夫と社会人1年目・大学2年の息子達の4人家族。「転んでもただでは起きない!」がモットー、物忘れひどし(゚▽゚)  息子たちはそれぞれひとりぐらし中。

by poyo25

<   2007年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

昨日が塾の最終授業だった太郎。
なーんか遅く帰ってきたと思ったら、興奮している。
「いやー、よかった! みんなでこんなに頑張ってきて、本当によかった!」

別に先生が感動的なスピーチをした訳でもなく、何か特別なことがあったわけでもない、
・・・らしい。いまひとつよくわからない太郎の話。
(おい、そんなんで国語の記述は大丈夫なのかい?)

でも、なんとなくわかるような気もするよ。
君達は本当によく頑張った。
クラスが変わったり、残念ながら塾をやめたりするお友達がいたりして
結局最後は8人になってしまったクラスだけれど、
その分、苦労を共にした感慨は大きいんだろうな。
「O(帰り道が一緒になる子)とは、最後に二人で"頑張ろうな"って話してたんだよ」
そっかそっか。
第1志望は違うけど、みんなそれぞれ精一杯実力を発揮して欲しい。


そういえば、このところ、太郎の表情が妙に落ち着いてきていた。
ちょっと前のようなイライラした感じがなくなったのだ。
先日の試験のあとも、解けなかった問題について
「ここを勘違いしちゃったな。今度から、一目できちんとわかるようにしておかないと」
と分析していた。
以前だったら、「こんな問題出すなんてずるい!」とかなんとか、人のせいにして
荒れていたところだ。
成長したんだね。お母さんはそれだけで嬉しいよ。

「結果はどうなるかわからないけど、いい経験だった」と言った太郎。
お母さんもそう思う。
キミの今の表情を見ていたら、
人事を尽くして天命を待つ
という言葉が浮かんできたよ。
あとは試験の最後の瞬間まで、人事を尽くすだけだね。


おかーさんはとりあえず、明日は映画でも観て時間をつぶしてるからねー♪
(*^-'*)>

私がどこで何を上映しているか検索していたら、太郎が
「えー、試験の間ずーっと "太郎君、頑張ってね♪"ってお祈りするんじゃないの?」だってさ。
んなことするわけないじゃん。6時間近くもお祈りしてたら、その方が怖いよー(≧▽≦)
[PR]
by poyo25 | 2007-01-31 23:38 | 家族 | Comments(21)
次郎が発熱した。

日曜日あたりから、時々咳をしていたので気にはなっていたのだが、
昨夜いつものようにたくさん夕食を平らげ、お風呂に入って、筋トレ(?)をして、
・・・・・急に寝たので驚いていたら、熱が出てうなされていた(゚▽゚)

ぶぁっっっっっかもーーーーーーん!!!
だから、あれほど
「吹きっさらしの日陰で遊ぶのに、半袖一枚になるんじゃない!」とか
「あとで"ねむい"と言うくらいなら、朝5時半に起きるんじゃない!
どうせ勉強なんかちょっとしかしないで、あとは漫画読んでいるくせに!!」とか
注意してたのに、ききゃーしないから!

太郎にうつしたらどうすんのよ。
潜伏期間が3日とすると、ばっちり2月1-3日あたりに発症じゃん。
ほんとにもう、腹が立つったらありゃしないヽ(*`д´)ノ
鬼母といわれようが、この腹立ちはおさまらんじょ。

よりによって、かかりつけの小児科は今日休診日。
熱は37度半ば、いたって元気。
(ー”ー;)うーん インフルエンザではないってことかにゃ?

ぷりぷりしながらも、熱でちょっと弱った次郎の顔を見ると
「よしよし」と頭の一つもなでてやる。
我が家では誰かが発熱しないと登場しないりんごジュースも買ってきたよ♪

だから、早く良くなってね、次郎君。
全力で治すんじゃよ! わかったかい!!ヽ(*`д´)ノ  (←脅し?)
[PR]
by poyo25 | 2007-01-30 18:06 | 家族 | Comments(16)

にぎやかな連絡メモ

今朝、子供部屋を掃除していて発見した1枚の連絡メモ。
太郎がこの間受験のために学校を欠席した日に、
クラスの同じ班の子が書いてくれたものだ。
その日の授業の内容だの、連絡事項だのが書いてある。

それがまた、やけににぎやか。余白という余白に
ぽよ(苗字を省略した、太郎の呼び名)、受験頑張れ(^0^)/」だの、
「A(班の男子の名)が"ぽよーぽよー"とうるさいから、早く帰ってきて」だの
いろんなことが色とりどりのペンで書いてある。
(注:太郎の班は女子4名・男子2名なので、太郎がいなくなると、相方のA君は
 女子に囲まれて大変なんだとさ(≧▽≦) )

よかったね、太郎。みんな応援してくれてるんだね♪
微笑ましく思いながらなおも読んでいったら、

「今日は○×△□(学校名)でしょ。がんばれー」

なんで受ける学校名まで知ってるの? しかも複数の子が(゚▽゚)

そういえば、太郎ってば「オレは別に受験のことは隠さないよ」って言ってたなー。
今回だって、欠席届の紙を提出するのを忘れてしまっていたのだが、
「ちゃんとスケジュールは口頭で伝えてあるから大丈夫だよ」などと言ってた。
・・・この分だと、伝えてあるのは先生だけじゃなくて、クラス全員なんじゃないか?
・・・なんておとろちいことを・・・・(o_ _)o~
・・・落ちたら恥ずかぴーなんてことは考えないのかね?

まあ、別に悪いことをしているわけじゃないからいいけどさ。←母も開き直る


♪♪♪おまけ♪♪♪

その○×△□の受験の前日に落っことしちゃったお守りだが、
なんと早くも今日返ってきた♪
マンションの中にあったらしくて、落し物として届けられていたのだ。
嬉しいなー。
拾ってくれた方、どうもありがとうございます。
そして、神様、戻ってきてくださってありがとうごじゃいます。
どうぞもうひと頑張り、お願いいたしましゅ・・・♪(*^-'*)>
[PR]
by poyo25 | 2007-01-29 20:33 | 学校 | Comments(14)
昨日は太郎の2校目の入試だった。

その前日から、何だかやたらぼろぼろ落としまくる太郎。
まずは、お守り
太郎の塾用リュックには、合計4体のお守りがじゃらじゃらしていた。
この際、神様方にタッグを組んで守っていただかなくてはならんのじゃ(^^ゞ
このお守り、ちょっと危なっかしいつけ方をしていたところ、
よりによって入試前日に1体落っこちてしまったのだー(o_ _)o~

次に、電車の切符
受験校の最寄り駅について、さあ改札を出ようとしたら、にゃーい(゚▽゚)アポー
駅員さんにもう一度お金を払っていたら、太郎の情けない顔を見た駅員さんが
「今日試験なんでしょ。気にしないで頑張ってね」
と声をかけてくださった。ちょっと嬉しい♪

学校まで歩きながら、
「ま、いろんなものがあなたの身代わりになってくれたから、大丈夫よー♪」
などと声をかけ、現地到着。

しゅ、しゅげー!!
何がしゅごいって、塾の先生の山がしゅごい!
こりが花道(?)ってやつなのねー。
おおっ、e●aだの、関西系N学園だの、実物(?)を初めて見たじょ。
●アカはやたら多い。事務のおばちゃんまで総動員か?
いやいや、これは見ものでしたわ。絶対ブログに書こうと思いますたっ。
ぼけらーっと見ていたら、私だけ太郎の先生達に会えずに通り過ぎてしまった(^^ゞ

試験終了後、出てくる時も大変っ。
何しろここは、首都圏でも屈指の受験者が押し寄せる学校らしくて、
塾の友達もたくさん受けているはずなのに、結局番号の近かった一人としか
会えずじまいだった。

その友達と一緒にお昼ご飯をたべようねー、と約束しつつ、最寄り駅の改札を
出たとたん、
最後には手袋を片方落としたやつがいる。太郎、キミのことじゃヽ(*`д´)ノ
でも、同じ受験生らしい子にすぐに拾ってもらえてよかったね♪



そんなこんなでずいぶんどきどきしたが、なんとか合格しましたー。
ありがとうごじゃいます。身代わりになってくれたモノたちのおかげでごじゃいます。
いや、お守りはモノじゃなくて、神様だね。
残る神様は3体。残る学校も3校。一人一校よろしくお願いいたしましゅ・・・。
・・・なんか違う?
[PR]
by poyo25 | 2007-01-26 17:38 | Comments(30)

出願ラッシュ

毎年、半ば揶揄するニュアンスで語られる、中学入試の出願風景。
私だって、
「番号で合格するわけじゃないんだから、絶対に早起きして並んだりしないもんねー」
と思っていた。

しかし、塾の先生に言われたとかで、太郎が少々気にしている。
「当落ライン上の場合、番号が若い方が有利、ってこともあるらしいよー」とか
「記述が多い場合、番号が後ろだと、採点する先生が疲れちゃって不利らしいよー」
などなど。
(ガキんちょなので、番号が早いほどえらい、と思っているフシもある)
それでも、「んなバカなっっ!」と相手にしていなかったのだが・・。

あんまり大きい声で言えないけれど、おとといの朝方、
2月校全敗(ぐわーん)の夢をみちゃったのだ。
なんだか太郎に申し訳なくて、せめて願書ぐらい早く出してやるかと思った次第(^^ゞ

とはいえ、始発に乗って走る、なんてことはできにゃいし、する気もにゃい。
結局、受付開始1時間前の朝8時すぎに、第1志望の学校に到着した。

土曜日のせいか、やたらにお父さんが多い。ざっと見たところ、3/5から2/3は父だ。
ずらーっと並んだ保護者の列は、オヤジ比率が高いせいでしゅげー地味
暗いというか、殺風景というか、余計に会場が狭苦しいというか(≧▽≦)

今日出願したのは第1志望から第3志望までの3校。
志望順に回ったので、山手線を行ったりきたり。
(ちなみに、逆向きの電車に乗ること1回(゚▽゚)アポー
まさかこんな時にまでやらかすとは思わなかったよ・・・)

ま、とにかく(比較的)若い番号をゲットできた。
番号にこだわるばかばかしさと、夢を気にするばかばかしさを
これで相殺できた・・・・・・かにゃ? え?倍増?
あとは太郎君、キミの頑張りしだいだね♪(*^-'*)>  ←結局無責任
[PR]
by poyo25 | 2007-01-20 18:04 | Comments(18)

次郎の睡眠薬

またまた次郎ネタ。

お楽しみ、寝る前の読み聞かせは、最近ずーっと「ファーブル昆虫記」。
なんとダーリンが昔読んでいた本を実家からもらってきた、年代ものじゃ。
黄ばんだページをめくりつつ、一日あたり10-15分程度読んでやっている。
私もちょうど今の次郎の年頃に何度も繰り返し読んだ本なので、懐かしい。

んがっ!
次郎ってば、聞いているうちに眠っちゃう。
だから毎日の読み始めには、どこまで記憶に残っているかを
確かめる作業が必要なのじゃ。

昨日のこと。
6-7分読んだところで、ちょうど切りよく1つの話が終わったので
「おやすみなさい」にした。
しかし昨日に限って、なぜか次郎は眠れなかった。
いつもは9時過ぎには眠るはずなのに、10時になっても「眠れないよー」と
ぴーぴー泣く始末。
おみゃーは寝ぐずりする赤ちゃんか!? ヽ(*`д´)ノ

腹は立ったが、しょうがないので、もう少し「ファーブル」を読んでやることにした。
そしたら、
・・・・1分で寝た。

早っ! はやすぎっ!!

そういえば、次郎はこの本、決して自分では読もうとはしない・・・・。
他の本、例えば「ブレイブ・ストーリー」の時には、寝ちゃうなんてことなかった・・・。
次郎君、キミ、ひょっとして、ファーブル昆虫記は嫌い??
それとも、私が毎週NHK杯(囲碁)見ていて熟睡するようなもの??
「楽しい」と口では言いながら、実は催眠効果抜群ってやつ? (゚▽゚)アポー
[PR]
by poyo25 | 2007-01-18 23:14 | 家族 | Comments(12)

次郎の恋?(≧▽≦)

3年生の次郎のクラスには、男子に大変人気のある女の子がいるんだそうな。
「Aちゃんのことを好きな男が5人もいるんだよ。
 そのうち2人は僕知ってるけど、"誰にも言わない"って約束だから、
 お母さんにも言わないよー」
ほうほう、そうかそうか。そりはよかったね。

実は次郎くん、去年、同じクラスのある女の子と仲良くしていて、
絶対チョコレートをもらえると確信していたのにもらえなかったという、
ひじょーに悲しい経験をしてしまった。
以来、自分に関しては「女なんかきらいだ!」というスタンスを取り続けている。
その割には、他の子たちの動静には興味がある様子だにゃ(≧m≦)ぷっ!

ところで、3学期になって次郎は「窓係」になった。
(窓の開閉に責任を持つらしい。そんな係があるのかとびっくら)
保護者用に書かれたクラス便りに、その係一覧が乗っているのをチラッと見た次郎、
「?・・・・ああ、「」じゃなくて「」係か・・・・・・・」
とつぶやいた。

どこの小学校に「係」なんてあるんだー! (≧▽≦)
・・・キミ、まさか、またこりもせず「恋」をしてるんじゃないだろうね???
[PR]
by poyo25 | 2007-01-16 23:15 | 家族 | Comments(22)

なんとか・・

昨日の受験校、今日の午後発表がありました。
校内掲示に先駆けてネット発表。
それが、なかなか繋がらにゃいヽ(*`д´)ノ
パソコンの「更新」ボタンを連打しつつ(爆)待つこと何と30分。
最初の異様なまでの緊張感がどっかに飛んでいってしまい、
私や子供達が目を離した瞬間に出てきますた。「合格」のお知らせ。

胸の中になにやらどよーんと溜まっていた澱が溶けたような気持ちです。
皆さんの励ましのおかげです。ありがとうございます。

早速手続きに行った学校に手袋を片方忘れてきて、
取りに戻ったこともいい思い出でしゅ。
いいんだもん。何度もバスに乗れて楽しかったもーん(゚▽゚)アポー

さあ、太郎には安心してもう一頑張りしてもらおうではないか♪
[PR]
by poyo25 | 2007-01-13 18:31 | Comments(28)

お受験レポート1

いつの間にかやってまいりました、太郎の中学入試本番、その1。
今日は地元の男子校に行ってまいりました。


「こんなに近いのに、なんでこんなに早く起きなくちゃいけないんだ?」と
ぼやきながら、5時半起床。
洗濯機をがらがら回しながら朝ごはんの支度をする。

(余談だけど、2月1.2.3と連続で入試だ。もっと朝早く起きて、もっと早く洗濯するの?
それとも、前夜に洗濯を済ませてお風呂場に干しておけるように、
毎夜激務で帰宅が深夜になるダーリンに、早く帰宅するようお願いするべき??)

(さらに余談だが、いつもは母が寝ている間にのんびり勉強する次郎だが、
今日は私が、よせばいいのにうっかり口を出したせいで
(だって全然違うこと書いてるんだもん)
「わかんない!」と泣き始めてしまい、早朝から修羅場になっちまった・・・・。
2月1-3日には、ぜひとも次郎君には朝のおべんきょーをしないで欲しいものだ
(゚▽゚)アポー)


いやー、かねがね噂には聞いていたけど、すごいもんだす。
しゅげーたくさんのガキとおばはんお子様と保護者!
幸い、バスをおりたらすぐに太郎の塾の先生方に会うことができて一安心♪
さすが地元というべきか、太郎のクラスの先生は2人とも来て下さっていた。
先生いわく、「この学校ではみんな(塾の先生達)は比較的おとなしいですね。
他のところだと、もっとお祭り騒ぎっぽかったです」とのこと。
ひょー・・・・。

試験が終わって子供達が出てくるのも一苦労。
ずーっと見ていたら、見覚えのあるお母さんだの子供だのの顔がたくさん。
太郎の塾のクラスの男子は全員受けたそうだし、小学校のクラスメートにも会ったし、
果ては幼稚園で同じクラスだった子にも会っちゃった。
この辺で中学受験する男の子はほとんど全員来ていたのか?というくらいの繁盛ぶり。
さすが地元じゃ。

連れ立って帰る親子を見ているとなかなかおもちろい。
同じ6年生といえど、次郎と変わらないくらいの小さい可愛い子もいれば、
高校生みたいなおっさん(失礼)の風格が漂うお子さまもいる。
そのおっさんみたいな子に頬ずりせんぱかりのお母さんもいれば、
試験が終わったばかりだというのに
「そんな問題がなんで解けなかったんだ! 
ぎりぎりで合格なんかしてもお父さんは誉めてなんかやらないからな!!
とお子さまを罵倒しまくる父親もいたそうな。

ずいぶん緊張して、終わった後も少しぴりぴりしていた太郎だが、
帰る途中に同じ塾の友達と会えて、お昼ご飯まで一緒にできたので
ずいぶんリラックスできた様子。
でも、寝る間際に私が「結果のことを考えるとドキドキするねー」と言ったら
「それを言わないでくれえええええΣ( ̄□ ̄;;;)!!」
だって。そうか、一番心配なのはキミ本人だよね。ごみんごみん。
[PR]
by poyo25 | 2007-01-12 23:04 | Comments(8)

気の毒な冥王星

こんなニュース見つけますた。

06年の言葉大賞に「冥王星にする」=降格への反感転じて新語に-米方言学会
米方言学会は8日までに開いた年次総会で、2006年に最も注目を集めた新語を選ぶ言葉大賞に、冥王星の惑星からの降格をきっかけに「評価を下げる」という意味で動詞的に使われるようになった「プルート(pluto=冥王星にする)」を選出した。

ということだそうだ。

どわっはっはっは!
おかしー。
日本でも「冥王星が惑星でなくなるのは寂しい」という議論はあったようだけど、
さすがアメリカ、冥王星には思い入れがあると見える。
(惑星のうち、アメリカ人が発見したのは冥王星だけなんだそうな)
「可愛さ余って憎さ100倍」ってか?
それにしても勝手にこんな言い方しちゃって、当の冥王星にはなんて気の毒な(≧▽≦)

明日太郎に教えようっと。楽しみー。

<参考>矮惑星降格ネタ
[PR]
by poyo25 | 2007-01-10 00:09 | Comments(20)