ぽよよん備忘録 poyo25.exblog.jp

夫と社会人1年目・大学2年の息子達の4人家族。「転んでもただでは起きない!」がモットー、物忘れひどし(゚▽゚)  息子たちはそれぞれひとりぐらし中。


by poyo25
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2007年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

終わりよければ・・

ふぉぉぉぉ。
明日から9月。
夏休みも今日で終わり。
毎年のことながら、7月中は、まるで地獄が永遠に終わらないような絶望感(大げさ)
に襲われるが、お盆を過ぎれば、というか、自由研究が終われば
あとは一気に流れて行くもんだ。

昨日今日と、私は単発のアルバイト(またパソコン講座のぼんくらアシスタント)で
朝から夕方まで家を空けていた。
子供たちももう大きいので、留守番させておいても大丈夫だろうと踏んだのだ。

夏休み中、さながらサルとイヌのように喧嘩していた太郎と次郎だったが、
意外にも、私がいなければ仲良く協力してお留守番をしてるじゃないか!
なんだかすっごく楽しそう。
私が帰宅した後も、二人して上機嫌で遊んでいるし。
この場合、次郎が太郎のレベルに上がるというより、太郎が次郎のレベルに降りて
しまうのはいたしかたないのだろうか?
サルとイヌ -------→ 子犬のじゃれあい を想像してしまうのは私だけ?(゚▽゚)アポー


しかも、今日はなんと、太郎が家の掃除を、次郎がお風呂の掃除をしていてくれた。
よーしよし♪なんて使える子供たちなんだ!
そういえば、バイトなんかなくても、ゴミ出しだのお風呂掃除だのは子供たちに押し付け
やってもらっていたっけ。
あらま。
2学期が始まったら自分でしなくちゃいけないのか・・・。
そういえば、お弁当も作らなくちゃいけないし、太郎の制服のワイシャツにアイロンも
かけなくちゃいけないんだっけ。
(ー”ー;)うーん 実は夏休みってお母さんも楽ちんだったのかにゃ?????
[PR]
by poyo25 | 2007-08-31 23:05 | 家族 | Comments(12)

次郎の宿題

今年の夏休み、次郎はなかなか忙しかった。
サッカーの遠征合宿(生意気にも(≧▽≦) )が2回、キャンプが2回。
合計15日間も何かしら家を離れていたことになる。

そこで、毎年苦労する理科の自由研究は、昨年よりも早めに手を打ち、
しかも去年よりは手を抜いた(こらこら)ので、めでたく8月前半に完了♪
学校のドリルも完了。チャレン○も完了。
9月から入塾予定なので、それまでの間、勉強はつかの間のお休みとなった。
次郎曰く「自由の女神(゚▽゚)♪」状態だそうな。

ところがっ!
思わぬところに落とし穴があった。
今年、次郎たち4年生には「チャレンジ10」と題した宿題が出た。
1. 部屋の掃除をする(3日以上)
2. 自分の靴を洗う(2回以上)
・・・・・・・といった具合で、10個の課題をクリアするのじゃ。

着々とこなしていった次郎であったが、
いまだにクリアできていない課題がこれ。
「1日中親に口答えしない(5日以上)」

ギャングエイジっていうんだろうか、なんだか最近やたらと反抗的な次郎。
特にひどいのがおべんきょーの時。
字を丁寧に書けとか、見直しをしろとか、そーゆーことを私が言おうものなら
修羅場が繰り広げられる。
毎日毎日おーんなじことで修羅場になるので、おかーさんは大層疲れたよ。

ドリルや自由研究があるうちはぜーんぜんできなかったこの課題。
クリアするとしたら、おべんきょーフリーの今しかない。
なのに、なかなかクリアできないのさ。
しかも、我が家にはオニより厳しい判定員(太郎)がいるし。
ちょっとでも次郎が危ない発言をしようものなら、すぐさま嬉しそうに
「はーい、口答えしたねー。今日もクリアできなかったー♪(*^-'*)> 」
とご指摘くださる・・・。

いい加減面倒なので、ちょっとぐらいの口答えなら見逃してやろうかと思うが、
太郎判定員は許さない。
「オレの時にはそんなに甘くなかったヽ(*`д´)ノ」
ってすねるのさ。

んでもって、次郎の口答えは許さないが、自分は親に口答えしまくり。
「中学でもこういう宿題が出たらいいのになー」と私が言ったら
間髪入れずに「無理」の一言だし。
はあああ。お母さんは疲れるよ(o_ _)o~



でも、それでも、夜になると秋の虫が鳴き始めた。
今週さえ乗り切れば、学校が始まる♪
お弁当を作るのはいやだけど(^^ゞ 、日中は私だけの時間が戻ってくる♪
太郎の減らず口と次郎の口答えを聞く回数も減るに違いない♪
ついでに、夏休みストレスで増えちまった私の酒量と体重も減るだろう・・・・たぶん。

これが「チャレンジ10」だっ!
[PR]
by poyo25 | 2007-08-28 18:06 | 家族 | Comments(16)

キャンプの置き土産

それはたぶんキャンプの最終日の朝のこと。
ダーリン、私、次郎の3人は、脚を虫に刺された。
それも何箇所も。私なんか、右脚だけで30箇所以上だぜ。
しかも、ひとつひとつが腫れ上がってしゅげーーーーーーーーーーーかゆい。
一体何の虫だったんだろう?

親子3人で脚にぽつぽつ赤い斑点ができているのはかなり笑える光景だったが、
まっ先に次郎が回復した。
ダーリンも今朝は「もう大丈夫」と言っている。
なのに、私はまだばりばりに痒い。
なんでよーヽ(*`д´)ノ
次郎が早く治ったのは若くて新陳代謝が早いからなんだろうけれど、
ダーリンのほうが私より年上なのにー。
ってか、私は25歳なのにー(゚▽゚)アポー

なぜか一人だけ無事だった太郎に
「すっげー脚だなー(≧▽≦) 」と笑われながら
今日も薬をぬりぬりするわたくしであった(o_ _)o~
[PR]
by poyo25 | 2007-08-24 11:12 | 健康 | Comments(10)

今年もキャンプ

この週末、家族で2泊のキャンプに行ってきた。
これで3年目、3回目の「オートキャンパーズエリアならまた」
d0003116_22564769.jpg

3回目ともなれば、勝手知ったるなんとやら。
でも、相変わらずキャンプ場のテントをレンタルしてしまう私たち(^^ゞ
テントなんか借りる人はあんまりいないらしい。
よっぽどの初心者だと思ったのか(それは事実だが)、去年も一昨年も
頼んだわけでもないのに、キャンプ場のお兄さん達がテント設営のお手伝いをしてくれて、
あっという間に張り上がったものだった。

なのに今年は、自分達で全部しなくちゃいけなかったのさー。
受付のお兄さんがキャンプ場の説明をしてくれるのを、ダーリンが
「あ、もう3回目ですから慣れていますv」
と言って遮ってしまったのがいけなかったのかにゃ?

まあでも、元々自分ちのテントぐらい自分達で張らなくちゃね。
今年は太郎と次郎がかなり使えたので大助かりだった。
d0003116_22334067.jpg

ペグを打ち込む兄弟の図。
テント設営に関しては、わたくしの出る幕はなかったv


今回は時折雨がざーっと降ってくる生憎の天気。
でも、その分のんびりできたから、まあいいか。
それに、「雨の中キャンプする」なんて、
まるでベテランキャンパーみたいでかっちょいいでしょ?
(え、そんなことない?・・・・やっぱり?)
雨が降らなくても十分に涼しいならまた湖ではあるが、雨がふると余計に涼しい♪
ちょっと肌寒いぐらいだ。
ああ、「肌寒い」なんて、なんて素敵な感覚なんでしょう・・・・♪♪


2日目には、これまた3回目のツインカヌー・トリップ
昨年は次郎が水面に浮かんでいたクワガタをめでたくゲットしたのだが、
今回は、前夜雨が降ったので、クワガタ探しはあきらめた。
(夜中に湖を渡るクワガタのうち、何かの拍子で水面に落ちちゃったやつを探すのだ)

曇り空、というか、時折小雨がぱらつく中を漕いでいった。
今回しゅばらしかったのは、風がほとんどない状態だったので、
湖面が波立たず、まるで鏡のようにきれいに景色が映っていたことだった。
d0003116_22461261.jpg

↑これは次郎。
まだカメラを向ければピースサインを出すw

d0003116_2247296.jpg

↑こっちは太郎。
「写真とるよー」と言ったら「やだよっ!」と背中で拒否する。
思春期ってことかにゃー?(≧▽≦)

クワガタは見つからなかったけれど、今年もオオムラサキの群舞も見られたし、
オニヤンマが沢で産卵する姿も見られた。
それに、太郎も次郎もずいぶん漕ぎ方が上手になったので、
みんなでがしがし漕ぐと早いの何の(゚▽゚)
おかげでおかーさんはずいぶん楽ができたよ♪


なんだかんだで、子供たちの成長を感じられたキャンプであった。
来年も行けるかなー。
行けるといいなー。
・・・でも、来年はテント2張りに分けたほうがいいかもなー・・・。狭いよ(≧▽≦)
[PR]
by poyo25 | 2007-08-20 22:53 | 家族 | Comments(18)

ケンカの原因

次郎が旅立って4日目。
なんだかとっても静かな日が続いている。
先日太郎が「海の家」で3泊いなかった時も静かだったけど、その比ではない。

なんたって、早朝からごそごそリビングで勉強して(それ自体はえらいんだけどさー)
エンピツ落としたり、ごそごそ音を立てたりするやつがいないし、
勉強の面倒を見てやらなくてはいけないやつもいないし
(太郎は勉強に関しては放置なのさ)
夜寝る前に本を読んであげなくちゃいけないやつもいない。

何よりも、一人いないと兄弟げんかがない。
ほううっ。なんて静かなんでしょ。
太郎と二人であーだこーだいいながら高校野球を見るのも楽しい。
おかげで眉間に深ーく刻まれた縦じわが伸びようというもんだ♪


さて、最近の兄弟げんかのネタは「ハリーポッター」だった。
学校の友達とハリーポッターの映画を見に行くことになった太郎が
事前に「不死鳥の騎士団」を読み返していたら、面白くなったらしくて
ついに全巻読み返し始めたのだ。

それを見ていた次郎。
「ちらっと本を見てみたら、面白かった」とかで
こちらは「アズカバンの囚人」から読むことにしたらしい。
(それ以前のお話は映画で見ていたので)

兄弟揃って読みふける光景は、親としては大変微笑ましかった。
大体、うちの兄弟はあんまり本なんか読まなかったから、
「読書をしている」というだけでおかーさんは嬉ぴい♪

なのに、ケンカがおこった。
太郎が「オレの真似してハリーポッターなんか読んでヽ(*`д´)ノ
     次郎はいつもマネばっかり!!」
と怒れば、
次郎は「マネなんかしてないっっっ!」と言い張る。
ま、よくある兄弟げんかのパターンではあるがね。
あんまりしつこくケンカされると、おかーさんはだんだん怒りがこみ上げてくるわけだよ。

んで、まずは太郎を
「うるさーい!
下の子にマネされなくなったら兄としておしまいでしょ!
あんたもお兄ちゃんなら、"ぼくが寝る前にハリーポッター読み聞かせてあげようか?"
ぐらいのことを言ってごらん!!」
ばっさりと切り、返す刀で次郎に
「あんたも、意地張らないで"尊敬する大好きなお兄様に少しでも近づこうとして
 真似して読みました♪"
って言えばいいじゃないの!」
無理なこと言っちまったわたくし。

↑こんなこと言う子は、うちの子じゃないわなー(≧▽≦)
このような会話が素でなされるご家庭がありましたら、ぜひともご一報くださいませ。
ご家族のつめの垢を譲っていただきたく存じましゅ。


*************
ヒマなので、ルービックキューブたくさんやりましたー。
どうやら解説を見なくてもできるようになりますた。
昔の感覚が戻ってきたような気がしましゅ。

d0003116_22581050.jpg
d0003116_22582937.jpg

d0003116_22584621.jpg
ついでにちょっと遊んでみますた。
高校生時代もこうやって遊んでいたのよ。
ついこの間のことなのに忘れていたわ(゚▽゚)アポー
[PR]
by poyo25 | 2007-08-13 22:46 | 家族 | Comments(22)

「野生の次郎」化計画

あーやれやれ、やっと夏休みも半分終わったじょ。
今年の夏はなんだかとっても疲れる。
毎日怒ってばかりなので、人相が変わりそうだわ(ー”ー;)
(前から怖い人相だって?)

考えてみれば、去年もおととしも、太郎が塾だのスイミングだのでしゅげー忙しくて
あんまり家にいなかったので、兄弟げんかがあまりなかったんだな。
ところが今年は、中学生のクセに部活もあんまりないし
(人数が多すぎて、一人当たりの練習回数が少ないのさ)
クラスメイトと遊ぼうにも、すぐに会える距離に住んでる子はいなーい。

というわけで、太郎がずっと家にいる。
そして、次郎とケンカする。
くっっっっっだらないことでケンカする。
私は確か人間の兄弟を産んだはずなのに、いつの間に犬とサルになっちゃったんだろう・・・。
(どちらかというと、太郎がサル、次郎が犬だな(≧▽≦) )



ところで、今日から次郎は5泊6日のキャンプに旅立った。
カヌーを漕いだり、無人島を探検したり、自分で寝るところを作ったりという
自然満喫プログラムなのだ。
某通信教育が主催しているが、お勉強は一切なし。
3年前太郎も参加し、「たくましくなって帰って来た(ダーリン談)」
このプログラムに、今年は次郎を放り込んでみた。

朝早く家を出て、電車に乗って集合場所へ。
電車の中からなんだか無口だった次郎。
集合場所に着いて、スタッフのお兄さんお姉さんに声をかけられても
緊張のあまり、目が合わせられない(゚〇゚;)
バスに乗ったら、ひとりで一番後ろの席にぽつねんと座っているし・・・。

おりょー? 
次郎ってこんな子だったっけ??
太郎ならともかく(爆)、次郎は社交的だと思っていたのに。
心配性の母(わたくし)は、スタッフ長のおじさんに声をかけてしまったが、
「大丈夫です。絶対に"一人ぼっちの子"をつくりません。
 私も、スタッフの子たちも、そういう寂しがりの気持ちがよくわかりますよ。
 子供たち、みんなちゃんと楽しく過ごせますから」
という頼もしい答えを聞いて一安心。
そういっている間にも、バスの中では、次郎の隣の席にスタッフのお兄さんの一人が
座ってなにやら話しかけてくれている。
それを見てさらに安心。
(どこかのサッカークラブよりずっと信頼度高し(≧▽≦) )

次郎君、きっとすぐに友達ができるよ。
安心してキャンプを楽しんでおいで。
「野生の次郎」になって帰ってくるのを楽しみにしているよ♪
(犬→オオカミ??(≧m≦)ぷっ!)


今日は太郎も学校の友達と出かけると言っていたし、
私も久々に上京したので(^^ゞ  ひとりでうろうろ遊んでしまった。
朝早く出てきたもので、掃除どころか洗濯もしていなかったけど、まあいいや。
・・・・・・
家に帰ってみたら、太郎が掃除機をかけ、お風呂も洗ってくれていた♪
出かける前に家事してくれたのかー!
しゅごいっ! 太郎、キミは偉いっ!!
おかーさんは嬉しいよ。
サルから人間に進化してくれたのね・・・・・。
[PR]
by poyo25 | 2007-08-10 17:21 | 家族 | Comments(11)

夏の課題

いやー、暑い!
ものしゅげー暑い!!
皆様、いかがお過ごしでしょうか?

室温なんと32度だった(゚▽゚)アポー 今日。
子供たちはそれぞれプールに旅立っていった。

太郎は学校の友達と某市の「一応市営だけど結構ゴージャス」なプールへ。
そして次郎は、通っているスイミングスクールの「自由練習」へ。
いいね子供は。おかーさんもプールに行きたいよ。
(でも水着着るのはイヤ(≧▽≦) )

太郎は、プールの最寄り駅に住んでいるお友達のお家に寄ったりして
楽しい一日だったらしい。
ラッキーなことに、クラスに比較的近所の友達がいるので、夏休みは結構行き来している。
夏休みの宿題も大方終了したらしいので、安心して遊べるというものだろう。

次郎のほうも、どうやら自由研究のゴールが見えてきた。
しかし、もっぱら太郎だけが忙しかった昨年までと違い、今年は次郎がしゅげー忙しい。
サッカーの合宿だの練習だのはもちろん、自由研究だのキャンプだので
かなりハードなのさ。
ま、頑張れよ♪(*^-'*)> ←無責任

そして私。
でも、今年の夏はぜひともしてみたいことがある。
昔流行ったルービックキューブをもう一度マスターすること。
確か私が高校生だった頃は(トシがばれるってもんだ。25さいなのにー(≧▽≦) )
最初に1面揃えた後、反対側の1面を揃え、最後に真ん中を揃えたような気がするんだけど、
今検索してみたら、最初の一面の後、真ん中の段をそろえるやり方がほとんどみたい。
(ー”ー;)うーん
ま、どっちでもいいんだけど、できたら手と頭になじんだ昔ながらのやり方で
再びマスターしたいものだ。
(んなこと言うならちゃんと覚えておけ、という気もするけど)

まあこの際なんでもいいから、なんとかこの夏休み中には6面マスターしたいものだ。
子供じゃないけど、これが私の「この夏の目標」なのだーっ!
・・・・え、くだらなすぎ??(。・_・。)ポッ
[PR]
by poyo25 | 2007-08-05 22:36 | 家族 | Comments(16)

楽しい夏休み

今日から8月。
夏休みが始まって10日ちょっと。
夏休みが終わるまで30日ちょっと(9月1-2日が土日になるので)。
ふぁー、やっと1/4が終わったのかー。
というところで、それぞれの夏休みの途中報告。


まずは太郎。
夏休みしょっぱなに「海の家(臨海学校)」があった。
だけど、まだ梅雨まっさかりのような天候。
気温低いは雨降るはで、予定通りの水泳講習ができなかった様子。
太郎のクラスは、以前にも校外学習の日に雨だったことがある。
よっぽど行いの悪い子供または保護者がいるんだろう(あっ、うちか!?)

その「海の家」では、泳力班と生活班というのを作っていろいろ活動していたらしい。
泳力班はともかく、生活班はまたもや「アイウエオ順」じゃ。
寝る部屋は20人部屋(それって、タコ部屋?)で、
もちろんアイウエオ前半でひとかたまり。
というわけで、前半組でさらに親交を深めたのはいいんだけど
「(後半組は)知らない人は、やっぱりよくわからないまま・・・・・」(太郎談)
ということになっちまったらしい(≧▽≦)

ふふふ、オトコばかり40人はなかなか大変だね。
半分女の子なら覚えやすいし、仲良くなりやすいような気もするんだけど。
それでも、後半組の中にも仲良しはできてきた様子。
1年生が終わる頃にはどんな友達ができているのかな。
できたら爽やかな男前と仲良くなって、うちに連れてきて欲しいものだと
母は妄想するのであった。
(そんな子が太郎のクラスにいるかどうかは知りましぇんが)



一方の次郎。
夏休みが始まる前後にサッカーの遠征合宿なんぞに2回も行っちまったもんで、
頭がサッカーボールになっているらしい(゚▽゚)アポー
それでも、「これだけは頑張るっ!」自由研究は一応着々と進んでいる。たぶん。
今年は「紙飛行機の研究パート3」じゃ。

無事に実験(学校の体育館でひたすら飛行機を飛ばし、計測する)も終わった。
今はノートに下書きをしている段階だが、
さすがに4年生にもなると、ちょっとはまともな文を書けるようになってきた。
うう、お母さんは嬉しいよ。よよよよ。


・・・・・とまあ、次郎の成長に目を細めたはずのわたくしだったのに、
今日の午前中はついにやっちまいました。
怒り爆発のあまり、次郎を玄関から放り出しちゃったんだす。裸足のまま。
そしたら、次郎も負けずにそのまま家出しちゃいました・・・・・裸足で・・・・orz
結局約1時間後、マンションの片隅の「秘密基地」でしょんぼり膝を抱えているところを
捕獲・・じゃない、保護しますた。

え? 原因?
次郎が早朝(私が寝ている間)済ませたドリルの字があまりに汚いので
(だってさー、6だか0だかわかんないのよーヽ(*`д´)ノ)
全部やり直せと命じたら、次郎が反抗してきたんだす。
・・・・あー、くだらねー・・・・

仲直りした後、次郎がぽつりと一言。
「今日の"一行日記"になんて書こうかなー・・・」
すかさず
「"今日はプチ家出をしました"って書けば?」
とアドバイスしちゃった(゚▽゚)アポーな母でごじゃいます・・・・・・・・・・。
[PR]
by poyo25 | 2007-08-01 23:06 | 家族 | Comments(7)