ぽよよん備忘録 poyo25.exblog.jp

夫と社会人1年目・大学2年の息子達の4人家族。「転んでもただでは起きない!」がモットー、物忘れひどし(゚▽゚)  息子たちはそれぞれひとりぐらし中。


by poyo25
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:家族( 254 )

新年ばたばた

新年おめでとうございます♪


昨年は結局ばたばたと終わった。
いつも年賀状の準備が遅いぽよ家だが、
それでもテニスの試合に勝って機嫌のよい太郎が
28日にさくさくと自分の年賀状を作成。
翌29日には次郎がため息をつきながら
それでもあっという間に(出す枚数が少ないから(≧▽≦))作成。
続いてダーリンが印刷を始めたところ・・・・
プリンター壊れたorz

思えば、2年前にも12月29日に
年賀状印刷中にプリンターが壊れたんだった。
そのときに急遽購入したプリンターが
たった2年でまたしても壊れるとは
何か呪われているとしか思えない・゚ '゚(/□\) '゚゚・
とぼやきつつ
仕方なくまた新しいプリンターを購入。
年末にとんだ散財だったよorz

まあ、これも厄落としになるかもしれないと思いつつ
そんなこんなでしゅげー遅くなってしまった私の年賀状印刷。
「ぽよさんの年賀状、来ないわー」
と思っていらっしゃる方、
申し訳ありません。
もうしばらくお待ちくださいませm(_ _)m



ところで、自分の年賀状に
子どもたちの写真を入れようと思って気づいたのだが、
その素材になる息子達の写真が
携帯に一枚も入っていないではないか!
うひゃー。寂しい(pq)

昨日の元日にダーリンの実家に行って
みんなで記念写真を撮ったついでに、
自分の携帯でも子どもたちの写真を撮っちゃった♪(*^-'*)>
普段は私も撮る気がないし
写真撮るのを子供たちに拒否されちゃうけど
おばあちゃんの前ならあからさまな拒否はできまい。ふっふっふ。



とまあ、
本年も(゚▽゚)アポーな毎日が予想されますが
どうぞ今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m
[PR]
by poyo25 | 2012-01-02 09:35 | 家族 | Comments(8)
大体どこのご家庭でもそうだとは思うが、
我が家でもサンタさんが来るのは子供たちが小学生の間まで。
今年は2回目の「サンタさんなしのクリスマス」だった。

「あ゛ー、つまらないつまらない」とぼやく太郎に
「キミも大学生になって可愛い彼女ができたら、またクリスマスが楽しくなるよ♪」
とアドバイス?したところ
「そんなことより、サンタさんがもう一度来る方がいい(pq)」
と言う高校2年生男子orz


そんな可愛い??ことを言う割には
「(親からの)プレゼントは何がいい?」と問うと
現金にしてくれ」とほざくヽ(*`д´)ノ


一方、やはり
「サンタさん来ないとつまらないなー」
とぼやく次郎に
(中学生になってまで)どんなものをもらいたいの?」とたずねたら
「うーん・・・・クリームチーズとかo(*^∇ ^*)o 」と答えた。

それならお安い御用なので、
サンタさんならぬ優しいお母様が早速買いましたとさ♪(*^-'*)>
子供たちのお気に入りはkiriのクリームチーズ。
これを海苔で巻くとおいちいのさ♪



****

おまけ。

いつの間にか次郎、漢検を受けていたらしい("らしい"って何だ??)
終業式の日に結果表をもらってきた。
準2級合格♪ 
試験官に次郎の字を読んでいただけたとは、大変めでたい・・・・(≧▽≦)


ついでに、
今回の期末試験は、いつもよりちゃんと勉強した甲斐あってか
なんとどん底だった2学期頭のテストより
100番も順位が上がった!
(注: 101番が1番になったというわけではない(≧▽≦)
   まあ、1300番から1200番になったぐらいに思って下さい)

おまけに、
音楽の成績は偏差値47.5に急上昇!!!
ほとんど平均点ってことよ!!
ばんさーいo(*^∇ ^*)o 
めでたい♪
嬉しい♪

・・・・・どんだけレベル低いんだか(≧▽≦)
[PR]
by poyo25 | 2011-12-26 20:50 | 家族 | Comments(2)
先日、子供たちのバスタオルを買い換えた。
今まで使っていたのが、太郎が青、次郎が緑色だったので
引き続きその色で探した。
(ちなみにダーリンは黒、わたくしはピンクですのよ♪(*^-'*)>)

そのとき、なぜか青系統でいいタオルがなかった。
あったのはゾウさんが描いてあるやつ。
うーん、ぞうさんかー。
と迷ったが、そんなにヘンでもないからまあいいか、
と判断して購入。

しかし、帰宅してから
たたんでロックピンで止めてあったタオルを広げたところ
・・・
ぞうさん多すぎっ!
しかも、たたんであった時には隠れていたサイドには
ピンクのぞうさんがたくさん飛んでいるではないか!!
(後でレシートを見たら
 「メルヘンぞうさん」と印字してあった(≧▽≦))

うげー。
こんなにへんてこりんだとはorz
太郎が嫌がるだろうなー。
そしたらしょうがないから私が使うかー。
私だってこんなのいやだけど(←こらこら)


なんて思いながら、夜、太郎にタオルを見せた。
「ごめんねー。買ったときにはまさかこんなに変だとは気づかなかったのよ」
言い訳しつつ渡したのだが、
意外にも太郎は
「あー、別にいいよ」
と言うではないか!!



これが小学校高学年の頃だったら
絶対に怒って嫌がったことだろう。
それが、こんなにオトナの対応をするようになったとは!
お母さんは嬉しいよ♪ こんなの自分で使わずにすんで

・・・・・
まあ、別に友達に見せるわけでもないし
タオルの柄なんてどーでもいいと思っているだけなんだろうけどね。



何しろ部活男子なので、
バスタオルの買い替えも結構頻繁な太郎。
(洗濯してもすぐになんだか茶色になっちゃうのさ)
このぞうさんタオルも、すぐに買い換えてあげるからね♪
ちょっとだけ辛抱してね♪
[PR]
by poyo25 | 2011-12-08 20:58 | 家族 | Comments(6)

反抗期vs更年期!!!

最近、返事の頭に必ず「やだ」という言葉がつく次郎。
枕詞じゃないんだから(≧m≦)ぷっ!

そんな次郎に対し、
普段なら余裕でかわすわたくしだが、
先日は仕事で疲れていたせいもあり、少々切れた!

あのねー!
いい加減にしなさいよ!
反抗期だからって、いい気になるんじゃなーい!!
こっちは更年期なんだからねー!!!ヽ(*`д´)ノ


母の迫力にびびった次郎。
「うっっ・・・"更年期"と言われると、勝てる気がしない・・・」

すごすごと引き下がりましたとさ(≧▽≦)




今日も今日とて「やだ」から会話が始まる次郎。
「これからは"魔の14歳児"と呼んであげよう」と言ったら、
「何、それ?」と尋ねてきた。

「なんでもかんでも"やだやだ"っていう2さいとか3さいぐらいの
 子供のことを"魔の2歳児"とか"魔の3歳児"って言うんだよ」
と教えたら
「うーん♪ "魔の14歳"ってなんかかっこいいねー♪」ですと。

違います。
"魔の14歳"ではなく、"魔の14歳"でーす。
もしくは、"魔の14ちゃい"だな(≧▽≦)






おまけ。

今日、太郎の担任の先生と個人面談をしてきた。
誰の行いが悪いのかしゅげー寒い中、上京してきたのさ。

んで、とっても誉めていただいたこと:
部活に熱心。
しゅげー熱心。
修学旅行中も筋トレに励んでいたそうな(≧▽≦)

・・・他の方々は皆さん大学受験の話がメインなのに・・・・・
・・・・・・・・いいのか???・・・・・・
[PR]
by poyo25 | 2011-12-01 20:48 | 家族 | Comments(11)

きなこもち

本日近所のスーパーで発見♪
チロルチョコ 冬季限定「きなこもち」。
d0003116_21225942.jpg


私も子供たちも大好きなので、
スーパーで見かけるとついつい買っちゃう。

今年も「きなこもち」の時期になったんだなー、
と、しみじみしつつ2袋購入♪(*^-'*)>


早速、反抗期で憎たらしい口をきく次郎の目の前に
「ほーれほーれ」
とぶらぶらさせてやったら
「あっ、きなこもち♪」
と喜んだ。

ふっふっふ。
きなこもちで素直に喜ぶとは
まだまだ可愛いヤツじゃな(≧▽≦)


ちなみに、今しがた
夕食後おやつを食べつつ(それ自体がある意味しゅげー)
勉強している(はず)太郎に見せたところ、
「今はいらない」
あっさりと断られたorz

ああ、太郎はきなこもち卒業なのか・゚ '゚(/□\) '゚゚・
ちょっと切ない母であった  ←バカ
[PR]
by poyo25 | 2011-10-17 21:29 | 家族 | Comments(6)

髪染めた♪

いやー、やっっっっっっっっっっと夏休み終わったー!
明日からは小学校の給食も始まるぞー!
学童も午後からの勤務になるぞー♪
猛暑の中、朝も昼も夕方も外遊びしなくてすむぞー♪


・・というわけで、
先週久々に美容院に行って
カットとカラーでリフレッシュしてきた♪

んで、思いの外明るい髪色になったのだが
・・・・


帰宅しても、我が家の男どもは無反応。
かろうじて次郎が夜になってから
「あれ? 髪が赤いよ?」
と言ったのみ。
(なんだそりゃ)


次の日学童に行ったら、
女の子達が次々に近寄ってきて
「あれ? 髪染めた? 切った?」
「うわー、この色いいんじゃない?」
「ちゃんと白髪染まった?」  ← (≧▽≦)
などと口々に誉めてくれた。
さすが女子は反応が違う♪ 


ちなみに、太郎はつい先ほど
「あれー、髪の色が変わった?」と言った。
今頃気づいたんかい?(≧▽≦)
・・・と笑っていたら
「なんかオバサン臭いな」
ですと!
くっそーヽ(*`д´)ノ
[PR]
by poyo25 | 2011-09-04 18:04 | 家族 | Comments(10)

17歳、おめでとう!

先日、太郎が17歳の誕生日を迎えた。


その前日まで部活の合宿に行っていた太郎。
帰宅した日はダーリンも夏休みで在宅で
太郎の好物の冷しゃぶを作ってくれたのだが、
(我が家では、ダーリンが在宅の時にはご飯を作ってくれる♪)
反抗期半分、合宿で疲れきっていたのが半分で
とっても無愛想だった太郎。
とてもじゃないけど
「おめでとー♪」「ありがとー♪」
などという雰囲気ではなかった。

一夜明けた誕生日当日も
ダーリンはもちろん、私も朝早くから勤務だったもんで
まだぐーすか寝こけている太郎に
「お誕生日おめでとー!
お昼ごはんは冷蔵庫の中だからね!」
と声だけかけてとっとと出勤♪

仕事帰りにタルトだけは買い、
ちょこっとだけ頑張って晩御飯を作り
(ミートパイと揚げナスとビシソワーズ。 
 誰? 献立が変などと本当のことを言ってる人は?(≧▽≦))
夕食後、タルトにろうそくを立ててお祝い♪

・・・なんだけど、
「あ゛ー、そんなんもういいってばヽ(*`д´)ノ」
とほざく太郎を
「おめでとうの歌なんか歌わないから♪ 
 ろうそく消すだけだからー♪」

となだめすかしたら、
ヤツめ、椅子に座りもしないで、テーブルの横に立ったまま
ふーふーとろうそくの火だけ消して去っていったorz


もう17歳になったというのに、まだまだ反抗期「中二病」から
抜け出ていない太郎。
何しろうちにはホンモノの中二の次郎もいるし、
母は更年期だし(^^ゞ
その母の夏休みは普段より勤務が長くてへろへろに疲れてるし、
従って家の中が物理的にも精神的にも荒れている(≧▽≦)

子供たちのためにも、私が仕事をやめて家にいたほうがいいのかなー、
とも思うけれど、
24時間子供(と夫)のことだけを考えていても、
もう子供たちに喜ばれないような気もする。
第一、家にいたとしても
完璧な母になれそうもないことは自覚してるし(≧▽≦)


まあ、でも、
夏休みのハードな勤務を今年も経験したことで
(ちなみに、1日あたりの勤務時間は昨年より長いorz)
秋以降の通常業務は楽勝でこなせそうな気がする。
そしたら、家事も子育てももうちょっと頑張ろうと思う。

だって、太郎の高校卒業まで後1年半しかないのだから。
どこの大学に行くのかはわからないけれど、
衣食住まるまる私が面倒を見られるのはあとちょっとなんだものね。





お誕生日おめでとう♪
あと何回一緒にお祝いできるのかな。
d0003116_2245182.jpg

相も変わらずFLOのタルト♪
今回は洋ナシのタルトだよーん。
[PR]
by poyo25 | 2011-08-20 22:06 | 家族 | Comments(10)

祖母、100歳の大往生

夏休みに入って、学童の仕事も忙しいが
このところ週末も大忙し。
書かないと忘れるので(゚▽゚)アポー 備忘録としてメモ。
まずは第1弾。



我が家の子供たちはとっくに実質夏休みになっていたが
世間では学校が夏休みに入ろうという週末のある日、
私の母方の祖母が亡くなった。

幸い連休だったので、仕事を休むこともなく
実家の兄と羽田で落ち合って
(ついでにラウンジでビールまで飲んで(≧▽≦))
母の実家の山口県まで行った。
1泊して、お通夜とお葬式両方出られてよかった♪


小学校の頃までは、毎年夏休みには長期滞在していたおばあちゃん家。
大人になってからはさすがに訪問する機会も減り、
前回訪れたのは、10年前太郎と次郎を連れて遊びに来て以来だ。
当時はまだ元気だったおばあちゃんは
太郎と次郎のやることなすことに目を細めて可愛がってくれたなー。
(今考えると、あの時既におばあちゃんは90歳。しゅげー元気だったな)

当時太郎は小学1年生。
夏休みの宿題だった絵日記を書いていたら
おばあちゃんに「字が上手だねー」と誉められた。
今回、太郎もこの件を覚えていたが、
あの頃は字が上手だったんだねー。
 せっかくひいおばあちゃんにほめられたのに、今ではねー・・」と
思わず嫌味を言ってしまった母であった(^^ゞ



祖母はなんとあと40日で満100歳という長寿を全うした。
なので、お通夜もお葬式もなんとなく和やか。
私も久しぶりに会う親戚と話すのが楽しかった。
みんなで「これもおばあちゃんのお引き合わせだね」と
言い合いつつ談笑。
なんたって、戒名に「寿」の字が入っているくらいなので
「談笑」してもバチは当たるまい。


何しろ私は10年ぶりなので、とても懐かしかった。
私の子供の頃とはさすがに家の周囲の様子も変わっているが
それでも、なんというか、「におい」が懐かしい。
ひょっとしたもう二度と来ることはないかもしれないおばあちゃん家。
周りの景色をしっかり目に焼き付けてきた。


んで、
従妹(母方にはイトコは一人しかいない)に11年ぶりに会ってびっくら。
前回会ったのは彼女の結婚式で、ろくろく話もできなかったので
私の記憶にはどうしても小さかった頃のいたずらっ子しかなかった。
それが、なんとびっくりもうアラフォーだと!?
喪主の父と母(私には叔父・叔母)を助けつつ、
大勢の親戚が集まる場では見事に気配りをし、
座持ち上手で美人の若奥様が、
これがあのO子ちゃんかい!!????
ひょー、おねーちゃん(注:私じゃ)はびっくらしたよ。




そんなこんなで懐かしかったお葬式。
急に留守番を頼んだダーリンと子供たちには負担をかけたけど、
帰宅して一番に玄関で
「遠くて大変だったけど、
 おばあちゃんにちゃんとお別れできてよかったわ。
 みんな、どうもありがとう」
と言ったら、3人とも神妙な顔で頷いてくれた。

ありがとね。
[PR]
by poyo25 | 2011-07-30 18:33 | 家族 | Comments(6)

次郎、14歳

今日は次郎の14歳の誕生日。
ダーリンは出張だし、太郎も次郎も部活で遅いので
たいしたことはしなかったけれど、
ケーキ(というかタルト)だけは買ってお祝い♪
d0003116_20392668.jpg


14年前、35週の早産で生まれた次郎は、すぐに小児病院のNICUに搬送されていった。
まあ念のため入院というか、重篤な病気があったわけではなかったので
私は比較的のんきに自分の入院生活を楽しんでいた(こらこら)。

それでも、ダーリンの報告や、撮ってくれた写真(この頃デジカメになったなー)
を見ると、ちっちやい体にいろんな管がつけられていて
「ごめんね、退院したら大切に育ててあげるからね」
と心に誓ったものだった。
(なのに、こんなに粗雑に育てちまって・・・・)

でも、小さいながらも次郎は元気だった。
私が退院してすぐ、晴れて両親揃って次郎の面会に行き
直接哺乳瓶で授乳させることができたとき、
確か20だか30ccぐらいのわずかな量とはいえ、
あっという間に「じゅーーーーっ!」と飲み干して
もっとくれー、とばかりに元気に泣いていたことを思い出す。

NICUなので、他の赤ちゃん達は、次郎より体は大きくても
ミルクがなかなか自分では飲めなかったりしている。
「3ヵ月後には心臓の手術をするんです」
なんて会話もあって、
なんだか次郎がそこに一緒にいるのは申し訳ないような気がした。

あれから14年。
今朝もあの日と同じような、気持ちのいいお天気。
朝早く「いってらっしゃーい」と子供を送り出せるのはなんと幸せなことだろう。
あの時一緒に入院していた仲間達も
元気で「いってきまーす」と言っていることだろうね♪
[PR]
by poyo25 | 2011-05-25 20:52 | 家族 | Comments(14)
1. 太郎

   「お母さん、紅茶淹れてくれー」と太郎がほざいた言った。
   忙しい母は一瞬ムッとしたヽ(*`д´)ノ が、ふと思いついて
   
   「2-3歳の頃は何でも”じぶんでーっ!(自分でする)”って言ってたのにねー(≧▽≦)」
   と反撃してみたら、

   「もう昔の僕じゃないんだよ♪(*^-'*)>
    成長したってことだね♪」


    ですと。
    ・・・そりは「成長」ではなく、「退化」というのではないか?・・・・orz



2. 次郎

   ① 私のブログをくすくす笑いながら、なぜか音読していた次郎。
      「割愛」を「わりあい」と読みやがった読んでいた。

      ・・・・この期に及んで「ご迷答」ネタを提供してくれるとは・・・・・orz


   ② 2年生になって、電子辞書を買い与えた。
     何とか一応使っている様子。

     「でもね、面倒なんだよ。
      ボクの字をこいつ(電子辞書)が認識してくれなくてさー

     ・・・・認識してもらえるような字を書くように頑張りたまえ・・・・・orz




(なんか、やっぱり次郎の方がネタとしては面白い。
 でも、しかし、こんなんでいいのか????????・゚ '゚(/□\) '゚゚・)
[PR]
by poyo25 | 2011-05-22 22:10 | 家族 | Comments(9)