<   2008年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

次郎、ダウンorz

昨日は塾の冬期講習、年内最終日。
昨夜、塾から帰宅した次郎は、顔色が悪かった。
「頭が痛くて熱い・・・・・(―“―;)」

測ってみたら、いきなり38度Σ( ̄□ ̄;;;)!!

「今日中に復習しなくちゃ・・(pq)」
うめきながら少し(夕食ができるまで)健気にもべんきょーしていたが、
勉強なんか途中でも何でも、
とにかく夕食を食べられるだけ食べたらすぐに布団に押し込んだ。

実はその前日には、塾の帰りに自転車ですっころんで
膝を血まみれにして帰ってきたなー。
疲れがたまっていたのかにゃ?


次郎のいつものパターンで
一晩中、1-2時間おきになにやら叫んでは起きて
その度に冷まくらを取り替えたり、麦茶を飲ませたりしたので
母はしゅげー迷惑心配だったのだが、
一日経って、今日の午後には37度近辺に落ち着いてきた。
どうやらインフルエンザじゃないらしい。
ほっと一安心♪


別に毎日夜中まで勉強しているわけでもないのに
(それどころか、毎日9時半には寝てるじょ)、
このところ3ヶ月に1回ぐらいのペースで熱を出している次郎。
来年は受験学年だというのに、なーんか心配・・・orz

まあでも、きっとなんとかなるでしょう♪ 
ってか、なるようにしかならないさ(←開き直る)



こんなぽよ家ですが、今年も皆様に支えれてなんとか過ごせました。
来年もどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

どうぞ、よいお年を!
受験生の皆様には、素晴らしい春が来ますように♪

[PR]
by poyo25 | 2008-12-31 15:36 | 家族 | Comments(22)

楽ちん大掃除♪(*^-'*)>

こーんな年末になって、やっと終わった大掃除の記録♪


まずは、フローリングのワックスかけ

用意するものは、ワックス、雑巾、そして、太郎と次郎(≧▽≦)

うちで使用しているワックスはauroのワックスなので
(しかも、家具の移動なんかはしないし(^^ゞ)
ほとんど、ただの雑巾がけと変わらない。
私が掃除機をかけるそばから、太郎と次郎がせっせと?
ワックス液で雑巾がけすれば完了♪
いつも小一時間かかる作業が、ものの20分で終わっちゃう。
うひゃー。便利便利♪


次っ。お風呂の大掃除

用意するもの: カビキラー、エタノールスプレー、
          きれいな雑巾(ぼろ布)、お風呂用洗剤、
          そして太郎と次郎♪(*^-'*)>

マンションも築10年ともなれば、風呂場の天井にもなにやらカビっぽいものが見えてくる。
以前天井にカビキラーを吹き付けようとしてひどい目にあったので(←おバカ)
以来、アルコールスプレーを愛用している。
スプレーして、ぼろ布で軽くふき取る。
(これが正しい方法かどうかは知りましぇん)

今ではすっかり母より背も高くなり、腕も長くなった太郎。
母が上向いて背伸びしてひーひー言いながらする天井掃除もあっという間♪
(「この体勢はきつい」とは言ってたがね)
続いて、風呂場の壁上半分をごしごししてくれた。
壁の下半分と床、そしてお風呂のふた(こりが大変)は次郎の担当。

いやー、ひとりですると長時間かかって泣きそうなお風呂大掃除も
3人ですれば(正確には2人にやらせれば)あっという間にぴっかぴか♪

母が年老いてきた分、子供たちが使えるようになったということかにゃ♪(*^-'*)>




<おまけ:ダーリン提供の小ネタ>

1ヶ月前、フルマラソンを完走して以来、膝の調子が悪くなってしまったダーリン。
今日も「途中で膝が痛くなって、7キロしか走れなかった・・・・orz」
とがっくり帰宅してきた。
(注:7キロ地点で痛くなり、総計8.5キロ走ったんですと)

「ああ、健康な膝が欲しい・・。 
 ”髪の毛か膝か”と言われたら絶対に膝を取るのに(pq)

・・・どうか、ランニングの神様もしくは髪の毛の神様、
ダーリンの願いをかなえてあげてくださいませ・・・(≧▽≦)
[PR]
by poyo25 | 2008-12-29 22:01 | お家の仕事 | Comments(8)
今年のクリスマスは、なーんだかしゅげー気の抜けたものになってしまった。

太郎は毎日部活だし、次郎も塾だのサッカーだので忙しいし、
ダーリンは風邪を引いて具合が悪い上に、23日天皇誕生日から2泊の出張
(つまり、シェフが不在なのじゃ)。

そんでもって、24日、私としては通常ご飯よりは頑張ったつもりのメニューだったが、
「なんか・・・・ただの晩ご飯だねー・・・・・」
太郎に指摘されてしまったΣ( ̄□ ̄;;;)!!


さて、我が家の次男坊も、はや5年生。
最近は特に生意気な言動が目立つクソガキお年頃だ。
「お母さんにそんなこと言うと、サンタさん来ないよーヽ(*`д´)ノ」
と言っても
「いいもん、別に」
などと言うんだぜー。
こりゃきっと、サンタさんなんかいないと思ってるな。

・・・とにらんでいたのだが。
クリスマスイブの2-3日前、塾から帰宅するなり
「ねーねー、塾の友達が”サンタは親だよ”って言うんだけどorz」
と尋ねてきた。
「その子、お母さんがばらしちゃったんだって!」と興奮しているので
「そう。きっと不況だからクリスマスのお祝い自体を止めたかったんだよ♪」
などと適当な答えを返したら
「でも、弟にはサンタさん来るんだって。弟は小さくてかわいそうだから
 ばらしたらダメなんだって」

・・・・・うへー。
そりゃまた身も蓋もない・・・・。
その場は「信じている子には来るよ」という話で収めた(収まったのか?)のだが。

クリスマスイブ、寝る前にベッドになにやら袋をテープで止めて
「ここに入れてもらうんだ」と言っている次郎。
いつものように、サンタさんとトナカイさん用に
ワイン(でも、今年はシャンメリー(≧▽≦))とチーズとチョコを用意して就寝。

翌朝(今朝だな)、しゅげー早朝に起き出してプレゼントを発見した次郎。
私が起きたときには床いっぱいにプレゼントのデュエマスカードを広げて
幸せそうにしていた。

「サンタさん、来てくれてよかったねー♪」と言うと
「うん♪」というお返事。

「でも、このプレゼントの包装は○ティ(近所のスーパー)だね」
・・・うん。サンタさんが一括注文したんだよ・・・・・きっと・・・・・・。




<おまけ>
今年も私一人が楽しんで見た
NORADサンタ追跡プログラム
今年は動画がyoutubeだし、google earthとも連携してるし、びっくらしたよ。
[PR]
by poyo25 | 2008-12-25 18:19 | 家族 | Comments(4)
昨日の日曜日に行われた試合は、久々に次郎が出場。
およそ1ヶ月ぶりの試合だったので、
少々「試合勘」が鈍って戸惑っていたみたいだったが
2試合フル出場できたし、前のほうのポジション
(いい加減、ポジション名ぐらい覚えろよ、私ってば)
にも入れてもらって楽しかったみたいだ。

2試合とも圧勝できて、チームとしても楽しい1日になった。
子供といえど、5年生も終わりの時期ともなれば、結構お上手。
一番後ろの真ん中の(ポジション名覚えろよ・・・・)司令塔の子は
的確に指示を飛ばしていたし、かといって、誰かがミスしても
別に責めたりしない。
「ドンマイ!」「次は大丈夫」
なかなかいい雰囲気なのだ。

2試合目の相手チームは対照的だった。
「××ー(名前)!そこじゃないっていってんだろー!」
「守ってばかりでサッカーできんのかよー!」
これらは、子供たち自らの掛け声。
もちろん、コーチ陣からはもっとしゅげー声が飛ぶ・・・。
そんなんじゃ、サッカーしてて楽しくないでしょう?
おばちゃんは余計なお世話の心配をしてしまったのだった。


その大会の参加賞としてもらった「めざせ、ベストサポーター」という
保護者向けの小冊子を読んだら面白かった。
いわく「サッカーは自立の第1歩。何から何までお膳立てしてやることが
子供にとってマイナスになることもある」

「サッカーをするのは子ども自身の夢。あなたの夢ではありません」
「ゆっくり見守りましょう。セレクションで選抜されたからといって将来が保障された
ように思うのも、反対にさっさと見切りをつけて他のことをさせようとするのも間違い」

「試合の勝敗以外に大切なことがある」
・・・・・・

わざわざ小冊子にこんなことが書かれるということは、
「中学受験の失敗学」ではないけれど
「ツカレ親」はどこの世界にもいるということだね。
子供と一緒に楽しむ、あるいは子供の夢をサポートするつもりが
ついつい熱が入りすぎちゃう、それが親の性。
こと中学受験になると、何かと揶揄されてしまうけれど
スポーツの世界だって同じことだよ。




ところで、この日は太郎もテニスの試合があった。
なんと念願の公式戦初勝利V 
夏ごろからものしゅげー頑張って練習してたもんねー。
おめでとー♪

んでもって、テニスに燃えるにつれて明らかに自宅学習の時間が減っていたのだが(^^ゞ
今日持ち帰った成績表を見たら、なんと成績は上がってるではないか(゚〇゚;)
やっぱり、男の子は体を動かしていたほうがアタマも回るものなのか?
いやいやそれとも、本人にまかせっきりで
親はほとんどノータッチなのが良かったのか??(≧▽≦)
[PR]
by poyo25 | 2008-12-22 23:25 | 家族 | Comments(4)

今年最後のイモちゃん

先日、ダーリンがベランダで今年最終のバジル収穫を行った。
私はちょっと具合が悪くて(ここ強調)お昼寝をしていたのだが、
夕方起きてみたら、台所の片隅に空き瓶入りのイモちゃんがいた。
(イモ?さなぎ?迷うところだが、まだキレイな緑色なのでイモだと思う)
d0003116_20223678.jpg


「これ、わざわざ私のために取っておいてくれたの?」と尋ねたら
「そーだよー。まったくもう、最後の最後までひとの大事なバジルを
 食い荒らしてーヽ(*`д´)ノ」
口では大変怒っていたが、イモちゃんをポイせず取っておいてくれたあたりに
本人気づいていないがイモへの愛情が芽生えていると見たね(≧▽≦)


時期とか色形からして、昨年つくしねーさんからもらったイモと同じ種類かな。
去年のイモちゃんは、家の中で飼っていた?ら、真冬に羽化してしまい
結局お亡くなりになって気の毒だった。

今年はその轍は踏まないじょ。
ベランダにある収穫後のバジルの鉢にそっと置いた。
d0003116_2023624.jpg


さーて、無事に羽化してくれるかな?
[PR]
by poyo25 | 2008-12-19 20:25 | 生き物観察 | Comments(8)
あっという間に12月も半ば。
あと半月で今年も終わりだ。早いなー・・・・。

12月といえば大掃除。
「なんでこんな寒い時期に大掃除なんてするのー?(pq)」
毎年毎年おんなじことをつぶやきながらも仕方なくする大掃除。
12月に入ったらできるだけ早いうちから、暖かい日を選んで進めている。

ある日には窓を拭いて、桟を掃除し、少々カビまで生えちゃったパッキンを漂白しつつ
カーテンを洗濯(その1)して洗面所の物入れを整理。
次の週には、換気扇とレンジ台の掃除をしつつ、カーテン洗濯その2。
先週は台所と洗面所とトイレの床(ビニールクロス)を重曹で磨き、
台所の引き出しの中を掃除。

ま、ちまちまとしているだけで、総量としては大して働いていないことがわかるね(^^ゞ
フローリングのワックスかけなんかは、子供たちに冬休みにさせようっと♪(*^-'*)>


ところが、ちょっとずつしか働いていないのに、なぜか大掃除をすると
必ずといっていいほど具合が悪くなるΣ( ̄□ ̄;;;)!!
この年の瀬の忙しいときに、何度寝込んだことか
(単に昼寝が長くなっただけ、という話もある(≧▽≦))


昨日の日曜日は、次郎のサッカー少年団が普段練習場としてお世話になっている
小学校の掃除をする日だった。
生憎の雨なので、校庭掃除の予定を変更して体育館の大掃除。
一応主体は子供たちなので、ほんの申し訳程度に働いた程度だが、
それがいけなかったのか、
はたまた、掃除終了後体育館の外でしゅげー寒い中ミーティングをしたのが
いけなかったのか(絶対こっちだな)
家に帰り着いたときには疲れ果てて、なんだか気持ち悪くなっちゃった。

「なんでそんな鬼瓦みたいな顔してるの?」
ダーリンに驚かれたが、これは地顔具合が悪くてこうなっちゃうのよん。
午後はなんと4時間も爆睡して、健康回復に努めたのだった。

本日の教訓: 
  大掃除には気をつけろ、じゃなくて(^^ゞ
  やっぱり、人間、睡眠は大切だよ♪
[PR]
by poyo25 | 2008-12-15 20:42 | お家の仕事 | Comments(12)
実は、今度は太郎にも
「ひとのこと、おもしろおかしく書きやがってヽ(*`д´)ノ
 勝手にブログに書くなよなー」
と怒られちゃった。
なので、なるべくコドモネタは避けようとしているのだが
そうすると、なかなかネタがなくて・・・・(pq)





今週は図書館で大収穫。
何ヶ月も前から予約していた本が回ってきたり、
思いがけない人気本?がゲットできたり。


1. 「中学受験の失敗学」

中学受験生の親御さんに話題の本らしい。
内容はリンク先(amazon)の紹介文に譲るとして、
(タイトルにリンク張ってあります)
2人目受験母の私には
「そうだねー。そんなの当たり前じゃん
と思う事が多かったかな。

「塾や家庭教師がついていた時間=勉強量」と思ってはいけない」
「子供の能力には歴然とした差がある」
「塾や家庭教師の悪徳営業トークの言いなりになってはいけない」
などなど、全くもってそのとおりー。

ネット情報だの、先輩ママの話だの、自分自身の(子の)経験だのから
こういったことがわかっている人は多いと思う。
だから、実際に「ツカレ親」になる人はそんなに多くないのではないかにゃー?

      
読んでいて目からうろこだったのは、「中学受験の奇跡」の例。
そこでは、ある程度の学力は十分持ちながらも
算数の得意不得意にムラがあって足を引っ張ってきた男の子が、
自分のずば抜けて得意な分野と出題傾向が合っている
ハイレベル校にチャレンジして見事合格、というケースが紹介されていた。
なるほどー!
これなら納得。
そうでない限り、いわゆる「偏差値の壁を乗り越えて奇跡の合格」なーんてことは
まずないらしい。


また、家庭教師業界の内幕が垣間見られたのは面白かった。
というか、うすうすわかってはいたけれど、改めて考えさせられた。
ま、どのみちうちは家庭教師をつけることはないけどね♪(*^-'*)>
(それどころか、今度の冬期講習のオプションも全部ぶっちぎったよ(゚▽゚)アポー)




2. 闇の子供たち

・・・・・私の拙い筆で何かをもっともらしく書くべきではないでしょう。




3. 都会のトム&ソーヤ6 ぼくの家へおいで

あ、これは図書館から借りたのではなく、自分で買った本。
最近は太郎ばかりでなく、次郎も読むから。
私も次郎も2時間ほどで読破した。
・・・私はともかく、次郎はちゃんと毎ページ読んだのか???
早すぎ。なんかもったいない・・・・orz
[PR]
by poyo25 | 2008-12-13 17:06 | 家族 | Comments(10)

持久走大会と切磋琢磨

昨日は次郎の持久走大会だった。
5年生は6分走。
次郎は接戦の末、1550メートルを走って見事1位に輝いた。
うちの子たちは、巧緻性とか敏捷性とかリズム感とかが必要な
縄跳びだのマット運動だのダンスだのは苦手なのだが、
持久走のような、根性さえあればなんとかなる系には強いらしい(≧▽≦)



思えば、太郎も持久走は速かった。
(何しろスイミングで毎日2-3キロ泳いでいたからね)
太郎の学年は、次郎に比べて全体の人数も少なかったし
持久走系統が得意なお子があまりいなかったのか、
いつも太郎がぶっちぎりのトップだった。
スタートダッシュするもののすぐにペースダウンしてしまう友達を尻目に、
最初から最後まで同じペースで、苦しい表情ひとつ見せずに
まるで太郎だけがビデオの早回しをしているかのごとく、
どんどんごぼう抜きしていったものだ。

その太郎の5年生の記録は1520メートル。
おおっ、次郎のほうが30メートルも長いじゃないか!


サッカー少年が多い次郎の学年。
次郎の最大のライバルは、次郎とは違うサッカー少年団で活躍するT君だ。
スタート当初から、次郎とT君はじめ、先頭集団が猛ダッシュ!
次第に次郎とT君のガチンコ勝負になってきた。
先頭を走る次郎にT君がぴったりついている。
次郎は後ろを気にしつつ、必死な形相で抜かされまいと頑張る。
(なんだか「ネコに追いかけられるネズミみたいだにゃー」と
 思った私は(゚▽゚)アポー)


結局、最初から最後までハイペースで走らざるを得なかったのだが、
それが幸いして好記録につながったのだろう。


ひょっとしたらポテンシャルとしては太郎のほうが次郎より高かったかもしれないが、
太郎はよきライバルに恵まれなかったために、次郎より低い記録にとどまった
・・・・のかもしれない。
よきライバル、よき友を得て切磋琢磨することの素晴らしさを
感じ、ひとりしみじみした母であった。

ま、たかだか持久走大会の話ではあるんだけどね♪(*^-'*)>



引き続き午後は授業参観。
持久走大会で体力を使い果たしたらしくて、やたら眠そうな次郎だった。
なのに、夕方には塾。大変お疲れ様な一日だったねー。


1日遅れだが、今日は優勝のお祝いとして、豪華なおやつ♪
FLOのモンブランシフォンケーキ(確か)、おいちかったよ♪
d0003116_2256369.jpg

[PR]
by poyo25 | 2008-12-03 23:02 | 学校 | Comments(12)

夫と社会人1年目・大学2年の息子達の4人家族。「転んでもただでは起きない!」がモットー、物忘れひどし(゚▽゚)  息子たちはそれぞれひとりぐらし中。


by poyo25