ぽよよん備忘録

poyo25.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ご迷答 ( 25 ) タグの人気記事

久々のご迷答

次郎、久々の迷言。

腕時計の電池が切れたので、

豆電池 買ってくる」



次郎、この春いよいよ高校3年生。
花の?大学受験生。
一応、理系

・・・・大丈夫だろうか・・・・・・・・・・・・orz




ま、確かにボタン電池の中でも小さいタイプなので、豆粒みたいだけどさ。
[PR]
by poyo25 | 2015-03-18 21:17 | 家族 | Comments(2)
1. 太郎

   「お母さん、紅茶淹れてくれー」と太郎がほざいた言った。
   忙しい母は一瞬ムッとしたヽ(*`д´)ノ が、ふと思いついて
   
   「2-3歳の頃は何でも”じぶんでーっ!(自分でする)”って言ってたのにねー(≧▽≦)」
   と反撃してみたら、

   「もう昔の僕じゃないんだよ♪(*^-'*)>
    成長したってことだね♪」


    ですと。
    ・・・そりは「成長」ではなく、「退化」というのではないか?・・・・orz



2. 次郎

   ① 私のブログをくすくす笑いながら、なぜか音読していた次郎。
      「割愛」を「わりあい」と読みやがった読んでいた。

      ・・・・この期に及んで「ご迷答」ネタを提供してくれるとは・・・・・orz


   ② 2年生になって、電子辞書を買い与えた。
     何とか一応使っている様子。

     「でもね、面倒なんだよ。
      ボクの字をこいつ(電子辞書)が認識してくれなくてさー

     ・・・・認識してもらえるような字を書くように頑張りたまえ・・・・・orz




(なんか、やっぱり次郎の方がネタとしては面白い。
 でも、しかし、こんなんでいいのか????????・゚ '゚(/□\) '゚゚・)
[PR]
by poyo25 | 2011-05-22 22:10 | 家族 | Comments(9)

1年生 小ネタ

現在、今月下旬に行われる学童の「お楽しみ会」に向けて準備中。
担当はなんと私と1年生orz

昨日、「どんなおやつが食べたいか」を聞いたところ、
「チョコ」だの「おせんべい」だの、楽しそうな声が飛び交う中

ある男の子が
「ぜったい、ポックポーン がいい!o(*^∇ ^*)o 」
と叫んだ。


うふふ、そりは「ポップコーン」だね♪


太郎だか次郎だか忘れたが、
確かうちの子も言っていた。ポックポーンと♪
ああ、可愛い♪
あんまり可愛いから、小さい頃のいい間違いはそのまま直さずにいたっけなー。
いつごろから親が直しはじめたんだっけ?
そして、いつごろから子ども達自身も正しいコトバばかり話すようになったんだっけ?

ちょっと遠い目になっちゃった。



それにしても、このメンバーでちゃんとできるのかな、お楽しみ会???
先生はとっても心配だよ・・・・。
[PR]
by poyo25 | 2010-12-03 11:56 | 仕事 | Comments(10)
おととい、次郎の小学校で縄跳び大会があった。

実は私、今まで小学校の縄跳び大会を見に行ったことがない。
学校行事の見学には結構参加しているほうだと思うのに、
縄跳び大会だけは、記憶がない(゚▽゚)アポー
ひょっとしたら、太郎が低学年の頃にちょっと行ったことがあるかもしれないが
次郎に関しては、とにかくないっ!

おそらくそれは、毎年この時期になると風邪で寝込んでしまっているから。
お恥ずかしい話だが、見かけによらずか弱いのだよ(。・_・。)ポッ

それでも、今年は私にとって、
延べ9年間にわたる子供の小学校生活最後の大会じゃ。
幸い一応健康だし(^^ゞ 行かずばなるまい!


というわけで行ってみたのだけど、
特記事項はなし(^^ゞ
上の子も同級生だったお母さんと
「4年前、上の子が5年生だったときのものしゅげー団体戦にくらべれば
 この子達は練習が足りないね」
(注:1分間8の字飛びで144回という記録だった。すごかった。)
などとシビアな感想を言いつつ、
それでも「可愛い下の子」が頑張る姿に目を細めていたのだった。


確か太郎が6年生の時には1月31日にあった縄飛び大会。
さすがに第1志望前日の大会はやめてください、と塾の先生に言われ、
「学校優先ヽ(*`д´)ノ」と主張するダーリンとの間で
かなり困った思い出がある。
結局ちゃんと出場したのだが。

今年も絶対にひともめありそうだと予想したので
事前に室長に
「縄跳び大会は出ます。
 子供に「”出るな”と言うな」と 鬼先生に伝えておいてください」
とお願いしておいた(^^ゞ
だけど、ふたを開けてみたら
日程的にも余裕があったし、
飛んでいる様子もなんだかおっとりしていて
「緊張感のあまり転んで怪我をする」心配なんかなかったよ。

まあとにかく、小学校生活最後の大きな行事が滞りなく済んでよかった。
帰りにこうちゃんのママとおしゃべりもできたし。
「連絡したかったんだけど、邪魔したら悪いと思って遠慮してたのー」
と言ってくれたこうちゃんママ、どうもありがとう。
次郎の受験が終わったら、
こうちゃんの入園グッズを一緒に作ったり、ランチしたりしようね♪





****

おまけ。太郎のご迷答??

夕食に菜の花の和え物を出したら、太郎が
「これ、アブラナ?」
と聞いてきた。

うぷぷ。
確かにアブラナで正解なんだけど、
お料理の場合は「菜の花」と言ったほうがおいしそうだよ♪

(ちなみに次郎は「これ何?」と聞いてきた。
 毎年この時期にはよく出してるのに・・・・・orz)
[PR]
by poyo25 | 2010-01-29 10:28 | 学校 | Comments(6)

春を待つ

春を待っているのは、うちの小さな同居人?たち。

まずは、アゲハのサナギちゃん
以前、つくしねーさんからいただいた蛹ちゃんを家の中に置いておいたら
真冬に羽化しちゃって気の毒なことをしたので、
この子はベランダで越冬してもらうことにした。
d0003116_1136553.jpg

今朝、次郎が久々にベランダを覗いて
「このサナギ、生きてるかなー?」
と聞いてきた。
「・・うん、たぶん・・」と答えたけど、実はとっても心配orz

写真には写っていないが、下のほうにカタツムリも冬眠中。
たぶん冬眠中。
生きてるはず。
たぶん。



玄関には、コクワガタも冬眠中。
先日、大捜索をしたところ、めでたく生きているのを発見。
早く暖かくなって顔を見せてくれるといいな。



実はアリさんもまだ生きている。
写真は割愛するが、1-2匹がご健在だ。
入居当時のスピードはもう望むべくもないが、
ゆっくりまったり、時々動いているアリさんたち。
できるだけ長生きしてね♪


春を待つ気持ちは、虫も人間も同じ(ほんとか)。
早く来いこい、桜の春♪


****


<おまけ: ご迷答特別編?>

なんとなく思い出したのでアップ。
昔、いたいけな小学生女子だったわたくしのネタ。

   光成合

もちろん正解は光合成

なぜか「こうせいごう」と思い込んでいたんだけどね。
「流星号」みたいでしょ?(≧▽≦)
(↑これがわかったあなたは同世代♪)
[PR]
by poyo25 | 2010-01-09 12:13 | 生き物観察 | Comments(8)

ちょっとのんびりお正月

今日は元旦。
とはいえ、受験生次郎はいつもの通り6時に起きておべんきょー。
(ちなみに私はもっと遅くまで寝ちゃったよ・・・)

いつも家族みんなでダーリンの実家に行っているのだが、
今年は非常体制につき、ダーリンと太郎だけで行ってもらった。
その間、次郎は第4志望校の過去問をさくさくと解き、
その後私と二人で近所の神社に初詣に行った。

神社の人って、どうやって暮らしているの?
などという素朴な疑問から始まり、あーだこーだとおしゃべりをしながら
参拝の順番を待つ。
そんな流れで、次郎が
「そういえば、僕、まだ”千歳飴”って食べたことがない!」
と言い始めた。
そんなばかな、と思いつつも
「千歳飴って、ミルキーが硬くなったような味だよ」
と教えたら、今度はなんと
「・・ミルキーも食べたことないよ!」
と言うではないか。

やはり、そんなばななと思いつつも
「じゃあ、帰りにスーパーに寄って買おうね♪」と約束しつつ、
参拝をして、お守りと破魔矢を買った。


帰り道にお寺もあるので(ちなみに、クラスメイトのお家だ)
おみくじをひいてみた。
だって、次郎が
「おみくじをちゃんとひいた記憶がない」って言うんだもん。
ほんとかいな。

結果は「小吉」。
「学業」は「雑念多し」なーんて書かれていて、がっくりする次郎。
「・・・おみくじなんか、ひかなければよかった・・・」
「小吉ぐらいが一番いいのよー。それに、雑念を払えば学業もうまくいくってことなんだから
 気にすることないのよー♪(*^-'*)>」
あくまでノーテンキに言い放った母であった。
・・・しかし、「雑念多し」というのはかなり真実かもしれないじょ。
おみくじ、侮るべからずだね(≧▽≦)



さて、スーパーでは、念願のミルキーを購入。
甘栗の詰め放題もやっていたので、これまた
「詰め放題なんか初めて・・・」
ほざく言う次郎に詰めるのを任せてみた。

そんなわけで、今日のおやつはお餅とミルキーと甘栗♪
なんだかんだで、結局は1日中勉強していたけれど、
なんとなくのんびりできた1日だった。



****

初笑いにどうぞ。久々のご迷答でごじゃいます。
学校の漢字テストでやらかしました。

            度脳

おそらく「度胸」の間違いだと思われます。

これをしでかしたのは確か1学期の頃だと思うのですが、
今まで温存しておりました(゚▽゚)アポー
今でも、見る度に笑えます。


もう少しでいよいよ入試が始まりましゅ。
ぜひとも鍛え上げた度胸と脳で(つまり、度脳???)
頑張っていただきたいものだ(≧▽≦)

あ、そういえば、私は元旦に2月校の願書を心静かに書こうと思ってたのに
すっかり忘れちゃったよ(゚▽゚)アポー
・・・明日は書こう。うん。




****

こんな具合で今年も(゚▽゚)アポーなぽよ家ですが、
どうぞよろしくお願いいたします。

幸多い1年になりますように♪
[PR]
by poyo25 | 2010-01-01 23:14 | 家族 | Comments(12)
先日、太郎の体操服がたいそう臭いという話を書いたが、
一応太郎の名誉のために?書き添えておくと
あれ以来、さすがの太郎も毎日体操服を持ち帰っている。
(自分でもこりたと見える(≧▽≦))

でも、たった1日着ただけでも・・・・かなーりくちゃいorz
母は毎日下洗いが大変なのじゃ。


でも、考えようによってはこれも幸せ。
太郎は幼いころからずっとアトピーがひどかったのだ。
特に次郎が生まれる前後は一番ひどく、
当時の写真を見ると、手足が包帯でぐるぐる巻きにされていて
見るものの涙を誘う。

お風呂上りなんか大変だったなー。
お風呂で体が温まるとかゆくなるので、かきむしる太郎。
「だめよ、掻いちゃ」
その小さなおててを抑えながら、むずがる太郎をなだめながら
できるだけ素早く薬を塗る。
それも、症状に応じて薬を塗り分けなくてはならないので
判断と行動の素早さが求められる。
結構大変。
今の(゚▽゚)アポー母ではできないワザじゃな。

だから、次郎が(喘息だの中耳炎だのはあったけど)
とりあえずアトピーではなかったので
「ノーマルな肌の子供のメンテナンスがこんなに楽だとは思わなかった(゚〇゚;)」
と感動したものだ。


特にひどかったのが今の時期だったなー。
暑くなって、普通の人ならすんなり汗をかくところを
太郎はうまく汗がかけずに熱がこもってしまうらしくて、
汗はかけないのに顔は真っ赤。
そして湿疹はとてもひどくなっていたのだ・・・・・。


その後、成長するにつれて少しずつアトピーの症状は治まっていったものの、
(そのかわり、喘息だの鼻炎だのになったけどさ)
中学入学時では、まだまだ乾燥肌だった太郎。
1年生のころは、部活の練習量が少なかったせいもあるが、
たとえ月に1回しか体操服を持ち帰らなくとも
ほとんど汗臭くならなかった。

それが、いつのころからか(たぶん今年)
たくさん汗をかくようになるのと同時に、お肌の状態がすっきりしてきた。
汗腺が開いたというか、健康になってきたんだろうなー♪


くっさいにおいに耐えて下洗いしながら、そんなことをふと思う母であった。


・・・ところで、次郎は今でも健康な汗腺の持ち主なので
夏場の体操服はかなーりくちゃい。
こいつが中学に入って、念願どおりサッカー部に入った暁には
くっさい洗濯物がダブル???Σ( ̄□ ̄;;;)!!
(しかも、お弁当もダブルじゃorz)




<おまけ: 久々にご迷答シリーズ>

先日の定例でやらかしました。
熟語の読み。
お母さんは、あなたの間違えた解答を見ただけで
正解がわかっちゃったよ。

 (誤)わかぼし → (正)じゃっかん(若干)

「わかぼし」って・・・・・。
「美味しんぼ」の主人公のおともだちのお店じゃないんだからさー・・・
                          ↑ そりは「おかぼし(岡星)」(≧▽≦)
[PR]
by poyo25 | 2009-06-27 00:20 | 家族 | Comments(10)

定例でやらかしたご迷答

春期講習最終日に行われた定例テストの結果が返ってきた。
「鬼テスト」で鍛えられた甲斐があってか?社会は今までで最高の出来♪
・・・でも、その他がその分下がっちゃったので、トータルとしてはあんまり変わんない。
ま、とにかく、1回社会で結果を出したかったから、これでよしとするか・・・。



んでね。次郎には「絶対ブログには載せないでよ!!!!!!!!」と
言われているんだけど、
私は鬼の母なので、載せちゃいます♪(*^-'*)>


  ドングリを落とす木はどれですか。次のア~エから一つ選びなさい。  
   ア. イチョウ    イ. スギ   ウ. シイ   エ. マツ


        次郎の回答  エ. マツ


・・・・・・マツはドングリじゃなくてマツボックリじゃよー(≧▽≦)
こんなサービス問題落としてどうするんじゃい??

(ちなみに正解はもちろん ウ.シイ じゃ)


えっへっへー。
書いちゃったよーだ。
怒ってももう遅いもんねーだ。
次郎君、書かれて恥ずかしいような回答をしないように!♪(*^-'*)>
[PR]
by poyo25 | 2009-04-12 22:35 | 家族 | Comments(8)

次郎の周りは鬼ばかり?

3月に塾の担任の先生が本格的にきまって以来
塾からの帰宅時間がしゅげー遅くなった次郎。
いや、正確には、文系の日には遅くなるんだな。

その原因は、社会の確認小テスト、その名も「鬼テスト」
基本と言えば基本、細かいと言えば細かい知識項目が
ちゃんと身についているかを確認すべく、
満点を取るまでは帰宅できないという、恐るべきテストなのじゃ。

しょっぱなからとっても帰宅が遅くなっちゃってる次郎。
大体、「鬼テストとは何ぞや」ということからして、次郎はろくに説明できないしorz
心配になってO先生に電話したところ、
「次郎君の場合は、決して覚えられないとか、能力がないわけではないんですが
 どうも勉強に対する甘い態度が出ているようなんです。」
ですって。
O先生がかなり厳しく指導してくださるとのことなので、
「じゃあ、家では優しく見守りますね♪」
と言った母であったのだが・・・。

次郎の解答用紙を見てみたら、確かに厳しいコメントが。
「全く勉強のあとが見えない!」
「全く努力の成果が出ていない!」

おおーっ。
た、確かにきびしいおコトバじゃ。

んで、どきどきしながら、回答の中身を点検してみたら
・・・・・確かに甘い。なんだこりゃな間違いのオンパレード。
いわく、「2期作・2毛作」 (二期作・二毛作じゃよ)
     「警察所・消防所」 (署だよ、署!)
しかも、これらの誤答は、1回目のテストでは正解だったのに、2回目(別の日)でやらかした誤字。
おまけにきったない字だしヽ(*`д´)ノ

・・・・・(―“―;)
「優しく見守る」と誓った舌の根も乾かないうちに
鬼瓦の形相でがーがー怒ってしまった鬼母であった。
なんつーか、疲れて帰ってきた次郎にとどめをさしちゃったというか・・・・(゚▽゚)アポー


塾でも鬼テスト、家でも鬼母。(ついでに、鬼の兄ちゃんもいる)

気の毒といえば気の毒、自業自得といえば自業自得な次郎くん。
あ、でも、O先生に関しては
「要求するレベルが高いだけで、別に怖いとは思わないよ」
大層殊勝なことを言っていたよ。
その発言はとってもいい。しゅばらしい。
・・・・あとは、その殊勝な心構えにふさわしい答案を書いてくれたまえ。



<おまけ:5年生最後のご迷答?>

今日は小学校5年生の終了式。
最後に行われたテストを持ち帰った。
社会は47都道府県の県名を書き込むまとめテスト。

   讃岐県  (もちろん正解は 香川県)


ちなみに、このご迷答、ブログに載せるのはしぶしぶ承知した次郎だったが
「O先生に教えてもいい?」と聞いたら
「それだけはやめてーΣ( ̄□ ̄;;;)!!」
ですって♪
[PR]
by poyo25 | 2009-03-26 21:03 | 家族 | Comments(8)
I進の「中学入試研究会」とやらに行ってきた。
入試動向とか、問題の傾向と対策とか、
今後のスケジュールと心構えなどなど、
2時間目いっぱい使った、予想以上に充実した会であった。


例に漏れず、「合格者ビデオ」も見た。
太郎の時にも思ったのだが、
やっぱり、女子より男子のほうが可愛い。
別に顔立ちの話ではないし、その良し悪しを言っているのでもないじょ。
なんというか、女子、特に難関校に合格するお嬢さんたちは
とっても大人びているというか、クールなのだ。
合格の興奮冷めやらぬまま語るお母様の横ではクールに微笑んでいるし、
自分で語れば、男子と違って複雑な構造の文章がすらすらと出てくる(゚〇゚;)

一方、男子は
「嬉しいでーす♪」
口から出てくる文の構造がいたって単純。

でも、(たぶん開成合格の)男の子が
「(先生・親へ)
 僕みたいに勉強のできないやつを今まで支えてくれてありがとうございました」
と言っているのを聞いたときには、思わずもらい泣きしちゃったよ。


また、別の男の子は、「後輩たちへ一言」として
   「ミスをしない。
    問題文を最後まで読む。
    最後のマルまでちゃんと読む
と言っていた。
おおおおーっ。
早速メモして、帰宅後次郎に聞かせましたとさ(≧▽≦)

一方、親御さんからのアドバイスでは
「あまり口うるさくしないでサポートしてください」
というのが耳に痛いところ(≧▽≦)
ま、親も子も頑張ろうね♪ ということかにゃー?


その他、先生がたの話で印象深かったこと。

1. ますます長文化する国語の問題文。
   それに対応するには、1分間に最低500、できたら600字読めるスピードが欲しい。
   この600字/分とは、大人並み!
   そのためには、親がまず読書する姿勢を見せること。
   1日10分でいいから、お子さんの前で読書をしてください。
      ・・・今からで間に合うか??と思ったのは私だけではあるまい(≧▽≦)

2. 合格者と不合格者の答案を比較。
   内容もさることながら、合格者のほうが明らかに字が濃くてしっかりしている。
   「字が薄いのは自信のなさの現われです。スランプに陥ったときなんかそうですね」
   ですと。
      ・・・Σ( ̄□ ̄;;;)!!
        うちの次郎、字が(汚いだけじゃなくて)薄いじょー!!!
        私が怖すぎ?厳しすぎ??



さてさて、そんなこんなでお疲れ様の研究会の帰り、塾によってみたら
ウワサの(?)新任O先生についに会えた。
・・・・若いっ!(゚〇゚;)
マスクを外してご挨拶しようとしていたのだが、
半日マスクをしていた上に、合格ビデオで感激の涙と鼻水を流していたわたくし、
化粧なんか、はげちょろけのでろでろですわ。
とても人様、特に若いお兄さんの前にさらせるシロモノではごじゃいません。

思わず
「次郎の母です。すみません、こんな顔で
とご挨拶しちゃいました・・・・・(゚▽゚)アポー  




<おまけ:学校のテストでもご迷答>

   〇風雨 → 防風雨 (正解は暴風雨

母:「あーあ、”防風林”だったら正解なんだけどね」
次郎:「えへへ。”防風林”だと思ったんだよ」

・・・・・問題文は最後まで読むこと!ヽ(*`д´)ノ(文じゃないけどさ)
[PR]
by poyo25 | 2009-03-10 22:47 | Comments(10)

夫と社会人1年目・大学2年の息子達の4人家族。「転んでもただでは起きない!」がモットー、物忘れひどし(゚▽゚)  息子たちはそれぞれひとりぐらし中。


by poyo25