ぽよよん備忘録 poyo25.exblog.jp

夫と社会人1年目・大学2年の息子達の4人家族。「転んでもただでは起きない!」がモットー、物忘れひどし(゚▽゚)  息子たちはそれぞれひとりぐらし中。


by poyo25
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ネカフェデビュー

久々の投稿がこんなんで申し訳ない(^^ゞ

子供たちの手が離れて少々浮かれているわたくし。
今日は以前から一度行ってみたかったネットカフェに初挑戦!

テレビなどで中の様子はなんとなくわかっていたけど
箱入り娘・・・もとい、おばちゃんなのでなかなか行けなかったネカフェ。
子供たちが小さかった頃家族でよく言っていたレンタルビデオ店が
最近ネットカフェになったというので
ちょっと行きやすく感じて挑戦してみた。

いやー、50歳以上だと入会金もゼロだし(^^ゞ
思ったより狭いけれど、思ったよりは清潔で快適な部屋。
本日はなんと4時間もかけて
森本梢子「高台家の人々」「アシガール」を一気に読みふけったのだった♪
うん。森本梢子はやっぱりいい♪ 天才だわ♪

お手軽に非日常に逃避できる空間。
えへへ。これからも時々ならいいよね♪


[PR]
# by poyo25 | 2017-04-10 23:00 | 趣味 | Comments(3)

久しぶりに4人揃って♪

お久しぶりのご挨拶と新年のご挨拶を申し上げます(o_ _)o))


このお正月は久しぶりに4人家族が揃って過ごすことができた。
次郎が9月下旬に一人暮らしを始めて以来、
夫婦二人の老後状態が続いていたので、
男子大学生二人が加わると、ちょっとした「環境激変」であった(゚〇゚;)



大みそかの昼頃太郎が、夕方には次郎がやってきた。
引退したとはいえ、ついこの間までテニス三昧の学生生活を送っていた太郎は
なかなかナイスな細マッチョぶり。
ちょっと見ないうちに肩やお尻に筋肉がついた次郎は
念願かなってサッカー三昧の学生生活を送っているらしい。
180センチの息子たちが増えると家の中が狭くなった(≧▽≦)


いやー、何がすごいって、あいつらの食欲がこんなにすごいということを忘れていたよ。
大晦日の夕食はしゃぶしゃぶだったのだが、
そもそも最近は出番がなかった大きな土鍋を出してきたと思ったら
お肉1㎏があっという間に無くなった
それでも年越しそばは別腹でもりもり食べてるし(゚〇゚;)

次郎はバイトがあるとかで、元旦の夕方には帰って行ってしまったのだが、
太郎が残っただけでも、我が家のエンゲル係数はうなぎのぼり!
はっきり言って、子供たちがいた4日間で
普段の老夫婦3週間分の食費がかかったのだ。しゅげー♪
やつらに肉や野菜をすきなだけ食べさせると
大変なことになるということがよーくわかった(≧▽≦)゜
でも、子供たちがもりもり食べているのを見るのは嬉しいものだ。
大きくなったねー、とおかーさんは思うのだった(^^♪



夕食の後は紅白を見ながら、ぽよ家恒例の「人生ゲーム」。
ここ3年ほどは太郎が元旦過ぎてから帰省していたので、
4人そろっての大晦日人生ゲームは久しぶりだ。

何しろ、次郎が中学受験の時以来、ほとんど口もきかなかった兄弟。
太郎が大学生になって大人になってきたので
ちょっっっっっっとだけは口をきくようになってはきたものの、
最低限の挨拶程度しかしていなかった。
ところが今年は一緒に人生ゲームができちゃった♪
やたら計算の早い太郎と、てきぱき作業をしてくれる次郎のおかげで
楽ちんな人生ゲーム♪
・・・母が最下位でしたがね。 いいんだよ、別に。




それにしても、太郎は本当に大人になった。
中高時代は父であるダーリンに大変反抗的だったのが
大学に入って一人暮らしをするようになって
普通の親子のように接するようになっていたが、
今回はさらに優しく、孝行息子に成長してた。
どこのご子息か(゚▽゚)??と思うほどだ。

そんな太郎に社会人スタートのためにスーツを誂えに行き、
いろんな背広を試着している姿を見ていたら
お母さんはちょっと泣きそうになっちゃった(^^ゞ


一人暮らしで、寂しい思いや大変なことをたくさん経験したことだろうが、
それら全てを糧にして、いい4年間を過ごしたんだろうね。
あと3か月、残りの学生生活を楽しんでおいで!
卒業旅行も気を付けて行ってらっしゃい!!



先ほど太郎が下宿先に帰っていったので家の中ががらーんとしている。

さあ、私は何をしようか!
子供から手が離れた今が正念場、という気がする。
いろいろな意味ですっきりと幸せな毎日を過ごせるように頑張ろう!

皆様にとっても、今年が素晴らしいものになりますように!!






[PR]
# by poyo25 | 2017-01-03 16:29 | 家族 | Comments(6)

次郎も一人暮らし

次郎がめでたく大学生になってはや5か月。

念願かなって体育会に入部し、相変わらず家では筋トレに余念がない。
というか、艇変わらず家では筋トレしかしていないんだが、勉強は大丈夫なんだろうか??

大学入学と同時に家を出た太郎と違って、
次郎は自宅から通っているので、
母としてははじめて「大学生が家にいる生活」を送っている。

太郎のママ友から
「大学生はとにかく家に帰ってこないヽ(*`д´)ノ」と聞いていたが、
次郎は意外に律儀に家に帰ってくる。

ただ、最近はじめた塾講師のアルバイトの日には
帰宅が深夜になることも度々で、
おかーさんはちょっと心配だ。


さて。
そんな次郎だが、このたび一人暮らしを始めることになった。

家でぐーたらしている次郎を見ていると、
やはり太郎のように一人暮らしをさせてしっかりしてもらいたい、という願いもあったし、
元々本人の希望でもあり、
受験の時にダーリンからも
「あの大学なら一人暮らしさせてやるぞ」という許可が出ていた。


9月に入って急展開した引っ越し話。
たぶん今週中には入居日が決まり、契約できる見込みだ。
そうなったら、あとは待ったなしで忙しくなるだろう。


それまでのひととき。
いろいろ必要な手続きをリストアップしなくちゃいけないんだけど、
なんとなく落ち着いて進められない。

・・・・
うん。
寂しいんだな、私。
今がきっと一番寂しい時なんだと思う。
[PR]
# by poyo25 | 2016-09-04 21:56 | 家族 | Comments(6)

男子校の卒業式

もうかれこれ1か月前になるが、
次郎の高校卒業式があった。

中高一貫の男子校。

6年前はまだ声変わりもしていない、ほっぺもつるつるで、
ぴかぴかでぶかぶかの学ランに身を包み
これから始まる中学生活にどことなく不安そうな顔をしていた、
まだまだ幼かった子供たちが、
6年後の今日は
「子供たち」というには少々トウが立ったというか、
おっさん臭くなった、もとい、大人の雰囲気を醸し出している。

  学ランの襟が妙に折れていたり、
  ズボン丈が短くなっているから座ると足首の上まで丸見えだったり(≧▽≦)
  受験直後ということもあるが、基本的に女子の目がない男子校なので
  格好はどーでもいい♪ という毎日だったことがここでも解るといものだ。

ガキんちょからおっさんへ、じゃない、
少年から青年へ成長した6年間。
確か太郎の時の卒業式保護者祝辞で
「小さかった手が、いつの間にか私よりもずっと大きくなって・・・」
というくだりがあって、思わず母たちは涙したのだが、
今日もまた、それぞれの新しい道に進もうとしている青年たちの
頼もしい背中を見て、母たちは感慨にふけったのだった。


母たちも感慨無量だったが、それは先生方も同じだったらしい。
卒業式では学年主任の先生がスピーチの途中で声を詰まらせたし、
その後のホームルームでは、普段はとてもクールな担任の先生が
まだ言っておくことはないか、もうないか、と探すようにしながら
熱い言葉を生徒たちにかけ続けてくださった。

先生方、6年間本当にありがとうございました。
この学校に入れて本当によかった。
次郎の成長は先生方のおかげです・゚ '゚(/□\) '゚゚



そして、夕刻。
子供たちはそれぞれクラスや部活の友人たちとどこかで食事会をしていたらしいが、
母たちは某ホテルで一堂に会しての謝恩会♪
いやー、楽しかった。
ノリがいい中にも、先生方への感謝の心がちゃんと伝わる演出の数々。
卒対の方々、本当にありがとうございました♪


私自身は太郎の中学入学から数えてなんと9年間!
大変お世話になった学校ともこれでお別れ。
学園生活のフィナーレを飾る、素敵な1日だった。



おまけ。

あの学校では、式典の時には壇上に松の盆栽が飾られる。
先日さいたま市の盆栽美術館に行って
盆栽についてちょっと学んだわたくしは
学園の盆栽がどんなにしゅばらしいものか拝見しようと、
式が始まる前に近くに寄ってみた。

・・・・・・そしたら、
なんと造花というか、ニセモノだった!!Σ( ̄ロ ̄lll)

うははは。
私の脳内では、どなたか(生物の先生あたり?)毎日心を込めて
お手入れしていらっしゃる姿が浮かんでいたのだが。
ちょっと、いや、かなりがっかりだった。
卒業式の思い出ベスト?3に入る出来事だったよ(≧▽≦)
[PR]
# by poyo25 | 2016-04-07 12:15 | 学校 | Comments(4)

次郎の春

次郎の大学受験が終了した。
いろいろいろいろあったけど、とりあえず志望していた国立大に合格した。
めでたい♪
太郎と違って、都内の大学。
ほぼ男子校なので、違和感なくなじめることだろう(≧▽≦)


結局、最後の最後まで100%全力で勉強に打ち込む姿が見られなかった
(少なくとも家では)
のがちょっと残念な気もするが、本人の希望が
「大学でサッカーをすること」  ←ちょっとふざけていると思いません、奥様?
だったことを考えれば、まあこれで本望だろう。
結局塾には単発の講習を1つ受けただけだからコストパフォーマンスは良かったし。 ←何に対して言い訳?


今週はスーツを買いに行ったのだが、
次郎が
「大学に入ったら本格的に鍛えるから、すぐに体型変わっちゃうよー♪(*^-'*)>」と
ほざいているので、
ちょっとお高めのスーツを勧めようとする店員さんに
「いえ、いっっちばん安いセットで結構です」ときっぱり言って
お安いセット(靴まで揃って3万円♪)を購入した(≧▽≦)

そうでなくても、入学はいろいろ物入りだからね。
すぐにサイズアウトするやつに高価なスーツは無駄というものじゃ。
ついでに、結局ダイエットが間に合わなかった私も
卒業式、謝恩会用にスーツを新調するのはあきらめたorz
いいの。どうせ私の服なんか誰も見てないから。


ところで。
次郎の合格を太郎にメールで知らせたところ、
なんと
「次郎にお祝いメールしたいから、次郎のアドレスを教えてください」
というメールが来た!
なんと、今まで弟のアドレスを知らなかったのか!という突っ込みは置いといて、
それほどまでに仲悪いというか疎遠な兄弟だったし
(次郎いわく、次郎は太郎のアドレスは知っている)
考えてみれば、次郎は太郎に「合格おめでとう」はちゃんと言ってなかったはず。
なのに、そんな弟におめでとうを言おうという気になったとは。
いやー、太郎は大人になったなー♪
(はい。レベルの低い喜びでございますorz)
・・・・
と喜んでいたのだけど、
なかなかおめでとうメールが来ないみたいだ。
どうしたのかなー。
忘れちゃったのかなー。orz



おまけ。

来年度以降大学受験をされる皆様にぜひ一言。

出願は早めに!
次郎のアホウがぎりぎりまで出願しなかったもので、
受験番号がすんごい後の方になっちゃった。
そうすると、受験会場が遠くになったりするので要注意。
次郎は私立も国立も他の人とは違うキャンパスになった。

しかも、合格手続き書類の発送もおそらく受験番号順なのだと思う。
速達で来る合格書類がなかなか届かなかったヽ(*`д´)ノ
太郎の時には当日中に届いたのに、
今回はどの学校も
「これは速達でなく普通郵便で送ったんじゃないか?」
というくらいのんびりと届いた。

出願の締め切りも要確認。
「締め切り日当日消印有効」なのか
「当日必着」なのか。
慌ててダーリンが夜中にコンビニに振り込みに走った
我が家のようなことにならないよう、お気を付けくださいませ(o_ _)o))
↑ いや、だから、早めに出願すればいいんだけどね。
[PR]
# by poyo25 | 2016-03-16 20:57 | 家族 | Comments(10)

これが最後のお弁当

今日、次郎に最後のお弁当を作った。

太郎の時は、それは確か12月のはじめ、
最後の通常授業の日だった。(過去記事)

3学期に入ってからは、太郎は基本的には自宅で勉強していたので
確かお弁当はあまり必要なかったはず。
講習などで学校に行く時にどうしていたか・・・???
あれ、忘れちゃったー(゚▽゚)アポー
何しろ、まだ次郎にはお弁当を毎日作っていたので
太郎の分が時々加わったのかどうかがわからにゃい(^^ゞ


その点、太郎が大学進学、独り暮らしを始めてからは
お弁当は次郎のみ。
このお弁当があるかないかは大問題♪(*^-'*)>

太郎と違って、自宅では勉強ができないらしい次郎は(^^ゞ
講習があろうとなかろうと、毎日学校に行って勉強をしていた。
(結局、塾には行かなかった)
まあ、3学期も高い授業料を払っているのだから、元を取ったといえよう。(?)

そんなわけで、ずっと続いたお弁当。
それも今日でおしまい。
(明日が国立前期試験の結果発表なのだ。
 一応私立は合格しているので、浪人はない。)

d0003116_20544524.jpg

最後のお弁当といえど、結構しょぼい(^^ゞ
卵焼きは次郎のリクエスト♪
「他に入れてほしいおかずはある?」と尋ねたけれど
「えへへ。察してよ♪(*^-'*)>」とほざく次郎。

あ゛ー、お母さん、そういう察してちゃんは嫌なんだよーヽ(*`д´)ノ
はっきりリクエストしてよーヽ(*`д´)ノ
と何度言っても次郎がはっきり答えないので
あきらめていつも通りのテキトーべんとーになっちゃった。
とりあえず肉を焼いて入れておけば間違いないでしょ。

結局今日は学校には行かず、地元の図書館に行った次郎だが、
夕方
今日のお弁当おいしかったよ。 6年間ありがとうございました
と言ってくれた。


太郎が中学に入学して以来、なんと9年間のお弁当ライフ。
いよいよ今日でおしまい♪
大したお弁当は作れなかったけど、
まあ、頑張ったと思う。

d0003116_211133.jpg

洗って乾かし中のお弁当箱。
明日からは出番はないのね。
今までは食器棚の一番取り出しやすいところに入れていたけど、
どこか棚の奥にでもしまっちゃおうかなー♪
それとも捨てちゃおうかなー♪  ←最近捨て魔なので




おまけ。

ご近所の奥様から聞いたお話。
現在大学生のお嬢さんが、
高3の時、最後のお弁当の日に
3年間お母さんが作ってくれたお弁当の写真とそれに対するお嬢さんのコメントを
1冊のアルバムにまとめたものをプレゼントしてくれたんだそうな。
「3年間ありがとう」という感謝の言葉と共に。

きゃー。
聞いている私までうるうるしちゃった、いい話。
小さいころから知っているお嬢さんだが、
本当にいい子に育ったなー、と感動した。

それを次郎に話したところ、
「いやー、とてもいい話だとは思うけど、僕にはムリ」
と言われた。

まあ、それもそうだね。
毎日お弁当の写真を撮る男子高校生・・・・・は、ないな。
うちの学校は校内で携帯使用不可だから写真も撮れないしね。

いろいろぶつくさと言い訳した私だった。
(何に対してなんだろ???)
[PR]
# by poyo25 | 2016-03-07 21:13 | お家の仕事 | Comments(2)

太郎の帰省 2016

新年おめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします(o_ _)o))


元旦に太郎が帰ってきた。
29日まで大学の授業があり、元旦の午前中もバイトが入っていたので
こちらに着いたのは元旦の夕方。

2日の朝にはダーリンとジョギング&初詣♪
(一昨年のお正月もしていた(参照)。
 この時はカーナビが嘘ついたから なかなか車でたどり着かなかった私だが(^^ゞ
 今回はちゃんと地図で確認したから大丈夫♪ 
 ちゃんと着いて一緒に初詣ができたv)
しかし、それ以外は特に予定もなく、ただひたすらのんびりして
一緒にテレビなど見て過ごし、3日の朝にはもう下宿に帰っていった。
夕方にはサークルの練習があるんだと。

慌ただしい帰省で「ただお年玉をもらいに来た」かのようではあるが、
今回の大きな目的は、大学院に進学する許可を得るためだったらしい。
来る早々、神妙な顔をしてダーリンにお願いしていた。
(ダーリンは快諾)
(現在3年生なので、実際に院の試験を受けられるのは来年度)

実は当初、太郎は
「次郎が受験で慌ただしいだろうし、バイトもあるから
 今年は帰らないかもしれない」
と言っていた。
あらまー、面倒なのかしらん。
最近「いい子」になってきたと思っていたけど、
やっぱり「いい子キャンペーン終了」なのかなー?
などと思っていたのだが、
こうして急に、わざわざ来て進路のお願いをしたところを見ると、
本人が元々きちんとしている、というよりは、
誰かいい先輩や友達がいて諫めてくれたのではないか、と推察される。

さらにびっくり。
2日の午前中は頼んでもいないのにお風呂掃除をするし、
家中掃除機をかけるし、とっても働き者の太郎くん。
聞けば、
古くなったTシャツは雑巾としてその辺を拭くと言うし、
ほぼ毎日自炊しているそうな!
この年末も、野菜が安くなっていたからたくさん買って
煮物など作ってストックしてきたと言うではないか!!!
しゅげー。
ひょっとして主婦力高い?(≧▽≦)

親はなくても子は育つ(?)
太郎を成長させてくれた環境に、人々に
深く感謝を申し上げます。


<おまけ1>

わが家には「ふるさと納税」でゲットした○○和牛すき焼き用が500グラムあり、
当初こ大晦日に3人で食べようと思っていたのだが、
太郎が帰省してくることになったので、元旦の夜に変更した。
ただ、肉食男子が2人になったので、お肉500グラムで足りるわけはない。
急きょダーリンがスーパーに走り、500グラムお肉を買ってきた(和牛じゃないけど)。

合計1キロのすき焼き肉。もちろん野菜もてんこもり。
・・・・
瞬殺だった!Σ( ̄ロ ̄lll)
さすが男子。
ちなみに翌日の夜は豚しゃぶ。
これまた瞬殺。
しゅげー。


<おまけ2>

12月中旬に「帰らないかも」とメールが来たきり、なかなかその後の連絡がなかった。
可愛いわが子の顔が見たくて、楽しみに待ってはいたのだが、
だんだんま待ちくたびれてきたわたくし。
あまり「帰ってこい」と催促をするのも悪い気がしたし、
ちょっと面倒になってきたのも確かだ♪(*^-'*)>

「あー、もう、"帰ってこなくていい"ってメールしちゃおうかなー」
つぶやいたところ、そばで聞いていた次郎が
「・・・それはやめたほうがいい」と言う。
「自分ではそんなに帰りたくないとしても、
 親から"帰ってこなくていい"なんて言われたら傷つくよ」
親を諭す次男(≧▽≦)

そうか。わかった。
君は君なりに、兄を思いやる気持ちがあるんだね。
ちょっと感心したよ♪
(単に母が無神経すぎるだけ、という気もするけど)
[PR]
# by poyo25 | 2016-01-05 21:25 | 家族 | Comments(4)

最後の受験?



またまたご無沙汰しております。

気が付けばもう大晦日。
あっっっっっという間に大晦日(≧▽≦)

来年はいよいよ次郎が大学受験だ。
のんきな次郎を見ていると、とてもそんな感じがしないのだが、
実はセンター試験まであと3週間なんだよなー(―“―;)

今年最後の投稿は、そんな受験生次郎のネタ。



1. クリスマス
   
  次郎は高校生になって以来、甘いもの、特にケーキなどの洋モノを
  「太るから」といってほとんど口にしていない。
  (お母さんにもその意志の強さを分けてほしいものだ)
  
  だけど、クリスマスイブにスーパーに行ったら、
  やっぱり何か買いたくなるのは主婦の性(?)。
  洋モノがダメなのはわかっていたので、
  和菓子を購入して帰った。

  次郎に「これ買ったよ」と見せたところ、
  「なんでこんなの買ってきたの?」と言う。
  「イブだからなんとなく綺麗で甘いものが欲しくなったんだよ」と答えたら
  「えっっっっっ!・・・・今日イブだったの???」と大層驚いていた。

  「そうかー。道理で駅でクリスマスっぽいものを売っていたよ。
   焼き鳥とか」

  ・・・・あのー、次郎君。
・・・・ そりは「フライドチキン」のことでしょうか・・・・。
  


2. 上の話だけなら、勉強に忙しくてクリスマスにも気づかない、
  「立派な受験生」のようだが・・。

  ちょっと前の話。

  なぜかしょっちゅう包丁で指を切っていた時期があったわたくし。
  どうも集中力が切れているらしい。
  そういえば、確か6年前、次郎が中学受験の前もこんな感じだったなー。

  夕食時に、切ったばかりの指にばんそうこうを巻いて
  そんな話を次郎にしたら、
  「いや、中学受験のころと違って、今は心配されるほど勉強していないから。
   そんな無理してないから。」
  と言うではないか。
  (母を慰めているつもりなのか???)

  「だから心配なんだよー '゚(/□\) '゚゚」
  と叫んでしまった母でした。



とまあ、こんな感じで大変心配な年越しであります。
お正月には「カリスマ塾講師」とやらの太郎が帰省するので、
ここはひとつ素直にアドバイスを乞うといいのですが。



何はともあれ、
今年もお世話になりました。
皆様、どうぞよいお年をお迎えくださいませ♪











[PR]
# by poyo25 | 2015-12-30 23:19 | 家族 | Comments(4)

そして山ガールになる??

昨日は私の誕生日だった。
えーと、何歳になったかは忘れた(゚▽゚)アポー けど、
とにかく誕生日(≧▽≦)

朝6時半に太郎からおめでとうメールがあったり
(きっと朝練か試合があったんだな、と悟る母)
実家の母からもメールがあったり、
主人の母からも電話をもらったり
(ちなみに、つい先日のダーリンの誕生日にはなんにもなかったらしい・・・)
嬉しいなー。


最近、
老後に備えてもっと体力を蓄えて、なおかつ趣味として続けられるものを持とう」
ということで、ちょっとハイキングなどを始めつつある。
ただし、体力、気力ともに幼稚園児以下のおばはんなので(^^ゞ
まだまだ幼稚園児でも行ける程度の山が精一杯だけど。

そしたら、
以前からトレイルラン(山道を走る)にはまっているダーリンが
「お誕生日プレゼントとして、山に連れて行ってあげる」と申し出てくれた。


ダーリンの運転で約1時間。
とある山の中の小さな湖周辺のハイキングコースを、
私はひーひー言いながら歩き、
(「ゆるやかなアップダウンあり」とのことだったけど、私にはしゅげー大変だったのさー)
ダーリンは走った。
(私の様子を見つつ、同じところを行ったり来たりしながら。)

3時間ほど歩いてへとへとになった(私だけ)後は
温泉に入ってビール♪(私だけ)
ダーリン運転の車の中で爆睡しているうちに、おうちに着いて
ダーリンが作ってくれた晩御飯を食べてワインを飲んでケーキを食べて
・・・という、至れり尽くせりの一日♪(*^-'*)>
ありがとう、ダーリンo(*^∇ ^*)o わーい♪


一晩たった今日、あちこちがなんだか痛い。
・・・ひょっとすると、明日はもっとあちこち痛くなるかも(^^ゞ
・・・でも、めげずに頑張ろうっと。
目指せ、健やかな老後(≧▽≦)

<蛇足>
タイトルですが、すみません。
山「ガール」にはなれましぇん。
せいぜい「山姥」にならないように頑張りましゅ・・・






[PR]
# by poyo25 | 2015-11-04 21:25 | 趣味 | Comments(4)

お片づけブーム

すっかりご無沙汰しております。
(最近こればっかり)
あんまり放置だと、ブログ閉鎖になっちゃうので
メンテナンスのために投稿。



最近のマイブームはお片づけ♪
本格的、とまではいかず、「なんちゃって断捨離」程度ではあるけれど
お片づけにはまっている。

こんまりさんだの、やましたひでこさんだのの本を読んだり、
お片づけブログを見たりするのが喜びだ♪
ついでに、NHKあさイチの
「スーパー主婦」特集もだーい好き♪

いろいろな人がいろいろなことを言っているけれど、
結局のところ、根本は一緒だなー、と感じる。

*服もモノも、自分が管理できないほどの量は持たない
*厳選したもので丁寧に暮らす
うーん、あこがれるわー。

なかなか本格的に、一気には進められないけれど、
ぼちぼちと片付け進行中。
来春、もしもめでたく次郎が大学生になったら
台所とリビングを一気に模様替えしようと思う。
あー、楽しみだー。
そのためにも、ぜひとも次郎には
どこかの大学にひっかかってほしいものだ。



ちなみに、自分の洋服はかなり捨てた。
たくさん捨てた。
たまに
「あっ、あれを捨てなければよかったかも」
と後悔することがないわけではないけれど、
すっきりした喜びと使いやすさの方が大きい♪

うん。
自分できちんと把握できているって素敵だわ。
だってね、
整理ダンスの引き出しの奥から
結婚前から持っていた下着が出てきたんざますよ!
いくら新品といえども、
そんなもん、もう身につけられませんことよ。
いろいろな意味でムリざます。
20年以上も死蔵してしまった下着さん、ごみんなさい。
ついでに、デッドスペースにしてしまった引き出しさんにも、ごみんなさい。



とまあ、自分自身では大変楽しくお片づけをしているつもりなのだが、
家族には大不評だ。
特に、もともと自称「捨てない男」(「片付けられない」ではなく、捨てないだけ、ですと)
であるダーリンからは
「お願いだから、これ以上モノを捨てたり移動させないでくれ」
と懇願されている(≧▽≦)

でも、もうこの年だからねー。
生前整理という面でも大切だと思うんざますよ。
だから許してね♪ これからもお片づけがんばるわ♪(*^-'*)>
[PR]
# by poyo25 | 2015-10-02 21:28 | お家の仕事 | Comments(2)