カテゴリ:家族( 254 )

それぞれのGW

いよいよ連休も終わり。
皆様いかがお過ごしになったでしょうか。


今年の我が家は、みんなそれぞればらばらにのんびり過ごした。
こんなにのんびりしたのは久しぶり。
というのも、
私の実父の命日が5月3日なので、法事だの何だのがあったし、
法事はなくとも、一昨年までは御墓参りなどで子供たちと一緒に里帰りしていたから。

しかし、今年は実家の母からの「いつ帰ってくるのヽ(*`д´)ノ」という催促もない。
(おそらく、太郎の進学で舞い上がっていたからだにゃ)
これ幸いとばかりに、自宅でのんびり過ごすことにした。



私は基本ぐーたら。
あ、でも、一日だけ「渋谷ヒカリエ」に行って、おのぼりさんよろしく楽しんできた。

ダーリンはランニング三昧。
「これ以上休みが続くと脚が持たない♪(*^-'*)>」
ですと。



次郎は、試合三昧
・・・のはずが、早々に負けちゃったもので、思わぬ連休に♪
母に負けず劣らずのぐーたら生活を満喫した。

昨日は、オトナらしく「一人映画」を観に行ったのだが、
(「アイアンマン」)
「周りはみんな子供ばっかりだった(―“―;)」
ですと(≧▽≦)




そして太郎。
何の連絡もないから、GWは帰ってこないんだろうなー、と思っていたが
案の定、戻ってこない。
ま、たぶん無事なんだろう、と思っていたら。

連休のある夜、太郎の高校の同級生のお母様からメールが。
「今、旅行に来ています。息子はこれから太郎君と会います」
とのこと。

なんと、家族旅行のついでに、ご子息が太郎に会ってくれたのだそうだ。
太郎にメールをしたところ
「サークルの練習が終わったら、自転車でホテルまで行くよ」
ということになり、
二人でご飯を食べ、太郎の下宿にご案内したりしたんだそうな。

ほー。
ずいぶん慣れたみたいじゃないか。
自転車でホテルまでお迎えに行けたのか。
そこからちゃんとご飯食べるところまで案内できたのか。
人を呼べるような部屋の状態だったのか(これは疑問)。

ホテルのロビーで、そのお母様が撮ってくれた写真を見ると
ぜーんぜん変わらない様子の太郎がいる。
「元気そうだったよ」という優しい一文を添えてくれたそのお母様、
どうもありがとうございました。
おかげで、わが子が無事なのがわかりました(゚▽゚)アポー

・・・・・
どうして、よそ様を通じてしか我が子の様子がわからにゃいのか???
という疑問がふつふつと湧き上がるが、
ま、いいか。
とりあえず元気そうだから。



さーて、明日からはまた通常営業の毎日。
連休明けだから、お役所も混むだろうなーorz
ま、頑張りましょう!
[PR]
by poyo25 | 2013-05-06 18:14 | 家族 | Comments(4)

ママ友達と久々に

最近、私の勤めるお役所窓口に知り合いが来ることが多い。
なぜかこのところとても多い。

大学受験の合格発表がピークの頃は、太郎の小学校の同級生が多かった。
何しろ久しぶりに会うもので、お互いはっきり覚えておらず、
申請書の名前を見て
「(゚〇゚;)おおっ 太郎の同級生の☆☆ちゃんか!」
と驚くていたらく(゚▽゚)アポー

親御さんが来所する場合は、もうちょっとはっきり覚えているので
「あら、☆☆君のお母さん! じゃ、私が受付しないほうがいいかしらね」
(注: 住民票だの、住民票記載事項証明だの、一応プライバシー事項だし、
 本人確認の免許証の写真とか生年月日を知り合いに見られるのはイヤだろう)
と言うと
「いやいや、大丈夫。太郎君は元気?」
なーんて会話が広がったりして楽しかった。


そして近頃は、なぜか次郎関係の知り合いが来所する。
まずは、小学校時代の仲良しH君のママと妹。
確かこの妹ちゃんは、小学校卒業式の頃赤ちゃんだったのに、
もう立派な幼稚園児ではないか!!!

次に来たのはこうちゃんママとこうちゃん。
久しぶりに会うこうちゃんは、もう小学校2年生!!!
「えーと、これは・・・・・・ななちゃん?」
(゚▽゚)アポーな私は三番目のお兄ちゃんの名前を出してしまったが、
「うふふ、これはこうちゃんよ♪」
とママに教えられてびっくらした(゚〇゚;)


次郎に
「H君ところの妹も、こうちゃんも大きくなってたよー。
 こうちゃんが2年生、その上のななちゃんは5年生だってさー」
と報告したら、次郎が
「・・・オレが年取るはずだー・・・・(゚▽゚)」
と遠い目になっていたよ(≧▽≦)


余談だが、このH君も、こうちゃんの一番上のお兄ちゃんY君も、
県立トップ校に見事に合格。
別の仲良しK君も、某超有名私立名門校に合格。
みなさんしゅばらしい♪
次郎は
「あ゛ー、なんかもう、みんな学校がバラバラになっちゃって寂しい・・」
などと言っていたけど、
どうせみんなご近所なんだし、これからもまた会えるよ♪

そして、母であるわたくしも、
さっそくこうちゃんママと2年ぶりにランチをした。
近々、K君ママともランチの予定。
ご近所で、小学校で協力しあった仲間だもん。
この年になると何年かブランクがあっても大丈夫だし
子供に関係なく、またおしゃべりしようねーo(*^∇ ^*)o 





おまけ。

これまた久しぶりに電話をかけてきた太郎。
教科書だのなんだのの請求をしてきた。
(どうでもいいけど、電子辞書を新しく買われたのにはびっくらした。
 事前に言いたまえ。 4万円もするんだから。)

ついでに、
「元気にしてる? ちゃんと野菜食べてる?」と質問しはじめたら、
「・・・もう(電話切って)いい?」
ですと。

ばかものヽ(*`д´)ノ
可愛い息子が一人でちゃんと生きてるか、
いつも心配しているハハゴコロをわかっとらんな。

そんなに冷たい態度をとり続けると
仕送り停止処分じゃー!

いや、その前に、センター試験の結果を開けて見てやろうか(黒い笑い)
(すぐに転送してやるのが面倒で、まだ手元にあるのだ(^^ゞ)
                  ↑ こんな親だからあんな子供に・・・・orz
[PR]
by poyo25 | 2013-04-29 18:24 | 家族 | Comments(4)

親離れする子?

太郎が地方の大学に進学するまであと1週間あまり。
毎日、4時間とはいえパート勤務があるので、なかなか作業がはかどらない。

先週はニトリ(^^ゞに行って、
主な家具だの生活用品だのを注文してきた。
引越し業者も、まずは電話見積もりで決定したものの、
おととい、家に見積もりに来てもらったところ
ロフトベッドは運べない、ということが判明して大慌て。
(買ったほうが安くて早い)

今日は家電製品を引越し日に届くようにネット注文。
近所のスーパーからダンボールをもらって、
ぼちぼち荷造りも始めたものの、
いろんな手配がまだまだ完了していない。

はー、お母さんはとっても心配。
この分じゃ、料理を教えるなんて暇もないし、
第一、当人に教わる気がなーいヽ(*`д´)ノ
「大丈夫、できるから!」
と言い切るその根拠は何??



入学式に出るつもりはもともとなかったものの、
引越しぐらいは手伝うつもりでいたのに、
ここにきて太郎ってば
「お母さんが交通費と宿泊費をかけて来るよりも
 その分のお金を僕にくれたほうがいい」

ほざき言い始めた。

でも、引越し当日はありとあらゆる荷物がどんどこ来るんだよ。
ダンボールと包装プラスチックの山ができちゃうよ。
ごみの片付けを手伝ったり、買出しに行ったりするのも
もうひとりいたほうがいいと思うんだけどなー。

でも、太郎は
「大丈夫だよ。どうせ何でもひとりでやらなくちゃいけなくなるんだし。
 それに引越し日の夕方にはひとつ歓迎会があるから
(母の相手をしている暇が無い)♪」
と嬉しそう。

とっても自立している発言だけど、
今までのところ、いろんな手続きだの買い物だのは
ほとんどお母さんがしているじゃないか。
わかってるのかね、君!?
こうなりゃ、ほんとにひとりきりで引越しをして
ごみに埋もれて途方にくれてもらおうかいっっ!?ヽ(*`д´)ノ

・・・なーんてことも考えちゃったりする鬼母(^^ゞ



でも、やっぱり寂しい・゚ '゚(/□\) '゚゚・
先日は太郎の転出届をお役所に出した。
(出したどころか、転出証明書は自分で入力したよ(≧▽≦))
その前に、家族4人揃った住民票も記念に取った。
ここから太郎が抜けてしまうんだなー、と思うと
とっても寂しい。

あと10日。
私が作ったごはんを食べるのもあとわずか。
まして、手作りのおやつなんて、もう作る機会はないかも。
そう思って、昨日は子供たちが好きなもも缶のゼリーを作り、
今日はホットケーキを作った。

・・・
しかーし。
久しぶりに慣れないことをしたもので、
ゼリーはダマになってうまく固まらず、
ホットケーキは(たぶんホットケーキミックスが古いせいで)
膨らまずにチヂミみたいになっちゃった(≧▽≦)



ま、あんまり張り切るとダメってことだわね。
淡々と、いつもの(゚▽゚)アポーな毎日を送ります。
忙しいけどorz





追記

前の記事ですが、非公開にしました。
コメントを下さった皆様には本当に申し訳ありません。
訪問者の少ないこんなブログではありますが、
身バレすると差し障りがあるので。
[PR]
by poyo25 | 2013-03-23 17:52 | 家族 | Comments(9)

ご報告

またもやご無沙汰しております。

いろいろ大変なことがありましたが(主にわたくしが(^^ゞ)
それにも関わらず? 太郎は志望校に合格いたしました。
4月からは一人暮らしを始めます。

というわけで、わずか3週間ですべての手続きを済ませなければならず
ほとんどパニックに近い状態で毎日過ごしております。

合格後、またもやひしひしとわが子を手放す寂しさに襲われておりますが、
そんなこと言ってられない位の忙しさ。
今日は太郎名義の銀行口座を作り、
iponeを買いに行き、
スーツ一式も買い求めてきました。
これら全て3時間あまりで済ませたのだから、
ぐーたらな私でも「やればできるじゃないか」と思いましゅ。
はー、疲れた。
というか、正にお金に羽が生えて飛んでいく感じ。
福澤先生が束になって消えていかれます。 
先生、いかないでー・゚ '゚(/□\) '゚゚・


住むとこ探しもおもしろかった、というかなんというか。
いずれまた書きたいと思います。

とりあえず、ご報告ですm(_ _)m
[PR]
by poyo25 | 2013-03-14 21:13 | 家族 | Comments(6)
大変ご無沙汰しておりましゅ。


先月のセンター試験の初日にリバースした太郎。
案の定、私もうつってすわノロか?という状態になった。

仕事を3日も休み、なんとか回復したのもつかの間、
またもや風邪で発熱。
しかも、咳の風邪なので、なかなか治らない。
実は、いまだに治っていないorz

しかも、先週末からひどい口内炎ができて、ものが食べられない。
いままでで一番ひどい口内炎かも。
チョコレートやクッキーもしみるので食べられない。
こんなの初めて。

さらに、今週の後半から次郎がダウン。
なんとなく調子が悪くて、帰宅すると1分も勉強せずに寝てる。
なのに部活には出ると言い張って母と大喧嘩になったヽ(*`д´)ノ
確か次郎は6年前、太郎の中学受験の直前にも風邪をひいてた。
このー、おおばかものめっっっヽ(*`д´)ノ
・・・・と言いたいけど、今回は自分自身が1ヶ月も風邪を引き続けているので
怒る資格なしじゃな。(でも怒ったけど)


そんな劣悪な家庭環境の中、ひとり黙々と自室で勉強していた太郎。
今朝になって「オレも風邪引いたかも?」と言ってたけど、
今は元気にテニススクールに行っているから、まあ大丈夫なんだろう。

あさってからの国立試験に備え、明日は現地入り。
(センター2日目は体調不良だったが、なんとか足切りは免れた)
寒いところなので、母はいまになってとっても心配。
ヒートテックのタイツを持っていけとかいろいろ口出ししては
うるさがられている。


母もいい加減早く風邪を治さなくちゃ。
やれやれ、情けないね。

でも、ひとつだけいいことが。
口内炎のおかげで、体重が3キロも減ったの♪♪♪
体内年齢もマイナス6歳よ♪(*^-'*)>
これはなんとか卒業式までキープしなくちゃね!
[PR]
by poyo25 | 2013-02-23 17:31 | 家族 | Comments(4)

襲い来る試練!?

ことのはじめは木曜日の朝。
マンションの管理人さんから
「上階から水漏れがあったので、お宅も点検させて欲しい」との連絡があり、
調べてもらったところ、我が家の床下も若干濡れていることが判明した。

その床下点検口とは、なんと太郎の部屋のクローゼット!
突然のことに大慌てしながら、
今や魔窟と化しているクローゼットの中身を出した(^^ゞ
もちろんクローゼットなので服がつるしてあるのだが、
床には使わなくなったラケットやら靴やらラケットバッグやら、
子供たちの小学生時代の自由研究の模造紙やら、
果ては幼稚園バッグに至るまで
よく言えば「思い出の品」が転がって、もとい、詰め込まれていたのだ。

管理会社のお兄さんが言うには、
クローゼットを開け放ち、乾燥機で送風して乾燥させるとのこと。
でも、よりによって、この部屋の住人は受験生の太郎。
「あのー、この部屋にいる子供が大学受験生で
 今週末にはセンター試験なんですが・・・」と聞いてみたら
お兄さんと管理人さんが慌てて
「あっ、それでは送風はやめましょう。 
 うるさいですし、埃が立って体調を悪くしたら大変ですから」
とのこと。


そうこうしているうちに、私がパートに出かける時間が迫ってきた。
こそこそとお昼ご飯を食べて
お皿を洗おうと給湯器の電源を入れようとしたら
・・・電源入らないっ!!!

ちょうど管理人さんも管理会社のお兄さんもいたので
いろいろ点検してもらったところ、故障に間違いないとのことorz
管理会社の連絡先まで教えてもらい、
ある意味ラッキーだったかも???

その夜はとりあえずお風呂なし♪(*^-'*)>
翌日、修理のおじさんに頑張ってもらい、
なんとかかんとかお湯が出てお風呂に入れるようにしてもらった。
現在、新しい機種に取り替えるべく、見積もり依頼中。


そんなこんなでばたばたしたこの数日。
昨日土曜日から、太郎はセンター試験に臨んだ。

・・・・
そしたら、
昨日の夜気持ち悪くなったというではないか。
夜中に人知れずリバースまでして、
ひとりで後始末したんだそうな・゚ '゚(/□\) '゚゚・

かわいそうな太郎。
今度はちゃんとお母さんに教えてね(pq)
・・・じゃないと、お母さん今日その雑巾使っちゃったじゃないかヽ(*`д´)ノ
  そういう時には塩素系の漂白剤で十分清拭して
  雑巾は捨てなくちゃいかんのだよ(pq)


今日の試験は「試験時間の半分はだるくて寝てた」という太郎。
・・・・・
大丈夫か??????


(というわけで、関係ないかもしれないけれど 
 クローゼットの扉開け放ちは中止しちゃった。
 太郎が「臭いしほこりっぽい風が吹いてくる」というからね。
 そのせいで風邪を引いたとは思わないけど、
 まだまだ受験本番は長いから。
 気のせいかもしれないけど、病は気からというし・・・(゚▽゚)アポー)
 



おまけ。
プチだけど、私の体重が減らない。
減るどころか増える始末Σ( ̄□ ̄;;;)!!
おやつ我慢してるのに、なぜ????

ついでに?
炊飯器のふたが壊れた。
すぐにぱかっと開いちゃうorz

次々と襲い来る試練。
これが厄落としになればいいんだけど・・・orz
[PR]
by poyo25 | 2013-01-20 22:55 | 家族 | Comments(6)

幅を取る

さっきのこと。
私がソファに座っていたら、太郎が隣に座りつつ、
「お母さんって、幅広いねー!
オレの倍ぐらい幅取ってるんじゃない?」

ほざいた言った。

な、なんて失礼な・・・・・゚ '゚(/□\) '゚゚・
倍なんてないわよっ!
同じぐらいだと思うわっヽ(*`д´)ノ  ←ほんとか



受験でピリピリしているのか何なのか、
基本不機嫌な太郎。
たまに口を開くときは
「お金をくれ(模試とか参考書とか)」もしくは
模試の失敗談ばかり。

それを考えれば、
久々の平和で楽しい親子の会話
・・・・・・と言える・・・・・のだろうか???????


そういえば、担任との先生と親との二者面談も
「先生は忙しいんだからさー、
お母さんとの面談なんかで時間取らせないでよ
ほざく言うので辞退させられたわー。
ほんとに失礼なやつヽ(*`д´)ノ

受験が終わったら覚えてらっしゃいヽ(*`д´)ノ



****


太郎が地方に行く宣言をしてから1ヶ月半あまり。
突然わが子を手放すことになり、激しく動揺した母だったが
最近ようやく、やっっっっと少し落ち着いてきた。

1ヶ月半の間に、
太郎関係次郎関係合わせて計4回のランチその他
(多いな(≧▽≦))
があって、皆さんにいろいろ愚痴を聞いてもらったり
アドバイスをもらったりできたおかげだな。
ほかにも、個人的にグチを聞いていただいた方も♪
皆様、ありがとうごじゃいました♪


***


次郎の修学旅行とか、
私の誕生日とか、
いろいろイベントはあったのだけれど、
なかなか書く気になれなかった。

そのうち備忘録としてぼちぼち書くことにしよっと。
老後に読み返すために♪(*^-'*)>
[PR]
by poyo25 | 2012-11-09 20:55 | 家族 | Comments(6)

予防接種兄弟

太郎は高3、受験生だ。
従って、このシーズンは家族全員
インフルエンザの予防接種を受けることにした。


実はうちの子たちは注射が大嫌い(爆)。
なので、誰かが受験の年以外はスルーしてきた予防接種。
なのに、次郎が中学受験をした3年前は
よりによって新型インフルエンザが流行しはじめた年だったので
新型と旧型両方のワクチンを接種した。

まだ小学生だった次郎なんか、計4回もお注射だったもんなー。
ほとんど涙目になりながら受け続けていたなー(≧▽≦)
太郎も「なんでオレまで・・・」と文句言いつつ受けてくれていた。
そうそう。
あの年はワクチンも足りなくて、
あちこち探し回って受けていたから大変だったわ・・・・(遠い目)


さて。
今年はご近所かかりつけのトトロ先生(仮名)のところで
予約の必要もなく、あっさり今日二人とも接種完了となった♪

まず、太郎がひとりで行ったところ
混んでいなくてすぐに打ってもらえたので、
すぐさま次郎も行かせた♪(*^-'*)>

特に注射嫌いな次郎くん。
「え゛ー! 注射やだなー(pq) 受けたくないなー」と言い続けており、
今日も「空いているから今から行け」と命じたところ
「ええっΣ( ̄□ ̄;;;)!! 心の準備ができていない・・・」
などとほざいていたが構わず行かせた。
「お母さんがついていってあげようか?」と聞いたら
さすがに「いや、いいよ」と断ってきたので一人で出陣♪

終わってみれば
「案外痛くなかったー(゚▽゚)アポー」とのことだが、
打つ前の問診で
「調子はどう?」と聞かれたときには
"注射が嫌で調子悪いです"とは言えないから、"おそらく"と答えた」
ですと。
・・・・・・・なんておバカ・・・・・・・orz

しかも、それを聞いた先生が笑いながら
「さっき、お兄ちゃんも"たぶん"って答えてたよ」と
教えてくださったそうな。

・・・・・・・・orzorzorzorzorz
おそらく、太郎も注射が嫌なので
「調子はいいです♪」と答えられなかったのだろう。

トトロ先生、
おバカを二人も送り込んでしまい、申し訳ありませんm(_ _)m
そんな失礼なセリフを吐くと知っていたら、私が付き添うんだった・・。



おまけ。
実はひじょーに仲の悪いこの兄弟(ブログには書いてなかったけどさ)。
でも、行動は同じだったりするので結構笑える(≧▽≦)
ほんとは仲良くなれるのになー、と
母は思うのだよ。
[PR]
by poyo25 | 2012-11-02 20:03 | 家族 | Comments(8)

うるさい母親

昨夜のこと。
いつまでも起きている次郎に
「明日も朝早くから部活なんでしょ。早く寝たら」
と(ややきつい口調で)言ったところ、

「わかってるよ。うるさいな」
と次郎がほざいた。

むかっとしたわたくしが
むくれた顔で足音高くどすどすと次郎のそばを通り過ぎたら(^^ゞ
「あれ、お母さん怒ってる?」と聞いてくる。

「どうせ"うるさいお母さん"ですからねっ」と
(我ながら大人気なく)言ったところ
「あれ?僕"うるさい"なんて言ったっけ?」
と驚く次郎。

どうやら、「うるさいな」と言った自覚がないらしい。
思っていたことが無意識のうちに口に出てしまったか。

「思考だだもれだね(≧▽≦)」
その場は笑って済んだけれど、
これって、いつもいつも
「お母さん(いや、"このババア"かも)うるさいなー」
口には出さずとも思っているってことか??



****


この連休、実は太郎は某地方の大学を見学に行っている。
突然の「地方の大学」宣言にびっくらしたわたくし。

昨夜は栗の渋皮煮を作りながら(昨夜は"ゆでと洗い"工程)
太郎が私の渋皮煮を食べるのはこれが最後かも、と思ったら
なんだか切なくなってしまった。
宅急便で送る、という手もあるけれど
そこまでするほどのシロモノではないし(^^ゞ

切ないやら、心配やらでぼーっとしてたら
なんだかゆですぎて爆発した栗が続出。
今回は大失敗ですだよ。

ま、栗の心配なんて、
とにかく合格してから考えろよ、って感じだが(≧▽≦)
必要なことからどーでもいいことまで
今からぐるぐる心配が頭の中を駆け巡る母。
・・・どうせ「うるさい母」ですからねヽ(*`д´)ノ
  ↑なんだか荒れ気味(笑
[PR]
by poyo25 | 2012-09-22 17:23 | 家族 | Comments(10)

18歳誕プレ談義

先日誕生日を迎えた太郎。

誕生日プレゼントは
「現金がいい」などとほざいていたのだが、
誕生日プレゼントが現金というのも味気ないかな、と思い
とりあえず何もあげずに保留中になっていた。



そんな中、本日は太郎の役員仲間の同窓会があって上京してきた♪
場所は 新宿小田急ホテルセンチュリーサザンタワー トライベックス(ここ
とても眺めがよく、今日はスカイツリーもよく見えたよー♪



当然のことながら、みんな高3受験生男子の母たち。
せっかくの機会なので(^^ゞ
高3男子への誕生日プレゼントについてリサーチしてみた。

あるマダム(A)は、
ご子息にバッグをプレゼントしたところ
「こんなの絶対やだ」と
強烈な拒否にあい、泣く泣く返品するはめになったとか(pq)

また、別のマダム(B)は
やはり「別に欲しいものはない」と言うご子息に
洋服をプレゼントしたところ、
意外にも喜んでくれたとか。

自分(=おばちゃん)の好みで選んじゃダメよ。
 娘がいたら娘のアドバイスが一番。
 いなければ、若い店員さんに
 ”高3男子、男子校でおしゃれにはうとい”ということを伝えて
 よーく相談して選んでもらうのよ!」

マダムBのアドバイスにふかーくうなずいたわたくし(とマダムA)。
私は早速ランチの帰りにデパートに寄り、
若くてイケメンの店員さんをとっつかまえて
長時間相談した上で(すまん、イケメン君)
これから模試だの本番の試験(!!!)だので使えそうな
パーカーを購入した。

帰宅して太郎に渡したところ、
はじめこそ「えー、現金がいいのに」
などと言っていたが、
あとで
「サイズぴったりだったよ。ありがと」
と私とダーリンに見せに来た♪
それだけで嬉しくなってしまった私達夫婦。
幸せのレベルが低い事は否定しないが、
やっぱり嬉しい♪


そのイケメン店員さんが
「僕も、高校生の頃に母が買ってくれた服は
 その後何年も経ってから
 ”おっ、これ実はいいじゃん” と思ったんです」
と言っていた。

太郎もそう思ってくれるといいな。
[PR]
by poyo25 | 2012-08-25 22:56 | 家族 | Comments(4)

夫と社会人1年目・大学2年の息子達の4人家族。「転んでもただでは起きない!」がモットー、物忘れひどし(゚▽゚)  息子たちはそれぞれひとりぐらし中。


by poyo25