ぽよよん備忘録

poyo25.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

絵本の原画展

28日のことだが、友人に誘われて絵本の原画展に行ってきた。
「絵本作家ワンダーランド」

実はとんと絵心のないわたくし。普段は絵画展なぞ行きゃーしない。
でも、子供たちと一緒に親しんできた絵本ならとっつきやすいのだ。
だけど、さすがにホンモノの絵の迫力は違う。
油絵だと特に迫力があったなー。
水彩でも、やはり印刷と本物では微妙な色合いが違っていたよ。
わざわざ来た甲斐があったというものだ。

といいつつも、お楽しみは自分達が読んだことのある絵本。
d0003116_015799.jpg











「バムとケロ」で有名な島田ゆかさんは「ぶーちゃんとおにいちゃん」の原画が
展示してあった。
「ひょー。この作者はカナダ在住だってー」だの
「絵の中にさりげなく描いてある小物が可愛いよ」
「こんなのほんとに売っていたら欲しくなるね」
などと、おばちゃん達は芸術とあんまり関係ないところで感心したのだった(゚▽゚)アポー

こういう親しみやすい絵本の原画は、絵本を読む年齢の子供たちに見せたらいいなー、
と思った。
すんなりと本物の芸術に触れられるいい機会じゃないかな。
12月10日まで川越市立美術館で開催されているので、お近くの方はぜひどうぞ♪


ちなみに、この美術館のすぐそばには、元祖ウォーターボーイズで有名な
県立川越高校がある。
バスの中から正門だのプールだのが見えたので、
「きゃー♪ここがカワタカねーっ♪(地元人は「川高」を「カワタカ」と呼ぶ)」
「うちの息子がここに入ったら幸せだわー(埼玉県屈指の男子進学校なのじゃ)」
「きゃー、そしたらぜひ水泳部に入って!私にも文化祭のチケット回して(≧▽≦) 」
おかーさん達は妄想を膨らませちゃったよ。えへへー。


(おまけ: イモちゃん報告)
昨日今日と、イモちゃんはおとなしくバジルのプランターにいる。
どうやら「ここから出ちまったら、もはやエサはない」ということがわかったらしい?
もくもくとバジルを食すイモちゃん。
私の心配は唯一つ、プランターの残り少ないバジルが足りるかということ(pq) シクシク
[PR]
by poyo25 | 2006-11-30 00:37 | 趣味 | Comments(14)

晩秋のイモちゃん

(すみましぇん。今日のイモムシ写真は縮小しておりましぇんm(_ _)m)


あー、そういえば、今年はイモムシ飼ってなかったなー・・・と寂しく思った晩秋の週末。
今年最後のバジル収穫をしていたダーリンが台所で
「(゚〇゚;)おおっ」
と声を上げたので見てみたら、なんとこんなに寒くなったのに、イモちゃんが1匹いたの♪
d0003116_23301999.jpg

既にイモちゃんがいた苗はおろか、家で育てていたバジルはほぼ全部刈り取った後。
どうしよう。こんな10センチほどの枝だけで足りるとは思えない。
かといって、イモのためにわざわざバジルを買ってくる気にはなれないし・・。

とりあえず、イモちゃんがくっついている小さな枝を小さな花びんにさし、
それを、わずかにバジルが残っているプランターに置いて、なんとか飼うことにした。
d0003116_2338076.jpg

(ー”ー;)うーん でも、イモムシって結構歩き回るんだよなー。
心配していたとおり、一夜明けた今日、早速行方不明になっていた。
がっかりしながら探し回ったり、ついでにベランダの掃除をしたりしていたら、
なんといつの間にかベランダスリッパの上にいるではないか!
「あーよかった♪ これからはあんまりうろつき回るんじゃないよー♪」
優しく声をかけて、再びバジルのプランターへ。

・・・でも、明日の運命はわからにゃい。
今年最初で最後の?イモムシちゃん、果たして無事に育つことができるのか????
[PR]
by poyo25 | 2006-11-27 23:41 | 生き物観察 | Comments(8)

タニシの赤ちゃん

この夏、メダカの水草にくっついてきたタニシちゃんが、最近一段とでかくなった。
体長約1.3センチ。殻には縦縞がはっきり見える!(゚〇゚;)
これだけでかいと、つのだの尾(?)だのもよくわかる。
ちょっとカタツムリに似ている感じ。
おたまじゃくしのような口で水槽の汚れを食べてくれている・・・はず。

などと親しんでいたら、昨日、なんと赤ちゃんがいるのを発見!
d0003116_22221287.jpg

今朝よーく見てみたら、なんと3匹もいた。
d0003116_22224928.jpg

親子の図(≧▽≦)
赤ちゃんはまだちびっこい(体長2ミリ程度)ので、一生懸命動いても
なかなか移動できないのが可愛い♪
それでも、しばらく経ってから見てみるとちゃーんと別の場所にいるところがしゅごいよ。

水草にもやもやした汚れのようなものもついているので、余計に水が汚れているような
感じになっている。
でも、このもやもやがタニシの卵だったのかも。
(卵胎生だという話もあるが)
今水を替えたり、水草を洗っちゃったりしたらいけない・・・・かもしれない。

それにしても、いつの間にどうやって卵なんか産んだのかにゃ?
タニシは一匹しかいなかったのに。不思議ふしぎ。

♪♪♪

それで思い出したこと。
子供たちが通った幼稚園では、ヤギを飼っていた。
年長さんが毎日お世話するのだが、太郎が年長になったばかりの頃、
悲しいことにそのヤギがお亡くなりになってしまった。
そこで、某動物園から、その年の春に生まれたばかりの子ヤギをもらってきたのだが、
太郎が卒園して次郎が入れ替わりに入園した春、
なんと驚いたことにその「子ヤギ」が出産してしまったのだった。

出産したのは日曜日の朝。
当直の先生がヤギ小屋に行ってみたら、赤ちゃんが生まれてたもんで、
びっくり仰天して理事長先生に電話した。
電話を受けた理事長、
「だ、誰の子だーっ!?」
と叫んだそうな(≧▽≦)

今回、わたくしも「誰の子だー?」とつぶやいてしまいましたわ。
ちなみに次郎曰く
「タニシもカタツムリと同じでオスメス一緒(雌雄同体)だから、
ひとりで赤ちゃん産めるんだよ(単体生殖する)」
だけどさー、今ぐぐってみたけど、確かに雌雄同体ではあるけれど
単体生殖するという記事は見つからなかったよー。

・・・いったい、誰の子???
[PR]
by poyo25 | 2006-11-24 22:52 | めだかの観察 | Comments(12)

嬉しい贈り物

思いがけない贈り物をいただいたo(*^∇ ^*)o わーい♪
しかもこんなに♪

1. 囲碁問題集

d0003116_2332257.jpg

つくしねーさんと一緒に囲碁を教わっているトトロ先生(仮名)から頂いた。
すごくびっくり。すごくうれしい。
ひょっとして、ねーさんと私とで、あまりにも上達のレベルが違いすぎるので
先生もお困りなのかも(^^ゞ
ありがとうございます。毎日解いて精進いたします。
明日は太郎の模試の付き添いだから、早速持っていこう。
さぞかしはかどることだろうて・・・。


2. 一輪の花

d0003116_23322284.jpg

学校から帰宅するなり、次郎がくれた。
「お父さんとお母さんに、勤労感謝の日のプレゼント♪」
おおーーーーっ♪ 嬉しいにゃー。

ちなみに、学校の近くの植え込みから失敬してきたそうな。
ありゃまー・・・・・今後はあんまりしないようにね♪(*^-'*)>   ←いいんかい、それで?


3. タオルハンカチ♪

d0003116_23324578.jpg

つくしねーさんから頂いたよーん。
私の誕生日祝いと、模試だの受験本番だのに必要だということで。
ありがとう、ねーさん。
泣いちゃいそうなほど嬉しかったです。
この色、この手触り♪ しゅごーく好きです。
お守りとして大事に使います。
早速明日の模試にもって行こうっと。

ねーさんには今日も受験先輩ママとして励ましていただいて、
しゅげー元気になりました。ほんとにほんとにありがとう♪


♪♪♪

すっかり元気になった私。
実は今月はじめに受けた他塾主催の模試の結果がしゅげー悪かったので
太郎は自信をなくし気味、それを見ている私もすっきりしない気分だったのだが、
これで勇気百倍だじょ。
もともと、そこから送られてきた分析シートで腑に落ちないところがあったので、
早速電話して確認した。
すると案の定、外部生の不安をかきたてて、うまく自分の塾の講座を受講させようと
している(としか思えない)巧妙な操作が発覚。

ちょうど、今日の夕方、通っている塾の先生に臨時の面談を申し込んでいたので
その表を持っていき、ここのデータが実はこうだから、何の意味もない表で
いたずらに不安を煽られてしまって悔しい! という報告をしたら、
お母さん、ものすごい突っ込みですね。いやー、これはすごい(≧▽≦) 」
と先生に誉められちゃった(?)(゚▽゚)アポー

もちろん他にもいろいろと有意義な面談であった。
ま、考えようによっては、この時期にスランプが来てよかったのかも。
実はこの面談が本日4番目の「贈り物」だったのかな♪

  
[PR]
by poyo25 | 2006-11-22 23:41 | Comments(8)

個人面談(学校編)

今日は小学校の個人面談。
誰の行いが悪かったのかしとしと雨が降る中、てくてく歩いて行ってきたじょ。

最初は太郎の6年2組。
実は私が今回の面談のトップバッター。
先生が「最初にこいつを終わらせて、あとは心安らかに・・・」
思われたのかどうかは知らにゃい♪(*^-'*)>

それが終わって、修学旅行の集合写真の注文なんかを済ませた頃、ちょうど
次郎の3年3組の面談。
うちの学校は、このように面談だの家庭訪問だのをできるだけ兄弟一緒の日に
してくれるので大変ありがたい♪

なんとか二人とも学校では問題なく過ごしているようで一安心。
おでれーたことに、二人とも学校ではしゅげー真面目に掃除当番しているんですと(゚〇゚;)
先生方にうちの子供部屋の有様を見ていただきたいですわ・・・。


ところで、太郎のクラスでは最近、授業中にプリントなどの課題をし終わって
時間があれば、塾の勉強をしてもいいことになっているんだそうな。
おかげで太郎はずいぶん学校で塾の宿題なんかをこなしているらしく、
家に帰ってからちょっとゆとりが出てきた。
「これからも、受験する子達にとっても安心できるように、
できるだけ学校生活が楽しくなるように配慮します」
という、涙が出るほどありがたい担任なのだ。
どの子にも楽しい学校生活、という意味だけどね)

せんせー、この件でもし校長だの教務主任だのに怒られたら、
このわたくしがこの迫力で弁護いたしますわ♪(*^-'*)>  ・・え、いらないって?
[PR]
by poyo25 | 2006-11-20 22:40 | 学校 | Comments(14)

お靴あれこれ

最近、ウォーキング用のシューズが足に合わなくなってきていた。
歩いた後、必ず右足が痛くなるのだ。
何年も履いているのになー。
・・・いや、何年も履いているから、きっと底が変な風に磨り減ったんだな。

というわけで、新しい靴をおろした。
以前エアロビクス用にしていたお靴(つまり室内用)だが、
最近はエアロビにも行かないので(^^ゞ 外用にしちゃえー。

そしたら、かなり具合がいい。
ソールの形に工夫があるらしくて、かかとで着地した後つま先の蹴り出しまでが
スムーズに行くぢゃないか!
ほー、お靴ひとつで変わるもんだにゃー。びっくらしたわ。
もっと早く変えておけば良かったよ。

エアロビクスをしている時には、さほど「いい靴だ」とは思わなかったので、
やはりウォーキングに向いている靴だったのかも。
(買うときに何を吟味していたのか、自分でもわかりましぇん)


意外に大事な靴選び。
今まで履いていた靴も、実は必要以上に幅の広い靴を買ってしまったのかもしれない。
そういえば、靴の中で足が左右に動いていたなー・・・(ー”ー;)
足は健康の源って言うじゃない?
この年になったら(^^ゞ  これまで以上に気を使わなくちゃいけないのかにゃー、と
反省したのだった。


<おまけ>
d0003116_23273187.jpgいつのまにか私よりでっかくなっちまった太郎の靴。
ふと思いついて、1歳の頃初めて履いたおくつと並べてみたじょー。
うちの子たちは歩き始めが遅かったので、12.5センチ。
それでもこうしてみると、なんて可愛かったんでしょう♪


またしても遠い目になる母。
そして、「ひょー。こんなん履いてたのかー!」と驚く太郎(≧▽≦)
[PR]
by poyo25 | 2006-11-18 23:30 | 健康 | Comments(19)

今頃衣替え

子供達の衣類の衣替えをした。
と言っても、冬でも半袖を着るようなガキンチョどものことなので、
まだ着られる状態かどうかを確認して、
太郎→次郎に下げる または 処分する しかない。

しかも、丸2年ぐらい(大き目のサイズを買うからじゃ)夏も冬も着続けるものだから、
太郎から次郎へ下げられるものもあまりない。
みんなよれよれで色あせてしまっていて、とっても恥ずかぴい状態になっちまっている。


今日は近所のスーパーの大セールの日。
子供服売り場は、なんとほとんどのものが3割引♪
ふと周りを見ると、結構皆さんPUM○だの何だの、お高いものをお買いになられている。
このPUM○というやつ、なぜか私の周囲の小学生男子には絶大な人気を誇るのだが、
憎いことに他のスポーツブランドに比べてやたらに高い上にあまり値引きしない。
我が家ではめったに購入しないブランドなのじゃ。

実はわたくし、服にお金をかけるのは趣味ではない。
自分の服だって高級品なんか買わないし
(そうよ、そうなのよ! ダーリンしっかり読んでねー)
特にガキンチョ小学生なんて、動きやすくて清潔感があればそれでいい。
だから、たまに「やたら高い服」だの、「おしゃれなんだけど、動くのに不自由そうな服」
を着ている子を見ると
「なんでこんなもん買うのか?」と不思議になってしまう。
まあ、考え方は人それぞれなので、そういうお子さんのお母様から見たら
うちなんか「なんで子供にあんなに貧乏臭い格好をさせてるんだろう?」
思うんだろうなー(≧▽≦)


こんなことを考えつつ、子供の引き出しを整理した。
出るわ出るわ、処分品の山!
大きなゴミ袋がみるみるいっぱいになっていく。
不思議なことに、一旦ゴミ袋に入ったら、もはや「立派なゴミ」にしか見えない。
よくこんな雑巾みたいなTシャツ着てたなー、じゃない、着せてたなー、
と感心したのだった。
・・・・もうちょっとこぎれいな格好させたほうがいいか、やっぱり・・・(^^ゞ
[PR]
by poyo25 | 2006-11-17 00:34 | お家の仕事 | Comments(18)

4連休ヽ(*`д´)ノ

この週末、普通の人々にとってはただの土日だったが、
うちの子たちは臨時の四連休だった。
土曜日に合唱発表会があり月曜日がその代休。そして今日は「埼玉県民の日」。

そもそも合唱発表会なんて、何年か前までは平日に行われていたのに、
なんでまた土曜日になんか移したんだろう?
ただでさえ授業時間が少ない、と言われているのに、時代に逆行しているじゃないか。
わざわざ四連休を作るなんて、先生達が旅行にでも行くためかい?ヽ(*`д´)ノ

・・と文句を言いつつも、ダーリンと一緒に観に行った発表会。
太郎にとっては最後の合唱だもんね。
6年生にもなると、声変わりしている男子もいて、なかなか大変そうだが、
さすがに一番ぴしっと集中していた・・・・ような気がする(親バカ)。


翌日、日曜日。
某男子校の説明会に行ってきた。
いやー、すし詰め状態の会場ではメタボリックなお父さん二人に挟まれて窮屈だったし、
なんだかみんな怖い顔しているし(^^ゞ
たまに参加している子供たちも、参考書片手につまんなさそーな顔してるし・・。

妙に疲れて送迎バスを降りたら、ちょうどそこの駅前公園で
うちの子たちが通っていた幼稚園がバザーを開いていた。
懐かしくなって立ち寄ったら、次郎の友達やそのお母さんはもちろん、
太郎の友達だの、元婚約者(≧▽≦) だの、そのお母さんだのにたくさん会えた。
(ねーねー、太郎くん。君の元婚約者はなかなかの美人に成長していたよー♪)
それにそもそも幼稚園のバザーなので、参加しているママたちも若くて溌剌としているし子供たちも無邪気で可愛いもんだ。
おかげでリフレッシュできたよ♪


次、月曜日。
日曜日に、寒風吹きすさぶ中半そでで遊んでいた次郎が風邪を悪化させたため
謹慎を命じた。
太郎はおべんきょー、私は添削、次郎はつまんなーい一日(≧m≦)ぷっ!


そして今日、火曜日。
うってかわってうららかなお天気。
あんまり暖かくて気持ちいいので、「過去問しなくちゃ・・」とぶつぶつつぶやく太郎と
風邪がよくなってきた次郎を引き連れて、近所の公園へ。
子供たちがサッカー遊びをしている間、私はウォーキング。
いつも県民の日には3人で出かけていたのに(科学館とかその程度だけど)
今年はなんだかそれどころじゃなかったもんね。
でもまあ、いいよね。こうしてのんびり遊ぶのも。

今気付いたけれど、来年は太郎も中学生。
もう私と一緒になんか出かけてくれないよなー。
うーん、実はこれが最後の「なかよし県民の日」だったのかにゃー・・・・しみじみ。
[PR]
by poyo25 | 2006-11-14 17:44 | 家族 | Comments(14)

豪華ランチ♪

昨日は、半年ぶりぐらいの同窓会。
学生時代のテニスサークルの仲間5人でランチなのだ♪
場所は恵比寿ウエスティンホテル内、THE TERRACE
ランチビュッフェだったのだが、
いやー、食べ放題でこれだけ「どれをとってもものしゅごーくおいしい♪」
という経験は初めてだったわ。
前菜、メイン、スープ、どれをとってもおいちい。
さらに、デザートが・・・・ああ♪上品でしゅばらしい♪
ダイエットなんてどこか吹き飛んじゃったよ。
「このメンバーで気なんか使う必要もないし」といいつつ、
みんなでとことん堪能したのであった。

約20年前はぴちぴちの(←ばばくせー言い方)女子大生だった私達も、
今では寄るとさわると「健康」の話題ばかり(≧▽≦)
昔一番テニスがうまかった2人が、揃ってテニス肘だのテニス肩だのになってしまって
一人はリタイア、一人は療養中なのが悲しいところ。
私も最近「また、テニスしたいなー」などと思っていたけれど、
やめといたほうがいいってことかにゃ???(゚▽゚)


一番感動した話。
テニス肩になっている友人は、サークル内結婚で、夫婦揃って体を動かすことが好き。
なのに、可愛い一人娘はどちらかというと運動オンチ。
その子がたった一度だけリレーの選手に選ばれたのが幼稚園の頃だったそうな。
いつも練習の時に決まって2人の子に抜かされてしまうので、
子供心にひどくプレッシャーを感じた娘が「ようちえん、いきたくない・・・」と言いはじめた。

そこで友人が言った言葉が
「大丈夫。運動会本番なんて、何が起こるかわからない。
バトンを落とす子もいれば、転んでしまう子もいるはず。
だけど、あなたは大丈夫。絶対に"本番に強い女"なの。
ママも昔から本番に強かった。だから、ママの娘のあなたも本番に強い。
練習の時にいくら抜かされたって別にいい。大事なのは本番よ。
あなたはただ、バトンをしっかり持って、転ばないように走りなさい!」

そして、運動会当日。
いつものように、小さい体で頑張って走る娘の後ろから、やたらでかい子が二人
すごい勢いで追い上げてくる!
・・・・と思ったら、なんと、ほんとにその二人が転んじゃった(゚▽゚)
見事に走りとおしたその娘さんは、以来すっかり自信をつけて
「私は"本番に強い女"だから♪(*^-'*)> 」
と言っているそうな。

うーん、すごい! しゅごいよ、Gちゃん。
以前からただものではないと思っていたけれど、
20年、もとい、入学以来四半世紀お付き合いしてきて、新たな発見だよ。
これは頂きます。太郎と次郎をこの手で洗脳してやろうじゃないか♪


すっかり元気に上機嫌になって帰宅したわたくし。
なんというか、おいしい料理とケーキでフォアグラ状態だったので
夕食を作ったものの、とてもじゃないけどお腹に入らない。
次郎に「ぼく達が"食べられない"っていうと怒るくせに」と叱られちゃった。
ごみんねー(^^ゞ
[PR]
by poyo25 | 2006-11-10 11:31 | Comments(18)

個人面談(塾編)

今日は太郎の塾の個人面談。
クラス担任の先生と1時間あまりお話した。
内容は、1月校を含めた志望校の確認とか、今後のスケジュールとかが主だ。

最後の先生の話が印象に残った。
「この塾は、上のほうは現場の声をよく聞いてくれますし、他の塾と違ってあまり
営利追求ではない感じなので、働きやすいです。
自分としてもやはり、営利第一ではなくて、子供を教えることでその子が伸びていく
のを見るのが嬉しくて、この仕事をやっています。」


本当に太郎はお世話になったらしい。
さすがプロというか、ものすごくたくさんの子供たちを見てきただけのことはあって、
その蓄積された知識というか、ノウハウはすごい。
時には泣かされたりしながら、太郎は精神的にも鍛えてもらったが、
それはやはり、底に教育に対する情熱があり、確かな知識に裏づけされて
いるということを、子供が感じ取って、先生を信頼しているからなのだろう。

よい先生に出会えて、それだけでもこの塾に通った意味はあったのかも・・。


おっといけない、こんなにしんみりしている場合じゃないよ。
受験まであと2ヶ月(○玉県は1月から開始)、これからなんだから(^^ゞ

本日のアドバイスは
「我慢できないこともあるでしょうが、ここまできたら、
子供をおいつめるような叱り方はしないで下さいねー」
ですと。(゚▽゚)

先生方になついている太郎は、結局は同じことを言っているのに、
親の言うことは素直に聞かず、先生の言うことなら熱心に聞く。
それを言ったら、先生は
まだ今のうちは、教師の言うことを聞く年頃ですね」
と笑っていたが、
それはそのうち、先生の言うことも聞きゃーしない状態になるっつーことですね?
・・・そしたら、どうするべ?
[PR]
by poyo25 | 2006-11-09 00:00 | Comments(24)

夫と社会人1年目・大学2年の息子達の4人家族。「転んでもただでは起きない!」がモットー、物忘れひどし(゚▽゚)  息子たちはそれぞれひとりぐらし中。


by poyo25