ぽよよん備忘録

poyo25.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

秋の生き物達

今年の9月はほんとに暑かったんだなー。
一昨日、お月見に飾ろうと思って近所の原っぱにススキを探しに行ったら、
まだススキの穂がぜーんぜん出ていなくてびっくらしたよ。

それでも、朝晩はめっきり冷えるようになってきた今日この頃。
うちの同居人、もとい同居虫たちの近況報告など。

カブトムシ
さすがにここにきて、何匹かお亡くなりになってきた。
それが、オスもメスもみーんな体に穴があちこち開いている。
そんなに喧嘩ばかりしていたのかなー。
生き残った何匹かのメス(オスの方がやっぱり短命)たちは
ひっそり、静かに暮らしている様子。
残り少ない人生、おいしいゼリーをたくさん食べてねー。


先日次郎が捕まえてきたヤモリちゃん
せっかく母がネットで調べてアドバイスしたのに、
んなことおかまいなしに次郎は我流で可愛がって(?)いる。

コロコロと太ったコオロギを3匹も活餌として同居させていたのだが、
どうしたことか、今では1匹を残すのみとなった。
「ヤモリが勇気を出して食いついたんだよ!」と喜ぶ次郎。
「大きい虫でも食べるんだよ」と自信をつけたらしくて、
次に持ってきたのがなんとカマキリ!

4-5日間ほど、ヤモリ・カマキリ・コオロギの三すくみ状態が続いたのだが、
カマキリなんか、お腹がぺっちゃんこになってしまって、ほんとに気の毒。
「せめてカマキリはすぐに放してあげなさい」と命じたところ
「えー、せっかくの大物だったのに・・・」とぶつぶつ言いながら解放していた。

母のにらんだところ、ヤモリがコオロギを食べたかどうかもかなーり怪しい。
コオロギが共食いをした、と言う可能性のほうが大きいじょ。
気の毒なヤモちゃん。
母がこっそり差し入れする小さな虫(マンションの廊下に落っこちている小さな甲虫など)を
食べて細々と生きているのだろう。

今度次郎が学校に行っている間に、こっそり捨てて放してあげようか?♪(*^-'*)>
[PR]
by poyo25 | 2007-09-27 17:26 | 生き物観察 | Comments(10)
ねーさんから回ってきたバトンだす。

説明:回ってきた五文字を携帯の記憶している変換機能で一文字ずつ、その変換候補に出る上位五つを惜し気もなく晒す。
そして、次に回す人に新に五文字を指定。

ねーさんからのお題は、「ドラゴン桜」。
連載は終わったということだが、最後どうなったのかなー?
さてさて、

  と どのように ところ という とても

ら  らなかった らいい ら ら、来年 (なんか意味不明(≧▽≦) )

  こんにちは 今回 ございました ご ご連絡

  ん ン

さ  30日 残念 さん さて 最近 3

  配って 9 車 国 9月

(ら  ↑と同じ)


ふーん、いかにも事務連絡が多そうなリストだな。
たぶん小学校のPTAの連絡が頻繁にあるからだろう(o_ _)o~

それにしても、PTAのお仕事をしていて感じるのは、携帯メールの便利さ♪
私は全地区長(またの名を”こんちくしょー”)という役についているが、
ちょっとした情報を確認したり、打ち合わせの日時を決めたりするのに
いちいち電話をかけるのはたーいへん。
でも携帯メールなら、手の空いたときに一斉メールを送信すれば楽ちんだし、
日時や場所といった情報が間違いなく伝わるのでしゅげー好都合。

私より何年か前の役員さんは、もっともっと大変だったんだろうなー、と
ため息をつきながら見上げる秋の空であった・・・・・・・。

おもちろいと思われた方、どうぞバトンを拾ってやってください♪
お題は同じく「ドラゴン桜」で♪(*^-'*)>
[PR]
by poyo25 | 2007-09-25 17:15 | お家の仕事 | Comments(5)
今は文化祭シーズンの真っ只中。
次郎を連れて今日も行ってきました、母のお楽しみの男子校(爆)。
今日は2校も行ってきたじょ。

まずは御三家筆頭、K成じゃ。
「えっっ、なんで次郎がK成なんか見に行くの??????」
誰もが抱くこの疑問。
母の私もそう思う。父であるダーリンもそう言った。
「でも、4年生の今だから行ける所なのよ。
5-6年生になったらもっと現実的な志望校めぐりをしなくちゃいけないからね。
それに万が一次郎が感激して”ここに行きたい!”って勉強するようになったら
もうけもんでしょっ
。」

わけのわかんない言い訳をしつつ、次郎と二人で現地到着。
駅から近いし、緑は多い。
校舎の造りがちょっと複雑なので迷ってしまったが、道を尋ねればどのお兄さんも
感じよく教えてくれる♪

次郎が将棋部でちょっくらお相手していただいている間、退屈した私は隣の囲碁部へ。
文化祭めぐりも太郎のときから数えて3年目。
すっかり慣れて図々しくなったわたくしは、
なんとコドモもいないのに囲碁部のお兄さんに一局打ってもらったのだ♪(*^-'*)>
(たまに真剣な顔をして対局しているお父さんはいるが、普通親は見てるだけなのさ)

13路盤だったのだが、なんと私がちょこっと勝たしてもらった!
しゅげー。このヘボな私にさり気なーく勝たせてくれるとは!!
「19路でも十分打てると思いますよ」
なーんて言ってくれたし♪
さすがK成。しゅげーオトナ!
並々ならぬ懐の深さと「おもてなしの心」を感じたのだった。

ありがとね。おばちゃんはいい冥土の土産ができたよ・・・(゚▽゚)アポー



午後は2校目。
ここでも次郎は将棋部へ。
でも、ここの学校は囲碁将棋部という形で、囲碁も将棋も一緒だ。
よしよし、私もまた一局♪と思わないでもなかったが、
部員の手が空かず忙しそうだったので、今回はおとなしく見てるだけにした。
ちょうど将棋のプロ棋士が来場して、多面打ちをしてくれるというので、
次郎もその中に混ぜてもらえることになった。

・・・・実は次郎君、囲碁を教えたこともあるのだが、
初手1-1なんつーことをしでかすやつなのだ。
たぶん将棋だってそんなもんじゃないかと思う。
・・・・プロに打ってもらうなんて・・・母は心配・・。
ま、私は将棋はまーったくわからないので、どんなに変な手を打ってもわかんにゃい。
「知らぬが仏」状態の母であった。


今日の2校とも、お兄さん達は感じがよかった。
基本的にみんな大切に育てられてきたお子さんだと思うので、
お母さん達にも礼儀正しく優しくできるのであろう。
(あるいは、お母さんたちの恐ろしさをよく知ってるとか?ぷぷぷ)
生憎次郎が「ぜひここに入りたい!」と目を輝かすことはなかったが(ー”ー;)
まあいいか。お母さんは結構楽しかったし・・・(゚▽゚)アポー
[PR]
by poyo25 | 2007-09-22 19:27 | 学校 | Comments(11)

太郎の文化祭

昨日今日と、太郎の学校の文化祭があった。
昨日は生憎次郎の小学校の運動会と重なってしまい、
次郎の応援、および役員として働かなくてはならずヽ(*`д´)ノ
文化祭どころではなかったのだが、
今日はダーリンと次郎で太郎の応援に(?)行って来た。

中高合同の文化祭。
中1中2はクラス単位の出し物をする。
はっきり言って、このあたりはキレイな女子高生のおねーさんが来ることは期待できん。
家族とか、親戚とか、あとは受験を考えている小学生なんかがターゲットというところか。
(つまり、ガキとおばはんお子様とお母様メインってことね♪)

女の子とは無縁な世界ながらも、友達と楽しそうに接客している太郎を確認して
お昼ごはんを食べたところで、既に次郎は疲れた様子(≧▽≦)
こんなに人が多くて、長い時間並んで待つなんて、次郎の普段の生活にはないことだからね。

その後はコドモが好きな(はずの)理科系クラブめぐり。
実は私が一番楽しみにしていた地学部には、ラッキーなことに顧問の先生がいらして
自ら「南極の氷(本物だよー)」について説明してくださった。
写真だけじゃなくて、実物も爽やかな青年だー。
よかったよかった♪はるばるきた甲斐があったというもんだ(゚▽゚)アポー

物理部とか、科学部とか、次郎が喜びそうなところを巡ったが、
疲れたらしくてイマイチ反応が鈍い次郎。
次にグランドで行われていた高校サッカー部の親善試合を見せたら、
やっと楽しそうな顔になった。
「ちっ、こんなところまで来てサッカーかよ」
と一瞬思った私だったが(^^ゞ
よくよく見たら、相手はA布高校ではないか。

真偽のほどは定かではないが、
某女の子向け雑誌によれば、イケメン率が高い高校1位がA布、2位が太郎の学校だそうな。
(太郎の同級生のお母さんが言っていた。高校生のお姉さんから聞いたんだと)
ほうほう。こりはなかなか期待できる組み合わせではないか♪
わたくしの見たところ、技術的なことはよくわかんにゃいが(^^ゞ
顔面レベルはなかなか高い試合であった(゚▽゚)アポー
次郎には「さすが高校生のお兄さんは上手だねー」などと言いつつ、
こっそり「A布の○番と、うちの学校の△番と×番がかっちょいい♪」
などと勝手にチェックして喜んでいた不審なおばちゃんでございました。
ごみんなさいです♪(*^-'*)>
[PR]
by poyo25 | 2007-09-16 19:53 | 学校 | Comments(14)

最近の同居人(?)

最近、なかなか時間がとれなくて、ブログの更新も途切れがち。
皆さんのブログも読み逃げ専門だす。ごみんなさいだす・・・・・m(_ _)m


さてさて、猛暑日からすぐに続けて秋の長雨に突入してしまう今日この頃。
ちょうどいい初秋の爽やかな空が見たいもんだ。
次郎の学校の運動会は15日なのに、
2学期が始まってから、ろくにグランドで練習ができていない様子。
いったい誰の行いが悪いんだか(≧▽≦)

と文句を言いつつも、夜になると秋の虫があちこちから聞こえて大変耳に心地よい♪
まだまだ蒸し暑いのに、虫たちはどうやって「秋だ」と知るんだろう?

やや遠くから聞こえる虫の音に混じって、すぐ近くから聞こえるのが
「チッ、チッ、チッ」というかすかな声。
どうやらカネタタキらしい。

今、確認のためにここのサイトでカネタタキの鳴き声を再生していたら、
まるでそれに応えるように、うちのカネタタキが鳴き始めたよーo(*^∇ ^*)o 


なんだかうちのベランダにいるんじゃないかというくらい、近くで聞こえる鳴き声。
ベランダ掃除をしても見つからないのだが、プランターにでも住み着いているのかな?

♪♪♪♪

そして、夏休みの終わり頃、次郎が持ってきたのがニホンヤモリ
世話は次郎に任せているのだが、でっかいコオロギを3匹エサとして同居させていてる。
でも、なかなか食べない。
やっぱり、ヤモリちゃんの小さい口にふさわしい小さな虫をつかまえてこなくちゃ
いけないんじゃないか?

気の毒なことに「エサ」として飼われているコオロギたち。
でも、夜になると結構可愛い声で鳴くんだ、これが。
私はなんとなく情が移ってしまったよ。
ヤモリちゃんもなかなか思い通りのご飯が食べられなくて困ってるだろうし、
早く逃がしてあげたらどうだい、次郎君?

でも、次郎曰く、
「友達3人で捕まえたヤモリだから、僕ひとりでは逃がすことはできない。
それに、「エサ当番」を決めたんだ。今日は○くんが虫を持ってきてくれるはず。」

大変殊勝な取り決めであるが、
今のところ誰も新しいエサを持ってきてくれていないよ・・・・・・(≧▽≦)
[PR]
by poyo25 | 2007-09-10 23:01 | 生き物観察 | Comments(18)

次郎も塾へ

うへー。やっと新学期も1週間過ぎたよー。
いきなりPTAの会合でへとへとになったり(^^ゞ
台風のせいで二人とも自宅待機になったりして(とほほほ)
なかなか忙しい一週間であった。

中でも特筆すべき(?)なのは、次郎がついに塾デビューしたこと。
太郎が通っていた近所の塾に通うことになったのだ。

台風のピークは過ぎたとはいえ、まだまだ強風の中を行って帰って来た次郎。
いきなり台風なんて、今後の次郎の運命を暗示しているような気がするのは私だけ?(涙
しかも、初日は夏期講習の内容を中心とした、復習テストΣ( ̄□ ̄;;;)!!
(次郎は夏期講習なんぞ行っていない。まるっきりのどシロウトじゃ)

「なんか、あんまりできなかった・・・・・疲れた・・・・・」
元気なく帰宅した次郎を見て、やたらに太郎が張り切っている。
「さっ、その日のうちに解きなおしするんだよ!」
私が頼んだわけでもないのに、いつの間にか家庭教師になっているじゃないか。
ま、特に算数なんかは私の手に負えないからね。
こりゃあいいセンセイができた。・・っていうか、私が楽できるってもんだ(゚▽゚)アポー

何しろつい半年前までは自分が受験生だった太郎。
妙に嬉々として次郎に教えている。
はっきり言って、すぐに修羅場に持ち込んでしまう私よりも(^^ゞ
教え方はうまい・・かもしれない。

それに、テストの結果に対する私の態度も良くなかったらしい。
物陰に連れ込まれて
「お母さんっ! "よく頑張ったね"ってちゃんと言ったの!? だめじゃないか!!」
とハハを叱責する太郎センセイ。

・・・でも、
「オレの時には雨でも雪でも塾に迎えに来てもらった事なんてなかった」だの
「オレの時にはお母さんはこんなに熱心じゃなかった」だのとひがみ発言がやたらに多い。
あのー、あなたの時だって(そりゃあ、他のお母さんに比べたら
手抜きいちいち車で迎えにいったりしなかったかもしれないけれど)

ちゃーんといろいろと気持ちも手間もかけてたんだよー・・・・・・たぶん。

自分の通っていた塾に弟が通うようになって嬉しい気持ちと
弟にぜひとも頑張ってほしい気持ちと、
やっぱり常に愛に飢えている気の毒な長子(うちだけか?)としての気持ち。
いろいろな気持ちがうずまいているのだろう。

まあ、なんだかんだいいつつ、二人目はなーんか気が抜けているのは事実。
ハハの気合が抜けている分、兄の気合がちょこっとでも入っているとバランスがいいのかにゃ?
頼りにしてるよ、太郎君♪
ぜひとも今後2年半、優秀な家庭教師として頑張ってくれたまえ♪(*^-'*)>
(↑やっぱり無責任なハハであった)
[PR]
by poyo25 | 2007-09-08 22:36 | 家族 | Comments(8)

夫と社会人1年目・大学2年の息子達の4人家族。「転んでもただでは起きない!」がモットー、物忘れひどし(゚▽゚)  息子たちはそれぞれひとりぐらし中。


by poyo25