来週、十何回目かの25歳の誕生日を迎えるわたくし♪(*^-'*)> に
ケロさんから素敵なすてきなプレゼントを頂きました!
d0003116_1864981.jpg

見てみて~♪ 秋のハンコですよ♪
バースデーカードも♪ 
見本としてポストカードまで♪ やっぱり押し方のセンスいいなー♪ (♪多し。爆)

私が「男の子が使えるカードや便箋はなかなかないので、
太郎や次郎と一緒に使えるハンコが欲しい」とずーずーしくお願いしたところ、
こんなに可愛くて(私向き♪)しかも男の子オッケーのものを作ってくださいました♪
うーん、ケロさん、しゅごい!
次郎が早速喜んでおります(太郎は塾)。


d0003116_1752027.jpg

ハンコと絵の対応だす。
最初見たとき、「この雲みたいなのは何?」と思ったものは、木の実の色づけ用でした。
しゅげーっ! どうやってこんなにぴったり作るんだろう?
おそらく私が押すと線と色とがずれる可能性が高いと思われますが、
それはそれできっと味があるものになる・・・でしょ?♪(*^-'*)>


d0003116_17522689.jpg

これはなーに?
ハリネズミのバランスゲームなんですって。
可愛いハリネズミ君、
飾っておくだけで楽しい気分になれそう♪





d0003116_17525429.jpg
このように、ハリネズミのトゲの上に、トゲのパーツを重ねて遊びます。
次郎曰く、「パーツはちょっとずつみんな
トゲの大きさとか傾きとかが違うよ」とのこと。

今、次郎が必死にトゲを積み上げております。


ケロさん、ありがとうございましたo(*^∇ ^*)o 
嬉しいなー。
トシはとらないと勝手に決めておりますが、やっぱり誕生日はうれぴいですー♪
[PR]
by poyo25 | 2006-10-28 18:08 | Comments(32)

つわものどもが・・・・

もう10月も終わり。
今朝、近くの学校の1ねんせいたちが、近所の公園に「秋をさがしに(生活科のテーマ)」
行き、どんぐりなどを嬉しそうに拾って帰るのを見た。

1. ちょうちょ

    うちのダーリンがベランダで手塩にかけて育てているお花に、時折蝶がくる。
    先日はモンシロチョウ、その前はアオスジアゲハ。
    野生の花はだんだん少なくなる時期なので、人んちの庭がパラダイスらしい。
    
    昨日、ウォーキングをしていたら、道端の植え込みの花に止まる
    アオスジアゲハを発見。
    この時期、道路端の植え込みのお花もしょぼくなっているが、  
    このアゲハもかなりよぼよぼ。翅の色もなんだか薄くなっていた。  
    がんがれ、アゲハ!

    (ちなみに、この辺にはアオスジアゲハが多いのだが、それはおそらく
    食草のクスノキが多いせいだと思う。)

2. 次郎のカブトムシとクワガタ

    実はもう10日ほど前になるのだが、うちで飼っていた最後のカブトムシ(オス)が
    お亡くなりになってしまって、次郎はがっかりしていた。

    なぜかカブトムシの安置所はリビングの特等席、サイドボードの上。
    ティッシュのおざぶとんに載せて何日か別れを惜しむのだ。
    (え、変? やっぱりそう思う?)

    その後、お墓を作って埋葬するのだが、
    次郎ってばマンションのエントランスの植え込みにお墓を作っちゃう(^^ゞ
    しかもきっちり埋めてない(たぶん)もんだから、カブトの角が出てたりして
    小さい子たちが喜んで拾っちゃうらしいんだわΣ( ̄□ ̄;;;)!!
    この間、若いお母さんに「ここはカブトムシがいるんですか?」と聞かれて
    冷や汗かいて謝ったよ。
    ・・・・たぶん、そのお母さんはカブトの生息地が森の中だということを
    知らなかっただけなんだろうけどさ。

3. カマキリ

    おととい、交差点のところで友達と立ち話をしていたら、3-4メートル先に
    カマキリがいるのに気付いた。
    だけど、一緒にいた友人は別に虫好きではなさそうな普通の奥様だったし
    私もカマキリを素手で触れるわけではないので、ちょっとためらっていたら
    ・・・あっという間に自転車や人に轢かれてしまいました・・・・orz
    ごめんね、カマキリさん。気付いた時にすぐに捕まえて、安全なところに逃がして
    あげればよかったね。私の勇気が足りなかったばかりに・・・・(pq)


秋の夜更け、今日はちょっとしみじみ。
え? 虫の話題なんかでしみじみするなって? ♪(*^-'*)>
 
[PR]
by poyo25 | 2006-10-27 23:09 | 生き物観察 | Comments(14)

d0003116_2227936.gif

7月からずーーーっと
次郎に読み聞かせを続けていた「ブレイブ・ストーリー」
やっと完読したー。




いつも夏休みに、親子で何かひとつは映画を観にいくのだが、
今年の夏はこれにしようか、という話になり、映画の前に原作の文庫本を購入。
私と太郎はもちろん自力で読んだのだが、いかんせん次郎には無理。
映画を観る前日まで私が読んでやればいいか、と思って読み聞かせをはじめたのだが、
映画を観た後も「やっぱり全部読んでー」と言うのでしかたなく読み続けたのじゃ。

いやー、しゅげー大変でしたわー。
何しろ長い! 第1部は省略して(小さい子には話がえぐい)
第2部から読み始めたのにもかかわらず、丸3ヶ月かかったじょ。
夜寝る前の10分から30分程度、私の気力と口力(くちぢから??)の許す限り
読みますた。むじゅかしい熟語も多いので、舌がもつれますた。

でも、楽しかった。
偶然だが、この話の主要な登場人物の名前が次郎の本名と酷似している
(注:キキーマではないじょ)ので、次郎もストーリーにすんなり入っていったようだ。
悲しいシーンでは、読むほうも聞いているほうも涙ぐんじゃったりしちゃったわ♪
どんどん主人公ワタルが成長していくのが、子供ごころにもわかるらしくて、
「ワタル、かっこいいねー・・・」と言っていた次郎。
キミも、つらいことがあっても自分でしっかり受け止めることができるように
なっておくれ、と母は願うのだった。

ちなみに、既に読んだはずのわたくしだったが、あらためて音読してみると
ものしゅげー新鮮でおもちろかった♪
・・・物忘れがひどいだけだって? おほほ、そのとおりー♪(*^-'*)>
[PR]
by poyo25 | 2006-10-25 22:34 | 家族 | Comments(14)

先週、今月はじめに受けた模擬試験の結果をちょこっと聞いた太郎が
ものすごーく落ち込んで帰ってきた。
「もうだめだ・・・。第1志望の合格可能性なんて40%だって・・・。
ミスはあんまりなかったはずだから、これはオレの実力がないってことなんだ・・・。」

あまりに落ち込んでいるので、かえって叱ることもできにゃい。
ダーリンと私はあの手この手でなぐさめる。
「きっと平均点が高かったんだよ。みんなも頑張っているから、全体のレベルが
上がってるってことなんだね。大丈夫、数字を気にしないで、答案が返ってきたら
ちゃんと見直ししようよ。」

そして、土曜日。
答案が返ってきた。相変わらずどよーんとしている太郎をなぐさめ、
母は「正答率チェックシート」とやらで不正解の部分をチェックした。

あー、算数はこんなもんかねー。
この正答率1.8%とかいうやつは、解けなくてもよろしい。
みんなができているところを落としたりはしていないから、よくできました♪

次、理科。
・・・・・おいおい、正答率92.6%の問題を間違えてるじゃんか。
私「こーゆーのを落としちゃいけないんだよ♪(やさしく諭す)」
太郎「あ、それ、"蝶は不完全変態"って答えちゃったー(゚▽゚)アポー」

ぬわにぃっっっ!?Σ( ̄□ ̄;;;)!!
あのさー、うちにはアゲハのサナギも、蛾のサナギもいたでしょーっ!
(サナギになるのが完全変態、ならないのが不完全変態じゃ)
あんたたちも見てたでしょー?
おかーさんはちょっと悲しいじょ。
何のために苦労して虫を飼っていたんだか・゚ '゚(/□\) '゚゚・

・・いやいや、もとい。
イモちゃんたちを飼っていたのは、お母さんの好きでしていたことです。
私の趣味で可愛がっていましたっ。
別に子供の学習に役立つからなんて、そんなこと思ってしていたわけじゃありませんっっ。
ふんだ、ぷんぷんヽ(*`д´)ノ



えーと、ともかく、ダーリンは「たかだか子供の模擬試験なんかでなんでそんな
チェックなんかするんだ?」と言っていましたが、
所詮は小学生。ガキンチョなのですから、こうして大人が分析してやるのは
必要なのだすよ。
「ミスはなかった」とかいいながら、大ミスいっぱいしてるじゃんかー!

(追記)
この時期の受験ネタなので、皆様に真剣に優しく慰めていただいて
ほんとに嬉しいです。ありがとー。
でも、どうぞ大笑いしてやってください。おバカな親子です。
太郎が間違えて私が怒るのは、メダカとか虫とか、自分ちで飼っていたもの関係
だけですー。あとははっきり言ってわかんにゃいので、怒りようがないのよん♪
[PR]
by poyo25 | 2006-10-23 16:09 | 家族 | Comments(20)

青空囲碁

お台場オフ(ゆらさん)
お台場オフ(つくしねーさん)

昨日、オフ会に行ってきたじょ。
名づけるとすれば「玲さん上京記念 お台場オフ♪」とでもいうのかにゃ?
(詳細は他の方にゆずる)

実はゆりかもめに乗るのも、フジテレビを見学するのも初めてだったわたくし。
乗り換えに手間取り5分遅刻し、フジテレビの中でもお土産買っているうちに
はぐれそうになってしまいました。大変大変すみませんです。

一応「ヒカ碁」のポケット九路盤を持っていったものの、
結局はつくしねーさんとZZさんの真剣勝負(・・)をアルコールの回った頭で
眺めていただけ(゚▽゚)
今日になって、せっかくだから九路でもなんでも、玲さんや孔明さんに打ってもらったら
よかったのになー、と後悔。
そういえば、オフで会うのは2回目なのに、ゆらさんとはまだ一局も打ってもらって
ないねー。

玲さん、お会いできてものしゅごーく嬉しかったです♪思ったとおりの人でしたー。
またいっこちゃんと一緒に「美人親娘で東京見物」に来てねーo(*^∇ ^*)o

孔明さんは怖いお顔のお兄さんかと思っていたら、優しい好青年でした。
いやー、私が親戚のおばちゃんだったら、知り合いの美人の娘さんに
片っ端から紹介したくなると思います。

ZZさん、その後お仕事できたんでしょうか?・・・・・

ゆらさん、風邪は大丈夫ですかー? 笑ったり怒ったりさせすぎて(^^ゞ
今日あたり寝込んでいないといいんだけど。
ゆらさんのおかげでみなさんと会えて、本当に楽しかったです。ありがとー♪

そして、ねーさん。
あーんなに酔っ払っているのに、すいすい詰碁が解けちゃうなんて、
しゅげーだす。
・・・ってか、何度も見ている自分の本なのに、なんですらすら解けないんだ、私?
[PR]
by poyo25 | 2006-10-23 15:01 | 趣味 | Comments(10)

太郎の修学旅行

太郎が17-18日の日程で修学旅行に行ってきた。
行き先は日光。
美しく紅葉した景色を愛で、東照宮を見学。
富広美術館で心洗われる絵を鑑賞し、地元のふくべ細工を体験し、
とまあ、充実した学習ができたとのこと。  ・・・・ほんとかいな。

土産話の最後に太郎が言った。
「みんなたくさん写真を撮ってたよ。カメラ持ってなかったのなんて、
オレとY(男友達)だけだったよ(pq)。」
あれま、私、そんなに強くカメラ禁止した覚えはないんだけど・・・。
というか、カメラもってっちゃダメって言った記憶もおぼろだじょ(゚▽゚)アポー
ごみんごみん。

「だけどさ、Yの写真はたくさんあるんだよ。Yのことを好きな某女子が
自分でもパチパチ写真撮りまくったし、S(男子)にYの写真撮ってくれって
頼んだからそっちでもたーくさん撮ってあるんだよ。

ほおおおおお。Yくんはしゅげーね。

オレなんかさー、写真なんてクラスの集合写真だけだよーヽ(*`д´)ノ」

そんなら、Yくんの隣に張り付いて、一緒に写真におさまればよかったのに・・
と思ったけれど、さすがにそれは口には出せなかった (≧m≦)ぷっ!
ごみんね、太郎。ほんとにごみん。


一夜明けて今朝、ニュースで日光の美しい紅葉の映像を見た。
ダーリンまでがすかさず
「お母さんがカメラ持たせてくれていたら、こーゆーキレイな景色を撮れたのになー」
ですと。
いやー、だって、確か先生達がスナップ写真を撮ってくれるはずだと思ったから・・・。
それに、太郎のことをこっそり撮ってくれている女の子がいるかもしれないし・・・
・・・・・・・・・・・・そりゃないな・・・・orz

[PR]
by poyo25 | 2006-10-19 23:10 | 学校 | Comments(20)

ぼく、こうちゃんです。4人兄弟の末っ子でーす。
おととい1さいになったんだよo(*^∇ ^*)o

ぼくのいちばん上のゆう兄ちゃんが、次郎君の友達です。
今日は、その3年生の「学年親子親睦会」とやらがありました。
体育館でドッジボール大会をするんです。

ドッジボールって、赤ちゃんのぼくは一緒にできないものなんですって。
お母さんは「どうしよう。おんぶしてするしかないか」と思ったらしいですが、
ぽよおばちゃんが「私がこうちゃんの面倒を見ているよ♪」と大喜び。
(お母さんとおばちゃんは違うチーム)
だけど、ぼく、ぽよおばちゃんのこと忘れちゃったよー。
ろくに「慣らし」がないままに、いきなりよそのおばちゃんに抱っこされて
お母さんが離れていったもんだから、泣いちゃいました

でも、ぼくは可愛い末っ子なので、後をひきずりません♪
お母さんさえ戻ってきたら、おばちゃんたちにもとびきりの笑顔を振りまきます。
調子が出てきたら、ちょっとずつお母さんから離れてお散歩なんかもしちゃいます。
ちょっと離れてはお母さんを振り返り、またちょっと進んでは振り返る、
その小さな後ろ姿が可愛い♪と大評判。
いたずら心を起こしたお母さんがひとの後ろに隠れたら、
・・・・振り返った後、しばらーく平気そうな顔でお母さんを探していたけど
・・・・やっぱりお母さんが見つからないので
・・・・泣いて急いで戻ってきました。
これまた可愛いと大評判。
だけど、ぽよおばちゃんは見たそうです。
実はぼくの目には涙がなかったことを♪(*^-'*)>


ぽよおばちゃんは、今日から太郎君の修学旅行だとかで
早起きしてお弁当を作ったもので、眠くてぼーっとしていました。
でも、その割にはドッジボールは楽しかったみたいです。
見事に相手からのボールをキャッチしたときもありました。
次郎君の友達にも「次郎のかーちゃん、やるねー」と言われていたそうです。
だけど、当のおばちゃん本人はそれを覚えていないんですって。
・・・・これって、
 1. 無意識にファインプレーができるほど、ぽよおばちゃんの運動神経が良かった
 2. そんなことも覚えていないほど、本格的にボケが始まった(゚▽゚)アポー
どっちなんでしょう????
[PR]
by poyo25 | 2006-10-17 23:44 | 学校 | Comments(10)

コンビニ飲み物

この間、太郎の模擬試験に付き添った時、会場の近くのコンビニで飲み物を買った。

ふと目に付いて買ったのが「酸素水」
おもしろそうなので、自分のために購入したのだが、これから試験を受ける太郎にも
一口飲ませてみた。頭の中がすっきりするかもよ♪

太郎が一言。
「夏休み明けの学校の水道水の味。」

またまた、そんなこと言って、お母さんをからかってー。困った子だねー。
・・・自分で飲んでみたら、太郎の言うとおり(゚▽゚)

いつもはものしゅげー退屈な3時間あまりを過ごす保護者控え室。
だけど、この日は偶然塾で同じクラスのお母さんとおしゃべりして過ごすことができた。
なのに、初対面の人を目の前に、まずそうな顔をしながら水を飲んでしまったわたくしw
しかも結構な量(490ml)なので、初対面の人を前に度々トイレに立ってしまったわたくしw
・・・・(ー”ー;)・・・・・


ちなみに太郎のお気に入りは「午後の紅茶」。しかもできたら「スペシャル」。
こんなもん、高い上に砂糖がしこたま入っているので、めったに買ってやらないのだが、
このような場合だけはご褒美半分で購入する。

 太郎「あー、午後ティーはうまいなー。なんか特別な味がするんだよなー♪」
 私「"特別な味"って、"紅茶の味"なーんて言わないでよね(≧▽≦) 」
 太郎「・・・(絶句している)」
 私「まさか、本当に"紅茶の味"って言おうとしたんじゃないでしょうね????」

太郎君。たまに母は君の事を「なかなか鋭い♪」と思うこともあるけど、
それより「だ、大丈夫か?」と心配することのほうがしゅげー多いのだよ(pq) シクシク
[PR]
by poyo25 | 2006-10-16 23:17 | Comments(14)

太郎の連合運動会

連合運動会とは、この地域の6つの小学校の5-6年生が一堂に会し、
学校の名誉をかけて戦う運動会のこと(←大げさ)。

太郎は、個人種目は走り高跳びに出場し、・・・
・・・・・ま、自己ベストだということだから、よしとしよう。ぱちぱちぱち。


盛り上がるのは、学校対抗のリレーや綱引き。
綱引きでダントツに強いのがA校。
この学校は田舎にあり、かなり学区が広いので、
子供達は通学で足腰が鍛えられてるんじゃないかとの評判。
しかも、なんだかやたらみんな体もでかい。
きっと農家のお子さんが多くて、新鮮な野菜をたくさん食べているからではないかと
勝手に分析(≧▽≦)
帰宅後太郎が「A校対策に最強チームを組んで臨んだんだけど、
どうしても勝てなかったよー」と悔しがる。
あら、意外にこの子は燃えていたのね。

一方、マンモス校で個人種目では好成績連発のB校が、意外に綱引きでは弱い。
こっちはみんなマンション育ちだから、ひ弱なんだよな、と、
これまた勝手に分析v


d0003116_2258151.jpgそんなわけで、今日は太郎だけお弁当。
yunkoさんのまねっこをして
コロッケを揚げるついでに大学芋を作ってみたじょ。
ついでに、りんご(紅玉)も揚げちゃったもんねー。
(みょーに油っぽい・・。未熟なわたくし)


さて、お弁当は作ったものの、麦茶が足りなかった。
「ごめん、小さい方の水筒でいい?」と太郎に尋ねたら、
「いいよ。何か事情があるんでしょ。」だって。
・・・事情というか、いつもの母の(゚▽゚)アポーというか・・・
・・・物分りのいい子でありがたいこった・・・
[PR]
by poyo25 | 2006-10-12 23:15 | 学校 | Comments(12)

毒舌次郎ヽ(*`д´)ノ

夜、私がストレッチなどしていたら、次郎が一言。
「またダイエットするの?」

ぐ、ぐわーん Σ( ̄□ ̄;;;)!!
この短い一言に、「どうせまたすぐに挫折するんでしょ」「しょうこりもなく、また?」という
ニュアンスを感じとったわたくし。
・・・そりゃそうかもなー。
なんたって今年何十回目かのダイエット宣言だもんなー。


さすが次男坊と言うかなんというか、次郎は時々こーゆー鋭い発言をする。
太郎やダーリンだったら怖くてとても言えないような真実
をずばっと言っちまうのだ。

普段は我が家の癒し役を一手に引き受けている可愛いやつ。
私が太郎に火を噴いて怒っている時や(゚▽゚)
私とダーリンが議論(そう、議論なのよ。ケンカじゃないのよーん)している時に、
ある時はさり気なく仲介をし、ある時はさりげなく笑いをとって場を和ませる。
なかなかの気配り男なのじゃ。

・・・実は、そんな役割に疲れてるのかにゃ、次郎君? 
[PR]
by poyo25 | 2006-10-10 23:14 | 家族 | Comments(16)