夫と社会人1年目・大学2年の息子達の4人家族。「転んでもただでは起きない!」がモットー、物忘れひどし(゚▽゚)  息子たちはそれぞれひとりぐらし中。

by poyo25

<   2011年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

次郎、14歳

今日は次郎の14歳の誕生日。
ダーリンは出張だし、太郎も次郎も部活で遅いので
たいしたことはしなかったけれど、
ケーキ(というかタルト)だけは買ってお祝い♪
d0003116_20392668.jpg


14年前、35週の早産で生まれた次郎は、すぐに小児病院のNICUに搬送されていった。
まあ念のため入院というか、重篤な病気があったわけではなかったので
私は比較的のんきに自分の入院生活を楽しんでいた(こらこら)。

それでも、ダーリンの報告や、撮ってくれた写真(この頃デジカメになったなー)
を見ると、ちっちやい体にいろんな管がつけられていて
「ごめんね、退院したら大切に育ててあげるからね」
と心に誓ったものだった。
(なのに、こんなに粗雑に育てちまって・・・・)

でも、小さいながらも次郎は元気だった。
私が退院してすぐ、晴れて両親揃って次郎の面会に行き
直接哺乳瓶で授乳させることができたとき、
確か20だか30ccぐらいのわずかな量とはいえ、
あっという間に「じゅーーーーっ!」と飲み干して
もっとくれー、とばかりに元気に泣いていたことを思い出す。

NICUなので、他の赤ちゃん達は、次郎より体は大きくても
ミルクがなかなか自分では飲めなかったりしている。
「3ヵ月後には心臓の手術をするんです」
なんて会話もあって、
なんだか次郎がそこに一緒にいるのは申し訳ないような気がした。

あれから14年。
今朝もあの日と同じような、気持ちのいいお天気。
朝早く「いってらっしゃーい」と子供を送り出せるのはなんと幸せなことだろう。
あの時一緒に入院していた仲間達も
元気で「いってきまーす」と言っていることだろうね♪
[PR]
by poyo25 | 2011-05-25 20:52 | 家族 | Comments(14)
1. 太郎

   「お母さん、紅茶淹れてくれー」と太郎がほざいた言った。
   忙しい母は一瞬ムッとしたヽ(*`д´)ノ が、ふと思いついて
   
   「2-3歳の頃は何でも”じぶんでーっ!(自分でする)”って言ってたのにねー(≧▽≦)」
   と反撃してみたら、

   「もう昔の僕じゃないんだよ♪(*^-'*)>
    成長したってことだね♪」


    ですと。
    ・・・そりは「成長」ではなく、「退化」というのではないか?・・・・orz



2. 次郎

   ① 私のブログをくすくす笑いながら、なぜか音読していた次郎。
      「割愛」を「わりあい」と読みやがった読んでいた。

      ・・・・この期に及んで「ご迷答」ネタを提供してくれるとは・・・・・orz


   ② 2年生になって、電子辞書を買い与えた。
     何とか一応使っている様子。

     「でもね、面倒なんだよ。
      ボクの字をこいつ(電子辞書)が認識してくれなくてさー

     ・・・・認識してもらえるような字を書くように頑張りたまえ・・・・・orz




(なんか、やっぱり次郎の方がネタとしては面白い。
 でも、しかし、こんなんでいいのか????????・゚ '゚(/□\) '゚゚・)
[PR]
by poyo25 | 2011-05-22 22:10 | 家族 | Comments(9)

「はやぶさ」独り占め?

ゴールデンウィークからこっち、
またもや体調不良になり、毎日ぐだぐだと寝ていた(^^ゞ

ようやく少し体調が復活したのが今週はじめ。
試しに最近入会したばかりのサーキットトレーニングに行ってみたら
病的な肩こりがすっと楽に!!!
あまりに感動的だったので、月火水と3日連続で通っちゃった♪

うん。
仕事で疲れただの、風邪ひいただの、いろいろ大変たいへんと言って
何もしないで「休養」しているのではなく、
体を動かして、新しいことをやってみるのは
心身ともにすごく「効く」んだなー、と実感した。



んで、それに気をよくしたわけではないが、
近所の映画館で2週間限定で上映中の
「はやぷさ  -  HAYABUSA BACK TO THE EARTH」
を昨夜一人で観に行った。

d0003116_20294363.jpg



ご近所の映画館で500円で上映♪
それを知って、すぐに家族を誘ったけれど
子供たちはスルーするしヽ(*`д´)ノ
ダーリンも「土日は忙しいからなー」と拒否。
しかも
「一人で毎日でも観に行けばいいじゃないか。
 2週間毎日観てもいいよ。500円×14日=7000円 あげようか♪
なんて言うのだ。

ちょっと寂しい気持ちを抱えつつも、
トレーニングのおかげで前向きになった私は、いきなり
「お母さんは今夜9時から”はやぶさ”観に行くからね!」
と子供たちに宣言し、実行した。

あー、なんだか気持ちいい。
レイトショーを思い立ったときに一人で観に行けるなんて幸せだなー♪
そんなうきうきした気持ちでチケットを買い、劇場に入ったら・・

・・・・なんと、その部屋には私一人!
比較的狭い部屋とはいえ、ひとりっきり。

貸切だじょ!

なんか、
「500円で貸切なんてお得かも♪」と嬉しいような、でも
一人きりで寂しいような、怖いような。
何より心配なのは
「たった一人で、スクリーンの前で感動、号泣するのは恥ずかしいのでは?」
ということだった(゚▽゚)アポー


でも、号泣はしなくてすんだじょ。
ネタバレになるから詳細は割愛するが、
毎日は観なくていいかなー(^^ゞ

でも、来週また観にいくじょ。
友人が一緒に観に行ってくれるというから♪
あの見事なCGだけでも見る価値あり!
皆さんもぜひどうぞ!
[PR]
by poyo25 | 2011-05-19 20:16 | Comments(6)
この週末は太郎の懇談会だった。

さすがに5年目ともなると
顔見知りも多くなり、懇談会もなかなか楽しい。

クラスの役員もさくさくと決まって一安心。
廊下には、去年行われた校外研修の写真が張り出してあり、
わが息子が写っている写真を購入しようとするマダムたちがたくさんいた。

私もちょこっとそこに参入したけれど、
はっきりいって、節電のために照明を落とした廊下で
ちっこい写真に写っている男子高校生の塊を見ても
老眼の私にはどれが誰だかちーっともわからにゃい(゚▽゚)アポー

それはどのマダムも同じらしくて、
あちこちで「あ゛ー、わからないからもういいわ」という声が聞こえていた。
「子供本人に買ってくるように言っても
 ”めんどくせー””いらねー”で済まされちゃうしヽ(*`д´)ノ」
・・・私を含めて、あきらめが早いマダムたちであった。



以前聞いた話によれば、
男子校はどこでも写真の売れ行きが悪いんだそうだ。
これが女子校だと、子供本人が張り切ってお友達の分までたくさん買うんだと。
さらに共学になると、やはり女子が「あこがれの男子」の写っている写真まで買うそうな。
つまり、写真屋さんのお得意さんは
共学(女子が多いほうが良い)>女子校>>>>>男子校
ってところかにゃ?(≧▽≦)

写真屋さん、ごみんなさいです。
うちの子たちの学校では大して利益が上がらないと思いましゅ・・・。





さて。
今年は太郎のクラスで役員をすることになった。
息子とコミュニケーションが取れていない分(爆)
せめて担任の先生と仲良くなっておこうという下心♪

そのうち、ランチに行っても
「えー、知らなかった!」の連発をすることなく、
逆に「皆様、ご存知?♪(*^-'*)>」と
ネタ情報を提供する側になることができるのか????(≧▽≦)
[PR]
by poyo25 | 2011-05-01 22:23 | 学校 | Comments(14)