距離感

今日から早帰りなので、お昼に久しぶりにNHKの連ドラ「風のハルカ」を見た太郎。
再婚のプロポーズを断られたお父さんの
「キミを必要とする人間はここにはいない。ほかにいるだろう!」というせりふを聞いて
「あー、お父さん、逆切れしちゃったよ。」と言った。

(ー”ー;)うーん、そりは違うよ、君。元妻の幸せをよくよく考えてのセリフなんだじょ。
所詮は子供なんだね。読みがまだまだ浅いよ。
怒鳴ったからといって怒っているわけじゃないんだよーん。

・・・・いや、待て、違う。
子供は、大人が怒鳴っている姿を見ると、怒っているとしか思えないんだ。きっと。
もっと子供が小さいとき、何かで「叱るとき、子供を怒鳴ったり、叩いたりしても、
なぜ叱られているか子供にはわからない。ただ、怒鳴られ、叩かれることに対して
傷つき、パニックになるだけ」と読んだことがある。
太郎だって、ずいぶん大きくはなったが、まだまだ子供。
体の大きさだって、腕力だって、権力だって、到底大人にはかないっこない。
忘れていたよ、大事なことを。
子供は小さいから、上から怒鳴ったりしちゃいけないんだってこと。



ところで、先日会った学生時代の友人の近況で、何が一番びっくりしたかというと、
行政書士をしている子のことだ。
学生時代はかなりクールというか、シニカルというか、そういうイメージだったし、
あまりマメに動く方でもなかったと思う。
それが、離婚だのなんだのといった、他人の人生相談のようなことを職業にするし、
自分の子供たちをちゃんと教えて中学受験させたというのだから、本当に驚いた。

「自分で教えるのって大変だったんじゃない?」と聞いたら、
「大変は大変だった。でも、親の都合で受験させたんだから、子供にやる気がないのは
しょうがないと思った。だから、もう、ひたすらほめちぎって、やる気を育てたよ。」

すごく冷静。

よその子だったら許せるし、ほめちぎることもできる。
だけど、なまじ自分の子だからできない。子供との一体感、もしくは子供への支配感
が強すぎて、期待が大きすぎて、許せなくなる。

子供の問題を自分の問題にしてしまうんだろうな。
だけど、彼女はいい意味で「わが子といえど他人」と考え、
冷静に「親の問題」と「子供の問題」をわけることができたから、
うまく解決策を立てて実行できたんだろう。

そう、彼女はクールだから、子供も教えられたし、人のトラブルに関わる仕事も
こなしていけるんだ、と思った。
例えば私のように不必要にぎゃーぎゃー熱くなるタイプだと、きっと自分も疲れるし、
仕事としてうまくこなすことができないかも。
もう一人、宅建の資格を持ちながらも、不動産関係の仕事はしていない子が
「私には向いていないから」と言っていたが、そういう意味もあるのかもしれない。


**********
「チャレンジ3年生」4月号の付録、「計算完璧マスターデラックス」
(どうでもいいけど、しゅげー立派な名前だ)
をやっていて、意外に苦戦している次郎。
この子はすらすらできないと、パニックになってどつぼにはまる。
それを見ているこちらもいらいらしてきて、つい「泣くならやめなさーい!」などと
怒鳴ってしまい、ますます修羅場になっていたものだ(^^ゞ
だけど、今日はこれだけふかーい考察をしたわたくし。
ぐっとこらえて・・・・こらえて・・・・・こらえて・・・・
普通の大きさの声でお話していたら、どんどん嫌味になってきちゃったよ。
ありゃりゃ。なんで?どうして????(゚▽゚)アポー
[PR]
Commented by sgtmsk at 2006-03-24 14:19
風のハルカ、ちょっと好きです(^^) 明日が楽しみ~♪

自分の子どもへは冷静ではいられませんね。
勉強に関しては、私のためにして欲しいと思っているんですよ、実は。
でもでも、お母さんのために勉強するってどうかな?って思うので、
「自分のためになる」と言っています。すると、イマイチ想像力のない
息子はやる気にならないみたいなんですよね・・・。

いつか気づいて勉強してくれることを気長に待っています。
大学受験までに気づいてくれるといいんだけどなぁ・・・ (--;
Commented by poyo25 at 2006-03-24 14:43
☆ぷぷんさん
うんうん。もちろん勉強するのは子供本人なんだし、将来それが
役に立つのも本人なんだから、「自分のためにやる」は本当ですよねー。
だけど、親が火をつけてやらなくちゃ始まらないのも事実だし(≧▽≦) 、
「私のために勉強してくれー」と親が自覚しておくのもすごく大事
だと思います。
それが、親が100%「子供のためっ!」と勘違いして突っ走ると
いけないんだろうなー。
名前
URL
削除用パスワード
by poyo25 | 2006-03-24 00:27 | 家族 | Comments(2)

夫と社会人1年目・大学2年の息子達の4人家族。「転んでもただでは起きない!」がモットー、物忘れひどし(゚▽゚)  息子たちはそれぞれひとりぐらし中。


by poyo25