ぽよよん備忘録

poyo25.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧


大げさなタイトルで失礼いたします(≧▽≦)

先日、太郎の中高時代の友達のお母様とマダムランチをした。
場所は東京駅からほど近い「ミクニマルノウチ」
おいしい。
大変おいしかったo(*^∇ ^*)o 
特に東京地産の野菜がおいちい。

いやー、しばらく見ないうちに、丸の内もおしゃれになったものだねー。
ここは丸の内ブリックスクエアというエリアの一角にあるのだが、
オフィス街の真ん中にありながら、おしゃれで静かでオトナの雰囲気。
中庭ではたくさんの人が思い思いに憩いのひとときを過ごしている。




さて、今回のランチは
私以外は全員ご主人がお医者さんというマダム達。
(子供たちが通う学校は、しゅげー医者の師弟が多いのだ)
めでたくご子息がこの春超難関国立大医学部に進学されたマダムとか、
ご子息は親の職業とは関係なく超難関国立大学に進学されたお母様とか、
大変めでたくもきらびやかなメンバーだ。
例によってわたくしは
へーとかほーとかいいながら(゚▽゚)アポー
皆様のお話を拝聴してきた♪

私が「太郎が連絡を寄越さない(pq)」と嘆いたら、
皆さん、「そうだそうだ」「男の子なんてそんなもんだ」と共鳴してくださる。
年の離れたお兄ちゃんがいるマダムは
「まだ、仕送りしている間はお金で繋がってるんだけどね、
 卒業して就職したら”金の切れ目が縁の切れ目”
 本当に音沙汰なくなるわよー」
とおっしゃる。
うーん、確かにそんな予感はする。
ひしひしとする(―“―;)



ところで、そのマダムから聞いた恐ろしい実話。
ある有名私立中高から有名大学医学部を経て
立派にお医者さんになったご子息を持つ奥様が詐欺にあったんだそうな。
「医局の先輩と一緒に先物取引に手を出して失敗し、医局の金に手をつけてしまった。
 300万で穴埋めできるから、お願い助けてくれないか」
という電話が、息子さんを名乗る男からあったのだそうだ。

後から考えれば確かに怪しかった。
声もなんだか変だったし(「風邪を引いた」と言ってたらしい)
携帯からかけてこないのも変だった(「携帯落とした」と言ってた)
でも、大学病院の名前も合っているし、
結婚したばかりの妻の名前まで出してきたので
信用してしまったんだそうな。

結局、「先輩」を名乗る男にまんまと300万円渡してしまった翌日に
本物のご子息から電話があって、事件が発覚。
「オレオレ詐欺にひっかかるのはお年寄りだとばかり思っていたけれど、
 私たちの年代もターゲットになっているのね・・・・(pq)」
被害にあったマダムが悲痛な面持ちで教えてくださった、というお話。

どうやら、敵はfacebookなどで事前に情報を仕入れてくるらしい。
出身校名や勤務先などで簡単にターゲットが検索できるし
友達の友達ぐらいになれば、詳しい情報も手に入るらしい
(すみません、facebookには疎いもので不確か)。
太郎たちも大学に入ってパソコンやらスマホやらを本格的に活用しはじめ、
facebook だのラインだのを使っているが
こうした、思わぬ形での個人情報流出には注意しないといけないねー、と
母たちは深くふかく肯いたのであった。


最近では、「オレオレ詐欺」ではなく、この手のヤツを
「母さん助けて詐欺」と言うらしい。
確かに、ヨメの名前までゲットした上で詐欺の電話をかけられちゃったら
こちらとしてはひとたまりもないだろう。
有名私立中高で医者の家庭なら、300万ぐらい出すだろうし。
(この値段設定がまた絶妙。
 これが3千万なら躊躇するよね、とみんなで言ってた)

いくつになっても息子は息子。
「助けて」と言われたらいくらでも助けてやりたくなるのがハハゴコロ。
そこに付け込む犯人たちは許せん。

がっ!
息子の声が変だったら、やっぱり疑おうよ、かーちゃん。
携帯変えたと言われたら疑おうよ、かーちゃん。
息子が使い込みなんかしたと言われたら、疑おうよ、かーちゃん。

というか、
それだけ息子が普段音信普通だからそういうことになるんじゃないか??
母に自分の声を忘れられないように、たまには電話しろよ、息子たちヽ(*`д´)ノ
電話でなくても、メールでもなんでもいいから、
母が詐欺に合わない程度には近況報告をしろよ、息子たちヽ(*`д´)ノ

うちのダーリンにも、もっとお母さんに電話してもらおう、と
ちょっと反省したヨメであった(。・_・。)ポッ

大学入学で親元を離れた学生さんたちも、
もっと親御さんに連絡を取るようにね♪(*^-'*)>
[PR]
by poyo25 | 2013-05-22 20:52 | 家族 | Comments(8)
昨日、仕事仲間と一緒にディズニーシーに行ってきた。
シーに行くのは生まれて初めて♪
実はディズニーランドにも、30年ほど前にに1回行ったきりなので、
ディズニーランド自体初めてと言っても過言ではないわたくし(^^ゞ
今回は、ディズニーが大好きな職場の先輩2名ほどを先導係に、
合計6名の女子集団(あ、殴らないで)で1日楽しんできた。


生憎、誰の行いが悪かったのか(やっぱり私?)
朝から雨orz
しかも、結構風も強いorz
経験者の次郎に「レインコートは持っていったほうがいいよ」
とアドバイスされていたのに忘れていた(゚▽゚)アポー母は
とりあえず入ってすぐの売店でレインコートを購入。
すれ違う家族連れとか、若いひとたちが着ている
ミッキーのポンチョも可愛いなー、などと考えながら
先輩たちの後を金魚のナントカよろしくついて回った。


噂には聞いていたが、
シーの方が落ち着いた感じだ。
特に、わたくしたちはオトナなので♪(*^-'*)>
乗り物というより、ショーを中心にゆったりと見て回った。


感想。
ショーは面白かった o(*^∇ ^*)o 


最初に見た「ミスティックリズム」も凝っていたけれど、
なんとなく、「私たち、頑張ってるでしょ。しゅごいでしょっ!!?ヽ(*`д´)ノ」
という雰囲気が伝わってきちゃった。
しかし、次に観た人魚姫アリエルのミュージカル「アンダーザシー」では
素直にアリエルの優美な美しさに見惚れることができた。
(どーでもいいけど、あの、腰に鉄棒が刺さったような仕掛けはどうなってるんだろうか?
んでもって、ものすごーく腹筋とか背筋とか使いそうなのに、
 それを感じさせないアリエルさんってしゅごい♪)

しかし、なんといっても、「ビッグバンドビート」が良かった。
人間のお兄さんお姉さんたちの歌や踊りもしゅごかった。
特に、女性ボーカルと、女性ダンサーたちに拍手喝采。
いやー、これぞ大人の娯楽♪ 
・・と思っていたが、
やっぱりミッキーがすごかった!
スポットライトのせいだけではない、
登場するだけで全ての人の目を奪う華やかさ!
ドラムもタップダンスもものしゅげー上手でびっくりしたけれど、
他の共演者(ミニーとか人間とか)が
束になってもかなわないほどのオーラは何?????

わたくし、何しろ30年もディズニーに来ないやつなので、
けっっっっっしてミッキー好きというわけではない。
なのに、あのミッキーにはくらくらした。
おばちゃんは一気にファンになっちゃったよ♪(*^-'*)>



生憎の雨で何かと動きづらかったし、パレードもなかったし、
気のせいか、キャストの皆さんもやや仏頂面が多かったかも。
でも、禍福は糾える縄の如し(大げさだな)。
おかげで人が(比較的)少なく、
待ち時間がすごく少なかった。
先輩いわく、
「土曜日でこんなに空いているのは経験がない」
というほど。

また、雨の中、湖で敢行されたショー「レジェンド・オブ・ミシカ」をぼけっと観てたら
何やら「ぐりとぐら」みたいなやつらを発見した。
「うーん、こんなキャラクターいたっけ?」とよくよく考えたら
実はチップとデールだった(≧▽≦)
頭に笠をかぶっていて、晴れの時にはある(らしい)羽飾りがない。
(ま、ネズミとリス、帽子と笠なので、
 私の推理は当たらずとも遠からずというところか?(≧▽≦))
ほかのキャラクターたちも、透明なレインコートを着ていたが、
これはこれでレアな光景だった(らしい)ので、
ラッキーといえようか。



朝から晩まで夢の国を堪能した。
先導役をしてくださった先輩方、どうもありがとうございました。
おかげで、超初心者の私たちも
いろんなところを楽しめました♪

中でも一人の先輩は、
「もう100回以上は来てるわ♪」とのこと。
お土産屋さんの特徴から、アトラクションの写真撮影ポイントまで
アドバイスをいただけて、それだけでも尊敬いたします。
(どーでもいいが、100回と聞いて
 "1回1万円として、もう100万円以上ディズニーにかけてるわけかー!"
などと思ってしまった私って、みみっちい・・・orz)


この年になって、こんな初体験♪(*^-'*)>
いやー、おもちろかった。
ちなみに、昨日の万歩計はなんと18000歩!
今日は足が痛い・・・(≧▽≦)
[PR]
by poyo25 | 2013-05-12 12:04 | Comments(4)

それぞれのGW

いよいよ連休も終わり。
皆様いかがお過ごしになったでしょうか。


今年の我が家は、みんなそれぞればらばらにのんびり過ごした。
こんなにのんびりしたのは久しぶり。
というのも、
私の実父の命日が5月3日なので、法事だの何だのがあったし、
法事はなくとも、一昨年までは御墓参りなどで子供たちと一緒に里帰りしていたから。

しかし、今年は実家の母からの「いつ帰ってくるのヽ(*`д´)ノ」という催促もない。
(おそらく、太郎の進学で舞い上がっていたからだにゃ)
これ幸いとばかりに、自宅でのんびり過ごすことにした。



私は基本ぐーたら。
あ、でも、一日だけ「渋谷ヒカリエ」に行って、おのぼりさんよろしく楽しんできた。

ダーリンはランニング三昧。
「これ以上休みが続くと脚が持たない♪(*^-'*)>」
ですと。



次郎は、試合三昧
・・・のはずが、早々に負けちゃったもので、思わぬ連休に♪
母に負けず劣らずのぐーたら生活を満喫した。

昨日は、オトナらしく「一人映画」を観に行ったのだが、
(「アイアンマン」)
「周りはみんな子供ばっかりだった(―“―;)」
ですと(≧▽≦)




そして太郎。
何の連絡もないから、GWは帰ってこないんだろうなー、と思っていたが
案の定、戻ってこない。
ま、たぶん無事なんだろう、と思っていたら。

連休のある夜、太郎の高校の同級生のお母様からメールが。
「今、旅行に来ています。息子はこれから太郎君と会います」
とのこと。

なんと、家族旅行のついでに、ご子息が太郎に会ってくれたのだそうだ。
太郎にメールをしたところ
「サークルの練習が終わったら、自転車でホテルまで行くよ」
ということになり、
二人でご飯を食べ、太郎の下宿にご案内したりしたんだそうな。

ほー。
ずいぶん慣れたみたいじゃないか。
自転車でホテルまでお迎えに行けたのか。
そこからちゃんとご飯食べるところまで案内できたのか。
人を呼べるような部屋の状態だったのか(これは疑問)。

ホテルのロビーで、そのお母様が撮ってくれた写真を見ると
ぜーんぜん変わらない様子の太郎がいる。
「元気そうだったよ」という優しい一文を添えてくれたそのお母様、
どうもありがとうございました。
おかげで、わが子が無事なのがわかりました(゚▽゚)アポー

・・・・・
どうして、よそ様を通じてしか我が子の様子がわからにゃいのか???
という疑問がふつふつと湧き上がるが、
ま、いいか。
とりあえず元気そうだから。



さーて、明日からはまた通常営業の毎日。
連休明けだから、お役所も混むだろうなーorz
ま、頑張りましょう!
[PR]
by poyo25 | 2013-05-06 18:14 | 家族 | Comments(4)

夫と社会人1年目・大学2年の息子達の4人家族。「転んでもただでは起きない!」がモットー、物忘れひどし(゚▽゚)  息子たちはそれぞれひとりぐらし中。


by poyo25