていたので
太郎の分が時々加わったのかどうかがわからにゃい(^^ゞ


その点、太郎が大学進学、独り暮らしを始めてからは
お弁当は次郎のみ。
このお弁当があるかないかは大問題♪(*^-'*)>

太郎と違って、自宅では勉強ができないらしい次郎は(^^ゞ
講習があろうとなかろうと、毎日学校に行って勉強をしていた。
(結局、塾には行かなかった)
まあ、3学期も高い授業料を払っているのだから、元を取ったといえよう。(?)

そんなわけで、ずっと続いたお弁当。
それも今日でおしまい。
(明日が国立前期試験の結果発表なのだ。
 一応私立は合格しているので、浪人はない。)

d0003116_20544524.jpg

最後のお弁当といえど、結構しょぼい(^^ゞ
卵焼きは次郎のリクエスト♪
「他に入れてほしいおかずはある?」と尋ねたけれど
「えへへ。察してよ♪(*^-'*)>」とほざく次郎。

あ゛ー、お母さん、そういう察してちゃんは嫌なんだよーヽ(*`д´)ノ
はっきりリクエストしてよーヽ(*`д´)ノ
と何度言っても次郎がはっきり答えないので
あきらめていつも通りのテキトーべんとーになっちゃった。
とりあえず肉を焼いて入れておけば間違いないでしょ。

結局今日は学校には行かず、地元の図書館に行った次郎だが、
夕方
今日のお弁当おいしかったよ。 6年間ありがとうございました
と言ってくれた。


太郎が中学に入学して以来、なんと9年間のお弁当ライフ。
いよいよ今日でおしまい♪
大したお弁当は作れなかったけど、
まあ、頑張ったと思う。

d0003116_211133.jpg

洗って乾かし中のお弁当箱。
明日からは出番はないのね。
今までは食器棚の一番取り出しやすいところに入れていたけど、
どこか棚の奥にでもしまっちゃおうかなー♪
それとも捨てちゃおうかなー♪  ←最近捨て魔なので




おまけ。

ご近所の奥様から聞いたお話。
現在大学生のお嬢さんが、
高3の時、最後のお弁当の日に
3年間お母さんが作ってくれたお弁当の写真とそれに対するお嬢さんのコメントを
1冊のアルバムにまとめたものをプレゼントしてくれたんだそうな。
「3年間ありがとう」という感謝の言葉と共に。

きゃー。
聞いている私までうるうるしちゃった、いい話。
小さいころから知っているお嬢さんだが、
本当にいい子に育ったなー、と感動した。

それを次郎に話したところ、
「いやー、とてもいい話だとは思うけど、僕にはムリ」
と言われた。

まあ、それもそうだね。
毎日お弁当の写真を撮る男子高校生・・・・・は、ないな。
うちの学校は校内で携帯使用不可だから写真も撮れないしね。

いろいろぶつくさと言い訳した私だった。
(何に対してなんだろ???)
[PR]
by poyo25 | 2016-03-07 21:13 | お家の仕事 | Comments(2)
Commented by まんぼう at 2016-03-09 01:29 x
お弁当、終わりましたねー。うちも10年続きました。
ただ、ぽよぽよさんのお弁当のような感謝されるようなものではなかったです。てへ。
本日、うちの娘も結果が出て、合格できませんでした。泣いてました。
上の子が「Nちゃん、がっかりすることないよ。俺の高校の同級生の○○君なんか、4月から俺の先輩になるんだぜ。」と慰めていました。
どういうことかというと、第二志望の大学に進んだ○○君が、来年度から息子の学部の大学院に入ってくるそうで、一方うちの息子は留年したので、彼の後輩になってしまうのだそうな。
人生には挽回のチャンスがたくさんあるという、説得力のある話でした。(^^;)
親としては、一段落してほっとしましたが、これから私立大学に行くので、ねじりはち巻いて頑張らないといけません。






Commented by poyo25 at 2016-03-09 18:05
☆まんぼうさん

ありがとうございます。
Nちゃん、お疲れ様でした。
まんぼうさんもサポートお疲れ様でした。
頑張ったわが子が泣いているのを見るのは辛かったでしょう。
でも、さすがお兄ちゃん!
さすが先輩! 素晴らしいです。
そうですね。
人生、何が幸いするかはわかりませんよね。
遠回りに見えたものが後から振り返ると充実していたり。

Nちゃんにも、先輩にも、ますます素敵な毎日が待っていますね!
そして、まんぼうさんご夫妻(もちろんうちもですー)はますますご活躍(そして学費を稼ぐ・・・)されますように!
名前
URL
削除用パスワード