夫と大4・大1の息子達の4人家族。「転んでもただでは起きない!」がモットー、物忘れひどし(゚▽゚)  息子たちはそれぞれひとりぐらし中。

by poyo25

タグ:ミニトマト2006 ( 5 ) タグの人気記事

夏のなごり

1. ものすごーく久しぶりのメダカちゃん。
7月の始めごろだったかな、新しく水草を買ってきたら、それにちっちゃいタニシが
くっついてきた。
今までタニシはちゃんと育った試しがないので心配したのだが、思いのほか順調に
大きくなっている。
最初は体長2-3ミリ程度だったのに、今では7-8ミリはあるかにゃ。
毎日元気に水槽の中を歩き回って、お水をキレイにしてくれている・・・はず。
d0003116_2326816.jpg

タニシの得意技(?)は↑のように水面を裏返しに這うこと。

同じ時にメダカを飼い始めた友人宅でも、初代のメダカは1匹だけになったので
お友達のメダカをペットショップで買ってきたそうな。
そしたら、前からいるメダカがとても嬉しそうにしているらしい♪
うちのメダカちゃんはどう思っているのかなー。
タニシが来た日には、タニシのことをつんつんつついたりしていたけど、
今ではすっかり仲良く同居している。

ところで、うちのメダカちゃん、最近は「ごはんだよー」と言いながらエサの袋を
カサカサ鳴らすと、心なしか嬉しそうに上へ上がってきて口をぱくぱくさせる。
気のせい?いやいや、メダカちゃんに私の愛が通じているのよ♪(*^-'*)>


2. ミニトマトの収穫(o_ _)o~
d0003116_23324340.jpg

確か、ちょうど2ヶ月前に「お花が咲いたー」と喜んで書いたような気がする。
でもその花は枯れてしまって、結局のところ実がなったのはたった2個。
しかも、うち1個は途中で落っこちてしまい、収穫できたのは↑の1個だけー!

直径1センチのミニミニトマトちゃん。
明日の朝食にしようかしら♪

○会の子供たちから送られてくる「ミニトマトレポート」。
みんなちゃんとたくさん収穫できたんだなー。しゅごいなー。
花丸をつけながら先生は感心するのだった(゚▽゚)アポー
[PR]
by poyo25 | 2006-09-11 23:41 | めだかの観察 | Comments(14)
○会の教材のミニトマトちゃん。
会員のお子さんから、今週はじめて「ミニトマトレポート」なるものが来たので思い出した。
私もミニトマトを育てていたんだった(゚▽゚)アポー

種まきは次郎に任せ、その後は水遣りも植え替えもダーリンにやってもらっちゃった♪
植え替えは、時機を逸してしまったので根が絡まってしまい、
(はい、わたくしがサボっていたからだす)
固まったままとりあえず大きい鉢に移しただけになってしまったのだが、
それでも少しは大きくなっている。やれやれ。

↓これで3本。身を寄せ合って生きております。
d0003116_0335150.jpg
いつの間にやらお花も咲いておりました(^^ゞ
d0003116_0344852.jpg

だけど、ご覧のとおり、しゅげーちびっちゃい。
いくらミニトマトだとはいえ、こんなに小さい花で大丈夫なのかね????
果たして食べられる実が収穫できるんだろうか???(゚▽゚)アポー

<おまけ>
ついでに告白しちゃいます。
発芽しかけた落花生は、予想通り3日後にはカビがはえちゃいましたー。
「落花生」タグ、しゅげー短命(≧▽≦)
[PR]
by poyo25 | 2006-07-12 00:42 | 生き物観察 | Comments(14)
このところずーっと天気が悪くて、なかなか成長できなかったミニトマトだが、
ようやく本葉も出て、トマトらしくなってきた。
d0003116_1794396.jpg

右端の苗は一番遅く芽が出てきて、成長も遅い。
子葉の先っぽから種の殻(だと思う)が取れないままじゃ。
大丈夫かにゃー。
元気に大きくなって欲しいにゃー。


以前、カマキリの卵を飼っていて(?)、わらわらと赤ちゃんカマキリが誕生するのを
大喜びで観察していた。
カマキリは、まず薄い膜に包まれた小エビのような状態で卵のうから出てきて、
そこで最初の脱皮をしていわゆる「一令幼虫」というちびカマキリの姿になる。
ところが、私の育て方、もとい、卵の保管条件が悪かったのか、
せっかく卵のうから出てきて脱皮しても、最後に後ろ脚の先っぽが脱げきれない子が
たくさんいたのだ。
ちょうど↑の写真の子葉の状態ね。

人間だって、脚の先を縛られていては、思うように動けない。
もちろん、いくらたくさん脚があるとはいえ、カマキリだってかなり不自由。
しかし、私が手を貸して殻を取るわけにもいかない。脚ごと取れちゃうよ。
しばらくは足を引きずりながらも元気に歩いているが、次の日あたりには
みんなお亡くなりになってしまったのだった・・・・(pq)


ミニトマトの場合は、別に子葉に殻がついていてもなーんも問題はなさそうだけど、
ふと、可愛そうなカマキリたちのことを思い出してしまったのだった。
ちょっとしんみり。
・・・・・・え、誰?「へんなおばさん」とかなんとか言ってるのは?
[PR]
by poyo25 | 2006-05-21 17:23 | 生き物観察 | Comments(12)

芽が出ますた 5/7

タイトルの日付と書いている日付がずいぶん違う・・・(^^ゞ

ミニトマトちゃん、ゴールデンウィークの終わりに芽が出ましたo(*^∇ ^*)o
d0003116_2215246.jpg

土を重たそうに持ち上げて、一生懸命のびようとしている姿が健気。
なのになんと、早速アブラムシがついているではないか!!
ぐわーん、ゆるさーんヽ(*`д´)ノ
爪楊枝でちまちまお掃除じゃ。


d0003116_22272546.jpg

そしてこれは、10日の写真。
しっかり子葉が開きました♪

ところで、昔はこれを「双葉」と教わったけど、今は「子葉」と教えるんだそうだ。
まあ、確かにその方が、後々「単子葉植物」「双子葉植物」だのがすんなり頭に入るかも。
だけど、可愛くないじゃん
それに、「ふたばちゃん」という名の女の子の立場はどうなるんだ? 


植物で思い出した。
この間太郎が「塾で理科のまとめテストがある」と、泥縄勉強をしていたのだが、
なんと太郎君ってば、花の名前がわからにゃい(゚▽゚)アポー
やみくもにお経のように花の名前を唱えて覚えようとしているので、
「ちょっとちょっと(゚〇゚;) この花はどんなんかわかる?」と聞くと
「しらなーい」という返事がほとんど。

特にわかんにゃいのが、ツバキとサザンカ。
「サザンカは、マンションのゴミ置き場のところに植えてあるでしょ!
冬場にゴミ捨てした時に気付かなかった?」
「えー、そんなんぜんぜん知らないよー」
何度もなんども「サザンカは・・・秋?」などと間違えておった(ー”ー;)
植物図鑑を見せても、いまいちイメージがわかないらしい。
結局、「"さざんかさざんか咲いた道ー♪"って歌があるじゃない!」と
歌ってはじめて「あー、冬だねー」と納得。

そういえばダーリンも、ガーデニングを始める以前はサクラとチューリップぐらいしか
花の名前を知らないって言ってたっけ。
向田邦子の「花の名前」という作品もあるにゃー(私は柴門ふみのマンガで読んだが)。
基本的に、男の子は花なんかにゃ興味ないってことか?(o_ _)o~
[PR]
by poyo25 | 2006-05-11 22:54 | 生き物観察 | Comments(12)
昨日ですが、ミニトマトの種をまきました。
○会の教材だす。添削者にも1セットきました。
去年は次郎がチャレン○2年生で、やはりミニトマトを育てたので
○会の方は省略しましたが、今年は食べ物欲しさ良き添削者として
自分でも体験してみることにしたわけだす。

次郎にポットの組み立てと種まきを任せて、完了v(←自分でやらんかい!)
d0003116_1233145.jpg

大きく育ってねー♪  まずは、芽を出してくれ。



んでもって、どさくさにまぎれて告白します。
アオスジアゲハのサナギちゃんはどうやら本当にお亡くなりになってしまいました。
バジルのサナギちゃんも、たぶん(o_ _)o~
白菜についていたちびちびカタツムリは、一応生きていますが
お世話が難しいので、断念。
以上、3体を今日森に行って放したり、お墓を作ったりしてきました。
ごみんね。ちゃんとお世話できなくて(pq)

そりから、メダカちゃんも、一匹行方不明です。
かれこれ2週間も行方不明なので、たぶん水槽の底でお亡くなりになっているかと・・・。
ごみんなさい、ごみんなさい。

どっこい生きているのもいます。
コクワガタが一匹。誰もきちんとお世話をしなかったのですが、
先日土の上に出てきたのを発見しました。
なにしろちっこいので、新たに置いたゼリーもちーっとも減りません。
食べてるのかにゃ?
[PR]
by poyo25 | 2006-04-30 12:04 | めだかの観察 | Comments(20)