夫と大4・大1の息子達の4人家族。「転んでもただでは起きない!」がモットー、物忘れひどし(゚▽゚)  息子たちはそれぞれひとりぐらし中。

by poyo25

カテゴリ:学校( 106 )

男子校の卒業式

もうかれこれ1か月前になるが、
次郎の高校卒業式があった。

中高一貫の男子校。

6年前はまだ声変わりもしていない、ほっぺもつるつるで、
ぴかぴかでぶかぶかの学ランに身を包み
これから始まる中学生活にどことなく不安そうな顔をしていた、
まだまだ幼かった子供たちが、
6年後の今日は
「子供たち」というには少々トウが立ったというか、
おっさん臭くなった、もとい、大人の雰囲気を醸し出している。

  学ランの襟が妙に折れていたり、
  ズボン丈が短くなっているから座ると足首の上まで丸見えだったり(≧▽≦)
  受験直後ということもあるが、基本的に女子の目がない男子校なので
  格好はどーでもいい♪ という毎日だったことがここでも解るといものだ。

ガキんちょからおっさんへ、じゃない、
少年から青年へ成長した6年間。
確か太郎の時の卒業式保護者祝辞で
「小さかった手が、いつの間にか私よりもずっと大きくなって・・・」
というくだりがあって、思わず母たちは涙したのだが、
今日もまた、それぞれの新しい道に進もうとしている青年たちの
頼もしい背中を見て、母たちは感慨にふけったのだった。


母たちも感慨無量だったが、それは先生方も同じだったらしい。
卒業式では学年主任の先生がスピーチの途中で声を詰まらせたし、
その後のホームルームでは、普段はとてもクールな担任の先生が
まだ言っておくことはないか、もうないか、と探すようにしながら
熱い言葉を生徒たちにかけ続けてくださった。

先生方、6年間本当にありがとうございました。
この学校に入れて本当によかった。
次郎の成長は先生方のおかげです・゚ '゚(/□\) '゚゚



そして、夕刻。
子供たちはそれぞれクラスや部活の友人たちとどこかで食事会をしていたらしいが、
母たちは某ホテルで一堂に会しての謝恩会♪
いやー、楽しかった。
ノリがいい中にも、先生方への感謝の心がちゃんと伝わる演出の数々。
卒対の方々、本当にありがとうございました♪


私自身は太郎の中学入学から数えてなんと9年間!
大変お世話になった学校ともこれでお別れ。
学園生活のフィナーレを飾る、素敵な1日だった。



おまけ。

あの学校では、式典の時には壇上に松の盆栽が飾られる。
先日さいたま市の盆栽美術館に行って
盆栽についてちょっと学んだわたくしは
学園の盆栽がどんなにしゅばらしいものか拝見しようと、
式が始まる前に近くに寄ってみた。

・・・・・・そしたら、
なんと造花というか、ニセモノだった!!Σ( ̄ロ ̄lll)

うははは。
私の脳内では、どなたか(生物の先生あたり?)毎日心を込めて
お手入れしていらっしゃる姿が浮かんでいたのだが。
ちょっと、いや、かなりがっかりだった。
卒業式の思い出ベスト?3に入る出来事だったよ(≧▽≦)
[PR]
by poyo25 | 2016-04-07 12:15 | 学校 | Comments(4)

進級問題??

我が家のもう一人のBB(部活バカ)男子のお話。

つい先日、食料品だの日用品だのを詰め込んだ
「オカン定期便」を発送した。
太郎から「ありがとうメール」が来たので、そのまた返信として
「そういえば、ちゃんと進級できたの?」と聞いたところ、
「明後日の試験の結果次第」という返事が来た。

その時は「あー、まだ試験中なんだー」と思っただけなのだが(゚▽゚)アポー
後からよく考えたら、
3月も下旬になって試験とはどういうことだ????
まさか、追試??
太郎ってば、留年するのか??????Σ( ̄□ ̄;;;)!!

急にとっても不安になった母。
太郎にしつこく
「その試験はできたのか?」
と問い合わせてみたのだが、
「まだわからない」
と返信が来たまま、はや数日・・・・・。

がーん。
この期に及んで留年かよーヽ(*`д´)ノ

血圧が上がりそうになったわたくしだった
・・・が。
よくよく考えたら、例え留年だとしても
もうこの時期には決定しているはずだ。
うーん、何が未定なんだろうか。

メールの履歴をたどってみたところ、
月初めに太郎がよこしたメールに
「3月末に専攻を決定する試験がある」
と書いてあったではないか。(←よく読めよ)

はーやれやれ。
とりあえず、留年はなさそうだわ♪

密かに額の汗をぬぐいつつ、
もう一度そのメールをよく読んでみたら
「(希望する分野の)演習をさぼったりして素行がよくないので
 試験がんばらなくては」
と書いてあったΣ( ̄□ ̄;;;)!!


太郎、素行が悪いのか・・・・・・。
・・・・・大丈夫だろうか・・・・・・・・orz


どいつもこいつもBB(部活バカ)で
あっちもこっちも心配だわーヽ(*`д´)ノ




<おまけ>

そんな太郎だが、
相変わらず節約生活を送っているらしい。

1月に帰省した際、
「新しい下着など買ってあげようか?」と尋ねたら
「パンツは大丈夫♪
 この間10枚で780円のやつを買ったばかりだから♪(*^-'*)>」
と言う。

ちょうどその時洗濯に出していたのがそのぱんつ。
見たら、しゅげーぺらぺらだったよ(≧▽≦)
[PR]
by poyo25 | 2015-03-26 21:16 | 学校 | Comments(6)

塾デビューならずorz

先日のこと。
部活バカ男子で、今まで塾とは無縁だった次郎が
「春休みは塾に行こうかなー」
と言い出した。

(゚〇゚;)おおっ ついにこの子にもスイッチが入ったか!!!!???

舞い上がったわたくしは
すぐにパソコンで塾の資料請求をしてあげた♪
(たくさん塾からきていたダイレクトメールは
 片っ端から捨ててしまっていたもので 手元になかったのさ(^^ゞ))

そしたら、テレビで宣伝している某有名塾から
早速電話がきて、テストだの面談だのを受けることになっちゃった。

本当は無料で受けられる春期講習を最低限申し込んで
あとは自習室で勉強しようと計画していたのに、
次郎本人に対応を任せていたらあれよあれよと言う間に
新学期からの講習をいくつも受講されられそうになってしまった。

「どうしよう・・。この塾高いって評判なのに。ごめんなさいー」
次郎がおびえている(≧▽≦)

しまった。
担当は可愛い声のおねーさんだが、
いくら若くても相手は百戦錬磨のオトナだ。
次郎みたいなボケ初心な高校生なんかひとひねりに違いない。

ここはひとつ、さらに百戦錬磨のおばはん母が出て行くべきか。
小娘なんぞにはまだまだ負けはしないじょ。
ふぉっふぉっふぉ。

「大丈夫。保護者が判子を押さない限り契約成立しないから。
 お母さんが言ってあげようか?」
優しい?母が申し出たけれど、次郎が
「いや、自分で断ってくる」と言うのでまたもや任せたところ、
新学期講習どころか、当初の目的の春期講習も全部キャンセルしてきちゃった。

そうは言っても、お姉さんから保護者宛に電話が来るかと
てぐすね引いて待っていたのに、ぜーんぜん連絡なし。
ちょっとつまらん。
・・というか、そこまでして入塾させたいほどの成績ではなかった、ということなのか?orz


そんなわけで、塾デビューに失敗しちまった次郎。
春休みも相変わらず部活バカ生活ですともヽ(*`д´)ノ
部活と昼寝にあけくれる毎日・・・・orz

・・・・・大丈夫なんだろうか・・・・・・・・・゚ '゚(/□\) '゚゚・
[PR]
by poyo25 | 2015-03-22 11:58 | 学校 | Comments(6)

個人面談とタヌキその後

先日、次郎の学校で担任の先生との面談があった。
今回のお題は、来年から文系理系に分かれるので、その選択について。

事前に次郎からは「まあ、理系だね。志望校は教えなーい」
と言われていたのだが、
(どーでもいいけど、最近次郎はこの「教えなーい」だの
 「知らない」だの「忘れた」だの、母の気持ちを逆撫でするようなセリフが多いヽ(*`д´)ノ)
先生は「志望校は・・・・東大ですかね」
とおっしゃった。

・・・・・
じぇじぇじぇじぇじぇ????????(゚▽゚)アポー
なして東大?
そんなことわたくし、一言も聞いておりませんが。
確かにまだ1年生だし、
みーんな一度は「東大志望」と口にする学校らしいし、
「Boys, be ambitious(少年よ、大志を抱け)」な志望かも。

でも、いくらなんでも唐突過ぎる。
うちの次郎はそんなにambitiousなboyじゃないしー(゚▽゚)アポー

・・・
先生は、目の前の資料を指して
「ま、本人もはっきりと大学名を言ったわけではないんですが、
ここに理Ⅰと書いてありますよね。
理Ⅰって、東大しかないですもんね・・・・」
と話が続く。

他の話をしつつも、
へんだへんだへんだへんだ・・とぐるぐると考え続けたわたくし。
そのうちはた、と思いついた。

「せんせっ! これは 理Ⅰじゃなくて、理工、理工学部じゃないでしょうか!??」

先生も
「・・・・そ、そうですね!!! (゚〇゚;)」
すっかり納得と感動の表情。
あーよかった。
二人ともすっきりできたわ♪
めでたしめでたし♪

・・・・と思ったが。
それってつまり、
次郎の字が雑だから先生が読み間違えてしまった、ということですわね。
申し訳ございません!!!!

再度はたと気づいてコメツキバッタよろしく頭を下げた母であった。

はーやれやれ。
大学受験とか志望学部とかの話以前に
「字はきちんと書きましょう」
ということを身につけなければ。
・・・・・・・道のりは遠い・・・・・・・・(゚▽゚)アポー





さて。
以前書いた生物部に持ち込まれ、釜茹でにされたタヌキのお話。(リンクここ)
その後の話を某マダムから聞いたのでご紹介。

今年、その生物部の顧問の先生が担任になったマダム。
個人面談がつつがなく終わりかけたそのときに、
「そういえば、息子からタヌキの骨格標本があると聞いたんですが」
と水を向けてみたところ、
先生の目が急にきらーんと光りだし、
「ご覧になりますか?♪」
マダムをタヌキのところに案内してくださったんだそうな。

マダムいわく、
「タヌキの解説をしてくださった先生は、息子の進路について相談していたときの
 30倍ぐらい生き生きとしていらしたわ(≧▽≦)」
とのこと。

うぷぷぷ。
おかしー。
私もそのタヌキ、みてみたーい(≧▽≦)
[PR]
by poyo25 | 2013-07-03 20:51 | 学校 | Comments(6)

入学式は子供だけ

またまたお久しぶりでごじゃいます。


もう4月も2週目。
あっという間に太郎、次郎の卒業式が過ぎ、
太郎の引越しも終わり、
太郎、次郎それぞれの入学式も終了した。
あー、早い。
とりあえず、覚書。



太郎の卒業式は、次郎と同じ日の午後だった。
あっという間の6年間。
母としても充実し、思い出深い6年間の締めくくり。
中1の頃からの母友達と仲良くランチをしてから出席した。
(つまり、午前中に行われた中学の卒業式はぶっちぎったのさ(^^ゞ)


そして、ばたばたしているうちにあっという間に太郎が出て行った。
引越しには(半ば強引に)ついて行ったものの、
何しろ新幹線の距離なので、そうそう頻繁に行けるものではない。
(実は仕事が超繁忙期なので、休暇が取れないというのが大きい(―“―;))
大学の入学式に私は行かなかった。
後で、「ひとりでちゃんとスーツ着られた?」と聞いたら
「ちゃんと着たっヽ(*`д´)ノ」と答えていたが。


んでもって、次郎の高校入学式。
私と同僚のパートさんたち数人が
みんな揃って子供(しかも私以外は小学校とか中学校とか)の
入学式の日程が重なっちまったもので
中高一貫、しかも「お母さん、来なくていい」とほざく言ってくれる
高校生を持つわたくしは遠慮して休暇を取らなかった。
つまり、高校入学式も私は欠席。
というか、次郎に関してはこの春卒業式も入学式も出てあげなかった・・。
すまん。
(別に次郎は寂しくなんかなさそうだが)


太郎の受験と引越しの騒ぎで
すっかり次郎の入学準備が後回しになってしまっていた。
制服だって、太郎のお下がり。
クリーニングに出しただけ。
ワイシャツぐらいは新しく買おうかと思っていたのだが
結局時間がなくて、太郎のお下がりそのまんま。
剣道着も、入学式の前日にようやく太郎のお下がりの胴着に
名前を付け替えたていたらく(゚▽゚)アポー

そんな、緊張感のかけらもない入学式の当日、
嫌がる次郎のご出勤姿を撮ってみた。

d0003116_10192929.jpg


えへへ。
当人の後姿にも緊張感がない(≧▽≦)



ふと思い出して引っ張り出してみた。
3年前、小学校卒業式の日の次郎の後姿。

d0003116_10164655.jpg


こうしてみると、大きくなったなー(゚〇゚;)




太郎も、次郎も、新しい生活を楽しんで欲しい。
母も精一杯サポートするよ。
太郎に関しては、ご飯をつくってあげることも、
掃除洗濯をしてあげることもできないけれど、
精神的に支えてあげるからね♪(*^-'*)>
寂しくなったら電話してねー     ←太郎が見たら怒りそうだな(≧▽≦)



私も、なんと勤務2年目にしてもうすぐ一番ベテランになってしまうことが確定。
「ナンバーワン」の称号に応えるべく、頑張らなくちゃ・・・・・orz
[PR]
by poyo25 | 2013-04-09 10:17 | 学校 | Comments(10)
ちと遅いけど、備忘録として。


今月はじめ、ついに太郎の学校最後の授業が終わった。
私が太郎にお弁当を作るのも最後(たぶん)。
長いようで短かった6年間(pq)
最後のお弁当は腕によりをかけて作らなくっちゃ♪

・・・・と思っていたのだが。
私ったら、なんとご飯を仕掛けるのを忘れていたではないかっ!

偶然にも、間違えていつもの時間よりずっと早起きしてしまったところ
その有様に気がついたわたくしΣ( ̄□ ̄;;;)!!
急いで「早炊き」モードでご飯を仕掛け、
一番早く起きて出て行く次郎には
保温弁当箱で炊きたて(ぎりぎり間に合った)ご飯を持たせて
(普通のお弁当箱ではご飯を冷ます時間がなかった(^^ゞ)
入れ替わりに起きてきた太郎には
いつも金曜日に作っていたピラフを持たせることができた。
はーやれやれ。
d0003116_2030112.jpg


(なぜか、中学のころから「金曜日はピラフの日♪」ということになっており
毎週毎週金曜日にはピラフだのチャーハンだのを作っていたのだ。
今年度は次郎の朝練が金曜日にあったので
わたしゃ5時起きして炒め鍋ふるっていたよ・・・・・)

そんなこんなで、母の思い入れだけは強かったものの
実際にはご覧の通り、いつもながらしょぼいおべんとになっちゃった。
ま、しょうがないか♪(*^-'*)>   ←こらこら


翌月曜日からは期末テスト。
最終日の前夜、太郎がぼそっとつぶやいた。
「あー、これでA校も最後だなー・・・・」

(゚〇゚;)おおっ さすがに感慨深いものがあるのか。
「あっという間だったねー」と言って見たら
「うん」と素直にうなずく太郎。

「そういえば、最後の授業では先生方の”熱い言葉”があったの?」
さらに聞いてみたら
「あ゛ー、そうだったかも・・」
という頼りない答えが。
「みんなで感動して泣いた?」と突っ込んだら
「イヤ別に。寝てたやつもいるし。」とのこと。
・・・・・・おいこら、「寝てたやつ」ってキミのことじゃないだろうね???


そんなこんなで、あっという間に終わってしまった太郎の中高生活。
あとは自由登校だから、実質的にもうおしまい・゚ '゚(/□\) '゚゚・

・・と思っていたら。
3学期にもいろいろ講習が用意されているという。
中でも人気なのは
「センター対策体育」「2次対策体育」ですと。
太郎に「何の講習取ったの?」と聞いてみたら
案の定、「体育とった♪」という答えが(≧▽≦)

そっか。まだ体育できるのか。
よかったね♪

・・・・・・・でも、体育のためだけに学校行くんかい?
ま、いいけどね。
定期は年度末まで買っちゃったから、せいぜい活用しておくれ。



おまけ。
最後のお弁当の前日はうなぎご飯。
いつだったか太郎が
「クラスのやつで毎週うなぎのお弁当を持ってくるやつがいるんだよ。
いいなーいいなーいいなー」
というので、1回だけうなぎ弁当を持たせたことがある。
あの時は喜んでたなー。

というわけで、最後の最後に季節はずれだけどうなぎさんに
ご登場いただいたわけ。
「おいしかった?」と聞いたら
「うん」ですと。
d0003116_20331124.jpg

(ちなみに、この日次郎は普通の白米だった(≧▽≦))
[PR]
by poyo25 | 2012-12-23 20:39 | 学校 | Comments(4)

最後の体育祭

先日、次郎の中学の体育祭に行ってきた。

太郎入学から始まって6年目。
これが最後の体育祭・゚ '゚(/□\) '゚゚・
(注: 中高一貫だが、高校生は参加しない。中坊のみ)
最後だからと張り切って、朝一のプログラムから観戦したのだが

・・・
しょぼいorz
以前から思っていたが、しょぼい。
5人6脚(のようなもの)なんて、歩いてるしヽ(*`д´)ノ
「お前ら、老人会のリハビリ運動会かーっ!!?」
とおばちゃんは心の中で叫んだよ。

騎馬戦も、初戦では明らかに腰が引けてる騎があちこち見られて
大変しょぼい。
ま、それでも勝ち進んでいくにつれて盛り上がり、
決勝戦あたりは「さすが男子校♪」という感じにはなった。

それまでの秋の寒さがウソのように晴れ渡り蒸し暑くなったその日。
プログラムが進んでいくにつれて子供たちは元気になっていく。
観戦している母たちがどんどんぐったりしていくのとは対照的じゃ(≧▽≦)
生徒の応援合戦も盛り上がり、
最後のリレーではさすが中学生男子の若鹿のような走りが見られて
母たちは大層感動、満足したのであった。
とてもあの老人会のような子たちと同じ生徒とは思えなかったね♪(*^-'*)>


次郎の母としても3回目の参加。
特に誰とも約束していなくても、行けば誰か顔見知りに会えるのも
年の功ってやつか?♪(*^-'*)>

「うちの子は"今年は開会式と閉会式しか出ない。だから来るな!"
なんて言って、プログラムも見せてくれなかったのよー(pq)」
「うちもよー」
などと言う苦労話?をしあうのもまた楽し♪
しょぼいだの何だのと文句を言いつつも
我が子たちがクラスの友達と楽しそうに過ごす姿を見て
目を細める母たちであった。


***


さて。
毎年お楽しみのPTA競技「玉入れ」。
たまたまその前に会ったのが兄弟とも同級生の
A校ブラザーズの会(仮称)」のメンバーたちだった。

「もう最後だから、がんばりましょうねっ!!!」
暑い(暑苦しい?)決意表明をして臨んだマダムたちであったが

・・・やっぱり今回も厳しい玉入れであった・・・。

誰が考えたか知らないが、やたら高いカゴには
入れるどころか、玉を届かせるのも難しい。
地べたに落ちてる玉を、
しかも上からほかの人や自分が投げた玉が
ぼこぼこ降り注ぐ中、
「いてっ」
などとぼやきながら拾い集めて
えいやっ! と投げ上げる。
入ったかなー?などとぼんやり上を向いていると
またもや玉が顔面に降り注いでくるので
とっととしゃがんで次の球を拾う。

もはやいい年したマダムやお父さんたちには
ちーっときつい時間が流れていき
もう限界! と思ったころに終了。
はーやれやれ、お疲れ様でしたー。


6年目にして悟ったこと。
玉にはどうやら2種類ある。
軽くてふわふわしたのと、硬くてやや重いもの。
特に非力な女性の場合、硬くて重い方が遠くまで飛ぶので
なるべくそちらを拾っていくと良い。


・・・あーあ、せっかくこんなしゅばらしいことが判明したのに
来年からはもう参加できないのよねー。
どなたか、同じ学校の方で来年以降も参加できる方、
これを読んで参考になさってくださいませねー♪
(そんな人いないか・・・・orz)
[PR]
by poyo25 | 2012-10-01 15:48 | 学校 | Comments(4)

男子校受験クラスの近況

子供たちの学校で懇談会があった。
太郎次郎のクラスが同じ日程だったのだが、今回は太郎のクラスに参加した。
だって、一応受験生だからねー。
先生のお話もしっっっっかり耳をかっぽじって聞いてこなくちゃorz


太郎たち高校三年生は、授業体制としては完全に受験モード。
授業でも演習中心だし、模試も増えてくる。
もう、遠足も修学旅行もないし(^^ゞ
楽しみがなーんもない、大変気の毒な毎日なのだそうだ。

母達は、そんな話を拝聴し、
おいしいお弁当をいただきつつ
なんとなくどんよりと、眉根を寄せつつおしゃべりをしてきた。
(どんな時でもおばちゃんマダムはおしゃべりするのさ)


そこで聞いた話。

あるクラスでは、遅刻者の罰ゲームとして?
ぬいぐるみの被り物やら、メイド風カチューシャだのが
用意されているらしい(≧▽≦)
しかし、最初こそ「罰ゲーム」としての機能を果たしていたらしいが、
だんだんみんな慣れてきてしまい、
今では意味がなくなっているとかいないとか。
(淡々とカチューシャをつけ、周囲も淡々と見ているのか????)

また、あるクラスでは
特大サイズのぬいぐるみがクラスに常駐していて、
誰かが風邪などで欠席すると、その子の席に座るんだそうな。
んで、
生徒「せんせー、プリント一枚足りませーん」
先生「(人数分配っているはずなのになぜ?と一瞬考えて)
     ・・・・・・こら、ぬいぐるみにはプリントいらん!こいつには解けないだろうが!」
などという心温まる?会話が繰り広げられるらしい(≧▽≦)
また、男子達の手荒な扱いに、ぬいぐるみ君がほつれたりすると、
誰かがちゃんと縫って補修してくれるとのこと♪


ところで、太郎のクラスでは、エアコンが部屋の中央にある。
しかし、暑くなるのは日光が入ってくる窓際。
どうしても「暑いヒトが優先」というか、耐え切れずに冷房を入れてしまうので
中央の席の子たちは涼しすぎる思いをすることになるとか。

太郎の席は中央。
帰宅してそんな話をしていたら、太郎ってば
「うんうん。授業中寝ている間に冷房入れられると
 風邪ひきそうになっちゃうんだよなー」
と言う。

・・・・おいこら。
授業中寝るなヽ(*`д´)ノ
この期に及んで寝るなよー。母は悲しい・・・(pq)
[PR]
by poyo25 | 2012-06-25 08:44 | 学校 | Comments(8)

体操服改変の衝撃

うちの子たちが通う学校で、なんと体操服が変わることになった。

今までは、中学生は同じものを着用し、
高校生になったら買い替え。学年別にカラーが違うものを着用。
ということになっていた。

おそらくその着用パターンは同じだと思うが、
今年度から
体操服のメーカー、デザインが変更になっちまった。
今年の中1・高1から新しい体操服になっており、
在校生(中2-3、および高2-3)は今までの体操服でもちろんOKだが、
途中で買い換える場合は新デザインのものになるという。


まあ、たしかにちょっとイマイチかなー、
という感じは否めない体操服ではあったのだが、
ここにきていきなりメーカー、デザインが変更されるとはびっくらだ。
まあ、以前のものよりちょこっとかっちょいいデザインだし、
なんとなく洗濯の具合もよさそう(乾きが早そう)に見える♪



・・・しかーし。
3年違いで入学したうちの兄弟。
せっかく、高校の体操服は太郎から次郎に
バトンタッチしてそのまま使おうと目論んでいたのに
計画頓挫orz
ああ、もったいない・゚ '゚(/□\) '゚゚・

実はそれどころか、
次郎の中学入学時にも、
(入れ違いで卒業する太郎の体操服を
そのまま使えばよかったのに)
「体操服ぐらい新しいのを買ってあげるわ♪」
なーんて浮かれて新しいのを買っちゃったバカなわたくしorz

体操服のうち、
まず、ジャージはもともと使用頻度が高くないので
ずぇんずぇん痛んでいないからもったいないことこの上ないorz

また、太郎が何度かカビを生やしてしまったTシャツ
これこそは
お下がりさせるには忍びなくて新しいのを買い与えたのに、
次郎も早速Tシャツにカビを培養しているから意味なしじゃorz
しかも、時々太郎の(お古の)ジャージだのTシャツだのを持っていってるし。
もう、新しいのもお下がりもいろんな意味で完全にいっしょくた・・・orz


中学の体操服でこんな痛い目にあったので、
高校の体操服こそ、お下がりで済ませようと期待していたのに
やっぱり買い換えなくちゃいけない破目になろうとは・゚ '゚(/□\) '゚゚・
一式確か2万円ほど。
・・・・・悲しい・・・・・
・・・・・どうせまたカビ生やすのに・・・・


ちなみに。
制服はお下がりしまくりだ。
でも、特にズボンは痛みが激しいので
買い替えももちろんする。
ネットで格安のズボンをね♪(*^-'*)>
(学生服ならなんでもいいのさ)
[PR]
by poyo25 | 2012-06-05 22:11 | 学校 | Comments(10)

懇談会シーズン

4月といえば、新学年最初の懇談会が開かれる時期だ。
わが子の新しいクラスの保護者や新しい担任の先生に会える期待と、
役員決めが憂鬱な一面とが入り混じる(大げさだな)その日。

太郎のクラスは、クラスのメンバーも担任の先生も昨年度と同じなので
保護者同士も気心の知れた顔ぶれ。
なかなか新役員が決まらず、先生が苦労していらしたけれど
なんとか決まってよかったよかった。

中高6年間の最後を締めくくる一年間。
なんだかあっという間だったこの6年。
いや、そんなセリフはまだまだ早いはずなのだけど
先生方ですら
「もうあっという間に卒業なんですよねー」
「最後の授業でどんなことを言おうか、考えているんです」
なーんてせりふが出てきちゃうくらいだ。
なんだか今からうるうるしてしまいそうな母たちであった(^^ゞ



一方、次郎のクラスでは、
役員選出の前に、席の近い人同士でおしゃべりする時間が設けられた。
担任の先生としては、おしゃべりするうちに
「じゃあ、一緒に役員しましょうか♪」
なーんてマダムが出てくることを期待していたのだろうが、
残念ながら先生の目論見どおりにはいかなかった。

私のグループでは、
偶然にも高校3年生の兄姉を持つ家庭が集まったので
大学受験の話で盛り上がっちゃった。
中3の(このクラスの)子の話題どころか
肝心の役員の話なんてどこか遠くへ・・・(゚▽゚)アポー

ごみんなさい、先生。
おばちゃんマダムのおしゃべりに何かを期待するのは無理でしゅよ。

結局今年は役員は引き受けなかったのだけど、
来年以降、次郎の高校では必ずします(・o・)ノ ハーイ!!
・・・だから、許してね♪  ←誰に言ってる?
[PR]
by poyo25 | 2012-04-22 10:14 | 学校 | Comments(14)