ぽよよん備忘録 poyo25.exblog.jp

夫と社会人1年目・大学2年の息子達の4人家族。「転んでもただでは起きない!」がモットー、物忘れひどし(゚▽゚)  息子たちはそれぞれひとりぐらし中。


by poyo25
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2010年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

太郎の卒業式

先日、太郎の中学の卒業式があった。
とはいえ、中高一貫だから、先生も生徒も基本的にはみんな持ち上がり。
4月になったらまた会うメンバーなので
卒業式だからと泣いている人なんかだーれもいなかった♪

練習が一切なかったという卒業式は
校歌以外の歌もなければ
(ちなみに、私はこの校歌を聞くのは入学式以来はじめて)
事前に聞いていたのと入退場のルートが違ったり
(写真撮れないじゃないか)
みんなみょーにホコリっぽかったり、小さい学ランだったりで笑えた。
(うちだけじゃないわね♪と安心)

それでもやっぱり、ひとりひとり名前を呼ばれて立ち上がる姿は
3年前の入学式とは見違えるように背も高く、声も低くなっていて
なかなかりりしい♪
やっぱり3年分成長したんだなー、と感慨にふける母であった。



さて、校長先生の話が長くて眠かったせいなのか(≧▽≦)
式の時間は予定よりかなり長引いた。
   太郎なんか、せっかく「精勤賞」をとったのに
   精勤賞受賞者があまりにも多かったために、時間短縮のためか
   名前すら呼んでもらえなかった(≧▽≦)

私を含めて大多数のマダムが思ったのは
「あら大変!ランチの予約していたのに、遅れちゃうわ」
ということ。
子供たちは子供たちだけの「卒業を祝う会」があったらしいが
親は立ち入れないので、
しょうがなく?クラス単位だの部活単位だのでランチに行ったのだ。
私も部活のランチに参加して、マダムたちとにこやかにお話してきたよーん。


はっきり言って、
そのわずか2日後に迫った海外研修の準備で忙しくて
卒業式どころじゃなかった私たち。
そのうちあっという間に入学式を迎えることになるけれど、
中だるみした気持ちを引き締めて高校生活に臨みたいものだ。


****

ところで。
入学式は午前中学、午後高校のダブルヘッダーじゃ。
1日に2回もあの校長先生の眠い話を聞くと考えただけで気が遠くなるが、
それよりも、お昼ご飯を食べる時間がなくなるかもしれないのが大問題だ。
駅前のファミレスで済ませることができればベスト。
下手すると近所のコンビニで買ったおにぎりを校庭で食べることになるかも・・・orz
[PR]
by poyo25 | 2010-03-27 23:42 | 学校 | Comments(10)

次郎の卒業式

大変ご無沙汰しておりました。
今月は次郎のサッカー少年団の謝恩会を筆頭に
(これが一番大変だった。おかげで体重も減った(≧▽≦))
次郎の卒業・入学準備、
太郎の卒業・入学準備ならびに海外研修準備
おまけに私の転職まであって、目の回るような忙しさでした。
・・って、これからもしばらくは忙しい日が続くんだけど。

でも、今日は書かずばなるまい。
書かないと忘れちゃうから(゚▽゚)アポー


・・・

というわけで、あっという間に次郎の卒業式がやってきた。
誰の行いが悪いんだか(え?私?)、
あいにく寒い雨が降りしきる中、次郎はいつものように登校していった。

今年の卒業式は、「中学の制服は着用可」
だけど、「通学帽とランドセルは必須!」だった。
うふふ、おかげで太郎の時には見られなかった「学ランにランドセル姿」が見られたわ♪
d0003116_013445.jpg

入学式の時にはあんなに大きかったランドセル。
こんなに小さくなっちゃったね。

今日は寒かったので、式典の間も上着(学ラン)を着ているはずだと思っていたのに
次郎ってば、学ランを脱いでいた。
学ランだからと、ネクタイなんぞ用意していなかったから
なんかちょっとお間抜けな姿になっちゃってたぞ(≧▽≦)
ま、つくしねーさんちのくまくん(現在大学生)からお下がりでいただいた
かっちょいいセーターを着ていたのでまだ格好がついたけどさ。
ねーさん、ありがとうございました♪

男の子はスーツ、あるいはセーターにネクタイ姿が多かった。
女の子はほとんどの子がAKB48みたいな感じの、なんちゃって制服♪
3年前の太郎の時も制服っぽいブレザースーツは多かったけど、
今年はAKB度?が増している。これが流行ってものなのかね。

そんなことをぼーっと考えている間にもどんどん式は進んでいく。
一人ひとりが堂々とした立ち居振る舞いで卒業証書を受け取るし、
掛け合い漫才、じゃない、掛け合いの「旅立ちの言葉」もとてもスムーズにできた。
下級生と一緒に歌うときには、幼い声の下級生との対比に思わず涙しちゃったよ。
6年間って、長かかったなー。
本当に成長したね。おめでとう・゚ '゚(/□\) '゚゚・


一番仲良しのお友達とは、一緒にお昼ご飯を食べて、その後も遊んだ。
特に次郎は、みんなと違う中学に進学するので
「これが最後」という意識が強いらしい。
毎日まいにち、まさに「名残を惜しむ」ように遊んでいる。
本当はもうちょっと中学入学に向けておべんきょーに本腰を入れて欲しいけど、
あんなに楽しそうに遊んでいる姿を見ると、そっちを優先せざるをえない。
いい友達に恵まれて、幸せな小学校生活だったね・・・。




太郎入学以来、のべ9年間に渡った私自身の小学校生活も今日でおしまい。
9年間もいたわりには、「家庭科室ってどこだっけ?」なーんて最後まで言ってたし(^^ゞ
役員なんかで大変なこともあったけど、
今となってはいい思い出。
長い間、親子ともどもお世話になりましたm(_ _)m
  ついでに、このブログの「小学校」のタグもこれが最後なんだなー。
  ちょっとしみじみ。




さて、イタリア研修中の太郎は元気なんだろうか?
連絡がないってことは、たぶんちゃんと生きてるってことなんだろうな(≧▽≦)
一人いないと、かなーり静かなぽよ家♪(*^-'*)>
せいぜい今のうちにこの静けさを堪能しておくことにしよう♪
  (でも、一度ぐらいメール寄こしてもいいんじゃないか?おい!ヽ(*`д´)ノ)
[PR]
by poyo25 | 2010-03-25 00:16 | 学校 | Comments(17)

クラス懇談会 中学編

先日、太郎のクラスの懇談会があった。
今回は学校を離れて都内某ホテルのレストラン♪
(30分も迷って遅刻した私はイナカモノと言えましょうorz)

見晴らしのいいレストランというシチュエーションで
開放的な気分になっているせいか?
「先生への質問」というアンケートに皆さんが書き込むのは
ご結婚のご予定は?」だの
「好きな女性のタイプは?」だの
そんなんばっかり(≧▽≦)
イケメン独身男性である妻夫木サトシ先生(仮名)は
すっかりおばちゃんマダムたちの話の肴にされっ放しだ。
先生、お気の毒でしゅ。
(と言いつつ、私の質問も「ご結婚のご予定は?」だった)



今回私の隣に座ったマダムは、偶然にも下のお子さんがこの春同じ中学に入学する予定。
「じゃあ、この学校に二人分計ウン万円払い込んだんですね!(号泣)」だの
「入学前の宿題、数学のあの難問は解けました?」だの
思わぬところで同じ悩みを分かち合うことができたのだった。

ふと気づけば、隣のほうでは
上のお子さんが共に某最高峰国立T大を受験しているというマダムたちによる
「今年の足切りの点数、すごく低いですよねー」などと
なにやら贅沢というか、きらびやかな悩みごとが聞こえてくる。

そうかと思えば、上のお子さんがもう大学生のマダムは
「上の子の同級生には、”できちゃった学生結婚”が何組かいるのよ。
 あっという間に「孫の心配」しなくちゃいけなくなるわよ!」
とアドバイス?してくださる。
うーん、でも、いつまでも結婚できなくても困るし・・。
などと、母の心配はつきないのであった(≧▽≦)


ほんと、子供がいくつになっても親は心配しつづけるものだ。
だからたぶん、妻夫木サトシ先生(仮名)に対しても
「先生」というより、「親戚の若い子」を相手にするような
気分になっちゃって、
あれこれ余計なお世話なアドバイスをしちゃうんだろうな。
先生、大変申し訳ごじゃいませんでしたm(_ _)m

まあねー、少なくともそこにいたお宅のご子息は全員
めでたく高校に内部進学が決定しているからこそのお気楽さなのか。
中高一貫は親も中だるみするっつーことかね(≧▽≦)
[PR]
by poyo25 | 2010-03-03 15:48 | 学校 | Comments(6)