ぽよよん備忘録 poyo25.exblog.jp

夫と社会人1年目・大学2年の息子達の4人家族。「転んでもただでは起きない!」がモットー、物忘れひどし(゚▽゚)  息子たちはそれぞれひとりぐらし中。


by poyo25
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:おたまの飼育日記( 43 )

ご存知、子供向け科学雑誌「かがくる」 
我が家では小5と小2の息子達のために新聞屋さんから定期購読している。
夕刊と一緒に配達してくれるのでとても便利なのだが、
容赦なく毎号来てしまうので、読まずにたまってしまうとちょっと困る^^;;

太郎は当然自分で読んでいる(はず)のだが、次郎にはちょっと荷が重たかろうというので
私が寝る前に読み聞かせている。
漫画の部分なんかは読みにくいので、ぜひとも早く自分ひとりで読むようになって欲しい。

さて、ここのところ次郎に他の本を読んでいたら、未読かがくるがたまってしまった。
しょうがなく、今日は2週間前の17号を読むことに。
えーと、今日は「カエルの親子はなぜ姿がぜんぜんちがうの?」について♪
カエルについてはちょっとうるさいこの私、当然知っていることばかりだわね。ふふん。

・・・と思って読んでいたら、結構大発見!!

1. 後ろ足: 生まれた直後から小さい後ろ足があるんだと!

        そういえば、うちのオタマたちにも、ふんみたいなのがくっついていて
        何なのかにゃー?と不思議に思っていたんだったわ(゚〇゚;)
        こんなところで疑問が解けたとは!

2. 4本脚が揃うと、変態のスピードが上がる。
   尾の部分を栄養として使い、何も食べませんだとー!

   そういえば、うちの子たちもその時期何も食べていなかった。
   私は単に「もう、生きている餌は食べなくなったのか。んじゃ、早くアブラムシ
   取ってこなくちゃ」と思ったのだが、そんな不思議な仕組みになっていたとは!!

いやー、お母さんも目からウロコ。「かがくる」あなどるべからず。
高い購読料の元は取ったかにゃ? 
[PR]
by poyo25 | 2005-07-08 23:47 | おたまの飼育日記 | Comments(2)
今日でとうとう101日目。
いよいよ、生まれ故郷の森の池へ帰すことになった。
長い間たのしませてくれてありがとねー。

さて、子供達と一緒に自転車で行くか。でかい飼育ケースは運ぶのが無理なので
小さいケースにかえるちゃんたちだけ移して持っていくことにした。
んで、見てみると・・・・

Σ( ̄□ ̄;;;)!!  3匹お亡くなりに・・・・・。
この暑さでやられちまったか?  ごめんね、ごめんね(o_ _)o~

森の池はさすがにおたまじゃくしの姿はなく、アメンボだけがたくさん泳いでいる。
うちの子たちはいきなり池に放り込むと、おぼれそうな気がするので
岸辺の草むらに放してやる。
げんきでねー!
ぴょこっと飛んだら最後、もうどこにいるかぜんぜんわからない。
・・・ふむ、とりあえずよしとするか。

その後しばらくは、太郎と次郎が壮絶な水鉄砲バトルを繰り広げて遊び、
私はちびっと森林浴兼ウォーキングなどして過ごす。
その間にわらわらと近所の子供達や親子連れがやってきてなにやら捕り物。
おいおい、なにとってんのかしらないけど、うちのカエルちゃんはとらないでねー!
心の中で叫ぶ私であった。

あ、それから、池のそばで3センチほどのかえるを発見。
うちの子たちのキョウダイかにゃ?
我が子の近い将来を見たような気がするハハであった。

がんがれー! (生き残った) 7匹の子供達ー!!

卒業記念写真じゃ♪
d0003116_17422730.jpg

これからがんばって大きくなるのだよ。d0003116_1744437.jpg
[PR]
by poyo25 | 2005-06-26 17:45 | おたまの飼育日記 | Comments(2)
昨日(6/19)の話。
最近、梅雨時のせいか、生けてあるアブラムシ付の草がしおれてくるのが早い。
かえるちゃんたちもぜーんぜん大きくならない。
・・・(ー”ー;)うーん、ひょっとして、もうエサがあわないのか? 
しょうがない、そろそろ生まれ故郷の森に放すとするか。

ということで、家族にも「今日帰すよ」と宣言したところ、
予想外に太郎も次郎も反対。
ダーリンも「カエルにあきたんでしょ」なんて言うしさー。
            (↑まんざら的外れでもない(^^ゞ )

よく数えてみたら、今度の土曜日で飼育100日目になるので、
それまで飼う事にするか(゚▽゚)アポー

********
夕食時。
配膳しようとした次郎が「テーブルに赤虫がいるー!」と叫んだ。
(注)赤虫とは、最近好んでエサにしている赤いアブラムシのこと。らしい。次郎が言ってた)
どうも、草がしおれてくるとケースの外に活路を求めて出てくるらしい。

つい数時間前にはみんなで「かえるちゃん、もうすこし一緒にいようね」
なーんて言ってたくせに、やっぱり部屋の中に進出してくると嫌なようだ。
別にいいじゃない。ほっといても悪さするわけじゃないしさー。ぶつぶつ。

だけど、さすがにふとんの枕元に一匹赤虫を発見した時には
「明日は絶対に草を換えよう」と決心したのだった(゚▽゚)アポー

d0003116_0162039.jpg久々の体長測定。一月前と全然かわらず。いいのか???
しかも、へんな写真(^^ゞ

あ、今日(6/20)はもちろん草を換えたよーん。
[PR]
by poyo25 | 2005-06-21 00:20 | おたまの飼育日記 | Comments(2)

75日目 脱走?

夕方、ご飯の支度をしている途中で、ふとリビングのカーテンを閉めに行ったら、
カエルちゃんが一匹足元でぴょこぴょこしているではないか(゚〇゚;)

あれまー、こんなところに出てきたら大変だよ♪
直ちに手に乗せてお家に帰す。
どこから出てきたかわからないが、とりあえずふたをきっちり閉めた。

いやー、でも、運が良かったかも。
後5分時間がずれていたり、色の薄いラグの上ではなくフローリングの上にいたりしたら、
発見できなかったかもしれない。


最近写真も撮らず、ブログにもあまり登場しないカエルちゃんたち。
ダーリンが「小さいころだけやたらに写真がある人間の子供と一緒だね」と言う。
そのとおりだよ、ダーリン。

今日の体重 目標+2.5キロ。 高値安定?(号泣
[PR]
by poyo25 | 2005-06-01 22:59 | おたまの飼育日記 | Comments(4)
2日前、赤いアブラムシがたっぷりついたおいしそうなセイタカアワダチソウを投入したら、
おかしいくらいお腹がぽっこりしてきた子が プ(≧m≦)ぷっ!

あれ、だけど、昨日から同じ位置で突っ伏している子が。
・・・・お亡くなりだー(o_ _)o~

体も大きい方だったのになー。
病気にでもなったか?溺れたか???
ヘンなもん食べたか??

ごめんね。天国にいってね。なむなむなむ。
[PR]
by poyo25 | 2005-05-29 18:14 | おたまの飼育日記 | Comments(0)
葉っぱに乗っかって、何やら上を見ている子がいた。
その視線の先には大きめのアブラムシが。
だけど、カエルとアブラムシの間は3センチほど空いている。
これは、この子達にとってはかなりの距離のはず。

今までのところ、エサを食べる時には、口元にいるやつをぱくっと食べていたらしい。
(目撃者:ダーリン)
さて、どうするのかにゃー?  と見ていたら、

びょーん!

大人の(?)カエルがするように、舌を伸ばして獲物をしばいたらしい。
(あまりの速さによく見えなかったんだけど)

しかし、まだ下手くそだったらしく、獲物は下に落っこちた(o_ _)o~
当のカエルは、なんか顔に当たったらしく、手で顔をしきりにぬぐう仕草(≧▽≦)

がんばってねー♪
人生、何事も修行なのさv
[PR]
by poyo25 | 2005-05-21 17:45 | おたまの飼育日記 | Comments(2)
飼育ケースには、ビンに生ける形でエサつきの草が置いてある。
んでもって、(カエルになっちゃったのでそんなに量はいらないのだが)
水をケースの底に張ってある。
この水のおかげで、羽のないアブラムシはケースの外に出て行けないのだ。

ところで、前回書いたとおり、昨日投入したアブラムシはちとでかい。
これを食べたらお腹はぽっこりは間違いなし!というくらいのボリューム♪
比較的動きもどんくさいので好都合v
・・・・だったのだが、やはり閉じ込められたら出て行きたいのが人情、
いや、虫情らしくて、水に落っこちてもがいているヤツが2―3匹。

例のチビ助くんがそれに気づいた。
そろそろと近づいていく・・・・・・

その時、どんくさくもがいていたアブラムシの脚がチビ助の鼻先にあたったらしい。

きゃーっ!Σ( ̄□ ̄;;;)!!

声が聞こえてきそうな勢いで顔をひっこめ、おたおたと逃げるチビ助。
やれやれ、そんなんだから大きくなれないんだよ"「( ・ω・) ポリポリ

と、もっと大きい子がエサに気づいて近づいていく。
・・・・・・あらら。こいつも撃退されちゃったよ。
ふーん、ちびカエルたちは結構臆病なのねー。


d0003116_1721811.jpg

これは別のアブラムシ。
このカエルは、私が見た限り
5回も食べたそうに戻ってくるのだが、
結局見ているだけであきらめて
帰っていった(≧▽≦)
[PR]
by poyo25 | 2005-05-19 17:28 | おたまの飼育日記 | Comments(0)

62日目 はや2ヶ月

例のギシギシが枯れてきたので、昨日またエサを調達してきた。

えーと、エサについて詳細な文を読むとぞわぞわしちゃうひとは、スルーしてくだせー。

------------------ ここから ------------------

今回は空き地に生えてたセイタカアワダチソウ(たぶん)。
こいつについているのは、赤いアブラムシ。成虫は結構でっかく(約4ミリ)
なかなか食べでがありそうじゃ。かえるちゃんたちも満足してくれることだろう。

しかも、わりと動かないみたいで、ケースからも出てこないv
よし、これからはこれだな。

------------------ ここまで ------------------

エサ換えついでにケースも洗うので、かえるちゃんたちを別の小さなケースに移す。
ところが、移すそばからぴょこぴょこ跳ねてすぐ出てきちゃう。
ケースのふちまで登ってきて、「どこ行こうかなー」と身構えているところなんぞ
なかなかいっちょ前♪

おっと、大きいケースからも脱走者続出
あーれー、太郎が帰ってきてインターホン鳴らしてるぞ。
カエルをはさまないように急いでふたを閉める。

なんだかんだで大騒ぎの末、やっと完了。
やれやれ。では戻すかんね。
いーち、にーい、さーん、・・・・あ、また逃げた。
じゅーう、じゅういち、これでおーしまい♪
・・・・あや、なぜか外に一匹Σ( ̄□ ̄;;;)!!

**************

しっかりふたをしていつもの場所にもどして観察。
いーち、にーい、・・・・・なんか1匹足りないような気もするが
草の間に潜り込んだ子もいるので、よくわからん。
ま、いいか。台所にはもういないから。



ところで、壁を上るのが好きになっちまった子が1匹いる。
今日もこうしてブログを書いているそばで、何度も何度も壁をえっちらおっちら登っては
途中でぽてっと落っこちる(≧▽≦)
動画で紹介したいくらいじゃー。写真ではこのおかしさはわからん。


それから、たぶん一番早くカエルになった子だが、気の毒なことに未だ一番チビなのだ。
エサ換えのときに元気にジャンプしているから、まあいいのかもしれないけど、
あまりにもちびっちゃくて母としては心配なの。
いぢめられてるんじゃない?困ったことがあったらお母さんに言うんだよ。

d0003116_10474967.jpg


ほーら、こんなにちがうでしょ。
これでちょうどほぼ実物大v
[PR]
by poyo25 | 2005-05-19 10:50 | おたまの飼育日記 | Comments(2)
3日前にアブラムシで真っ黒になった草(ギシギシ)を入れたおかげで、
可愛いカエルちゃんたちのお腹はめでたくぽっこりしてきた♪
いやー、ほんとに真っ黒。これなら当分エサ換えしなくてもいいかも。

そしたら、ケースの壁を伝って何匹かのアブラムシがケースのふたの上に出てきた。
あれまー、ギシギシのつぼみがケースのふたについていたから、
そこを伝ってきちゃったんだな。
つぼみの部分をカットして、これで解決。

・・・・・のはずだったんだけど、

今日、朝ごはんの配膳をしようとした太郎と次郎が、
「ママー、なんか小さくて黒い虫がテーブルの上にいっぱいいるよー!」
「げっ、これアブラムシだよ!!」

くしょー、ここまで来ちまったか(ー”ー;)

ささっとティッシュで拭いたのだが、おさまらないのは子供達。特に太郎。
  太「気持ち悪いよー。もうカエル捨ててこようよー。」
  私「いいじゃん。もう出てこないと思うよ。」
  太「でもいやだ!!ベランダに出しちゃえば?」
ここでダーリンが顔色を変えて、
  ダ「ベランダなんかに出したら、パパのお花がやられちゃうじゃないか!」

こんなやりとりがあって、今日からはせめて夜になったら玄関先に出す、
ということになりました(o_ _)o~

しかし、情けないぞ、太郎。
アブラムシごときで大騒ぎするような子に育てた覚えはないぞ、母は。
単にカエルの置いてあるリビングボードと、ダイニングテーブルが
すぐ近くにあるから、羽のあるヤツが来ただけじゃん。

ゴキブリには大騒ぎするくせに、カエル関係には妙に寛容な自分勝手なハハである。

今日は当然写真は割愛。へへ。
  
[PR]
by poyo25 | 2005-05-15 17:47 | おたまの飼育日記 | Comments(4)

お友達リンク♪

こうしておたまの観察日記などをアップして楽しんでいる私ですが、
当然のことながら、世の中にはもっとちゃんと、もっと緻密に生き物を観察している
方もいらっしゃるわけです。

晶子のお庭は虫づくし
ここはしゅぎょいです。
いろーーんな小さな生き物達の観察記録がいっぱい。
お母さんのうさこさんも素敵な方ですが、お嬢さんの晶子ちゃんの作品がまたいい♪
うちの子たちにぜひつめの垢をてんこ盛りで送っていただきたい(^^ゞ
[PR]
by poyo25 | 2005-05-13 23:16 | おたまの飼育日記 | Comments(1)