母の愛は届かないorz

10日ほど前は太郎の19歳の誕生日だった。

太郎が一人暮らしを始めてはや5ヶ月。
その間一回も顔を見ていない。
大丈夫かなー。
ちゃんと生きているかなー。
楽しく過ごせているかなー。
野菜食べてるかなー。

心配しつつ、「誕生日には何が欲しいか」とメールをしたら
「強いて言えば着るものとお菓子」との返事が♪

ちょうど上京する用事があったので、
デパートでいろいろと買い整え、
宅配便の箱の隙間にはプロテインだのビタミン剤だのを詰め込んで
ちょうど誕生日当日に届くように発送した。
あー、母の愛だわねー♪(*^-'*)>


ところがっ。
これがまた、ずぇんずぇん届かない。
うっかり「生もの」扱いにマルをしてしまったもので、
そのうち宅配会社から
「お荷物、生ものがあるようですが、このままお届けしてしまって
大丈夫でしょうか?」
とわざわざ確認の電話が入るていたらくorz
「また、あまり長期にわたって保管することはできないので
このままだと送り主様にお返しすることになります・・・」
心配してくれる宅配会社の人に、電話の前でぺこぺこ頭を下げたわたくし。

うーん。
太郎め。毎日何してるんだ?
ってか、家に帰ってないんじゃないか????ヽ(*`д´)ノ

太郎に確認したら
「毎日忙しくて受け取れていないだけ。
大丈夫、そのうち受け取れるから」という返事。

なのに、その後もなかなか配達できていなかった。
(ネットで今どういう状況なのか追跡できるのさ)
冗談抜きで、
太郎が熱中症かなんかで入院でもしているんじゃないかと
心配しはじめた矢先に
「宅急便届いた。ありがとう」
というメールがやっっっっっっと来た。


はーやれやれ、やっと受け取ったか。
安心した母だけど、
あんまり間があいたのと、余計な心配をしたのとで
そもそもどういう目的でナニを送ったのか
わかんなくなっちゃった(゚▽゚)アポー

あ゛ー、確か、誕生日のプレゼントだったんだっけか?
もう一度メールで「おめでとう」ぐらい言ってあげればよかったよ。
忘れちゃったけどさ(゚▽゚)アポー







ところで。

太郎の中高時代のお母様方と話をすると、
どこのご子息も、家を出たら連絡が途切れがちなんだそうな。
あの学校のご子息たちは結構
「大切に育てられたお坊ちゃん」というタイプが多いのだが、
離れて暮らすとかなーり母には冷たいらしい。

「メールを打っても3回に1回返信があればいいほうだヽ(*`д´)ノ」
とか、
「怪我をしたと聞いたから、大丈夫か?と尋ねるのに返事がない。
 たまりかねて、
 "元気だったら、「げ」の一文字でもいいから返事して"
 ってメールしたのに、やっぱり無視されたヽ(*`д´)ノ」
とか。
息子たちについての近況報告が
「たぶん」とか「おそらく」という単語だらけになる
のも
子供が出て行った母たちの特徴だ。

そうかと思えば、自宅から通っているご子息でさえも
「すれ違いが多くて、ちゃんと顔を見られない日が続いたら、
 気がついたら息子が7キロ痩せてたわ(≧▽≦)
という例もあるので、
まあ、大学生ともなれば、かなーり自由に生きているらしい。

しかし、
「突然デパートの某ショップで上から下まで服を買い揃えて
 毎日おしゃれに気を使うようになった時期があったけど、
 そのうち突然身なりに構わなくなった。 
 どうやら好きな女の子ができたけど、ダメだったらしい(≧▽≦)」
丸わかりのご子息もいらっしゃって、なかなか可愛い(≧▽≦)


学校を卒業してもまだまだ続く、母のネットワーク。
これがまた結構楽しい。
我が子の様子がわからない分、よそのご子息の
大学生活の話を聞くのが新鮮で楽しい♪
相変わらず「へー」とか「ほー」とか言いながら
仲間に入れていただいているわたくし。
今も昔も聞くばかりで役立たずですが、
皆様どうぞこれからもよろしくお願いいたしますです♪
(誰に言ってる?)







 
[PR]
# by poyo25 | 2013-08-26 21:41 | 家族 | Comments(6)

大変たいへんご無沙汰しております。
猛暑の中、皆様お元気でしょうか。
私は相変わらずお役所で毎日パートに励む毎日ですorz


さて。
先週のこと。
近くのそば畑でダーリンが手打ちそばを買ってきてくれた。
そば畑の一角にはミニひまわりが植えてあり、
そばを買った人には2-3本サービスでくれるという♪
d0003116_23304395.jpg


真夏にふさわしいミニひまわり。
リビングに活けたら、あら素敵♪




・・・・・
ところが。
さすが無農薬というべきか、
ヒマワリにはイモちゃんがついていた。
d0003116_23131173.jpg

  ↑
嫌がりつつも、ダーリンが自慢のデジタル一眼レフで撮影してくれた画像。
脱皮直後のイモちゃんの様子がよくわかる。
老眼のわたくしの肉眼よりもよーくわかる(≧▽≦)


当然ながら、このままイモを飼い続ける決心をしたわたくし。
朝に夕にヒマワリを覗いてはイモちゃんの様子を観察していた。


ところが、大問題が。
イモは私が確認した限りで少なくとも4匹はいた!
決して大きくないミニひまわり3本にイモ4匹。
2匹が食らいついて住み込んでいるヒマワリもあった。
んでもって、イモちゃんたちは食欲旺盛。
気の毒なほどむしゃむしゃとヒマワリを食い尽くす。
折からの猛暑で室温が高いせいもあってか、
哀れヒマワリたちは
あっっっっっっという間に枯れていったのだったorz
d0003116_23212684.jpg

(ちょっとアレな画像なので、わたくしのへたくそな携帯写真のほうがよろしいかと)


さすがのわたくしも、
こんな状態になっちまったモノをリビングに飾り続けるのはちょっとイヤ。
かといって、ここまで育てた?イモちゃんたちを捨てるのも忍びない。
あー、早くサナギになってくれないかしらー。

と思っていたら。
今日の夕方、ヒマワリがあるサイドボードのとなりに敷いてある
カーペットにもぐりこんでいるイモ1匹を発見!!
d0003116_2324085.jpg

あらまー、こんなところにもぐりこんでちゃ踏まれちゃうよ♪
ということで救出(?)し、
おそらく蛹化すると思われたので、ベランダの片隅に安置した。


さーて、残るイモちゃんたちはどうなるんでしょうか?
1匹はまだヒマワリにいるのが確認できるんだけど、
1匹はわりと初期の段階で行方不明だし
もう1匹も今朝から行方不明。
リビングのどこかで蛹になってるのかなー?







おまけ。
うちの台所の網戸が壊れた。
マンション新築から13年。
昨年糸が切れたときに
ダーリンがなんとか直してくれたものの、
やっぱり壊れたプリーツ網戸ヽ(*`д´)ノ

網戸なしでは大変困る。
虫が入ってくるからドアを開けっ放しにするのも嫌だし、
かといって、この猛暑の中
閉め切って風が通らない台所で
料理をするのは地獄のよう(―“―;)

そしたら、今日、
夏休みでおうちにいたダーリンが
ホームセンターで網戸セットを買ってきてくれて
直してくれたのだー!!!o(*^∇ ^*)o わーい♪

プリーツ網戸ではないが、巻き取り式になっていて
普段はコンパクトになっている♪
私にはとてもできない取り付けを
ちゃちゃっと仕上げてくれるなんて、
さすが工学部出身! いよっ! 天才!!!
(↑関係あるのか)


というわけで、
猛暑でも、疲れていても、
毎日の生活にある喜びを大切に生きております♪(*^-'*)>





もうひとつおまけ。

昨日、何かのドラマの予告を見ていたら
「この、二股野郎!!」
と、誰かイケメンがもうひとりのイケメンに怒鳴られていた。

それを観ていた次郎がひとこと。
「あ゛ー、オレも"二股野郎"呼ばわりされてみたい」

・・・・うぷぷぷ。
まずは一股からだね♪(*^-'*)>
頑張りたまえ(≧▽≦)
[PR]
# by poyo25 | 2013-08-16 23:20 | 生き物観察 | Comments(8)

個人面談とタヌキその後

先日、次郎の学校で担任の先生との面談があった。
今回のお題は、来年から文系理系に分かれるので、その選択について。

事前に次郎からは「まあ、理系だね。志望校は教えなーい」
と言われていたのだが、
(どーでもいいけど、最近次郎はこの「教えなーい」だの
 「知らない」だの「忘れた」だの、母の気持ちを逆撫でするようなセリフが多いヽ(*`д´)ノ)
先生は「志望校は・・・・東大ですかね」
とおっしゃった。

・・・・・
じぇじぇじぇじぇじぇ????????(゚▽゚)アポー
なして東大?
そんなことわたくし、一言も聞いておりませんが。
確かにまだ1年生だし、
みーんな一度は「東大志望」と口にする学校らしいし、
「Boys, be ambitious(少年よ、大志を抱け)」な志望かも。

でも、いくらなんでも唐突過ぎる。
うちの次郎はそんなにambitiousなboyじゃないしー(゚▽゚)アポー

・・・
先生は、目の前の資料を指して
「ま、本人もはっきりと大学名を言ったわけではないんですが、
ここに理Ⅰと書いてありますよね。
理Ⅰって、東大しかないですもんね・・・・」
と話が続く。

他の話をしつつも、
へんだへんだへんだへんだ・・とぐるぐると考え続けたわたくし。
そのうちはた、と思いついた。

「せんせっ! これは 理Ⅰじゃなくて、理工、理工学部じゃないでしょうか!??」

先生も
「・・・・そ、そうですね!!! (゚〇゚;)」
すっかり納得と感動の表情。
あーよかった。
二人ともすっきりできたわ♪
めでたしめでたし♪

・・・・と思ったが。
それってつまり、
次郎の字が雑だから先生が読み間違えてしまった、ということですわね。
申し訳ございません!!!!

再度はたと気づいてコメツキバッタよろしく頭を下げた母であった。

はーやれやれ。
大学受験とか志望学部とかの話以前に
「字はきちんと書きましょう」
ということを身につけなければ。
・・・・・・・道のりは遠い・・・・・・・・(゚▽゚)アポー





さて。
以前書いた生物部に持ち込まれ、釜茹でにされたタヌキのお話。(リンクここ)
その後の話を某マダムから聞いたのでご紹介。

今年、その生物部の顧問の先生が担任になったマダム。
個人面談がつつがなく終わりかけたそのときに、
「そういえば、息子からタヌキの骨格標本があると聞いたんですが」
と水を向けてみたところ、
先生の目が急にきらーんと光りだし、
「ご覧になりますか?♪」
マダムをタヌキのところに案内してくださったんだそうな。

マダムいわく、
「タヌキの解説をしてくださった先生は、息子の進路について相談していたときの
 30倍ぐらい生き生きとしていらしたわ(≧▽≦)」
とのこと。

うぷぷぷ。
おかしー。
私もそのタヌキ、みてみたーい(≧▽≦)
[PR]
# by poyo25 | 2013-07-03 20:51 | 学校 | Comments(6)

優しい親子?

先日、ベランダで洗濯物を干していたら、
足元に赤い毛虫が歩いているのを発見した。

ありまー。
どこから来たんだろうね。
こんなところにいても食べ物ないよー。

そう思いつつ見ていたら、
ベランダ戸口に立てかけていたプラスチックのちりとりに
毛虫ちゃん遭遇。
しばし登ろうと試みていたがダメみたい。
「わーん、こんなのいやだー」
と言いながら(そう見えたんだってば)
くるりと向きを変えて引き返していった(≧▽≦)


そして昨日。
次郎の目の前を蚊が飛んでいたので知らせたところ
ひょっと見事に手の中に蚊を収めた。
んで、そのままそーっとベランダに放しに行ったではないか。

「えへへ。僕優しいでしょ♪(*^-'*)>」と次郎。
負けずに私も
「おかあさんも、この間ベランダにいた毛虫ちゃんを暖かく見守ったよ」
と言ったところ、次郎がびみょーな表情になった。

「あ゛ー、お母さんってば、毛虫飼う人だもんな」
次郎が言っているのは、次郎が小学生の頃
コスモスについていた芋虫をそのまま飼っていたところ
次郎の塾のリュックにくっついていってしまい、
模擬試験の最中に大騒ぎになったという事件♪(リンクここ)


私は申し訳ないが、蚊は無意識のうちにべしっと叩いてしまう。
次郎はトラウマからか?毛虫は嫌いな様子。
お互い虫には優しいのだが、
その優しさがちょこっと違うので、
お互いに理解できない私たち親子。
ああ、断絶かしら・・・(≧▽≦)



おまけ。

太郎の高校からお便りが来た。
お金の精算や事務連絡だ。
その中に、「学年通信 号外」があり、
学年の先生方のその後の様子なども書いてある。

最後に、学年主任だった先生の
私たちに向けてのお礼の言葉があり、
末尾には
「もう次号はありません」
と一言。

なんだか懐かしくも寂しくなってほろっとしてしまった。
6年間お世話になりました。
先生の学年通信を拝見するのは楽しみでした。
本当にこれが最後かと思うと涙が出そうです(pq)

・・・と思ったけれど。
よく考えたら(よく考えなくても)
次郎と一緒の学校なので、会おうと思えばまた会える。
今度学校に行ったら、主任先生を探してみようかなー。
私には会いたくなくても、
太郎の近況報告は喜んでいただけるだろうし。

・・・あら、でも、
太郎の近況報告といっても、
「たぶん生きてます」
程度しかできないかー?(≧▽≦)
[PR]
# by poyo25 | 2013-06-18 21:34 | 家族 | Comments(2)

頑張るルンバ君

うちにルンバ君が来たのは、実は半年以上前、確か昨年の12月ごろ。
ダーリンがたまったカードのポイントでゲットしてくれたのだ。

でも、当時は宅浪さながらに
太郎が自宅で一日中受験勉強をしていた時期だった。
ルンバ君はお仕事するときに大変うるさいので
一応太郎に遠慮して、使うのを自粛していたのだ。

晴れて太郎が大学に合格し、旅立っていった後
いよいよルンバ君本格稼動の時がきた。
さて、がんばって働いてお母さんを楽させておくれ♪


でも、最初は試行錯誤が続いた。
バーチャルウォール(立ち入り禁止エリアを設定する道具)を
設定するのを忘れたもので
玄関(5センチほどの段差がある)に落ちて
そこだけピカピカに掃除したあげく、
こと切れていたこととか(≧▽≦)

ダーリンの机の下で何やらコードに絡まって
こと切れていたこととか(≧▽≦)

あとは、真四角ならともかく、
我が家のようなマンションの間取りだと
(いくら狭くても)1回の作業で全ての部屋掃除は
ムリだということも判明した
(あんまりキレイにならない上に
 途中でこと切れていたので(≧▽≦))。

最近になってようやくルンバ君を使うコツがわかってきたわたくし。
家の中を2分割し、ちゃんとバーチャルウォールを置いて
床の上のものを片付けてから
「んじゃ、後はよろしくっ!♪(*^-'*)>」
お出かけするようになった♪


「やっぱり、自分の目で確かめながら
丁寧に掃除機をかけたほうがきれいになるよなー」
などと言いつつも、
私が仕事に行っている間にお掃除しておいてくれるのは
大変たいへんありがたい♪

最近は、仕事の日でなくても使うようになっちゃった。
先日は美容院に髪を切りに行っている1時間あまりの間にも
ルンバ君をセット♪
帰宅したら何やら絡まってこと切れていたので(多いな、このパターン)
救出して再スタートさせた。

気づいたら、開けていたドアから予定外のゾーンに入り込んでいたので
うまーく誘導しながら本来のお掃除予定エリアに戻してあげたり
(迷い込んできた虫を外に出すときみたいだった(≧▽≦))
最後にランプを赤くしながらホームベースに戻る瞬間を目撃できたり
(”はー、やれやれ、おなか空いたよー”と言っているみたいだった(≧▽≦))
なかなか楽しい発見があった。


いつもありがと、ルンバ君♪
これからも頑張っておくれ♪(*^-'*)>





おまけ。

先日、太郎の入っているサークルが
東京の大学と試合をするために来る、
という情報をゲットしたわたくし。

試しに
「会いに行こうか?」とメールしたら
いつもは単語しか返ってこないのに
「忙しくてそんなヒマはない。
 お願いだからやめてくれ」
という文章での返事が来た(―“―;)

でも、どーーーーーーーーしても
顔が見たくなって密かに出かけちゃったよ。

なのに、最近手元ばかりでなく遠くも見えにくくなってきた
オトナの目を持つわたくしには
どれが太郎だかわからなかった(゚▽゚)アポー

一緒に行って下さった方が
いろいろ確認してくださったので
なんとか太郎を同定でき、
どうやら元気で楽しく生きているらしいことが
判明したのでよかったよかった(゚▽゚)アポー


あのね太郎。
常日頃からこまめに連絡を取っていて
ちゃんと元気に暮らしていることがわかっていれば
母だって無理やりこっそり観に行ったりはしないのだよ。
あなたからあまりにも音沙汰がないから
心配になってしまったの。

今後このようなことをしてほしくなかったら
ちゃんとたまには連絡しろよなヽ(*`д´)ノ
[PR]
# by poyo25 | 2013-06-08 19:07 | お家の仕事 | Comments(8)


大げさなタイトルで失礼いたします(≧▽≦)

先日、太郎の中高時代の友達のお母様とマダムランチをした。
場所は東京駅からほど近い「ミクニマルノウチ」
おいしい。
大変おいしかったo(*^∇ ^*)o 
特に東京地産の野菜がおいちい。

いやー、しばらく見ないうちに、丸の内もおしゃれになったものだねー。
ここは丸の内ブリックスクエアというエリアの一角にあるのだが、
オフィス街の真ん中にありながら、おしゃれで静かでオトナの雰囲気。
中庭ではたくさんの人が思い思いに憩いのひとときを過ごしている。




さて、今回のランチは
私以外は全員ご主人がお医者さんというマダム達。
(子供たちが通う学校は、しゅげー医者の師弟が多いのだ)
めでたくご子息がこの春超難関国立大医学部に進学されたマダムとか、
ご子息は親の職業とは関係なく超難関国立大学に進学されたお母様とか、
大変めでたくもきらびやかなメンバーだ。
例によってわたくしは
へーとかほーとかいいながら(゚▽゚)アポー
皆様のお話を拝聴してきた♪

私が「太郎が連絡を寄越さない(pq)」と嘆いたら、
皆さん、「そうだそうだ」「男の子なんてそんなもんだ」と共鳴してくださる。
年の離れたお兄ちゃんがいるマダムは
「まだ、仕送りしている間はお金で繋がってるんだけどね、
 卒業して就職したら”金の切れ目が縁の切れ目”
 本当に音沙汰なくなるわよー」
とおっしゃる。
うーん、確かにそんな予感はする。
ひしひしとする(―“―;)



ところで、そのマダムから聞いた恐ろしい実話。
ある有名私立中高から有名大学医学部を経て
立派にお医者さんになったご子息を持つ奥様が詐欺にあったんだそうな。
「医局の先輩と一緒に先物取引に手を出して失敗し、医局の金に手をつけてしまった。
 300万で穴埋めできるから、お願い助けてくれないか」
という電話が、息子さんを名乗る男からあったのだそうだ。

後から考えれば確かに怪しかった。
声もなんだか変だったし(「風邪を引いた」と言ってたらしい)
携帯からかけてこないのも変だった(「携帯落とした」と言ってた)
でも、大学病院の名前も合っているし、
結婚したばかりの妻の名前まで出してきたので
信用してしまったんだそうな。

結局、「先輩」を名乗る男にまんまと300万円渡してしまった翌日に
本物のご子息から電話があって、事件が発覚。
「オレオレ詐欺にひっかかるのはお年寄りだとばかり思っていたけれど、
 私たちの年代もターゲットになっているのね・・・・(pq)」
被害にあったマダムが悲痛な面持ちで教えてくださった、というお話。

どうやら、敵はfacebookなどで事前に情報を仕入れてくるらしい。
出身校名や勤務先などで簡単にターゲットが検索できるし
友達の友達ぐらいになれば、詳しい情報も手に入るらしい
(すみません、facebookには疎いもので不確か)。
太郎たちも大学に入ってパソコンやらスマホやらを本格的に活用しはじめ、
facebook だのラインだのを使っているが
こうした、思わぬ形での個人情報流出には注意しないといけないねー、と
母たちは深くふかく肯いたのであった。


最近では、「オレオレ詐欺」ではなく、この手のヤツを
「母さん助けて詐欺」と言うらしい。
確かに、ヨメの名前までゲットした上で詐欺の電話をかけられちゃったら
こちらとしてはひとたまりもないだろう。
有名私立中高で医者の家庭なら、300万ぐらい出すだろうし。
(この値段設定がまた絶妙。
 これが3千万なら躊躇するよね、とみんなで言ってた)

いくつになっても息子は息子。
「助けて」と言われたらいくらでも助けてやりたくなるのがハハゴコロ。
そこに付け込む犯人たちは許せん。

がっ!
息子の声が変だったら、やっぱり疑おうよ、かーちゃん。
携帯変えたと言われたら疑おうよ、かーちゃん。
息子が使い込みなんかしたと言われたら、疑おうよ、かーちゃん。

というか、
それだけ息子が普段音信普通だからそういうことになるんじゃないか??
母に自分の声を忘れられないように、たまには電話しろよ、息子たちヽ(*`д´)ノ
電話でなくても、メールでもなんでもいいから、
母が詐欺に合わない程度には近況報告をしろよ、息子たちヽ(*`д´)ノ

うちのダーリンにも、もっとお母さんに電話してもらおう、と
ちょっと反省したヨメであった(。・_・。)ポッ

大学入学で親元を離れた学生さんたちも、
もっと親御さんに連絡を取るようにね♪(*^-'*)>
[PR]
# by poyo25 | 2013-05-22 20:52 | 家族 | Comments(8)

昨日、仕事仲間と一緒にディズニーシーに行ってきた。
シーに行くのは生まれて初めて♪
実はディズニーランドにも、30年ほど前にに1回行ったきりなので、
ディズニーランド自体初めてと言っても過言ではないわたくし(^^ゞ
今回は、ディズニーが大好きな職場の先輩2名ほどを先導係に、
合計6名の女子集団(あ、殴らないで)で1日楽しんできた。


生憎、誰の行いが悪かったのか(やっぱり私?)
朝から雨orz
しかも、結構風も強いorz
経験者の次郎に「レインコートは持っていったほうがいいよ」
とアドバイスされていたのに忘れていた(゚▽゚)アポー母は
とりあえず入ってすぐの売店でレインコートを購入。
すれ違う家族連れとか、若いひとたちが着ている
ミッキーのポンチョも可愛いなー、などと考えながら
先輩たちの後を金魚のナントカよろしくついて回った。


噂には聞いていたが、
シーの方が落ち着いた感じだ。
特に、わたくしたちはオトナなので♪(*^-'*)>
乗り物というより、ショーを中心にゆったりと見て回った。


感想。
ショーは面白かった o(*^∇ ^*)o 


最初に見た「ミスティックリズム」も凝っていたけれど、
なんとなく、「私たち、頑張ってるでしょ。しゅごいでしょっ!!?ヽ(*`д´)ノ」
という雰囲気が伝わってきちゃった。
しかし、次に観た人魚姫アリエルのミュージカル「アンダーザシー」では
素直にアリエルの優美な美しさに見惚れることができた。
(どーでもいいけど、あの、腰に鉄棒が刺さったような仕掛けはどうなってるんだろうか?
んでもって、ものすごーく腹筋とか背筋とか使いそうなのに、
 それを感じさせないアリエルさんってしゅごい♪)

しかし、なんといっても、「ビッグバンドビート」が良かった。
人間のお兄さんお姉さんたちの歌や踊りもしゅごかった。
特に、女性ボーカルと、女性ダンサーたちに拍手喝采。
いやー、これぞ大人の娯楽♪ 
・・と思っていたが、
やっぱりミッキーがすごかった!
スポットライトのせいだけではない、
登場するだけで全ての人の目を奪う華やかさ!
ドラムもタップダンスもものしゅげー上手でびっくりしたけれど、
他の共演者(ミニーとか人間とか)が
束になってもかなわないほどのオーラは何?????

わたくし、何しろ30年もディズニーに来ないやつなので、
けっっっっっしてミッキー好きというわけではない。
なのに、あのミッキーにはくらくらした。
おばちゃんは一気にファンになっちゃったよ♪(*^-'*)>



生憎の雨で何かと動きづらかったし、パレードもなかったし、
気のせいか、キャストの皆さんもやや仏頂面が多かったかも。
でも、禍福は糾える縄の如し(大げさだな)。
おかげで人が(比較的)少なく、
待ち時間がすごく少なかった。
先輩いわく、
「土曜日でこんなに空いているのは経験がない」
というほど。

また、雨の中、湖で敢行されたショー「レジェンド・オブ・ミシカ」をぼけっと観てたら
何やら「ぐりとぐら」みたいなやつらを発見した。
「うーん、こんなキャラクターいたっけ?」とよくよく考えたら
実はチップとデールだった(≧▽≦)
頭に笠をかぶっていて、晴れの時にはある(らしい)羽飾りがない。
(ま、ネズミとリス、帽子と笠なので、
 私の推理は当たらずとも遠からずというところか?(≧▽≦))
ほかのキャラクターたちも、透明なレインコートを着ていたが、
これはこれでレアな光景だった(らしい)ので、
ラッキーといえようか。



朝から晩まで夢の国を堪能した。
先導役をしてくださった先輩方、どうもありがとうございました。
おかげで、超初心者の私たちも
いろんなところを楽しめました♪

中でも一人の先輩は、
「もう100回以上は来てるわ♪」とのこと。
お土産屋さんの特徴から、アトラクションの写真撮影ポイントまで
アドバイスをいただけて、それだけでも尊敬いたします。
(どーでもいいが、100回と聞いて
 "1回1万円として、もう100万円以上ディズニーにかけてるわけかー!"
などと思ってしまった私って、みみっちい・・・orz)


この年になって、こんな初体験♪(*^-'*)>
いやー、おもちろかった。
ちなみに、昨日の万歩計はなんと18000歩!
今日は足が痛い・・・(≧▽≦)
[PR]
# by poyo25 | 2013-05-12 12:04 | Comments(4)

それぞれのGW

いよいよ連休も終わり。
皆様いかがお過ごしになったでしょうか。


今年の我が家は、みんなそれぞればらばらにのんびり過ごした。
こんなにのんびりしたのは久しぶり。
というのも、
私の実父の命日が5月3日なので、法事だの何だのがあったし、
法事はなくとも、一昨年までは御墓参りなどで子供たちと一緒に里帰りしていたから。

しかし、今年は実家の母からの「いつ帰ってくるのヽ(*`д´)ノ」という催促もない。
(おそらく、太郎の進学で舞い上がっていたからだにゃ)
これ幸いとばかりに、自宅でのんびり過ごすことにした。



私は基本ぐーたら。
あ、でも、一日だけ「渋谷ヒカリエ」に行って、おのぼりさんよろしく楽しんできた。

ダーリンはランニング三昧。
「これ以上休みが続くと脚が持たない♪(*^-'*)>」
ですと。



次郎は、試合三昧
・・・のはずが、早々に負けちゃったもので、思わぬ連休に♪
母に負けず劣らずのぐーたら生活を満喫した。

昨日は、オトナらしく「一人映画」を観に行ったのだが、
(「アイアンマン」)
「周りはみんな子供ばっかりだった(―“―;)」
ですと(≧▽≦)




そして太郎。
何の連絡もないから、GWは帰ってこないんだろうなー、と思っていたが
案の定、戻ってこない。
ま、たぶん無事なんだろう、と思っていたら。

連休のある夜、太郎の高校の同級生のお母様からメールが。
「今、旅行に来ています。息子はこれから太郎君と会います」
とのこと。

なんと、家族旅行のついでに、ご子息が太郎に会ってくれたのだそうだ。
太郎にメールをしたところ
「サークルの練習が終わったら、自転車でホテルまで行くよ」
ということになり、
二人でご飯を食べ、太郎の下宿にご案内したりしたんだそうな。

ほー。
ずいぶん慣れたみたいじゃないか。
自転車でホテルまでお迎えに行けたのか。
そこからちゃんとご飯食べるところまで案内できたのか。
人を呼べるような部屋の状態だったのか(これは疑問)。

ホテルのロビーで、そのお母様が撮ってくれた写真を見ると
ぜーんぜん変わらない様子の太郎がいる。
「元気そうだったよ」という優しい一文を添えてくれたそのお母様、
どうもありがとうございました。
おかげで、わが子が無事なのがわかりました(゚▽゚)アポー

・・・・・
どうして、よそ様を通じてしか我が子の様子がわからにゃいのか???
という疑問がふつふつと湧き上がるが、
ま、いいか。
とりあえず元気そうだから。



さーて、明日からはまた通常営業の毎日。
連休明けだから、お役所も混むだろうなーorz
ま、頑張りましょう!
[PR]
# by poyo25 | 2013-05-06 18:14 | 家族 | Comments(4)

ママ友達と久々に

最近、私の勤めるお役所窓口に知り合いが来ることが多い。
なぜかこのところとても多い。

大学受験の合格発表がピークの頃は、太郎の小学校の同級生が多かった。
何しろ久しぶりに会うもので、お互いはっきり覚えておらず、
申請書の名前を見て
「(゚〇゚;)おおっ 太郎の同級生の☆☆ちゃんか!」
と驚くていたらく(゚▽゚)アポー

親御さんが来所する場合は、もうちょっとはっきり覚えているので
「あら、☆☆君のお母さん! じゃ、私が受付しないほうがいいかしらね」
(注: 住民票だの、住民票記載事項証明だの、一応プライバシー事項だし、
 本人確認の免許証の写真とか生年月日を知り合いに見られるのはイヤだろう)
と言うと
「いやいや、大丈夫。太郎君は元気?」
なーんて会話が広がったりして楽しかった。


そして近頃は、なぜか次郎関係の知り合いが来所する。
まずは、小学校時代の仲良しH君のママと妹。
確かこの妹ちゃんは、小学校卒業式の頃赤ちゃんだったのに、
もう立派な幼稚園児ではないか!!!

次に来たのはこうちゃんママとこうちゃん。
久しぶりに会うこうちゃんは、もう小学校2年生!!!
「えーと、これは・・・・・・ななちゃん?」
(゚▽゚)アポーな私は三番目のお兄ちゃんの名前を出してしまったが、
「うふふ、これはこうちゃんよ♪」
とママに教えられてびっくらした(゚〇゚;)


次郎に
「H君ところの妹も、こうちゃんも大きくなってたよー。
 こうちゃんが2年生、その上のななちゃんは5年生だってさー」
と報告したら、次郎が
「・・・オレが年取るはずだー・・・・(゚▽゚)」
と遠い目になっていたよ(≧▽≦)


余談だが、このH君も、こうちゃんの一番上のお兄ちゃんY君も、
県立トップ校に見事に合格。
別の仲良しK君も、某超有名私立名門校に合格。
みなさんしゅばらしい♪
次郎は
「あ゛ー、なんかもう、みんな学校がバラバラになっちゃって寂しい・・」
などと言っていたけど、
どうせみんなご近所なんだし、これからもまた会えるよ♪

そして、母であるわたくしも、
さっそくこうちゃんママと2年ぶりにランチをした。
近々、K君ママともランチの予定。
ご近所で、小学校で協力しあった仲間だもん。
この年になると何年かブランクがあっても大丈夫だし
子供に関係なく、またおしゃべりしようねーo(*^∇ ^*)o 





おまけ。

これまた久しぶりに電話をかけてきた太郎。
教科書だのなんだのの請求をしてきた。
(どうでもいいけど、電子辞書を新しく買われたのにはびっくらした。
 事前に言いたまえ。 4万円もするんだから。)

ついでに、
「元気にしてる? ちゃんと野菜食べてる?」と質問しはじめたら、
「・・・もう(電話切って)いい?」
ですと。

ばかものヽ(*`д´)ノ
可愛い息子が一人でちゃんと生きてるか、
いつも心配しているハハゴコロをわかっとらんな。

そんなに冷たい態度をとり続けると
仕送り停止処分じゃー!

いや、その前に、センター試験の結果を開けて見てやろうか(黒い笑い)
(すぐに転送してやるのが面倒で、まだ手元にあるのだ(^^ゞ)
                  ↑ こんな親だからあんな子供に・・・・orz
[PR]
# by poyo25 | 2013-04-29 18:24 | 家族 | Comments(4)

入学式は子供だけ

またまたお久しぶりでごじゃいます。


もう4月も2週目。
あっという間に太郎、次郎の卒業式が過ぎ、
太郎の引越しも終わり、
太郎、次郎それぞれの入学式も終了した。
あー、早い。
とりあえず、覚書。



太郎の卒業式は、次郎と同じ日の午後だった。
あっという間の6年間。
母としても充実し、思い出深い6年間の締めくくり。
中1の頃からの母友達と仲良くランチをしてから出席した。
(つまり、午前中に行われた中学の卒業式はぶっちぎったのさ(^^ゞ)


そして、ばたばたしているうちにあっという間に太郎が出て行った。
引越しには(半ば強引に)ついて行ったものの、
何しろ新幹線の距離なので、そうそう頻繁に行けるものではない。
(実は仕事が超繁忙期なので、休暇が取れないというのが大きい(―“―;))
大学の入学式に私は行かなかった。
後で、「ひとりでちゃんとスーツ着られた?」と聞いたら
「ちゃんと着たっヽ(*`д´)ノ」と答えていたが。


んでもって、次郎の高校入学式。
私と同僚のパートさんたち数人が
みんな揃って子供(しかも私以外は小学校とか中学校とか)の
入学式の日程が重なっちまったもので
中高一貫、しかも「お母さん、来なくていい」とほざく言ってくれる
高校生を持つわたくしは遠慮して休暇を取らなかった。
つまり、高校入学式も私は欠席。
というか、次郎に関してはこの春卒業式も入学式も出てあげなかった・・。
すまん。
(別に次郎は寂しくなんかなさそうだが)


太郎の受験と引越しの騒ぎで
すっかり次郎の入学準備が後回しになってしまっていた。
制服だって、太郎のお下がり。
クリーニングに出しただけ。
ワイシャツぐらいは新しく買おうかと思っていたのだが
結局時間がなくて、太郎のお下がりそのまんま。
剣道着も、入学式の前日にようやく太郎のお下がりの胴着に
名前を付け替えたていたらく(゚▽゚)アポー

そんな、緊張感のかけらもない入学式の当日、
嫌がる次郎のご出勤姿を撮ってみた。

d0003116_10192929.jpg


えへへ。
当人の後姿にも緊張感がない(≧▽≦)



ふと思い出して引っ張り出してみた。
3年前、小学校卒業式の日の次郎の後姿。

d0003116_10164655.jpg


こうしてみると、大きくなったなー(゚〇゚;)




太郎も、次郎も、新しい生活を楽しんで欲しい。
母も精一杯サポートするよ。
太郎に関しては、ご飯をつくってあげることも、
掃除洗濯をしてあげることもできないけれど、
精神的に支えてあげるからね♪(*^-'*)>
寂しくなったら電話してねー     ←太郎が見たら怒りそうだな(≧▽≦)



私も、なんと勤務2年目にしてもうすぐ一番ベテランになってしまうことが確定。
「ナンバーワン」の称号に応えるべく、頑張らなくちゃ・・・・・orz
[PR]
# by poyo25 | 2013-04-09 10:17 | 学校 | Comments(10)