夫と社会人1年目・大学2年の息子達の4人家族。「転んでもただでは起きない!」がモットー、物忘れひどし(゚▽゚)  息子たちはそれぞれひとりぐらし中。

by poyo25

カテゴリ:家族( 254 )

久しぶりに4人揃って♪

お久しぶりのご挨拶と新年のご挨拶を申し上げます(o_ _)o))


このお正月は久しぶりに4人家族が揃って過ごすことができた。
次郎が9月下旬に一人暮らしを始めて以来、
夫婦二人の老後状態が続いていたので、
男子大学生二人が加わると、ちょっとした「環境激変」であった(゚〇゚;)



大みそかの昼頃太郎が、夕方には次郎がやってきた。
引退したとはいえ、ついこの間までテニス三昧の学生生活を送っていた太郎は
なかなかナイスな細マッチョぶり。
ちょっと見ないうちに肩やお尻に筋肉がついた次郎は
念願かなってサッカー三昧の学生生活を送っているらしい。
180センチの息子たちが増えると家の中が狭くなった(≧▽≦)


いやー、何がすごいって、あいつらの食欲がこんなにすごいということを忘れていたよ。
大晦日の夕食はしゃぶしゃぶだったのだが、
そもそも最近は出番がなかった大きな土鍋を出してきたと思ったら
お肉1㎏があっという間に無くなった
それでも年越しそばは別腹でもりもり食べてるし(゚〇゚;)

次郎はバイトがあるとかで、元旦の夕方には帰って行ってしまったのだが、
太郎が残っただけでも、我が家のエンゲル係数はうなぎのぼり!
はっきり言って、子供たちがいた4日間で
普段の老夫婦3週間分の食費がかかったのだ。しゅげー♪
やつらに肉や野菜をすきなだけ食べさせると
大変なことになるということがよーくわかった(≧▽≦)゜
でも、子供たちがもりもり食べているのを見るのは嬉しいものだ。
大きくなったねー、とおかーさんは思うのだった(^^♪



夕食の後は紅白を見ながら、ぽよ家恒例の「人生ゲーム」。
ここ3年ほどは太郎が元旦過ぎてから帰省していたので、
4人そろっての大晦日人生ゲームは久しぶりだ。

何しろ、次郎が中学受験の時以来、ほとんど口もきかなかった兄弟。
太郎が大学生になって大人になってきたので
ちょっっっっっっとだけは口をきくようになってはきたものの、
最低限の挨拶程度しかしていなかった。
ところが今年は一緒に人生ゲームができちゃった♪
やたら計算の早い太郎と、てきぱき作業をしてくれる次郎のおかげで
楽ちんな人生ゲーム♪
・・・母が最下位でしたがね。 いいんだよ、別に。




それにしても、太郎は本当に大人になった。
中高時代は父であるダーリンに大変反抗的だったのが
大学に入って一人暮らしをするようになって
普通の親子のように接するようになっていたが、
今回はさらに優しく、孝行息子に成長してた。
どこのご子息か(゚▽゚)??と思うほどだ。

そんな太郎に社会人スタートのためにスーツを誂えに行き、
いろんな背広を試着している姿を見ていたら
お母さんはちょっと泣きそうになっちゃった(^^ゞ


一人暮らしで、寂しい思いや大変なことをたくさん経験したことだろうが、
それら全てを糧にして、いい4年間を過ごしたんだろうね。
あと3か月、残りの学生生活を楽しんでおいで!
卒業旅行も気を付けて行ってらっしゃい!!



先ほど太郎が下宿先に帰っていったので家の中ががらーんとしている。

さあ、私は何をしようか!
子供から手が離れた今が正念場、という気がする。
いろいろな意味ですっきりと幸せな毎日を過ごせるように頑張ろう!

皆様にとっても、今年が素晴らしいものになりますように!!






[PR]
by poyo25 | 2017-01-03 16:29 | 家族 | Comments(6)

次郎も一人暮らし

次郎がめでたく大学生になってはや5か月。

念願かなって体育会に入部し、相変わらず家では筋トレに余念がない。
というか、艇変わらず家では筋トレしかしていないんだが、勉強は大丈夫なんだろうか??

大学入学と同時に家を出た太郎と違って、
次郎は自宅から通っているので、
母としてははじめて「大学生が家にいる生活」を送っている。

太郎のママ友から
「大学生はとにかく家に帰ってこないヽ(*`д´)ノ」と聞いていたが、
次郎は意外に律儀に家に帰ってくる。

ただ、最近はじめた塾講師のアルバイトの日には
帰宅が深夜になることも度々で、
おかーさんはちょっと心配だ。


さて。
そんな次郎だが、このたび一人暮らしを始めることになった。

家でぐーたらしている次郎を見ていると、
やはり太郎のように一人暮らしをさせてしっかりしてもらいたい、という願いもあったし、
元々本人の希望でもあり、
受験の時にダーリンからも
「あの大学なら一人暮らしさせてやるぞ」という許可が出ていた。


9月に入って急展開した引っ越し話。
たぶん今週中には入居日が決まり、契約できる見込みだ。
そうなったら、あとは待ったなしで忙しくなるだろう。


それまでのひととき。
いろいろ必要な手続きをリストアップしなくちゃいけないんだけど、
なんとなく落ち着いて進められない。

・・・・
うん。
寂しいんだな、私。
今がきっと一番寂しい時なんだと思う。
[PR]
by poyo25 | 2016-09-04 21:56 | 家族 | Comments(6)

次郎の春

次郎の大学受験が終了した。
いろいろいろいろあったけど、とりあえず志望していた国立大に合格した。
めでたい♪
太郎と違って、都内の大学。
ほぼ男子校なので、違和感なくなじめることだろう(≧▽≦)


結局、最後の最後まで100%全力で勉強に打ち込む姿が見られなかった
(少なくとも家では)
のがちょっと残念な気もするが、本人の希望が
「大学でサッカーをすること」  ←ちょっとふざけていると思いません、奥様?
だったことを考えれば、まあこれで本望だろう。
結局塾には単発の講習を1つ受けただけだからコストパフォーマンスは良かったし。 ←何に対して言い訳?


今週はスーツを買いに行ったのだが、
次郎が
「大学に入ったら本格的に鍛えるから、すぐに体型変わっちゃうよー♪(*^-'*)>」と
ほざいているので、
ちょっとお高めのスーツを勧めようとする店員さんに
「いえ、いっっちばん安いセットで結構です」ときっぱり言って
お安いセット(靴まで揃って3万円♪)を購入した(≧▽≦)

そうでなくても、入学はいろいろ物入りだからね。
すぐにサイズアウトするやつに高価なスーツは無駄というものじゃ。
ついでに、結局ダイエットが間に合わなかった私も
卒業式、謝恩会用にスーツを新調するのはあきらめたorz
いいの。どうせ私の服なんか誰も見てないから。


ところで。
次郎の合格を太郎にメールで知らせたところ、
なんと
「次郎にお祝いメールしたいから、次郎のアドレスを教えてください」
というメールが来た!
なんと、今まで弟のアドレスを知らなかったのか!という突っ込みは置いといて、
それほどまでに仲悪いというか疎遠な兄弟だったし
(次郎いわく、次郎は太郎のアドレスは知っている)
考えてみれば、次郎は太郎に「合格おめでとう」はちゃんと言ってなかったはず。
なのに、そんな弟におめでとうを言おうという気になったとは。
いやー、太郎は大人になったなー♪
(はい。レベルの低い喜びでございますorz)
・・・・
と喜んでいたのだけど、
なかなかおめでとうメールが来ないみたいだ。
どうしたのかなー。
忘れちゃったのかなー。orz



おまけ。

来年度以降大学受験をされる皆様にぜひ一言。

出願は早めに!
次郎のアホウがぎりぎりまで出願しなかったもので、
受験番号がすんごい後の方になっちゃった。
そうすると、受験会場が遠くになったりするので要注意。
次郎は私立も国立も他の人とは違うキャンパスになった。

しかも、合格手続き書類の発送もおそらく受験番号順なのだと思う。
速達で来る合格書類がなかなか届かなかったヽ(*`д´)ノ
太郎の時には当日中に届いたのに、
今回はどの学校も
「これは速達でなく普通郵便で送ったんじゃないか?」
というくらいのんびりと届いた。

出願の締め切りも要確認。
「締め切り日当日消印有効」なのか
「当日必着」なのか。
慌ててダーリンが夜中にコンビニに振り込みに走った
我が家のようなことにならないよう、お気を付けくださいませ(o_ _)o))
↑ いや、だから、早めに出願すればいいんだけどね。
[PR]
by poyo25 | 2016-03-16 20:57 | 家族 | Comments(10)

太郎の帰省 2016

新年おめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします(o_ _)o))


元旦に太郎が帰ってきた。
29日まで大学の授業があり、元旦の午前中もバイトが入っていたので
こちらに着いたのは元旦の夕方。

2日の朝にはダーリンとジョギング&初詣♪
(一昨年のお正月もしていた(参照)。
 この時はカーナビが嘘ついたから なかなか車でたどり着かなかった私だが(^^ゞ
 今回はちゃんと地図で確認したから大丈夫♪ 
 ちゃんと着いて一緒に初詣ができたv)
しかし、それ以外は特に予定もなく、ただひたすらのんびりして
一緒にテレビなど見て過ごし、3日の朝にはもう下宿に帰っていった。
夕方にはサークルの練習があるんだと。

慌ただしい帰省で「ただお年玉をもらいに来た」かのようではあるが、
今回の大きな目的は、大学院に進学する許可を得るためだったらしい。
来る早々、神妙な顔をしてダーリンにお願いしていた。
(ダーリンは快諾)
(現在3年生なので、実際に院の試験を受けられるのは来年度)

実は当初、太郎は
「次郎が受験で慌ただしいだろうし、バイトもあるから
 今年は帰らないかもしれない」
と言っていた。
あらまー、面倒なのかしらん。
最近「いい子」になってきたと思っていたけど、
やっぱり「いい子キャンペーン終了」なのかなー?
などと思っていたのだが、
こうして急に、わざわざ来て進路のお願いをしたところを見ると、
本人が元々きちんとしている、というよりは、
誰かいい先輩や友達がいて諫めてくれたのではないか、と推察される。

さらにびっくり。
2日の午前中は頼んでもいないのにお風呂掃除をするし、
家中掃除機をかけるし、とっても働き者の太郎くん。
聞けば、
古くなったTシャツは雑巾としてその辺を拭くと言うし、
ほぼ毎日自炊しているそうな!
この年末も、野菜が安くなっていたからたくさん買って
煮物など作ってストックしてきたと言うではないか!!!
しゅげー。
ひょっとして主婦力高い?(≧▽≦)

親はなくても子は育つ(?)
太郎を成長させてくれた環境に、人々に
深く感謝を申し上げます。


<おまけ1>

わが家には「ふるさと納税」でゲットした○○和牛すき焼き用が500グラムあり、
当初こ大晦日に3人で食べようと思っていたのだが、
太郎が帰省してくることになったので、元旦の夜に変更した。
ただ、肉食男子が2人になったので、お肉500グラムで足りるわけはない。
急きょダーリンがスーパーに走り、500グラムお肉を買ってきた(和牛じゃないけど)。

合計1キロのすき焼き肉。もちろん野菜もてんこもり。
・・・・
瞬殺だった!Σ( ̄ロ ̄lll)
さすが男子。
ちなみに翌日の夜は豚しゃぶ。
これまた瞬殺。
しゅげー。


<おまけ2>

12月中旬に「帰らないかも」とメールが来たきり、なかなかその後の連絡がなかった。
可愛いわが子の顔が見たくて、楽しみに待ってはいたのだが、
だんだんま待ちくたびれてきたわたくし。
あまり「帰ってこい」と催促をするのも悪い気がしたし、
ちょっと面倒になってきたのも確かだ♪(*^-'*)>

「あー、もう、"帰ってこなくていい"ってメールしちゃおうかなー」
つぶやいたところ、そばで聞いていた次郎が
「・・・それはやめたほうがいい」と言う。
「自分ではそんなに帰りたくないとしても、
 親から"帰ってこなくていい"なんて言われたら傷つくよ」
親を諭す次男(≧▽≦)

そうか。わかった。
君は君なりに、兄を思いやる気持ちがあるんだね。
ちょっと感心したよ♪
(単に母が無神経すぎるだけ、という気もするけど)
[PR]
by poyo25 | 2016-01-05 21:25 | 家族 | Comments(4)

最後の受験?



またまたご無沙汰しております。

気が付けばもう大晦日。
あっっっっっという間に大晦日(≧▽≦)

来年はいよいよ次郎が大学受験だ。
のんきな次郎を見ていると、とてもそんな感じがしないのだが、
実はセンター試験まであと3週間なんだよなー(―“―;)

今年最後の投稿は、そんな受験生次郎のネタ。



1. クリスマス
   
  次郎は高校生になって以来、甘いもの、特にケーキなどの洋モノを
  「太るから」といってほとんど口にしていない。
  (お母さんにもその意志の強さを分けてほしいものだ)
  
  だけど、クリスマスイブにスーパーに行ったら、
  やっぱり何か買いたくなるのは主婦の性(?)。
  洋モノがダメなのはわかっていたので、
  和菓子を購入して帰った。

  次郎に「これ買ったよ」と見せたところ、
  「なんでこんなの買ってきたの?」と言う。
  「イブだからなんとなく綺麗で甘いものが欲しくなったんだよ」と答えたら
  「えっっっっっ!・・・・今日イブだったの???」と大層驚いていた。

  「そうかー。道理で駅でクリスマスっぽいものを売っていたよ。
   焼き鳥とか」

  ・・・・あのー、次郎君。
・・・・ そりは「フライドチキン」のことでしょうか・・・・。
  


2. 上の話だけなら、勉強に忙しくてクリスマスにも気づかない、
  「立派な受験生」のようだが・・。

  ちょっと前の話。

  なぜかしょっちゅう包丁で指を切っていた時期があったわたくし。
  どうも集中力が切れているらしい。
  そういえば、確か6年前、次郎が中学受験の前もこんな感じだったなー。

  夕食時に、切ったばかりの指にばんそうこうを巻いて
  そんな話を次郎にしたら、
  「いや、中学受験のころと違って、今は心配されるほど勉強していないから。
   そんな無理してないから。」
  と言うではないか。
  (母を慰めているつもりなのか???)

  「だから心配なんだよー '゚(/□\) '゚゚」
  と叫んでしまった母でした。



とまあ、こんな感じで大変心配な年越しであります。
お正月には「カリスマ塾講師」とやらの太郎が帰省するので、
ここはひとつ素直にアドバイスを乞うといいのですが。



何はともあれ、
今年もお世話になりました。
皆様、どうぞよいお年をお迎えくださいませ♪











[PR]
by poyo25 | 2015-12-30 23:19 | 家族 | Comments(4)

久々のご迷答

次郎、久々の迷言。

腕時計の電池が切れたので、

豆電池 買ってくる」



次郎、この春いよいよ高校3年生。
花の?大学受験生。
一応、理系

・・・・大丈夫だろうか・・・・・・・・・・・・orz




ま、確かにボタン電池の中でも小さいタイプなので、豆粒みたいだけどさ。
[PR]
by poyo25 | 2015-03-18 21:17 | 家族 | Comments(2)

太郎の成人式

先日、太郎が成人式を迎えた。

この子は大学入学時に住民票を移したので、当初はそちらで成人式に出る予定だったのだが、
母校(中高)で成人祝いの同窓会を開いてくれることになったので
こちらに帰省してくることになった。

  地元での成人式では、ゲストが地元中学の恩師だとか、
  記念の集合写真が出身中学単位になってしまい
  うちの子たちのように中学から私立に行った子たちは
  「その他」グループに入れられて寂しい思いをするんだとか(≧▽≦)

  そんなわけで、とてもありがたい成人式同窓会。
  別に学校が主催してくれるわけではなく、有志生徒が幹事を引き受けてくれて実現した。
  ありがとう、幹事君たち。 そしてご協力くださった先生方、感謝いたします。


現在、中学受験生を含む家庭教師などで大忙しとかで、
式前日の朝、夜行バスで帰ってきた太郎。
去年のお正月以来の里帰りだ♪
(昨年秋の義父のお葬式の時には、こちらには泊まらなかった)

「あー、こっちは暖かいし、 うちの中も広くて暖かいし、食べ物がいっぱいある♪」
こんなことを言ってのんびりしている。
(どんだけ普段厳しい生活を送っているんだ)

この長男、去年のお正月もなんだか角が取れてオトナになっていたが、
今年はまた一段と丸くなっていた。
だから私達両親は嬉しくなっちゃって、
またもやほいほいとスマホの機種変更なんぞしたり、
仕送りの増額を約束したりする始末。
うーん。ちょろいorz
でも、まだ学生の、可愛い息子が一人で頑張っているのがわかるので
素直に頼られればなんとかしてやりたくなるのが親心というものだ。
お母さんも、またおかずを送るからねー♪   ←だから甘いって!


太郎が読んでいる文庫本をちょっと見てみたら、
ハインラインの名作「夏への扉」だった。
あー、これ、私も昔好きだったなー。
別にそんなことを言った記憶はないのに、
息子が自分でこの本を選んで買ったのだと思うとなんだか不思議だ。

そういえば、前回帰省した時には
私がはまって大人買いした漫画「海街diary」を見て
「これ、読んだ」と言ってたしなー。
やっぱり、親子だから読書の傾向も似るのかな????


そんなことを考え、いつもより野菜と肉を多目のご飯を食べさせているうちに
太郎はあっという間に下宿に帰っちゃった。
また来年のお正月までこちらには帰ってこないのか、と思うと
なんだかお母さんは寂しいよ(pq)
でも、体に気をつけて、元気で大学生活を楽しんでおいで!


****


ところで。
成人式同窓会に出て、夜遅く帰宅した太郎。
「おそくなってごめんなさいー o(*^∇ ^*)o 」
すっかりへろへろで、お風呂にも入らず(入れず)
しばらくソファで丸まっていた(≧▽≦)
あらー、この子が酔っ払ったのを見たのは初めてだわ♪
と思いつつ、ちょっと心配でウコンなんぞ飲ませて寝かせた。

ところが、翌朝は7時ごろさくさく起きてシャワーを浴び、
大きな茶碗大盛りのご飯をお代わりしてたよ(゚〇゚;)

しゅごい。
さすが若者。
さすがハタチ。
[PR]
by poyo25 | 2015-01-15 21:59 | 家族 | Comments(8)
すっっっっっっかりご無沙汰しておりますm(_ _)m

前回の更新が8月だった。
義父の米寿のお祝いという楽しい記事を書いたのだったな。


その義父が10月に亡くなった。
囲碁はアマ6段、
某スポーツのシニア大会では出るたびにメダルをゲットしてくる
スーパーおじいちゃんだった義父。
最後までとても立派だった。

先日四十九日の法要を済ませて、一区切りついたかな、というところ。
基本的にはダーリンときょうだいが協力して諸手続きをすすめたので
私はあまり役に立たなかったが、
一応役所勤でプロだから(?)
住民票だのなんだのを揃えて年金の手続きに行ったぐらいかなー。
とにかくダーリンが大活躍。
その分疲れているらしいので、労わってあげなくちゃね。


お葬式で特筆すべきだったのは、久しぶりに会った太郎。
なんと、細眉のチャラ男になっていたorz
高校を卒業したときに作ったスーツも、
作ったばかりの時には全然似合ってなかったのに
すっかりチャラく着こなしているし。

気落ちして元気のない義母にまで
「あれは彼女ができたわね♪」と言わしめた太郎(≧▽≦)

眉毛が細いのが母としては気に入らないが、
受付の仕事や親戚のおじさんたちのあしらいを
そつなくこなす様子を見ていたら
なんだか大人になったなー、と感じた。



今年もあとわずか。
今年度もあと一息。
学校の役員の仕事がまだまだこれから本格化するので
気が抜けない。
風邪引かないようにがんばらなくちゃ。

ちなみに、頚骨動脈解離のほうは順調に良くなっているらしい。
へー。良くなるものなんだ、と感心したよ。
こちらの意味でも健康管理には気をつけなくちゃね。


というわけで、年始のご挨拶は失礼しますが
皆様には良い年をお迎えください。

・・・・って、書くの早すぎっ!(^^ゞ



おまけ。

義父の形見分けで、脚付きの立派な碁盤をいただいたわたくし。
これもがんばりますです・・・大汗



<追記>

内容には関係ないのですが。
久々に更新してみたら、google chromeではコメント欄が表示されなくなっていましたorz
internet explorerだと大丈夫です。
なんでかなー???
[PR]
by poyo25 | 2014-12-08 21:51 | 家族 | Comments(8)
昨日は太郎の20歳の誕生日だった。

20年前の夏も猛暑だった。
私は妊娠中毒症で入院していたのだが、
なんと、夜になると病院の冷房が切れてしまうので
同質の仲間たちとぶーぶー文句を言っていたものだった。

明け方に生まれたちっちゃい赤ちゃん。
よく泣いて、新米ママはとても大変だったなー。

そんな太郎ももう20歳。
下宿しているので一緒にケーキを食べることもないけれど
ちょうど宅配便が届いたらしいので
それがプレゼントということか。
(凍った焼き豚などの惣菜、そして、国民年金クレジット払いの申込書!(≧▽≦))


二十歳の誕生日、おめでとう♪
小さいころは病気ばかりしていた太郎君が
こんなに大きくなって、ちゃんと?一人暮らししているなんて感無量です。
充実した毎日を送ってください。
母はこれからも応援しているよ。
壁|ω`) 一緒に誕生日を祝ってくれる彼女がいるといいね・・・・


*******

さて。
昨日はダーリンの父の米寿のお祝いに行ってきた。
次郎も試合で欠席のため、
参加者は 父、母、ダーリンの姉、妹、ダーリン、私の大人6人。
お祝いの品をみんなで買って、食事をした。

いつもはダーリンの実家で会うし、
いつもは子どもたちが一緒で私はばたばたしていたから、
実はこのメンバーで優雅に外食なんて、初めてかもしれない。

夏のワンピースにヒール姿の女性陣を見ていたら、新たな発見があった。
主人の姉も妹も、マダム脚というか、足首が細くて鍛えられたきれいな脚をしている。
足首がない「サリーちゃん脚」のわたくしには、とっっってもうらやましい。
「うわー、姉妹で脚がそっくり!」
と思ったのだが、実はこの脚、ダーリンともそっくりだ(゚〇゚;)

そして、食事中。
ダーリンと妹のお箸の持ち方がそっくりだった(≧▽≦)

まあ、きょうだいなんだから、あたりまえといえばあたりまえだが、
結婚して20年以上経ってからこんな発見をするのも面白い。

うちの太郎と次郎も、あと何十年経ってから
自分の子供とか、奥さんとかに
「うわー、やっぱり兄弟!」
などと言われることがあるのだろうか。


******

もうひとつ。

先日、次郎がやけにもじもじと何か隠しているので
無理やり聞き出したところ、
電子辞書の液晶画面を壊した、とのこと。
「何万円もするのに、ごめんなさい・・・・」
うなだれる次郎。

しかし、それを聞いた母は
「なーんだ、そんなことか」と思った。

だって、電子辞書に関しては、太郎が
1. 買って3年後に液晶(入力用の小画面)を壊して買い換えた
2. 大学入学後にわざわざハイスペック(高価格!)のものに買い換えたのに、わずか1ヶ月で壊した
という恐るべき実績?を残しているから。

だから、買って3年+αの次郎が買い換えるのは想定内なのだ。

なのに、太郎が残していった初代小液晶画面が壊れている電子辞書をとりあえず使うという次郎。
ものを大切にするのは大変結構だけど、
肝心なのは、それでいかにきちんと効率的に勉強できるか、ということだからね。
変なところケチらずに勉学に励みたまえヽ(*`д´)ノ


でも、そういえば、以前太郎が
「オレがさんざん苦労して道を切り開いた後を、次郎がへらへら歩いてくるのが腹立つ」
と言っていたなー。
こういうことね。
太郎が液晶を壊したときは、さんざん怒ったのに、
今回の次郎の時には「想定内」だもんねー。

上の子って損だね。
ごめんね、太郎。




あんなことやこんなこと。
いろいろ考えた昨日今日。

なんだかんだいいながら、
大人になったら兄弟助け合って生きてほしいな。
病気でちょっと弱気になった母はそう願うのであった。




(おまけ)

その病気(頚骨動脈解離)ですが、
先週の診察で、「普通の生活に戻る」許可がおりましたー。
ビールも解禁o(*^∇ ^*)o 

軽い運動ならOK。
でも、バレーボールとサッカーとボクシングはダメですと(≧▽≦)

ご心配くださった皆様、ありがとうございましたm(_ _)m
[PR]
by poyo25 | 2014-08-17 11:58 | 家族 | Comments(12)

子どもたちの反応は

昨日また脳神経外科に行ってきた結果、
あと2週間安静を命じられて衝撃を受けているぽよぽよでございます。

先週より血管が膨れていて、血栓が確認できる状態。
MRI画像恐るべし。
私でもよーくわかる。

先生は
「この血栓はそのうち吸収されると思いますよ」
と言うので、それほど悪い経過でもなさそうだが、
順調ですね、とも言われないので
ともかく言いつけ通りおとなしくすることにした。



んで、家族の反応。


まずは次郎。

母の衝撃的な病気が判明した後も
例によって「今度のテストだめだー」とほざいていたので
「お母さんの脳血管が切れるような成績は取らないように!」
と脅しをかけておいたにも関わらず、
ぜーんぜん勉強する様子はなしorz

んで、昨日。
テスト真っ最中の次郎に「あと2週間安静だって」と告げると
「うっっ・・・まずい。
 最後のテストなのに、悪かったらごめんねー♪(*^-'*)>」
ですと。
「いやー、今から勉強頑張ったからって、たかが知れてるしねー(゚▽゚)アポー」

・・・・・・
おいこら。
ソファに寝転がってそんなセリフを吐くぐらいなら
今から必死で勉強しろーヽ(*`д´)ノ

・・・・というか、勝手に「最後」にするなー(≧▽≦)



次、太郎。

お正月に帰省して以来、みょーにいい子になった太郎。
メールの返事も単語ではなく、ちゃんと文章になったし♪

と思っていたのに。

今日、例によって「追加仕送りお願いメール」が来たので、
返事のついでに病気にかかったことを説明し、
「そんなわけだから、梅シロップできたけど当分送れない。ごめんねー♪」と
書いて送ったら、

了解です。お大事に

2単語の返事がorz
くっそー。また単語に戻ってるヽ(*`д´)ノ

ってか、もっと心配してくれよーおおおおおお




ちなみに、ダーリンは

大変優しい。
次郎のお弁当を作ろうとしていたのも止めてくれたし、
朝も寝こけているぐうたら妻を起こすことなく
静かに出勤してくれる。

通院も車や自転車では危ないからタクシーを使いなさいと言ってくれた。
(でも、自転車で行っちゃったよ。えへへ)

でも、土曜日はランニングのサークルに出かけたし、
日曜日はこの暑い中、8時間耐久レースとやらに出走。
その体力を私に分けてくれないものか。
と、体の弱い妻は真剣に考えるのであった♪(*^-'*)>
[PR]
by poyo25 | 2014-07-08 18:19 | 家族 | Comments(8)