室長に愚痴ってみた(しゅげー長文・しかも愚痴)

何度も書いてきたが、次郎の字は雑だ。
雑で汚いがために、自分の書いた数字を読み違えて計算間違いをするし、
日本語だって、「これは採点者に読んでもらえないだろう」というレベルだ。

定例テストの時には少しマシな字を書くので、
実際に字が読めなくて減点された経験はなく、
だから本人に全然危機感がないのだろう。

だけど、特に漢字については、経験上
字を雑に書く子は覚えるのも雑
という法則が成り立つ。
(添削の仕事をしているとほんとにそう思う。
 字の巧拙ではない。雑に書く子は漢字の棒が1本増えたり減ったりするし
 算数の文章題なんかでも、まんまと引っ掛け問題で間違えたりするのだ)

「あの字ではまずい」
というのが、塾の担任2人と私の共通認識であったのだ。
「私たちが根気よく注意し続けます」
と先生方も約束してくれたし、もちろん私も注意し続けていたのだが、
一向に直る気配なし。

おそらく、6年生になって課題が増えたことで
「早くやらなくちゃ終わらないー!」
とあせる気持ちがあるのだろう。
しかし、その割にはあっという間に「勉強終了」になり
漫画なんぞ読んで転がっている。

やっつけ仕事で終わらせた課題は間違いだらけ。
それだったら、丁寧に書く事で時間がかかっても
正確に解き、よく理解したほうがいいんでないかい?

母がアドバイスしても次郎は逆切れするばかり。
こんな不毛なバトルを何度繰り返してきたことだろう。



おりしも、昨日の夜
塾のY先生から電話がかかってきた。
「次郎君、消しゴムの使い方がまずいんです・・・・」

なんかねー、それを聞いてどっと疲れてしまいました、私。
そんなこと、なんで今更私に言うの?
私だって、今まで何百万回も注意してきたけど治らないんですよ。
先生たちだって、今までに何十回も注意してくれたでしょ?
だいたい、そんな小学校1年生レベルの話を
6年生のこんな時期になって問題にしているなんておかしい。
次郎は中学受験なんかできる発達段階じゃないんだよ。
それに、6年生になってだんだんひどくなっているということは
先生たちの責任もあるってことじゃないか?
(↑その電話では言わなかったけどさ)


そんなこんなで
今日は塾に行く直前の次郎とひとバトル。
怒っていて塾弁のおにぎりを作り忘れたので(^^ゞ
授業中に塾に届けがてら
「退会届はありますか?」
と受付に訪ねたところ、
お姉さん、慌てて室長先生を呼んできた。

室長とはいえ、たぶん私よりは年下の先生だが
さすがにこういう母の扱いには慣れていると見えて
ふんふんと私の話にうなずきつつ、
「男の子はこんなもんです」だの
「今はぐっとプレッシャーをかけている時期なのである程度何かが崩れることはある」だの
「でも次郎君、5年生のころに比べるとぐっと表情が豊かになって”変わってきたな”と思います」だの
なんだかんだでパニクった母を沈静化させてくれた。

そうなの。
私、きっと誰かに愚痴を聞いてほしかったの。
実際には頑張っているのは次郎なんだけど
なんだか私ひとりが空回りしているような気がして
疲れちゃってたの。
ありがと、先生。

まだまだ「落ち着いた」とは言えないけれど
とりあえず退会届はもらわずに帰ってきた(≧▽≦)




長文ついでにもうひとつ。

室長に、「お兄さんと比べないでくださいね」と言われた。
もちろん比べるつもりなんかなかったのだが、
実際には心の底で比べ続けていたんだろうな。

そういえば先日次郎に
「頭のいい兄ちゃんでさえだめだったのに、
 どうせぼくみたいな出来の悪いやつは無理だ、と思ってるんでしょ」
と言われたことがあった。

その時には
「出来がいいとか悪いとか、そんなこと思っているんじゃない。
 お兄ちゃんは10分時間が余ったら10分勉強をしていたけど
 あなたは5分休憩するつもりでいつも30分ぐーたらしてるじゃない!
 そういう意識が違うとは思っているわよ」
と言い返したのだが、
実は私、やっぱり二人を比べていたし、
「太郎があんなに頑張ってだめだったのに、こんな次郎にできるわけがない」
と思っているんだろうな。

たかが中学受験なんだから、不合格も経験のうち。
心の底からそう思っていたし、
今の太郎の学校にも大変満足している。

・・・・だけど、実は私、引きずっていたんだな。
第1志望に合格させてあげられなかったことを。
だから、太郎を基準にして次郎を責めてしまっていたんだろうな。

ごめんね、次郎。
キミはキミ。
たったひとりのキミの受験なんだから
母も心を新たにして応援するよ。
誰とも比べたりしないで、キミだけをちゃんと見て。


・・・・比較でなくて絶対的に見ても、
   次郎の字が許容レベルに入るというわけでもないが・・・・



(長々と愚痴を書いてしまってすみませんでしたm(_ _)m)
[PR]
Commented by なっちゃん at 2009-06-18 11:45 x
はじめまして・・・初コメです。ご兄弟なのですね。ウチも同じです。6年・3年です。
ウチは長男が、次郎君に共通しているところを持っているので、興味深く、そして、頷きながら読ませていただきました・・・。次男は字は丁寧、細かいことが好き、仕事が丁寧・・・長男はすべて逆なのです・・・。
Commented by poyo25 at 2009-06-18 14:51
☆なっちゃんさん
はじめまして♪ ・・といいつつ、実は私もなっちゃんさんのブログを
こっそり拝見してました。
コメントありがとうございます(。・_・。)ポッ

なっちゃんさんのところは、ご長男が次郎タイプですかー。
それはいいですね♪
先日長男の中学の保護者会で受験の話題になったとき、
「下に手がかからない方がずっっっと楽」という結論になりましたー。

ま、うちの場合は、上の子も「丁寧」にはあまり縁がないやつなので
これはやはり遺伝か?私のせいか?と反省している毎日です(≧▽≦)
Commented by ぴあの at 2009-06-18 20:10 x
すごくお気持ちわかります。ウシオも半端じゃなく汚い字で、前の塾では毎週、担任にちくちくお説教され、今度の塾でも汚い字が原因で一悶着ありました。今は、学校の担任も注意して下さってるのですが、やはり直りそうにないです。
第一志望校に入れてあげたいっていうのも、母の切実な願いですよね。私でよければ、いつでも愚痴聞きますよ(^_^)
Commented by poyo25 at 2009-06-18 23:10
☆ぴあのさん
ううっ、優しいお言葉ありがとうございます。
お互い励ましあっていきましょうね(pq)

ウシオくんも字がネックですか!
仲間がいるとちょっと安心・・・してる場合じゃないかな?
一度「雑字コンテスト」でも開きたいですねー(゚▽゚)アポー

第1志望、自分であんなこと書いておいて言うのもなんですが、
太郎のときも今も、「ここがいい!!!」と親子で熱望する学校が
なかった(ない)というのがそもそも間違いだったかな、と思います(^^ゞ
Commented by 蒼海 at 2009-06-19 23:39 x
こんにちは。はじめまして!
あすかぜさんのとこから飛んできました~

うちの長男は3年なんですが、めっちゃくちゃ字が汚いんです(涙)
うち、両親と同居なんですが、家で母が習字の先生してる
のにもかかわらず!!!(怒)
なんです、、、、、。

いつかスキャンしてブログに貼り付けたいほどですーーー。

中学受験って子供も大変なんだろうけど、親も大変ですよね。

親のケアも十分先生にしてもらいたいわって思います。
またよろしくお願いします!
Commented by まんぼう at 2009-06-20 07:04 x
ぽよぽよさんにも、こんな思いがあったんですねー。
うちの子も字が汚いので、わかりますよ。
ただ、私の経験では、理数系の天才みたいな人にかなりの確率でミミズくんがいるような…。
こういう子は確かに中学受験には不利なんだけど、いずれ他の方法でちゃんと力を発揮できるんですよね。
次郎くんも、うちの娘と同じで、幼いタイプなのかな?
幼いタイプの子ってかわいいですよね。
成長の早さって生まれ持ったものなのかもしれませんね。
中学受験の大先輩である友人から、
「中学受験で悩むなんて、今の私から見ると『うちの子、おむつが取れるのが遅い』って悩んでるのと同じ」と言われ、一理あるなーと思いました。
確かに私も、上の子を第一志望に合格させてあげられなかったこと、引きずっているかもしれない。
だからこそ、親子共に今の学校が大好きで、他の生徒さんまで応援したくなっちゃうんだろうな。
「転んでも、ただでは起きない!」って、こういう気持ちのことかも…。
Commented by poyo25 at 2009-06-20 22:16
☆蒼海さん
はじめまして♪ありがとうございますo(*^∇ ^*)o わーい♪

お子さんはまだ3年生ですか♪
いいなー。可愛いなー(遠い目)。
いっぱいいっぱい誉めてあげて、可愛がってあげてくださいねー。
字に関しては、ひょっとしたら「字が汚い」と怒りすぎていたかも
しれないな、と反省しています。
だから自分でも「僕の字は汚い」というのがあたりまえになってしまった
かもしれないな、と。
どうぞ私のようにならないように、上手におだててあげてくださいー(号泣)

母のケア、塾の先生は「どうぞお子さんにつらく当たる前に
僕たちにおっしゃってください」と言ってましたー。
へへへ。これからも先生に頼りますわよーん♪(*^-'*)>
Commented by poyo25 at 2009-06-20 22:26
☆まんぼうさん
あたたかいコメント、心に沁みました♪ありがとうございます。

「中学受験で悩むなんて、今の私から見ると『うちの子、おむつが取れるのが遅い』って悩んでるのと同じ」
至言ですね!!!
そうですよねー。だって、「合格がゴールじゃない」ってことは
実感済みですもんねー。
私見ですが、あの学校、第一志望残念組のほうが
いろいろ頑張っているような気がしません?(≧▽≦)
どんな経験も「転んでも、ただでは起きない!」で
生かせれば、それはそれでOKかと(≧▽≦)

「理数系の天才みたいな人にかなりの確率でミミズくんがいる」
そりは大変嬉しく、すがりつきたいお言葉ですが、
・・・・どう考えても次郎が理数系の天才だとは思えましぇん(pq)
実はうちのダーリンがものしゅげーミミズくんで
「ぽよさんの字は暗号化されている」と会社でも評判らしいんです。
私が次郎の字を怒っていると、ダーリンが「まあまあ」と止めに入ります。
そんなんで甘やかされているから、次郎の字が直らないんですよ・・(pq)

ほんと、下の子はいつまでも幼くて可愛いんですが・・。

名前
URL
削除用パスワード
by poyo25 | 2009-06-17 23:47 | 家族 | Comments(8)

夫と社会人1年目・大学2年の息子達の4人家族。「転んでもただでは起きない!」がモットー、物忘れひどし(゚▽゚)  息子たちはそれぞれひとりぐらし中。


by poyo25