ぽよよん備忘録

poyo25.exblog.jp
ブログトップ

タグ:こうちゃん ( 14 ) タグの人気記事

ママ友達と久々に

最近、私の勤めるお役所窓口に知り合いが来ることが多い。
なぜかこのところとても多い。

大学受験の合格発表がピークの頃は、太郎の小学校の同級生が多かった。
何しろ久しぶりに会うもので、お互いはっきり覚えておらず、
申請書の名前を見て
「(゚〇゚;)おおっ 太郎の同級生の☆☆ちゃんか!」
と驚くていたらく(゚▽゚)アポー

親御さんが来所する場合は、もうちょっとはっきり覚えているので
「あら、☆☆君のお母さん! じゃ、私が受付しないほうがいいかしらね」
(注: 住民票だの、住民票記載事項証明だの、一応プライバシー事項だし、
 本人確認の免許証の写真とか生年月日を知り合いに見られるのはイヤだろう)
と言うと
「いやいや、大丈夫。太郎君は元気?」
なーんて会話が広がったりして楽しかった。


そして近頃は、なぜか次郎関係の知り合いが来所する。
まずは、小学校時代の仲良しH君のママと妹。
確かこの妹ちゃんは、小学校卒業式の頃赤ちゃんだったのに、
もう立派な幼稚園児ではないか!!!

次に来たのはこうちゃんママとこうちゃん。
久しぶりに会うこうちゃんは、もう小学校2年生!!!
「えーと、これは・・・・・・ななちゃん?」
(゚▽゚)アポーな私は三番目のお兄ちゃんの名前を出してしまったが、
「うふふ、これはこうちゃんよ♪」
とママに教えられてびっくらした(゚〇゚;)


次郎に
「H君ところの妹も、こうちゃんも大きくなってたよー。
 こうちゃんが2年生、その上のななちゃんは5年生だってさー」
と報告したら、次郎が
「・・・オレが年取るはずだー・・・・(゚▽゚)」
と遠い目になっていたよ(≧▽≦)


余談だが、このH君も、こうちゃんの一番上のお兄ちゃんY君も、
県立トップ校に見事に合格。
別の仲良しK君も、某超有名私立名門校に合格。
みなさんしゅばらしい♪
次郎は
「あ゛ー、なんかもう、みんな学校がバラバラになっちゃって寂しい・・」
などと言っていたけど、
どうせみんなご近所なんだし、これからもまた会えるよ♪

そして、母であるわたくしも、
さっそくこうちゃんママと2年ぶりにランチをした。
近々、K君ママともランチの予定。
ご近所で、小学校で協力しあった仲間だもん。
この年になると何年かブランクがあっても大丈夫だし
子供に関係なく、またおしゃべりしようねーo(*^∇ ^*)o 





おまけ。

これまた久しぶりに電話をかけてきた太郎。
教科書だのなんだのの請求をしてきた。
(どうでもいいけど、電子辞書を新しく買われたのにはびっくらした。
 事前に言いたまえ。 4万円もするんだから。)

ついでに、
「元気にしてる? ちゃんと野菜食べてる?」と質問しはじめたら、
「・・・もう(電話切って)いい?」
ですと。

ばかものヽ(*`д´)ノ
可愛い息子が一人でちゃんと生きてるか、
いつも心配しているハハゴコロをわかっとらんな。

そんなに冷たい態度をとり続けると
仕送り停止処分じゃー!

いや、その前に、センター試験の結果を開けて見てやろうか(黒い笑い)
(すぐに転送してやるのが面倒で、まだ手元にあるのだ(^^ゞ)
                  ↑ こんな親だからあんな子供に・・・・orz
[PR]
by poyo25 | 2013-04-29 18:24 | 家族 | Comments(4)

音楽発表会と情報交換会

今日は次郎の小学校の音楽発表会があった。
例年、大勢の保護者が十重二十重に人垣を作り、ビデオオヤジやカメラママたちで
ごった返すイベントだ。
しかし、今年は新型インフルエンザの影響で、各学年独立発表方式がとられた。
つまり、1学年ずつ体育館に入場し、演奏終了後は自分たちの教室に戻る。
他の学年の演奏が聴けないのは寂しい限りだが、
全校的にインフルエンザが大流行しており、常にどこかのクラスが学級閉鎖している
状況では致し方ないことか。

まあ、おかげで、保護者の方も入れ替わりが激しかったらしくて
最後の発表6年生の頃には、ほとんどが6年生の親のみ。
演奏直前にぎりぎりセーフで間に合ったわたくしでさえも(^^ゞ
余裕で前のほうに座れるという、まさに「怪我の功名」状態であった。

これが小学校生活最後の発表会。
歌こそ、高音が出にくくて
(注:この学年は女子が少ないせいもある。変声期男子ばかりじゃ仕方ないか)
ちょっとイマイチだったかもしれない演奏だったけれど、
合奏「剣の舞」はなかなかお見事!
次郎も骨折した右手でちゃんとピアニカを弾いていた。

となりのクラスなんか、二回も学級閉鎖になって、なかなか練習できなかったらしい。
(その分といってはなんだけど、次郎のクラスは全校でただ1クラス、 
 まだ学級閉鎖になったことがない(゚▽゚))
でも、学年全体でとてもよく合っていたよ。ぱちぱちぱち♪



その後は、同じクラスのお母さん3人と近所でランチ♪
このメンバーでランチをしたのは初めてだが、それだけに話の幅が広がって
楽しかったし、大変有意義な情報交換ができた。
うん。やっぱり、たまにはランチもしなくちゃだめなんだよ♪(*^-'*)>

子供も高学年になると、母同士の交流も少なくなってくる。
難しい年頃にさしかかった子供や、他の家族との関係など
一人で悩んで煮詰まって、子供とぶつかってイライラすることも多い(私だけか?)。
そう。自分でも「第2次育児ノイローゼ(≧▽≦)」
と呼んでいた状態だった。

でも、第1次育児ノイローゼの頃と同じように、いろんな人とおしゃべりしたら
「うちだけじゃないんだ。よし、頑張ろう!」と思うことができた。
ありがと、みんな♪



さーて、リフレッシュできたところで、元気に頑張るぞ。
それに、近々こうちゃんの入園準備をお手伝いできることになったし♪(*^-'*)>
絵本袋とかの縫い物をさせてもらうのさ♪
(注:大変へたっぴだけどorz)
布地選びも一緒に行くんだよー。
可愛い布地と可愛いこうちゃんで目の保養をしようっと。楽しみだわー♪
[PR]
by poyo25 | 2009-11-06 20:11 | 学校 | Comments(8)
お久しぶりです。ぼくこうちゃんです。
4人兄弟の末っ子です。来月には3歳になります。
ぼくの一番上のお兄ちゃんが、次郎君の友達です。

最近のお気に入りは、ウルトラマンです。
一番好きなのは、ウルトラマンコスモス。
ルナモードとコロナモードがあるんだよ。よく知ってるでしょ♪(*^-'*)>
それでもって、
もう、すっかりお話が上手になって、ぽよおばちゃんはびっくりしてました。
可愛い王子様のような顔も、きりっとひきしまってきました。
なのに、ぼくのママに言わせると「こうちゃんは怪獣みたい」なんですって。
失礼な。

昨日は、久々にぽよおばちゃんと一緒にお昼ご飯を食べました。
夏休み中、ママたちは「ストレス」とやらがたまったので、
やっと2学期が始まって、給食もはじまったので、ランチしたかったんだって。


そういえば、ぼく、おむつがとれたんです。
なんと、たった二日で♪(*^-'*)>

夏の間中、お兄ちゃんたちが家にいて、
ケンカしたり、遊んだり(しかも、ウルトラマンごっこ)、
ご飯食べたり、夏休みの宿題だの読書感想文だの
たーくさんの面倒をひとりで見なくてはならなかったので
ママはぼくのおむつはずしをする気になれなかったらしいのですが、
ようやく2学期になって、お兄ちゃんたちが昼間いなくなったので
「しょうがない、やるか(―“―;)」
と思ったんですって。

でも、案ずるより産むが易し(?)、すぐにぼくはパンツ生活になりました♪
ぽよおばちゃんにお気に入りのパンツも見せてあげたし、
ランチの間も、そのあとも、ちゃーんとトイレに行けたんだよ♪
えっへん。

「そういえば、太郎君や次郎君のときはどうだった?」
という話になったのですが、
太郎君はおばちゃんのトレーニングがど下手だったせいか(≧▽≦)
3歳過ぎてもしょっちゅうおもらししていて大変だった、ということは
確からしいんですが、
なんと、次郎君のことは覚えていないんですって(゚▽゚)アポー
「うーん、確か3歳になってすぐにスイミングに入れたから、
 3歳の時にはとれていたってことかな・・・・。うーん、うーん。」

まったく、なんて親なんでしょ。
ぽよおばちゃんったら、夜、太郎君にまで
「次郎がいつおむつとれたか覚えてる?」なーんてボケたことを尋ねて
「?????」
太郎君は目を白黒させていました。
・・・太郎君が覚えてるわけないじゃないか・・・orz


今回は、ぼくが短期決戦大成功!だったので
ひとしきりおむつはずしの話題で盛り上がりましたが、
ぽよおばちゃんは、とっても久しぶりに「おむつ」という単語を
発音したんですって(≧▽≦)
そりゃそうだなー。
小学生になってまで「うちの子はおむつが早く外れたのよ♪(*^-'*)>」
なーんて自慢をしている人にはお目にかかったことがないしなー。
(いたら、変な人かも(≧▽≦))


ランチの後、ぼくはちょっと眠くなったので
おうちに帰って、おふとんでごろごろしました。
パンツになって、ひとまわり小さくなったお尻がとってもキュート♪
「やーん、こうちゃん、可愛いーっ」
相変わらずボキャブラリーが貧弱な褒め方しかできないおばちゃんです。

「うちの次郎が布団にごろごろしている姿も可愛いと思ってたけど、
 やっぱりこうちゃんの方が、ちっちゃくって、ほんとに可愛い♪」
ナニを言ってるんですかね、このおばちゃんは。
5年生にもなった次郎君のことを、口先だけで「可愛い」なんて言ってないで、
もっとちゃんと手をかけてあげてね。
オムツがいつ外れたのかも忘れた、なーんてボケはもうしないように♪(*^-'*)>
[PR]
by poyo25 | 2008-09-06 18:16 | 家族 | Comments(10)
こんにちは。ぼくこうちゃんです。2歳半になりました。
4人兄弟の末っ子です。一番上のお兄ちゃんが次郎君の同級生です。

今日ぼくは、ひさしぶりに小学校に行きました。
一番上のゆう兄ちゃんの授業参観と懇談会があったからです。
お母さんと小学校の廊下にいたら、変なおばちゃんがなれなれしく声をかけてきました。
「わー、ぽよさん、久しぶりー♪ 今年もゆうと次郎君、クラス別々になっちゃったねー」
と、うちのママが言ってたので、たぶん知り合いなんだと思います。
そういえば、どっかで見たことあるよーな気もします。
うーん、誰だっけなー、このおばちゃん・・・(―“―;)

僕が考え込んでいるのに、ぽよおばちゃんは無神経にも
「きゃー、こうちゃん、また一段と可愛くなってー♪
 おばちゃんが抱っこしてもいーい?o(*^∇ ^*)o」
などとほざきます。
いやだよ、ぼく。



ところで、次郎君のクラスの授業参観は算数でした。
とっくに塾で習っているところなので、当然わかっているはずの単元ですが、
次郎君、なかなか手を挙げません。
後でおばちゃんが確認したところ、
「えー、手を挙げるの面倒だから」
ですと。
・・・・・おばちゃんはとっても呆れたそうです。

しかも、壁に貼ってあるひとりひとりの「今学期の目標」に次郎君が書いたのが
「じゅ業中にねなれないようにする」
Σ( ̄□ ̄;;;)!!
おばちゃんは「ねなれないって何だ、"ねなれない"ってヽ(*`д´)ノ」
他のお母さんと大笑いしながらも、腹の中は煮えくり返っていたそうです
わーん、こわいよ。おばちゃん。



それに、怒るポイントも違うと思うよ。
こんなことを書くってことは、次郎君ったら、授業中に寝てるってことじゃない?
そっちのほうがしゅげー大問題だよ(゚〇゚;)

これに今気づいたおばちゃんは、次郎君が塾から帰ってきたら
きびしーく問いただすと言っています。
なんか次郎君がかわいそう。
・・・でも、しょうがないか。
学校ではちゃーんとおべんきょうしなくちゃいけないもんね。
2さいのぼくでもそのくらいわかるよ♪(*^-'*)>


<追記>
塾から疲れきって帰宅した次郎君。
ぽよおばちゃんの鬼のような追及に
「うしろの席の子が、いつも授業中にわけわかんないギャグを飛ばしてくるから
寒くて眠くなるんだよー。ちゃんと授業は聞いてるよー」
と言い訳していました。
明日先生にあやまって、訂正するそうです。
・・・覚えていられるかな?(゚▽゚)アポー
[PR]
by poyo25 | 2008-04-15 17:36 | 学校 | Comments(6)
こんにちは。ぼくこうちゃんです。
4人兄弟の末っ子です。ぼくのいちばん上のお兄ちゃんが次郎君のともだちです。
もうすぐ2歳2ヶ月だよ。


今日はお兄ちゃん達の小学校で持久走大会がありました。
4年男子では、次郎君がなんと1位でした。
ちょっと前から、いろいろうるさい(爆)太郎兄ちゃんに
「おめー、絶対頑張れよ!」
などと余計なプレッシャーをかけられていてたいへん気の毒でしたが、
これで一安心といったところです。
好物だけど、高いからめったに買ってもらえない芋羊羹で
お祝いしてもらったそうです(貧乏くさっ!)。
よかったね、次郎君(≧▽≦)



さて、次郎君ひとりを見ればいい、ヒマなぽよおばちゃんと違って、
ぼくのママは今日大忙しでした。
小学生の2人のお兄ちゃんたちの持久走の応援をしたり、
合間を縫って、幼稚園のお兄ちゃんの保育参観に行ったり。
お昼には、その幼稚園のママ達の親睦会に行かなくてはなりません。

それを聞いたぽよおばちゃんが
「あらー、じゃあ(今日はランチできないけど)、今度遊びに来てね♪」
と言ったコトバに反応したぼく。
こんどいくっ、こんどいくっっ!!」
(注:もちろん、「今すぐ行く」のことなのさ)
可愛くだだをこねてみたところ、ぽよおばちゃんは大喜びして
「じゃあ、こうちゃんだけうちに遊びに来る?」
と誘ってきました。

ママもおばちゃんもちょっと心配していたのですが、
ぼくももう、2歳のおにいちゃんです。
自分で決心したんだから、大丈夫なんですっ。
ママがいなくても、ちゃーんとぽよおばちゃんと遊んであげました。


2歳といえば、なんでも「じぶんでーヽ(*`д´)ノ」のお年頃。
ぽよおばちゃんちでも、ちゃーんと自分で上手にスプーンを使ってご飯も食べたし、
バナナだって、自分で皮をむいて食べました♪(*^-'*)>

太郎君が2歳の頃なんて、鼓膜が破れるんじゃないかってぐらいでかい声で
「じーぶーんーでぇぇぇぇぇぇっっっっっ!!!」
と連呼していましたからねー。
「こうちゃんの"じぶんでー"は可愛いわー♪」
と、ぽよおばちゃんは大喜びです。



d0003116_2310751.jpg

これは、太郎君や次郎君が小さい頃遊んだおもちゃです。
磁石でくっつくようになっているので、車の向きによっては磁石が反発して
うまくつきません。
「そういうときは、"くるりんぱ"で逆にするとくっつくんだよ」
おばちゃんが何度か教えてくれたら、ちゃーんと
「くーりんぱ」
と言いながら、自分でくっつけることができました。
「いやーん、こうちゃんってば、なんて賢いんでしょ!!」
ぽよおばちゃん、ほとんど孫の成長に目を細めるババですな(≧▽≦)



d0003116_23161247.jpg

これは、今ぼくのいちばんお気に入りの本です。
お兄ちゃん達が大好きなので、ぼくも好きなの。
太郎君や次郎君も、幼稚園の頃大好きだった思い出の本なので、
ぽよおばちゃんちにもまだ大切にとってあります。
ぽよおばちゃんが「これ読もうか」と出してきた本を見て、
めっきらんどんどんo(*^∇ ^*)o」
と喜ぶぼくのあまりの可愛さに、ぽよおばちゃんは狂喜乱舞です。

でも、おばちゃんが読んでくれても、なーんかぴんとこないんです。
いつもママやお兄ちゃんが読んでくれているのと、ちがうっ。
絵本って、同じ絵がかいてあっても、読んでくれる人によって違うものなんですねー。



最近、おばちゃんはなんだかぴーてーえーとやらでちょっとお疲れのようなので、
汚れのない可愛いぼくと遊べてものしゅごーく癒されたんですって。
まあそういうことなら、また遊びに来てあげてもいいかな♪(*^-'*)>
と思ったぼくでした。
[PR]
by poyo25 | 2007-12-04 23:25 | 学校 | Comments(12)

こうちゃん 2歳

こんにちは。ぼく、こうちゃんです。
4人兄弟の末っ子です。ぼくの一番上のゆう兄ちゃんが次郎君の友達です。
もう2歳になりました。もうすぐ2歳1ヶ月なんだよ。

今日はお兄ちゃん達の小学校で「音楽発表会」があり、ママと一緒に行きました。
音楽会が終わって、体育館を出ようとしたら、どっかで見たことのあるおばちゃんが見えました。
それで、ママに教えてあげたら、ぽよおばちゃんは大喜びしました。
ぼくに顔を覚えてもらっていたことがものしゅごーく嬉しかったみたいです。

ところで、ぽよおばちゃんは大ボケです。
4年生の次郎君の出番がプログラムの最後の方だったので
家でぐうたらのんびりしていたところ、音楽会にきた時には
すでに次郎君のクラスの発表は終わっていました・・・・。

がーん。何のために学校に来たんだかー!!
ショックを受けているおばちゃんに、ぼくのママがランチに誘って慰めてあげました。
「そうねー。こうちゃんと一緒にご飯食べて元気だそうっと♪」
おばちゃんは大喜びです。

ランチの他のメンバーは、2番目のしん兄ちゃん(2年生)のお友達のママたちです。
でも、次郎君とも同じ幼稚園で遊んだ仲間なので、ママ同士も知り合いです。
みんな、もう小学生のお母さんになっちゃったので、
ぼくみたいに小さい子を見ると癒されるみたいです。
特にぼくはとっても可愛いのでなおさらです♪(*^-'*)>
ただ可愛いだけじゃなくて、品があるというか、王子さまみたいです(ぽよおばちゃん談)。
おばちゃんたちに囲まれて、一挙一動ことごとく「可愛いー♪」と感心されました。

今日はぽよおばちゃんの名前を覚えてあげることにしました。
「じろうくんママ」は言いにくかったので、「ぽよ子さん」と言おうとしたのですが、
これまた言いにくい。
結局「ぽよちゃん」と呼んであげました。
ぽよおばちゃんったら
「o(*^∇ ^*)o わーい♪ そんな風にこうちゃんに呼ばれたら
なんか若返ったみたーい♪」
ですって。
ちょっとおバカなおばちゃんですな。

小学生ママたちの会話はついついわが子の勉強のグチになります。
字が汚いとか、計算が遅いとか、きちんと決めた時間に宿題をしないとか・・・・。
(注:次郎くんだけじゃないみたい。よかったね、ぽよおばちゃん?)
「あーあ、ひたすら遊んでいた幼稚園時代が懐かしいわねー」
せっかく可愛いぼくがそばにいるのに
ついつい背中を丸めてため息をつくおばちゃん達でした(≧▽≦)
[PR]
by poyo25 | 2007-11-09 21:50 | お家の仕事 | Comments(16)

こうちゃん1歳6ヶ月

こんにちは。ぼくこうちゃんです。
4人兄弟の末っ子です。
ぼくのいちばん上のお兄ちゃんが次郎君の友達です。

昨日のことです。
お兄ちゃん達の用事で小学校に行きました。
帰ろうと思っていたら、「わー、こうちゃんだ♪」と叫ぶへんなおばちゃんがいたんです。
振り向くと、ぽよおばちゃんが狂喜していました。
こんなおばちゃん、あんまり覚えていなかったけれど、しょうがないので
ちょっと遊んであげることにしました。

ぼくはもう、なんと1歳半です。
色白の男前はそのままに、さらに以前より顔つきが引き締まって、
すっかりお兄ちゃんになりました。

最近の趣味は読書です。
この間買ってもらった電車のご本を、しかつめらしく眺めていたら
ぽよおばちゃんに大うけですv
言葉だってしゅごいんだよ。
電車は「でんでん」、自転車は「じでー」と言えるんです。
ぽよおばちゃんは、この「じでー」にすごく感心していました。えっへん。

お気に入りはもうひとつ、ガーゼのハンカチです。
お母さんが頭の上に載せて頭巾のようにしたら、またもやぽよおばちゃんに
大うけしました。
「こうちゃん、すごーい♪ かっこいいわー♪」
おばちゃんとお母さんがあんまり誉めてくれるので、まんざらでもない気分です。
「きゃー、まさに"まんざらでもない"って表情をするのねー(≧▽≦) 」
おばちゃん、うけすぎだよ・・・・。




そして今日のこと。
おばちゃんちは修羅場と化していました。
なんでも、次郎君のおべんきょーの出来が悪いとか、字が汚いとか、
いいかげんだとか、やる気がないとか、すぐ泣くとかでヽ(*`д´)ノ
おばちゃんが大爆発したんです。
次郎君も気の毒な。
折り悪く帰宅してきた太郎君までとばっちりを受けて大変でした(゚▽゚)アポー

「あーあ、"そこにいるだけで可愛いこうちゃん"がここにいてくれればな・・・・」
おばちゃんがぼやいています。
あのね、おばちゃん。
ぼくが可愛いのは確かだけど、それはぼくのママが優しく育ててくれるからなんだよ。
おばちゃんみたいにいつもがーがー怒ってばかりじゃ
可愛い子は育たないと思う・・・・・。

[PR]
by poyo25 | 2007-05-15 23:35 | Comments(24)

こうちゃんで癒され~

ぼく、こうちゃんです。四人兄弟の末っ子です。1さい4かげつになりました。
ぼくのいちばん上のお兄ちゃんが、次郎くんのともだちです。

今日はひさしぶりにぽよおばちゃんと会いました。
太郎くんの「じゅけん」とやらがやっと終わったので、ぽよおばちゃんが
「こうちゃんと遊びたーい」とわがままを言ったんです。


ランチのお店で久々の再会です。
「そういえば、やたらぼくになついている、こんなおばちゃんがいたなー」と
思い出したので、おとなしく一緒のテーブルでごはんを食べてあげることにしました。
「わーい、こうちゃんは私のことを覚えていてくれたのね♪」
ぽよおばちゃんは、まずぼくの賢さに大喜び。
続いて、ちょっと笑顔を見せれば喜び、お行儀よくご飯を食べれば喜び、
お話すれば喜びます。
「あー、こうちゃん見てると癒されるわー」
おばちゃん、なんだか疲れていました。以前にもましてババ臭くなってるよ。


おばちゃんはこのババ臭さを解消するために、またもや無駄なダイエットを
しているそうです。「ぱわーよが」とかをはじめたんだって。
でも、今日のお店は焼きたてのいろんな種類のミニパンが食べ放題なので
おばちゃんもママもたくさん、たーくさん食べていました。
ぼくのママはスリムだから構わないんだけど、おばちゃんはちょっと問題なんじゃない?
「昨日ヨガしたから」とかなんとか言ってたけど、そんなの帳消しになるくらい食べてたよ。
案の定、体重が最高値更新してしまったらしいし・・・。

普段太郎君や次郎君には「ちゃんと結果を考えて行動しろ」とかなんとか言ってるくせに
自分が一番考えなしだよ、おばちゃん。反省しようね。


ところで、昨日は「バレンタインデー」とやらだったんだって。
ママが「うちは4人も男の子がいるのに、誰一人チョコをもらってこなかった」と
嘆きましたが、少なくともぼくはまだ1さいなので、チョコレートなんかいらないよ。

ぽよおばちゃんちでは、驚いたことに太郎君が学校でチョコをもらってきたそうです。
なんと2人から。
そしてさらにおどろいたことに、そのうち1人は男の子だったんだって。
おばちゃんは思わず太郎君に
「その子、太郎だけにチョコくれたの?」
と確かめたそうな。そうではないと聞いて一安心(≧▽≦)
最近は男子同士でも「友チョコ」が流行りなんでしょうか?
・・・でも、なんかちょっと変だじょー、とおばちゃんは思うそうです。
ぼくもそう思います。
ま、ぼくの場合はきっと将来女の子からたくさんチョコもらうだろうけどね♪(*^-'*)>
[PR]
by poyo25 | 2007-02-15 23:36 | Comments(14)
ぼく、こうちゃんです。4人兄弟の末っ子でーす。
おととい1さいになったんだよo(*^∇ ^*)o

ぼくのいちばん上のゆう兄ちゃんが、次郎君の友達です。
今日は、その3年生の「学年親子親睦会」とやらがありました。
体育館でドッジボール大会をするんです。

ドッジボールって、赤ちゃんのぼくは一緒にできないものなんですって。
お母さんは「どうしよう。おんぶしてするしかないか」と思ったらしいですが、
ぽよおばちゃんが「私がこうちゃんの面倒を見ているよ♪」と大喜び。
(お母さんとおばちゃんは違うチーム)
だけど、ぼく、ぽよおばちゃんのこと忘れちゃったよー。
ろくに「慣らし」がないままに、いきなりよそのおばちゃんに抱っこされて
お母さんが離れていったもんだから、泣いちゃいました

でも、ぼくは可愛い末っ子なので、後をひきずりません♪
お母さんさえ戻ってきたら、おばちゃんたちにもとびきりの笑顔を振りまきます。
調子が出てきたら、ちょっとずつお母さんから離れてお散歩なんかもしちゃいます。
ちょっと離れてはお母さんを振り返り、またちょっと進んでは振り返る、
その小さな後ろ姿が可愛い♪と大評判。
いたずら心を起こしたお母さんがひとの後ろに隠れたら、
・・・・振り返った後、しばらーく平気そうな顔でお母さんを探していたけど
・・・・やっぱりお母さんが見つからないので
・・・・泣いて急いで戻ってきました。
これまた可愛いと大評判。
だけど、ぽよおばちゃんは見たそうです。
実はぼくの目には涙がなかったことを♪(*^-'*)>


ぽよおばちゃんは、今日から太郎君の修学旅行だとかで
早起きしてお弁当を作ったもので、眠くてぼーっとしていました。
でも、その割にはドッジボールは楽しかったみたいです。
見事に相手からのボールをキャッチしたときもありました。
次郎君の友達にも「次郎のかーちゃん、やるねー」と言われていたそうです。
だけど、当のおばちゃん本人はそれを覚えていないんですって。
・・・・これって、
 1. 無意識にファインプレーができるほど、ぽよおばちゃんの運動神経が良かった
 2. そんなことも覚えていないほど、本格的にボケが始まった(゚▽゚)アポー
どっちなんでしょう????
[PR]
by poyo25 | 2006-10-17 23:44 | 学校 | Comments(10)

こうちゃん 11ヶ月

こんにちは。ぼくこうちゃんです。11ヶ月になったんだよー。
3週間ぶりに、ぽよおばちゃんちに遊びに来てあげました。

たった3週間、されど3週間。
ほんのちょっと会わないうちにぼくのハイハイのスピードはアップしているし、
前よりずっと高いところに手が届くし、
日本語読解能力も高くなったし♪(*^-'*)>
おばちゃんはまたまた驚いていました(よくおどろくひとだ)。
「すごーい、こうちゃん!若いってすごいねー♪

前回おしゃべりばかりしていて、ぼくを抱っこしそこなったおばちゃん。
今日は果敢に抱っこしようと迫ってきました。
ほんとはぼく、おばちゃんなんかじゃなくてお母さんの方がいいんだけど
泣かずに抱っこされてあげました。
お昼ごはんの後のミルクもおばちゃんの抱っこで飲んであげました。
おばちゃん、大喜びo(*^∇ ^*)o

なんでも、太郎君の受験が心配だとかで、おばちゃんはお疲れなんですって。
ぼくの笑顔で「癒されるわー♪」としみじみつぶやいていました。
それを聞いたぼくのお母さんも
「私も毎日忙しくて疲れるのー」と言います。
だけどぼくのお母さんは、はたから見たらずぇんずぇん疲れているようには見えません。
お母さんったら、まだまだだね♪
ぽよおばちゃんみたいに、本人は普通にしているつもりでも
周りから「疲れてる」とか「怖い顔してる」なーんて言われるくらいにならないと
ホンモノにはなれないんだよー
(≧▽≦)
 ↑何のホンモノ?

d0003116_2384838.jpg
おばちゃんが片付け忘れたおもちゃ。
帰ってきた次郎君は目ざとく
「今日、こうちゃん来たんでしょ?」と
気付いたんだって。
よしよし、なかなかえらいじゃないか。
今度は次郎君がおうちにいる時に
遊びに来てあげようかな。
[PR]
by poyo25 | 2006-09-28 23:13 | Comments(12)

夫と社会人1年目・大学2年の息子達の4人家族。「転んでもただでは起きない!」がモットー、物忘れひどし(゚▽゚)  息子たちはそれぞれひとりぐらし中。


by poyo25