夫と社会人1年目・大学2年の息子達の4人家族。「転んでもただでは起きない!」がモットー、物忘れひどし(゚▽゚)  息子たちはそれぞれひとりぐらし中。

by poyo25

<   2013年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

優しい親子?

先日、ベランダで洗濯物を干していたら、
足元に赤い毛虫が歩いているのを発見した。

ありまー。
どこから来たんだろうね。
こんなところにいても食べ物ないよー。

そう思いつつ見ていたら、
ベランダ戸口に立てかけていたプラスチックのちりとりに
毛虫ちゃん遭遇。
しばし登ろうと試みていたがダメみたい。
「わーん、こんなのいやだー」
と言いながら(そう見えたんだってば)
くるりと向きを変えて引き返していった(≧▽≦)


そして昨日。
次郎の目の前を蚊が飛んでいたので知らせたところ
ひょっと見事に手の中に蚊を収めた。
んで、そのままそーっとベランダに放しに行ったではないか。

「えへへ。僕優しいでしょ♪(*^-'*)>」と次郎。
負けずに私も
「おかあさんも、この間ベランダにいた毛虫ちゃんを暖かく見守ったよ」
と言ったところ、次郎がびみょーな表情になった。

「あ゛ー、お母さんってば、毛虫飼う人だもんな」
次郎が言っているのは、次郎が小学生の頃
コスモスについていた芋虫をそのまま飼っていたところ
次郎の塾のリュックにくっついていってしまい、
模擬試験の最中に大騒ぎになったという事件♪(リンクここ)


私は申し訳ないが、蚊は無意識のうちにべしっと叩いてしまう。
次郎はトラウマからか?毛虫は嫌いな様子。
お互い虫には優しいのだが、
その優しさがちょこっと違うので、
お互いに理解できない私たち親子。
ああ、断絶かしら・・・(≧▽≦)



おまけ。

太郎の高校からお便りが来た。
お金の精算や事務連絡だ。
その中に、「学年通信 号外」があり、
学年の先生方のその後の様子なども書いてある。

最後に、学年主任だった先生の
私たちに向けてのお礼の言葉があり、
末尾には
「もう次号はありません」
と一言。

なんだか懐かしくも寂しくなってほろっとしてしまった。
6年間お世話になりました。
先生の学年通信を拝見するのは楽しみでした。
本当にこれが最後かと思うと涙が出そうです(pq)

・・・と思ったけれど。
よく考えたら(よく考えなくても)
次郎と一緒の学校なので、会おうと思えばまた会える。
今度学校に行ったら、主任先生を探してみようかなー。
私には会いたくなくても、
太郎の近況報告は喜んでいただけるだろうし。

・・・あら、でも、
太郎の近況報告といっても、
「たぶん生きてます」
程度しかできないかー?(≧▽≦)
[PR]
by poyo25 | 2013-06-18 21:34 | 家族 | Comments(2)

頑張るルンバ君

うちにルンバ君が来たのは、実は半年以上前、確か昨年の12月ごろ。
ダーリンがたまったカードのポイントでゲットしてくれたのだ。

でも、当時は宅浪さながらに
太郎が自宅で一日中受験勉強をしていた時期だった。
ルンバ君はお仕事するときに大変うるさいので
一応太郎に遠慮して、使うのを自粛していたのだ。

晴れて太郎が大学に合格し、旅立っていった後
いよいよルンバ君本格稼動の時がきた。
さて、がんばって働いてお母さんを楽させておくれ♪


でも、最初は試行錯誤が続いた。
バーチャルウォール(立ち入り禁止エリアを設定する道具)を
設定するのを忘れたもので
玄関(5センチほどの段差がある)に落ちて
そこだけピカピカに掃除したあげく、
こと切れていたこととか(≧▽≦)

ダーリンの机の下で何やらコードに絡まって
こと切れていたこととか(≧▽≦)

あとは、真四角ならともかく、
我が家のようなマンションの間取りだと
(いくら狭くても)1回の作業で全ての部屋掃除は
ムリだということも判明した
(あんまりキレイにならない上に
 途中でこと切れていたので(≧▽≦))。

最近になってようやくルンバ君を使うコツがわかってきたわたくし。
家の中を2分割し、ちゃんとバーチャルウォールを置いて
床の上のものを片付けてから
「んじゃ、後はよろしくっ!♪(*^-'*)>」
お出かけするようになった♪


「やっぱり、自分の目で確かめながら
丁寧に掃除機をかけたほうがきれいになるよなー」
などと言いつつも、
私が仕事に行っている間にお掃除しておいてくれるのは
大変たいへんありがたい♪

最近は、仕事の日でなくても使うようになっちゃった。
先日は美容院に髪を切りに行っている1時間あまりの間にも
ルンバ君をセット♪
帰宅したら何やら絡まってこと切れていたので(多いな、このパターン)
救出して再スタートさせた。

気づいたら、開けていたドアから予定外のゾーンに入り込んでいたので
うまーく誘導しながら本来のお掃除予定エリアに戻してあげたり
(迷い込んできた虫を外に出すときみたいだった(≧▽≦))
最後にランプを赤くしながらホームベースに戻る瞬間を目撃できたり
(”はー、やれやれ、おなか空いたよー”と言っているみたいだった(≧▽≦))
なかなか楽しい発見があった。


いつもありがと、ルンバ君♪
これからも頑張っておくれ♪(*^-'*)>





おまけ。

先日、太郎の入っているサークルが
東京の大学と試合をするために来る、
という情報をゲットしたわたくし。

試しに
「会いに行こうか?」とメールしたら
いつもは単語しか返ってこないのに
「忙しくてそんなヒマはない。
 お願いだからやめてくれ」
という文章での返事が来た(―“―;)

でも、どーーーーーーーーしても
顔が見たくなって密かに出かけちゃったよ。

なのに、最近手元ばかりでなく遠くも見えにくくなってきた
オトナの目を持つわたくしには
どれが太郎だかわからなかった(゚▽゚)アポー

一緒に行って下さった方が
いろいろ確認してくださったので
なんとか太郎を同定でき、
どうやら元気で楽しく生きているらしいことが
判明したのでよかったよかった(゚▽゚)アポー


あのね太郎。
常日頃からこまめに連絡を取っていて
ちゃんと元気に暮らしていることがわかっていれば
母だって無理やりこっそり観に行ったりはしないのだよ。
あなたからあまりにも音沙汰がないから
心配になってしまったの。

今後このようなことをしてほしくなかったら
ちゃんとたまには連絡しろよなヽ(*`д´)ノ
[PR]
by poyo25 | 2013-06-08 19:07 | お家の仕事 | Comments(8)