夫と社会人1年目・大学2年の息子達の4人家族。「転んでもただでは起きない!」がモットー、物忘れひどし(゚▽゚)  息子たちはそれぞれひとりぐらし中。

by poyo25

<   2008年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

合宿に行ってきました

先週末、次郎のサッカー合宿2泊3日に付き添いで行ってきた。
去年まで入っていたサッカークラブは、
基本的には親の手をわずらわせることがなかったので(そこが気に入ってた(^^ゞ)、
合宿にもついていったことなんかない。
今回は初めての合宿じゃ。

とっても心配しながら参加したし、慣れないのでご迷惑もかけたと思うけれど、
まあ、私も次郎もチームのみんなと仲良くなれたのが最大の収穫かな。
3日間、ガキ共(ごみん)の世話をしたり、叱り飛ばしたり(≧▽≦)しながら
なんとか乗り切ることができた。
d0003116_23425658.jpg



団の子供たちは、みんな小さい頃からずーっと一緒に練習しているし、
スポーツ少年団の家族ぐるみの結束は固い。
親たちも、子供たちみんなを自分の子供のように扱っていて、
合宿なんて、まるで親戚一同の集まりのようだ。
ふーん、こういうのもいいなー、と感じた。

もうひとつ。
熱心なご家庭は、週に5日も6日も、あちこちかけもちしてサッカーをしている。
そして、より「上」のレベルを目指して頑張っているのだ。
それを支える家族、特にお母さんはたーいへん。
送迎、お弁当、洗濯・・・。
休日には、お父さんがコーチとなってサッカーの自主トレなんかしたりする。
「そうやって、上の子はクラブチームに入ったけれど、
 周りはみんなものすごい上手な子たちでねー・・・」
そんな話も出てくる。
ああ、塾に入れて中学受験させるのも、
スポーツで上を目指すのも一緒なんだなー
、と思った。



さて。
実は先週いっぱい、ダーリンはスイスに出張だった。
つまり、私と次郎とが合宿に行っている間、太郎はひとりでお留守番orz
でも、最初の晩は中学の友達のお宅で晩御飯をご馳走になることができたし、
頼りになるつくしねーさんちはお隣だし、
安心して(???)留守番させたのだ。

帰宅してみたら、自分の分の洗濯もしてあったし、
掃除も一応してあったし、野菜炒めなんかも作ったらしいし、
「でかした!」と評価すべき留守番であった。
ほんと、助かったよー。
3日分の次郎と私の洗濯物の量は半端じゃなかったんだからー(pq)

んでもって、実は私たちと同じ日に帰国したダーリンのスーツケースが
積み忘れで翌日になって配送されてきたので、
洗濯物の山が分散されて大助かり。
来る日も来る日も「せんたくかあちゃん」状態になったけれど
一度にどわっと来るよりずっとましだわ♪



と言うわけで、合宿以来、ずっと疲れが抜けましぇん。
なんかねー、シミも増えたし、目もかすみ、耳も遠くなり、
頭の中には霞がかかった状態が治らないんでしゅ・・・・orz
今日はお昼ねしたけれど、明日の午後は次郎の自由研究のアシストで
小学校のくそ暑い体育館に行かなければなりましぇん。
わたし、この夏休みが終わるまで体が持つんでしょうか??????
[PR]
by poyo25 | 2008-07-30 23:50 | 家族 | Comments(8)

オトナ仕様

先日、ふと気がついた。
次郎がご飯を食べるときの姿勢がどうも悪いと思っていたら、
椅子の高さが合わないらしい。

そこで高さを調節して、ついでに足置きの板を外した。
d0003116_1731373.jpg

この椅子は、かれこれ10年前、今のマンションに引っ越したのと同時に購入したもの。
太郎が幼稚園の年中、次郎が2歳になるかならないかのころだ。
当時は、太郎の椅子にも足のせ板をつけていたし、
次郎のなんか、赤ちゃん用のアタッチメントもつけていた。
こんな感じね↓
d0003116_17374270.gif


何年も使ううちに、ひとつひとつ部品を外していったこの椅子。
既に母よりでっかくなった太郎も、まだ愛用中だが、
我が家で一番ちっちゃかった次郎までが、オトナ仕様になってしまったのは
なんだか感慨深い。


********


1泊の林間学校からさきほど帰宅した次郎。
同じバッグに、明日からのサッカー合宿の荷物を詰め替えて、
今は「ハリーポッターと死の秘宝」を読んでいる。

疲れた顔で「今日はべんきょーしなくていい?」と聞かれたら、
そりゃ「いいよー」と答えるしかないでしょう。
久々に会ったから、母も優しい気持ちになっているのさ(≧▽≦)

さーて、明日から私もサッカー合宿じゃ。
果たして、3日間母の体力は持つのか? ♪(*^-'*)>
[PR]
by poyo25 | 2008-07-24 17:48 | 家族 | Comments(8)

焦げそうな頭

いやー、始まっちまいました、夏休み。
毎日暑くてあつくて、早くも夏バテ状態のわたくしですが、
皆様はお元気にお過ごしでしょうか。

夏休みが始まってすぐの今週、林間学校→サッカーの合宿と
続けざまに計5日も家を空ける次郎。
塾の夏期講習もいきなりぶっちぎる、という大胆な日程なのじゃ(^^ゞ

夏休み直前に塾で補講を受けてきた次郎。
あとはプリントをどっちゃり自分でしなければならない。
さあ大変(゚〇゚;)

ある日は、友達からのお誘いを「ごめん、今日は勉強しなくちゃだめなんだ」と断り、
次の日は、午前中みっちりサッカーの練習(見ているだけで熱中症になりそうだった)
の後、午後おべんきょー。
昨日の海の日には、塾での3時間を含めると、なんと10時間以上もおべんきょーしてた!
だけど、「やってもやっても終わんない・・・・・・orz」
顔に縦線が入った表情は変わらにゃい。

今朝は寝坊して6時半に起床した次郎。
「わーん もう間に合わない! 人生終わりだー・゚ '゚(/□\) '゚゚・」
べそをかきながら朝勉していたが、
案の定、そんな状態では集中なんぞできっこない。
初歩的なミス連発! 漢字の書き取りはあまりに汚いので全部書き直し!ヽ(*`д´)ノ

「いやだいやだと思いながら机に向かってたって、頭に入らないでしょー!
 やることがたくさんあって大変だけど、
 集中して丁寧に取り組まなくちゃ、時間の無駄ってものよ。
 そんなに補習の勉強が大変なら、サッカー合宿行くのやめなさいっっっっ!
 でも、お母さんはお手伝いするってみんなと約束したから、
 一人で合宿行ってくるヽ(*`д´)ノ」

朝っぱらからお母さんは大爆発。
頭から湯気が出そう・・・・。
頭を冷やそうと、そのまま買い物に出かけちゃった。
1時間後帰ってみたら、次郎は塾に行った後。


はああああ。
まーたやっちゃったよ。

そういえば、「ママのやさしさが、学力を伸ばす
って本を先日買って読んだんだっけ。
なーんも役に立ってませんがな。
まるで、次郎の勉強と一緒?(゚▽゚)アポー

ちなみにこの本、母に単に抽象的な「優しさ」を求めるのではなく、
行動科学を使った教育法を紹介している。
子供の行動について、目標を設定し、きめ細やかに行動を評価していく、というもの。
ま、これを成し遂げるためには、私みたいにぎゃーぎゃーわめいていたら
無理ってことだわね・・・・orz


もうすぐ次郎が帰宅する。
にっこり笑って「おかえり♪」と言えるかにゃ・・・・・?
[PR]
by poyo25 | 2008-07-22 12:47 | 家族 | Comments(10)

課題図書

なんと太郎が藤沢周平の本なんか読んでいる!
・・・と思ったら、夏休みの読書感想文の指定図書なんだそうな。

実はわたくし、時代小説は結構好きだ。
池波正太郎先生の小説で、江戸について学んだといっても過言ではない。
でも、藤沢周平のこの本は読んだことがなかったので、
早速自分でも読んでみた。

・・・・
いやー、おもちろかった♪
さすがに中学生の課題図書だけあって、友情、初恋、そして真剣勝負といった
思春期少年(およびおばちゃん)の心に訴える要素満載ではないか。
ただし、
当時の武家の「家名が何より大事」の意識とか、身分制度とか、
そういったものがわかんないと、この話を深く楽しむことはできにゃいかもねー。

案の定、「あんまりおもしろくない」と言っている太郎だが、
あえてなじみのない時代小説を選んだ、国語の先生からのメッセージを
感じ取れるよう、頑張りたまえ♪(*^-'*)>
お母さんは、この本を選んだ先生は趣味がいいなー、と思うよ♪
[PR]
by poyo25 | 2008-07-18 23:16 | 家族 | Comments(10)
夏休みに入るとすぐに、次郎のサッカー合宿がある。
(ちなみに、塾の夏期講習をぶっちぎって行くのじゃ。
 補講が大変。ごみんなさい、先生・・・・)
今日は、合宿に付き添う父兄を対象に、地元の消防署で応急手当講習会があった。

去年の秋にも、小学校のPTAの企画で同じ講習会を受けたのだが、
今回は何しろ、自分の子供たちが合宿中に何かあったときに対応しなくちゃならない
という切実な使命(?)があるので、みんな真剣。
熱中症、ねんざ、切り傷などの場合の対処の仕方など、φ(..;) メモメモしながら
しっかり聞いた。

心配蘇生法とAEDの使い方もダミーを使って訓練。
こういう場合、「小児」とは1歳から8歳未満だって、皆さんご存知でした?
合宿に参加するのは8-12歳のサッカー小僧たち。
思わずわたくし、手を挙げて質問してしまいました。
「大人」とするのには微妙な年齢じゃないかと思って。
ほんとに真剣に取り組んだということがわかっていただけたでしょうか(゚▽゚)アポー



ところで。
昨秋の講習会では、ふっくらした感じの女性が講習してくださったのだが、
今回は30代が中心と思われる、男性救急隊員が担当だった。
とはいえ、猛暑の只中、出動命令が出てしまうと、そちらが優先。
一時は救急隊員が出払ってしまったので、
消防隊員の方々がピンチヒッターとして来て下さった。

んで、おばちゃんは思った。
現役の救急隊員や消防隊員の方々は、およそメタボとは無縁の体型でらっしゃる。
しかも動作はきびきび、声もよく通るきびきびした話し方♪
んでもって、終了後何気なく階段を駆け下りていく隊員さんの早いことはやいこと(゚〇゚;)
私の30倍ぐらいは早かったな。確実に。
ああ、こういう方々に私たちの安全を守っていただいてるのねー♪
お母さんは心から感動したのだった・・・・。
[PR]
by poyo25 | 2008-07-12 22:56 | 健康 | Comments(12)

夏バテ?

うげー。
この1週間は、年に数回ある○会のお仕事繁忙期。
背中丸めて赤い字を書き(しかもいつもより早く仕上げなくちゃ)
それが済んだら、背中丸めてパソコンで原稿を作る一方、
会員さんにお電話をかけて学習アドバイス。
それが終わったら、原稿の清書。
またまた背中丸めて今度は黒い字を書きまくる(こりはまだ終わってない)。

今日はさすがの私も「うきーっ!体が腐るっ!!」と叫んで
部活帰りの太郎の昼食の世話もぶっちぎり(一応用意して置いといたさ)
ジムに行って、アクティブヨガとキックボクササイズのレッスンに出た。
休憩なしで120分動いた後、
自転車で25分ほどの図書館まで往復v
家に帰ったらもうへろへろでしたがな orz


**********

梅シロップが発酵して、白い泡が出てきちゃったので、
へろへろな体に鞭打って処理。
ビンごと冷蔵庫に突っ込んじゃえばいいらしいんだけど、
あいにくそんなスペースは我が家の冷蔵庫にはにゃいので、以下の処理。

d0003116_21252668.jpg

梅とシロップに分けて、シロップは煮立ててよくあくをすくう。
梅は砂糖と白ワインと水を足して、煮詰めてジャムに。
(ジャムの画像はなし(^^ゞ だって、暗い色なんだもん。
 レモン汁を入れれば、もう少しきれいな色になったかにゃー?)

梅がふっくらやわらかくなった段階で、スプーンで種を取り出す。
種の周りについている果肉がもったいないので、そのまま食べましゅ。
こりは我が家では「梅アメ」と呼んでましゅ。
はい、貧乏臭いっす♪(*^-'*)>


へろへろの即席夏バテ状態だったけど、
梅ジャムの味見をしたり、梅アメを何個も食べたりしたら
ちょっと元気が出てきた。
こういう甘酸っぱいものって、夏に効くという感じがするわー♪

梅シロップ。 色が薄いけど、おいちいよ♪
d0003116_21241731.jpg

[PR]
by poyo25 | 2008-07-11 21:28 | 仕事 | Comments(8)

先輩のアドバイス?

次郎のおべんきょーネタ。
ほんとは書きたくないの。
だって、怒ったことばかりになっちゃうんだもん・・・・orz



前回の定例試験で、社会がイマイチだった次郎。
(別に他の科目がよくできていた、という訳ではない)
先生からの電話で、
「まー、社会の基礎固めに少し時間をかけたほうがいいですねー」
ということになったので、
まずは日本の河川・平野あたりから復習することにした。

んがっ。
はじめから覚えてなかったのか、
はたまた脳みそから抜け落ちるのがしゅげー速いのか、
恐るべき真っ白な解答欄を見て、母は目の前が真っ白に(゚▽゚)アポー

「塾の先生が"自分で地図を描いて覚えるといい、っておっしゃってたよー」
「え゛ー」
などと言う会話を交わしていたら、太郎が来ていつものように余計な一言。

「こんなにたくさんの川の名前、今の時期に覚えなくていいんじゃない?
 大体さー、川なんて、鉄道とか他のことと絡めて出題されるんだからさ。
 6年になっていろんな問題を解いているうちに自然に覚えるよ。
 今は大事な川だけ覚えときゃいいよ」

・・・ってことは、こいつも5年生の頃には
河川の名前を覚えてなかったということじゃな・・・

という突っ込みをぐっと飲み込みつつ、
「だって、お母さんはどれが大事かわかんないもんヽ(*`д´)ノ」
とすねてみせたら、
「しょーがないなー。・・・・これはいらない、これはいる・・・・・」
分別してくれたよ(ゴミかっ?)。


はあああ。
太郎の時には完全放置だったもんで(^^ゞよくわかんにゃいのだが、
やっぱり太郎と次郎とではいろんな面で違うし、
少なくとも気づいてしまったからには、何かやらせないと不安になってしまう母心。
でも、それが果たして本当に正しい指導なのか、自信がない。
いっそのこと、次郎の勉強ナビゲーターは太郎に任せたほうがうまくいくのか??

・・・・いやいや、そんな怖いことはできない・・・。
・・・・第一、太郎だって自分の勉強をしっかりしないといけないし。
・・・・あっ、太郎ってば、10時に寝ちゃったよ。明日も期末試験なのに。
   「試験対策は寝るのが一番」とかなんとか言って・・・・・orz
[PR]
by poyo25 | 2008-07-07 23:05 | 家族 | Comments(10)
今日は5年生次郎の授業参観と懇談会。
今日に限ってものしゅげー蒸し暑い中、よろよろと行ってきますた(^^ゞ

まずは授業参観。
昨日、あらかじめ次郎に
「家庭科の裁縫なんだよー。先生がお母さんたちにも手伝って欲しいって」
と言われていたので、ちょっとわくわくしながら教室に。

イマドキの裁縫セットはしゅごくコンパクトでカラフル。
女の子のはもちろん可愛いし、男の子のものも、スポーツブランドあり、
アニメキャラクターあり(゚〇゚;)
さーてみんな、肝心の中身を使いこなせるかにゃー??

「はーい、まずは針を選びましょう。 刺繍針はだめだよー」
という先生の声に、どこぞの男子が
「"ししゅう"って何?」
・・・・あー、次郎も心の中で同じことを思っただろうなー。
我が家には刺繍の「し」の字も存在しないからなー(≧▽≦)

この授業、おそらく算数や国語とは比べ物にならないほど
個人差が大きく出る課目だろう。
針に糸を通すところでまず大騒ぎ。
いやいや、それ以前に「糸を60センチぐらい切る」ってところで大騒ぎ。

いざ、縫う! なーんて段階だとさらに大騒ぎ。
見かねた母たちがクラス中に散らばって、汗だくになってお手伝いした。

んで、今日いちばんのびっくらは、
学年でも指折りの乱暴な男の子(ごみん。でもホントなのじゃ)が、
お裁縫得意だということが判明したこと!!!!
「雑巾なんかへっちゃらで縫うよ♪」
というその子の発言には
子供も大人もものしゅげーびっくりしたのだった。



大騒ぎの授業参観の後は、学年合同の懇談会。
林間学校の説明会だ。

繰り返し先生方から強調されたのは、持ち物に記名する! ということ。
特に男子。
毎年必ず、お風呂場の脱衣場にパンツだの靴下だのが散乱しているんだと(≧▽≦)

「名前の書いていないパンツは、翌日の朝ごはんのときに
 みんなの前で"これだれのー?"って広げちゃうよー」
と先生が宣言したら、
「ぎゃー(≧▽≦) 絶対パンツに名前書いてくるよー」
子供たちは誓ったらしい。

「でも、女の子の下着はそんなことをする訳にはいきません。
 こちらで処分させていただきますので、ご了承ください」
だって(゚〇゚;)
ふーん。忘れてきそうな女の子は、新しいパンツ買ったら損ってことか・・(違


いよいよ夏休み。
今年の夏はどんな思い出ができるのかな?

 
[PR]
by poyo25 | 2008-07-04 21:02 | 学校 | Comments(12)

何か飼いたい

日曜日の夜。
トウモロコシの皮をむいている子供たちからひそひそ声が。
「・・・・・早く早く・・・」
ダーリンの声も混じっている。
「・・・・・お母さんに見つからないうちに・・・・」
何なにー?
聞き捨てならないそのセリフ、普段難聴のおかーさんにもばっちり聞こえたじょー。
さっさと見せなさいっ。

見たら、剥いたトウモロコシの皮の中に、イモちゃんが1匹♪
「わー、イモちゃんだー♪」
思わず顔がほころんだ私に、すかさず次郎が一言。

「やだー! また塾のリュックについてくるじゃないかーヽ(*`д´)ノ
 飼うんだったら、ちゃんと虫かごに入れてよねー」

ダーリンや太郎も、冷たーい目で口々に
「トウモロコシしか喰わないのにどうやって飼うんだよ」
なーんて反対するし・・・・(pq)

このイモちゃん、まだ小さいので、確かに家で飼うのはちーっと大変そう。
泣く泣く飼うのをあきらめた。


あーあ、何か飼いたいなー。
最近、同居する生き物がいなくて寂しいんだよねー。
子供たちはでっかくなって生意気になっちゃったし。
小さくて物言わぬ生き物に癒されたい・・・・・・。



あ、これがあったか?
d0003116_1747622.jpg

うちのベランダの日当たりが悪いせいか、気の毒なほどへろへろのバケツ稲。
田んぼの稲はおろか、その辺のイネ科の雑草よりも細い・・・。

・・・・こりは「飼う」とは言わないか・・・・・・(≧▽≦)
[PR]
by poyo25 | 2008-07-01 17:48 | 生き物観察 | Comments(18)