ぽよよん備忘録

poyo25.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

夏休みのお弁当

いやー、暑い!!!!
ここ何日か、パソコンの調子が悪いのもきっと暑さのせいだ。
苦しげな音を立てながら頑張っているパソコン君、もうちょっと辛抱してねー。




さて、本格的に夏休みが始まって約1週間。
この猛暑の中、学童のお子様たちは元気に走り回っている。
朝から。

そう。
学校が休みの日には、学童は朝から営業、じゃない、保育しているのさ(゚▽゚)
「せんせー、鬼ごっこしよー」
      ↑もちろん屋外。推定気温35度
なーんて叫ばれたときには眩暈がしましゅ・・・(゚▽゚

したがって、職員も朝から夕方までお弁当持参で勤務する。
このお弁当ってやつだが
子供たち(つまり親御さんたち)には「手作り」が求められている。
つまり、コンビニ弁当そのまんまとか、菓子パン袋のまんまとかは不可なのだ。
(ちなみに、買ってきたものをお弁当箱に詰め替えるのはokだそうだ)

まあ、それはわかる。
育ち盛りの小学生が何十人もそろって毎日コンビニ弁当のビニールをばりばりと開けている
・・なーんて光景はあまりにも悲しいからね。

しかし!
驚いたのは、「プチゼリーも不可」ということ。
自慢じゃないが、私は子供たちの塾弁にも中学のお弁当にも
プチゼリーを愛用していた。
凍らせれば保冷剤代わりになるし、デザートにもなるし、
いい場所ふさぎになるし
とってもいい食材だったのになー。


他の先生方の話を聞いていると、どうやら過去にプチゼリーばかりたくさん
持たせてトラブルになった家庭があったらしい。
一応「ゼリーはおやつの時間に提供するものと被るからご遠慮ください」
ということらしい。
「買ったものそのまんま」から「手作り♪」の間にどこに許容ラインを持ってくるかで
今までにさまざまな議論があっての結論だということだ。

ふーん。なるほろねー。
だけど、こういうことは本当に難しい。
出勤前の忙しい時間にお弁当までつくらなくてはならない親御さんにとっては
「なんで買い弁当がいけないの?」
「しかも、プチゼリーがダメって何??ヽ(*`д´)ノ」
「そもそも、お弁当の中身にまで指図されるなんて納得できない」
ということもあるだろうな。

お母さんたち、ご苦労様でごじゃいます。
お子さんたちは元気いっぱいに学童で過ごしていましゅ。
このくそ暑いのに元気すぎるほどでごじゃいましゅ。
どうぞ安心してお仕事をしてくだしゃい。
職員も頑張りましゅ。





・・などと考えつつ、私自身のお弁当はといえばろくなもんじゃない(^^ゞ
前夜の残り物がメイン、朝作るのは卵やきだけとか・・(。・_・。)ポッ
子供たちの部活が午後なので、今のところお弁当を作る必要がないから手抜き放題。
朝ばたばたと
「おかずは冷蔵庫! ご飯は炊飯器! 使ったお皿は洗ってね!!」
と指示して出かけるのさ♪(*^-'*)>


せっかく次郎も中学に入学し、夏も毎日部活で出かけるというのに、
お昼ごはんが今までで一番大変な夏休みになっちゃった。
これほどまでに給食のありがたみを感じたことはない(^^ゞ
ああ、早く2学期になってくれないかな・・・・(遠い目)




注: 今日書いた内容は、あくまでもこちらの地区の学童の話です。
[PR]
by poyo25 | 2010-07-25 11:17 | 仕事 | Comments(6)

修行

先日、太郎の部活の保護者会に行ってきた。
仲良しの友達との笑えるエピソードから始まって
進路選択に関するシリアスな相談まで(まだ高1なのにしゅごいなー)
さまざまな話題で盛り上がった。
例によって、「ええっ、んなことはじめて知ったわ(゚〇゚;)」ということも多くて
大変びっくら、かつ、ためになる会合だった。


その中でも特に印象的だった話。
どこの部活でもよくある話だが、太郎の部でも
「技術的にもイマイチな上、態度も悪い上級生」と下級生との間が
ちょっくらぎくしゃくしているらしい。
みんな「ただ年上ってだけで、どうしてあんなに威張られなくちゃいけないんだ」
と腹を立てたりしているそうな。
でも、とあるマダムが
「そういう理不尽なことって、社会に出ても絶対にあること。
 これから先避けて通れない課題だ。だから
 今、"学校の部活"という場でそういう相手に出会えてラッキーだと思う。
 どうやってそういう相手と付き合っていくかのいい訓練よ♪」

と言ったのには大変感銘を受けた。
この話を聞けただけでも、懇談会に出た甲斐があったというものだ。



ところで。
私の職場にもいるんだな、理不尽な上司が。
いや、正確にはいつも接する職場の人ではなくて、その上の管理職なので
たまに会ったり電話で話したりする程度で比較的被害が少ないんだけどさ。
私も何度か
「上司だというだけで、なんでこんなおっさんにこんなものの言い方
 されなくちゃいけないんだヽ(*`д´)ノ」
と憤慨したことがある。

ちょうど昨日も、またまたそのおっさんに理不尽なキレ方をされてむっとしたのだが、
何を思ったかこの(゚▽゚)アポー母は「こりゃちょうどいいわ」と思いつき、
帰宅後、太郎に仕事のグチを聞いてもらいつつ
「でもね、腹が立ってもいちいち波風立てても仕方ないから
 うまく受け流していくつもりよ、お母さんは」だの
「お母さんなんか、"いざとなったら辞めてやるヽ(*`д´)ノ"と思えるからいいけど
 お父さんなんか、もっともっと大変な思いをして働いてくれているのに
 家族のために辞められないんだら、もっと大切にしてあげなくちゃね!」

などと言い
例によって「何でもかんでも無理やり説教に持ち込む(太郎談)」
ことになっちゃった(^^ゞ 
こんなことで母の真意は伝わっただろうか??



それにしても、ほんと、働くって大変だにゃ。
今の仕事を始めてから、特にそれを痛感している。
それで、急にダーリンに優しくするようになり、驚かれている今日この頃。
・・・今までどんだけ悪妻だったか・・・(≧▽≦)
[PR]
by poyo25 | 2010-07-10 18:24 | 仕事 | Comments(12)

夫と社会人1年目・大学2年の息子達の4人家族。「転んでもただでは起きない!」がモットー、物忘れひどし(゚▽゚)  息子たちはそれぞれひとりぐらし中。


by poyo25