古い友達、新しい友達

太郎がこの間言った言葉。

「受験はすげー大変なんだよ。半端な気持ちでやってたら合格なんかできないよ。
オレなんか、学校のクラスの友達と仲良くなった時期は
”みんなと違う中学行くのは寂しいな”と思って受験勉強がつらくなったから、
あえてみんなと距離を置くようにしてたんだよ。」

(何の話かというと、次郎を塾に入れるかどうか、という話題になった時。
サッカーを続けながら通塾する、という案に反論して。この話はまたいずれ・・・)

それを聞いたとき、今さらながら「この子は大変な思いをしてきたんだな」と
ほろりとしそうになった母であった。


とはいいながらも、今日は朝から小学校に出かけていった太郎。
なんでも、先生のお手伝いをして教室掃除などをするんだそうだ。

「先生にアイスもジュースもごちそうしてもらった♪買出しは俺達が行ったんだよー。
余っていた写真もたくさんもらってきた。
他の子が”これ、ぽよが写ってる”っていっぱい選んでくれたんだよ♪」
帰宅したら、すごく楽しそうに報告してくる。
なんだかんだ言いながらも、みんなと仲良くやってたんじゃないか。
よかったね。



実は昨日、通っていた幼稚園の「6ねんせいのつどい」があった。
卒園して6年後、中学入学を前に、懐かしい幼稚園に集まって旧交を温めようという
しゅばらしい企画なのじゃ。
母はわが子がこれに参加するのをずーっと楽しみにしていたのだが、
意外にも本人は「えー、みんなもうすっかりわからなくなっていて
知らない人の集まりになっちゃってるのに、行きたくないよー」とぼやいていた。
同じ小学校にいった子もいないし、確かに今もお付き合いしている友達はいない。

帰宅して報告するには、「集まって、自己紹介して、昔のお散歩コース(川の土手)を
歩いて、幼稚園で焼きそばご馳走になっただけ。」
とのこと。あんまり楽しくはなかったみたいだ(o_ _)o~



あのね、太郎君。
あれほど毎日遊びまくって仲良くしていた幼稚園の友達でさえも
6年も経つとわからなくなってしまう。
だからね、無理に忘れようとか、距離を置こうなんて考えなくてもいいのに。
良い友達に囲まれていた、という幸せな経験こそが、新しい環境に飛び込んで行く
原動力になるんだよ。
だから、春休みはもっとお友達と遊んでおいで。
・・・・・どうせもっと大人になったら、覚えていなくてはならない人やもののことも
すーぐに忘れてしまうようになるんだしさー(゚▽゚)アポー

[PR]
Commented by りんこ at 2007-03-29 06:09 x
>受験はすげー大変なんだよ。半端な気持ちでやってたら合格なんかできないよ。

太郎君の言葉、受験をかいくぐって来ただけに。。重みを感じました。
本当にお疲れ様って、声をかけたいです。

中高の6年も良い出会いに恵まれ、実り多い生活になりますように
お祈りしています。(^^)v

Commented by Wild Thing at 2007-03-29 07:17 x
中学受験、今はまだ「大変な思い出」として残ってるんだね。
でも、大丈夫。中学での新しい生活が始まり、新しい友達ができれば、親よりずっと早く忘れます。どうやら、受験で犠牲にしたものより、その後得るものの方が多いみたい。
小学生としての生活も、あと数日だねぇ・・・
Commented by さとこ at 2007-03-29 07:18 x
おはよう。
卒園幼稚園の6年の同窓会っていい企画ね。
でも実際になると我が子も行かないような気がする。
むしろ母が行ってみんなを見てみたいと思うわ。

受験という非日常がふつーに日常になると、子供もいろいろ思ってるのね。
感じてるだけでなかなかうまく言葉に表さないだけで、その時その時いろんな決意をしてるんだろうねぇ。
Commented by ゆきだるま at 2007-03-29 10:56 x
太郎君は、大変だった気持ちをきちんと言葉に表せるから凄いと思う。
なんとなく、親に言われてだったり、なんとなく、お友達が行くからだったり、まだまだ6年生ってそんな子供が普通多いでしょ。
その中で自分で意思を持って頑張ったんだね。
母でなくてもおばちゃんは感動したよ!
でも、poyoさんの言うとおり、年とともに覚えているはずの名前が出てこなかったり、何処で知り合った人か思い出せなくなったりするのだよ(汗)
太郎君は、その時その時の友達と素敵な時間を過ごして欲しいなぁ。
今のお友達がそうだったように、中学に行ってからのお友達も、きっと君に素敵な時間をくれると思うよ。
Commented by なでしこ at 2007-03-29 13:09 x
太郎君、受験をきちんと受け止めて、自分なりに考えて、頑張ってきたんですね~。偉い!!
友達と距離を置くようにしていたなんて・・・大人ですね。
中学に行ったら、小学校までとは違うお友達との関係ができてきますよね。良い出会いがあり、楽しい中学生活が待っていることと思います
Commented by mari-runa at 2007-03-29 16:28
前向きにきちんと受験と向かい合ってきた太郎君の言葉には重みがあるね~。
○○才の私よりも人生が分かっているような気がする・・・・。
残りの入学までの日々、十分に小学生を満喫して楽しんでね!

ところでpoyoさん、近頃ますます大事な事ほどすぐに忘れてしまうのはどうしてなんでしょうね~?
Commented by ぴくみん at 2007-03-29 21:44 x
こんばんは!またまた、お邪魔します♪
今日、塾の春期講習を「頭が痛い」と(半分以上精神的なものなんです)休んでしまった次男に長男が、同じようなこと言っていました。
「受験って言うのは、中途半端な気持ちじゃ出来ないんだよ!!」と。
「もっと、根性無くちゃやっていけないんだよ!」とも言っていました。
とっても成績は悪かった長男なんですが、「根性」だけはありました(苦笑)
それにしても、中学受験ってそれだけ子どもにとっても大変なことなんですよね。
太郎君、頑張ったのですよね。そしてとても大人ですよね!?
でも、小学校時代の友達ともあと何日か思う存分思い出を作って欲しいですね。
中学に入るとまた、そこで素晴らしいお友達が出来ると思います。
これからが楽しみですよね(^^)
Commented by poyo25 at 2007-03-29 23:25
☆りんこさん
りんこさんの息子さんたちも、こういう思いをして受験を乗り越えて
いったんでしょうねー。
子供といえども、考えていたんだなと思いました。
・・・そういう意味では、一番考えなしだったのは私でーす(゚▽゚)アポー
Commented by poyo25 at 2007-03-29 23:28
☆Wild Thingちゃん
>受験で犠牲にしたものより、その後得るものの方が多いみたい
そう?そうだよね!?
だからこそみんなが受験するんだもんねー。
太郎も入学したらすぐに楽しく(゚▽゚)アポーな毎日を送れると信じてます。
・・・だよねー・・・。
Commented by poyo25 at 2007-03-29 23:31
☆さとこさん
「6ねんせいのつどい」、同じ時間に母たちの同窓会をやりたいわ♪
という話もあったらしいのですが、誰も幹事にならないので流れました(≧▽≦)
実現したらそっちの方がものしゅげー盛り上がりそうだ。

さとこさんちのお嬢さんも、いろんな決意、してるのかもね♪
Commented by poyo25 at 2007-03-29 23:35
☆ゆきだるまさん
太郎だって、塾に入った5年生の頃は「なんとなーく」だったはずなんだけど、
あの子は実は公立に行きたくない理由があったので頑張ったんですと。
「あの学校に行きたい!」というポジティブな理由でなくネガティブな
理由でも、結構強力な動機付けになるんだということがわかりましたー。

物忘れ(゚▽゚)アポー 最近は子供達にも「大丈夫?」と心配されましゅ。
自分でも心配でしゅ。
Commented by poyo25 at 2007-03-29 23:37
☆なでしこさん
なんというか、しっかり考えたようでも、所詮はコドモというか、
別れがつらくなるのが嫌で距離を置くなんて、まるで
「ふられて傷つくのが嫌だから告白しない」
みたいじゃないですか?(違う??)
中学では安心して良い友達をたくさんつくってくれることを願います。
Commented by poyo25 at 2007-03-29 23:40
☆mari-runaさん
言うことは生意気なんだけど、することはしゅげーガキンチョです。
今日も私にゲームで負けたからといって本気ですねてふてくされました。
・・・あんたは2歳児か!
そして私は、太郎がほんとの2歳児だった頃より体力も記憶力も
衰えているのでした(゚▽゚)アポー
ほんと最近たいへんなのよねー。脳みそ溶けていそうだ(≧▽≦)
Commented by poyo25 at 2007-03-29 23:44
☆ぴくみんさん
(゚〇゚;)おおっ お兄ちゃんも同じことを言ってたんですか!
弟さんも、親に言われると反発することでも、経験者のお兄ちゃんの
アドバイスなら心に染みることでしょうねー。

太郎ってば、今日はじじ臭く高校野球を観戦していました。
「中学入ったら野球部に入ろうかなー」ですって。
「えー、洗濯が大変そう」というコトバをぐっと飲み込んだ私です(^^ゞ
Commented by りんこ at 2007-03-30 06:26 x
>「えー、洗濯が大変そう」というコトバをぐっと飲み込んだ私です(^^ゞ

運動系の洗濯物、スゴイですよ。(>_<)
長男の持ち帰った「汚いお土産」に。。。
息を止めて、洗濯機に放り込む毎日でした。(笑)

煮しめた色。。って、こういう色なんだ~なんて感心したりして。(^_^;)

洗濯は大変だけど。。次男には、運動して欲しい。
でも、本人は。。「サイエンス部」希望です。

Commented by うさこ at 2007-03-30 18:06 x
poyoさん こんにちは

いつもながら太郎君の言葉には重みがあります。
どんなに心の葛藤があったのか、太郎君の言葉から
十分過ぎるぐらい伝わってきました。
改めてお疲れ様でした。と声をかけたい心境です。

この時期一番遊んでいて楽しいですし、
その気持ちを律するかのように友達と距離を置いた
太郎君は凄いね。
なかなかできることじゃないです。
中学校になったらお友達と思う存分好きなことができるといいですね。
Commented by poyo25 at 2007-03-30 23:19
☆りんこさん
ぎょー。やっぱり運動系はしゅごいですか・・・。
運動で一番洗濯が楽なのは水泳だす。
特に男の子の水着なんか、自分で洗わせておしまい、ですもん♪
でも、太郎はもう「水泳からは足を洗う」そうです・・・。
そして煮しめたシャツを母が洗う日が待ってるんですね(o_ _)o~
「サイエンス部」いいじゃないですか!
頭を使うし、キレイだし(≧▽≦)
Commented by poyo25 at 2007-03-30 23:22
☆うさこさん
まったく太郎は最近みょーに理屈っぽくて困りますわ。
(ブログのネタにはなりますが)
学校でもさぞかし屁理屈こね回していたことと思われます。
でも、そんな太郎でも仲良く楽しくやってこられたのは、やっぱり
いいクラスだったからかな、と改めて感謝です。
太郎も中学に入ったら、じっくり付き合えるいい友達ができると
いいなー、と願っています♪
名前
URL
削除用パスワード
by poyo25 | 2007-03-28 22:22 | 家族 | Comments(18)