<   2007年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

さよなら、メダカちゃん

実は一昨日のことなのだが、
うちのメダカちゃんがお亡くなりになってしまった(pq) シクシク
朝、いつものようにごはんをあげようとしたら、いない。
次郎と二人で捜索したところ、水槽の底にひっそりと沈んでいたのだ。

このメダカは2年前、次郎が某塾の理科体験教室とやらに行ったときに
もらってきたものだ。
教室では今にも孵化しそうな卵(実際、見ているうちに孵化したのもいたらしい)を
観察して、終了後は家に持ち帰って育てたのだが、
何個かあった卵のうち、全部が無事に孵ったわけでもないし、
その後もせいぜい1年程度でどんどんお亡くなりになっていった。

メダカの寿命がどの程度なのかはわからないが、
たぶんこの子はかなり長生きしたのではないかと思う。
 たった1匹で寂しかったかな。
 タニシはいたけど、友達にはなれたかな。
次郎と二人で近所の公園の紫陽花の根元にお墓を作りながら
「メダちゃんは幸せだったかなー」とつぶやいたら、
幸せじゃなかったんじゃなーいー? 自然の中で暮らすのが一番だよー」と次郎。
・・・ううっ、お前ってやつは・・・・(o_ _)o~

晩年(?)は動きも鈍り、目や鼻も悪くなっていたのではないかと心配していたが、
それでも、私が「ごはんだよー♪」と声をかけてエサをまくと
口をパクパクさせて大喜びしていたものだった。
天国でもたくさんご馳走があるといいね。
今度はお友達と一緒に仲良く食事してね。

ちょっとしんみり想う夏の夜であった。
[PR]
by poyo25 | 2007-06-27 22:52 | めだかの観察 | Comments(16)

片付けられないオトコ達

↑というタイトルでアップしようとしていたネタ。
まずはこれ。次郎の作品箱じゃ。
d0003116_23301083.jpg

情熱の赴くまま、次郎がせっせと創作した作品の数々。
作ったそばからゴミ創造主以外の凡人には理解不能の芸術品(≧▽≦)
毎日毎日創作なさるので、どんどんたまってこのとおり。


お次はこれ。太郎の作品??
d0003116_2330281.jpg

A: 受験時代の塾のテキスト。
以前アップしたが、2年間の塾通いでたまったテキスト、プリント類は
積み上げると太郎の背より高くなっていた。
血と汗と涙と思い出の詰まったこのテキスト類。
何度も捨てようとしていたのに、太郎がどーしても捨てちゃやだ! と言い張るので
なんとなーくそのまんま太郎の机の横に積んでいたのだ。
ところが最近はこのていたらく。
単なる物置台になってるじゃないかヽ(*`д´)ノ

B. ハンガー
その物置の上に毎朝置き去りにされているハンガー。
太いハンガーは制服のズボン、針金のものはワイシャツのものだ。
針金のハンガーは洗濯物を干すのに必要なので、こうして溜め込まれると
ひじょーに迷惑する。

C. 脱いだパジャマ
・・・・こんなところにほっぽらかしてあるのは、洗濯してやらないよー!

D. 脱いだズボン
夕方帰宅して、制服を脱いでからお風呂に入るまでの間着ていたやつ。
汚れてはいないのだが、こんなところにこんな風に置いとくのはいかがなものか。

「片付けないと、この有様を写真にとってブログにアップしちゃうよヽ(*`д´)ノ」
と言うと、慌てて片付けるのだが、ノドもと過ぎればなんとやら・・・。
こんなごみため部屋にいるから、アレルギー性鼻炎が治らないんじゃないかい?



なーんてことを思いつつ、いつ捨ててやろうかと楽しみに悩んでいたところ、
チャンスは偶然やってきた。
太郎の中学の友達が遊びに来るという。

「えー、あいつの部屋だってそんなにキレイじゃないしさー、
このテキストは見られても全然恥ずかしくなんかないよ♪普通だよー。」
ほざく言い張る太郎(と、ついでに次郎)に、
「あんたの常識は世間の非常識っヽ(*`д´)ノ」
と檄を飛ばして整理させた。
あーやれやれ、何かきっかけがないと思い切って整理できないもんだねー。

でも、実は資源ごみの回収は10日後。
直接ゴミ収集所に捨てるわけにも行かず、とりあえずダーリンの部屋にテキスト類だの
その他「見られてはまずそうなもの」は全部押し込めたのだが
・・・・偶然にもその部屋をお友達に見られちゃった(。・_・。)ポッ

ま、いいか。
面白い子だったし。細かいことには気がつかなそうな子だったし・・・・(゚▽゚)アポー
[PR]
by poyo25 | 2007-06-24 23:33 | 家族 | Comments(18)

今週のあれこれ

今週はなかなか忙しかった。

まずは火曜日。
先日次郎が受けた「なんとか診断テスト」の結果面談のために塾に行った。
ここは太郎が受験の時にお世話になったところだ。
面談をしてくれたのも、太郎が5年生の時の担任で、よく知っている先生だったので
ひじょーにお気楽に出かけていった。

結果は予想通り・・・・。
なんだこりゃ、こんな点数見たことないよヽ(*`д´)ノ
というような結果を眺めつつ、ひとしきり次郎の愚痴を聞いてもらう。
最後には太郎の中間テストの結果報告までしたりして、
なんだか塾の面談ではなく、小学校の家庭訪問みたいだ(≧▽≦)

お気楽ノーテンキサッカー少年の次郎。
本気で中学受験をさせるなら、NとかWとかに入れてがんがん鍛えてもらう方が
いいのかもしれないが、
いかんせん母に根性がない。
もっとはっきり言えば、朝5時半に太郎のお弁当を作り、
夕方にまた次郎のお弁当を作るなんて生活に耐えられそうにないのだ。

次郎が通塾するのは、お弁当いらずのこの塾しかありえないのさ♪
・・・というわけで、「たぶん秋からお世話になりまーす」と挨拶をして帰宅した。


木曜日。
六本木の国立新美術館で開催中の「モネ展」に友人と行ってきた。

とんと絵心のないわたくしだったが、さすがに本物を目の当たりにすると感動する。
「なんで絵の具だけしか使っていないのに、光って見えるんだろう? 」とか、
「この絵欲しいなー」
「この絵を飾るにはものしゅごーーーく広いお部屋じゃないとだめだねー」
などとおばちゃん丸出しの感想を述べつつ、名画を堪能したのであった。

・・・とはいえ、実は平日なのにものすごい混雑。しかも、そのほとんどがおばさん(゚▽゚)
ゆったり絵画を鑑賞するなんて余裕はかけらもなく、
大量のおばちゃんたちにもみくちゃにされまくってしまったのであった。げっそりだよ。


そして今日、金曜日。
実はここ1ヶ月ほど、わたくしとしたことが胃の調子が悪かった。
さらに、先週末からそれがひどくなって、体全体もなんだかぐったりしていたのだ。
(その割にはよく出かけたけどさ)
そこで思い切って胃カメラを飲むことにしたのだ。

出かけたのは比較的近所の医院。
看護婦さんが「胃カメラは初めてですか? 他の病院でも受けたことはないですか?」と
質問してきたので
「はい。生まれて初めてですー」と答えちゃった。
この年になって「生まれて初めて」なーんてセリフはめずらしい。
なんだかおかしくなって、看護婦さんと笑ったのだった。

ここの医院は、ノドの麻酔だけではなく、軽い全身麻酔(?)もしてくれる。
「頭がぼーっとして眩暈みたいな感じがしたら教えてねー」と先生。
「どう? 頭ぼーっとしてきましたか?」と最初に問われた時には
「うーん、今日はもともと眠くてぼーっとしてるので、よくわかりませーん」などと
ほざいてしまった私(^^ゞ だが、
効いてきた瞬間はよくわかった。
「あ、来ましたきました! 頭ぐるぐるしてきましたっ!」
と言ったのは覚えているのだが、いったいいつ管を飲んだのか覚えていない。
ほえーっとしたまま、先生と一緒にカメラの画像を見て、話を聞いていたのだが、
管を抜く時もずぇんずぇんよくわかっていなかった。

というわけで、いたって楽ちんな胃カメラであった。
結果は、軽い胃炎はあるけれど、気にしなくていいとのこと。
さすがに「んじゃ、今日からビール飲んでいいですか?」とは聞けなかったけどね(≧▽≦)



さあ、明日は太郎の学校の保護者会プラス懇親会じゃ。
懇親会は教室でお弁当を食べながら歓談らしい。
胃にも問題はないことがはっきりしたし、
どんなお弁当でもぱくぱく食べられるってもんだ♪(*^-'*)>
頑張るじょ。
・・・あ、 食べるのが主目的ではないんだったっけ??
[PR]
by poyo25 | 2007-06-23 00:16 | 健康 | Comments(9)

同期ランチ

昨日、大学時代のテニスサークルの友達とランチをした。
年1ペースで行っているこのプチ同期会、今回は自由が丘「仁松庵」
懐石のランチコースに舌鼓をうちつつ、例によってしゃべりまくったのであった。
(注:文中に「子」とか「ちゃん」などという表現が出てきますが、読み流してくださいませ。
「いい年してなーにが"ちゃん"だー」などと突っ込まないように♪(*^-'*)> )



一人が、「最近耳鳴りに悩まされている」という話を始めたのがきっかけで、
出てくるわ出てくるわ、「具合の悪い」話が(≧▽≦)
耳、目、肩、腕、腰、背中、胃、果ては脾臓・・・・。脾臓ってどこよ?
大体、今朝急にキャンセルしてきた子は「背中を痛めた(ぎっくり背中?)」のが
理由だしさ。

「元テニスコートの華(一部ウソ)」の私達だが、
このトシになるとあちこちガタがくるのはいたしかたない(pq) シクシク
まだまだスタイルも抜群で、ミニスカートはいたら人が振り返るような子が
実は一番ぼろぼろだったりするのがしゅごい不思議。

「やーねみんな、何ババくさいこと言ってるのよー!」と一人元気な子は
この中で唯一テニスを続けている。
・・・・だけど、テニス肩が治らずに、毎日痛み止めを飲み続けているそうな。
そんなんでテニス続けていいのかい?


ところで、テニス肩のGちゃんは非常にポジティブな思考の持ち主で、
毎回私は感銘を受けている。
今回の収穫は
「私はいつも"明日死んでもいい"と思って生きてるから」
というセリフ。
明日死んでも後悔しないような毎日を送っている、ということだそうな。
「だから、毎日すごく楽しいわよー♪」
・・・うーん、うまく表せないけれど、これは決して刹那的とかワガママとかいう
話ではない。毎日丁寧に正直にすごしているということ・・・だと思う。

ちなみに、このGちゃんの娘は昔、幼稚園のリレーでびっくりするような幸運を
招きよせて活躍したことがある。
母であるGちゃんが、毎日「あなたは本番に強い」と刷り込んだ結果だ。
その娘ももう高校3年生。大学受験生だ。
あせる様子がまるでない娘に、さすがのGちゃんも心配になって
もっと勉強しなくてもいいのか、と訪ねたところ、返ってきた答えは
「だって私、神様に愛されている女だもーん♪(*^-'*)> 」

「あの根拠のない自信はどこから来るんだろうねー?」と首をかしげるGちゃんに
「あんたからだよ!」
と残り全員で突っ込んだのは言うまでもない(≧▽≦)


次回の幹事を決めて名残惜しくも解散。
「今度は男子も呼ぼうか!」という提案に
「(ー”ー;)うーん それはそれで楽しそうだけど、このメンバーだけの会も続けたいなー。
男子なんかいたら更年期の話とかできないじゃない
という意見が出た。
・・・おばちゃんといえど、一応この程度の恥じらいは残っているのさ♪(*^-'*)>
[PR]
by poyo25 | 2007-06-15 22:30 | 健康 | Comments(18)

尋ねられて

太郎がテニス部に入った
(例え週に2-3回しか練習がなかろうが、例え球拾いしかしていなかろうが)
のをきっかけに、懐かしくなって図書館で「エースをねらえ!」を借りて読んでいる。
漫画なら何でも読む太郎・次郎ももちろん読んでいる。

ラケットがウッドだったりするあたりに時代を感じるのだが、
今でもやっぱり思うのは
お蝶婦人みたいな高校生なんかいるもんかい?
ということ。
昔から疑問だったが、大人になった今、その疑問は100万倍じゃ(≧▽≦)
と同時に、主人公岡ひろみみたいに素直な子もしゅげーーーーめずらしいと思うのだ。



ところで、最近よく道を聞かれる。
特に多いのがウォーキングしている時。
なぜか老若男女問わず、道を尋ねられてしまうのだ。
病院の場所を尋ねるおじさん、スーパーの場所を聞いてくるおばさん、
はたまたゲームセンターの場所を聞くおねーちゃん・・・。

今日なんか、まず午前中に、中学生くらいの男の子が駅の方角を聞いてきた。
この年頃の男の子なんて、よーーっぽどのことがなければ
しらないおばちゃんにモノを尋ねるなんてしたくないだろうに。
よっぽど困ってたんだね(≧▽≦)
さらに夕方には小学生の男の子2人組が「今、何時ですか?」と
時間を聞いてきた。
「ナンパか?」と一瞬思ったぢゃないか

(ー”ー;)うーん なんでこんなに道を聞かれる?
そんなに私ってば地元のおばちゃんの顔をしてるのかしら??

いやいや、ひょっとしたら私ってば親しみやすい岡ひろみのような
雰囲気を漂わせているのかも♪
そーだそーだ♪(*^-'*)>
誰もお蝶夫人にスーパーの場所なんか尋ねないもんなー。
・・というわけで、今度から私のことを「ひろみ♪」と呼んでくださいませ♪
・・・・・・殴らないでー


うっ、苦しいオチじゃ。設定に無理あり・・。
[PR]
by poyo25 | 2007-06-06 23:15 | Comments(26)

新しい試み

1. 新しい家族

d0003116_2219828.jpgd0003116_2394681.jpg













(注: イヌです。豚じゃありましぇん。たぶん。)


可愛いでしょ。
これでも一応ビーズクッションなのだ。
近所のスーパーで「ビーズクッション 3個で980円」に惹かれて
ついつい買っちゃったのさ♪

私が「可愛い、かわいい」とほおずりしていたら、
太郎も次郎も、それどころかダーリンまでもが焼き餅やいちゃって
もう大変。
「ふーん、お母さんはメダカとこいつにだけは優しいんだねーヽ(*`д´)ノ」
すねるあまりか、子供たちはワンちゃんをずいぶん手荒く扱って
私の怒りをかったりしている(≧▽≦)


2. ジムデビュー!

こうちゃんのママに誘われて、近所にできたジムにデビューした。
昨日が初日。
いきなりアクティブヨガ、そしてボディコンバット(格闘技系のエアロビみたいなやつ)と
立て続けにしたら、その日の夜からものしゅごい筋肉痛(゚▽゚)

めげずに今日もアクティブヨガに参加、いろいろ筋トレのマシーンも試してみた。
インストラクターのお兄さんに
「二の腕が細くなるには、どの機械がいいですか?」と聞いたら、
おにーさんってば
振袖ですかー!? それにはこれっすよー」
と明るく教えてくれた・・・・(≧▽≦)


3. 次郎の土曜参観

国語の授業を参観。
教科書の詩を、班ごとに工夫してグループ音読するという授業だった。
次郎たちの班の番、みんなで教室の前に立って発表したのだが、
なぜか次郎だけが教科書を持たずに暗誦している。

「おお、次郎君は暗誦してるんだね。すごいね。」
という声もなかったわけではないが、

・・・・・・私達夫婦は見た。
次郎の机の上にも国語の教科書がなかったことを・・・・・・。

授業参観の日に教科書忘れるなんて、どういうこったい!?ヽ(*`д´)ノ
キミにこそ「心機一転」とか「心新たに」という言葉が欲しかったよ、おかーさんは・・
・・・(o_ _)o~
[PR]
by poyo25 | 2007-06-02 23:05 | 家族 | Comments(18)

夫と社会人1年目・大学2年の息子達の4人家族。「転んでもただでは起きない!」がモットー、物忘れひどし(゚▽゚)  息子たちはそれぞれひとりぐらし中。


by poyo25