夫と社会人1年目・大学2年の息子達の4人家族。「転んでもただでは起きない!」がモットー、物忘れひどし(゚▽゚)  息子たちはそれぞれひとりぐらし中。

by poyo25
その後のヤゴ吉。

子供部屋の壁に止まっていたヤゴ吉だったが、その後部屋を覗いてみたら
部屋の床にへたばっていた。どうやら、飛ぼうとしてもよろよろしてしまい、
上手に高く飛べないらしい。

d0003116_22254451.jpg

「こっちへおいで。」と指を出したら乗るじゃないか♪
次郎の机の上に止まり木を用意して、お引越し。
実はこの子、左の前足がないだけではなく、左の後ろ足も先半分が白くなっている。
それでバランスが悪いので、止まっている状態がひどく疲れるのではないか???

d0003116_2232227.jpg

その後、次郎の机にしがみついている姿を発見。
左の中脚を前脚のように使って上に伸ばしているのがおわかりだろうか?
さらに右の後脚は体の真下に伸ばして、体のバランスを取っている。


さらに夕刻。
次郎が泣きそうな顔で
「今見たら、机のそばに落っこちていた。机の上に上げて、水を飲ませようとしたけど
動かなくなって来ちゃった(pq) シクシク」と言う。
私も水を含ませた綿をヤゴ吉の口元に置いたりしたけれど、
・・・・・そのままヤゴ吉くんは動かなくなってしまったのだった。


「ぼくがあの時ヤゴ吉を触らなければよかったのかな・・・」と嘆く次郎。
そして、次郎以上に元気がなくなってしまったわたくし。
見かねた太郎が
「自然に暮らしていれば、ヤゴのまま死んじゃうのもたくさんいるんだよ。
トンボになれてよかったじゃないか。」
「ヤゴ吉は残念だったけど、昨日のヤゴ衛門は元気に外に飛んでったから
よかったじゃないか。」
と私達を慰めてくれる。
・・・・だけど、ヤゴ衛門だって、なんだかよろよろ飛んでいたじゃない。心配だー。
「大丈夫だいじょうぶ。元気に飛んでたよ♪」
・・・・ありがとね、太郎。

結局、一度も力強くはばたくことなくいってしまったヤゴ吉だったが、
きっと今頃は天国で楽しく飛び回っていることだろう。
[PR]
by poyo25 | 2006-06-26 22:40 | 生き物観察 | Comments(20)

そして、ヤゴ吉も

昨日、相棒のヤゴ衛門が羽化して外の世界へ旅立っていった。
残されたヤゴ吉、これで狭い水槽が少しは広く使えてのんびりできる・・・・・
と思いきや、夜になったら水槽に立てた割り箸にちょっと登っている。
「ありゃ、ヤゴ吉も羽化したそうな顔してるわ。
と私が言ったら、ダーリンが呆れてた(゚▽゚)

しかーし!母の勘は正しかったのじゃ。
今朝、登校前に玄関前の水槽をふと見た次郎が
「あれ、ヤゴ吉も羽化しちゃってるよ!」と声を上げた。

(゚〇゚;)おおっ 早くカメラで撮影!
と慌てている間に、ヤゴ吉はひらひらよろよろと飛んで、子供部屋の壁に止まった。
へー、ヤゴ衛門よりは元気のよいトンボになったんだねー。
d0003116_141912.jpg

今日も天気は良くない。外へ飛び立っていっても翅が湿って重たいだろう。
「ヤゴ吉、このまんまここにいるのかなー?」と次郎。
「うーん、まあ、一日ぐらいは何も食べなくても大丈夫だとは思うよ。」と私。
念のために、そばにある次郎の机の上に、水を入れた小皿を用意した(≧▽≦)
お腹がすいたら、玄関にあるコクワガタのケースに小蝿がわいてるから(汗)
それをつかまえて食べてね。
一応トンボなんだから、そのくらいはやってくれー。


というところで、お昼にブログのチェックをしていたら、
ゆきだるまさんが「羽化して1日はそのまま体を乾かす」と教えてくれていた。
ふむふむ、ならばこのまま子供部屋で休ませよう♪
・・・・あれ?んじゃ、昨日のヤゴ衛門は大丈夫かな???
お母さんは心配だよー・゚ '゚(/□\) '゚゚・

ヤゴ吉でーす。
d0003116_1424367.jpg

可愛そうに、左の前脚がないの。
ヤゴの頃から、この脚が妙に短くて心配していたんだけど、
短い脚が出てくるのではなく、欠損してるのねー?(←日本語変)

昨日のヤゴ衛門とは、翅の模様が違う。
写真ではわからないけど、ヤゴ衛門よりは一回り小さいじょ。
ノシメトンボという種類、かもしれない。

ああ、うちの昆虫図鑑(小さい子用)は、イマイチなのよねー。
虫の種類も少ないし、食草なんかも載ってないし・・・。
もうちょっといい図鑑が欲しいなー。
ついでに、新しいデジカメも欲しいなー。
いや、ダーリンが新しいデジカメ持ってるから、私はいいカメラのついた携帯に
買い換えようか・・・・・。
いきなりふつふつと物欲が頭をもたげてくる私であった(゚▽゚)アポー
[PR]
by poyo25 | 2006-06-26 14:34 | 生き物観察 | Comments(2)

ヤゴ衛門、ついに羽化!

早朝、私がしあわせーな気分で寝ていたら、次郎が
「おかーさん、ヤゴ衛門が羽化しているよ♪」
と枕元でささやいた。

じゃじゃーん。ヤゴ衛門、ついに成虫になりました♪
まずは朝6時半の映像:
d0003116_115685.jpg

8時半には、翅を広げたよーん:
d0003116_1155865.jpg

10時。ちょっと上に上ったじょ。
d0003116_1165197.jpg

イトミミズに襲われた時にはどうなることかと心配したけれど、
大きくて立派なトンボになれて、本当によかった。お母さんは嬉しいよ♪

ところで、次郎が「これはシオカラトンボだよねー」と喜んでいるが、
図鑑などを見てみると、なーんかこれは普通のアカトンボ(ナツアカネ?)のような
気がする。
「だけど校長先生がこのヤゴくれるとき、”しおからとんぼ”だって言ったもーん。」
(ー”ー;)うーん ヤゴで見分けるのは難しいだろうからねー・・・。
誰か、わかる方、教えてくださいまし♪

もうひとつ気になること。
もう11時になるっていうのに、ヤゴ衛門改めトンボくんは、一向に飛び立つ気配がない。
このケースが置いてあるのは玄関先なので、玄関の扉は開けっ放しにしてある。
外気を十分に感じて、外に直接出て行けるようにという配慮なのだ(≧▽≦)
なのに、壁の低いところにはりついたまま。
ダーリンが
こいつ、甘えてるんじゃないか?つまんで外にポイしてやろうか?ヽ(*`д´)ノ」
などと恐ろしいことを言う。
きゃー、やめてー。きっと雨が降りそうな天気だから外に行かないんだよー。・・・たぶん。
[PR]
by poyo25 | 2006-06-25 11:16 | 生き物観察 | Comments(11)

ヤゴ衛門、ピンチ!

ヤゴ衛門 というのは、うちのシオカラトンボのヤゴのこと。
たった今命名(^^ゞ  理由は、ちょっと大きくて立派だから。
ちなみに、小さい赤とんぼのヤゴはヤゴ吉 だよーん。

さて、校長先生に見せてもらった「イトミミズの逆襲」の話、
昨日子供たちに喜んで聞かせてやった。
驚く(ふりをする?)子供たち。
「すごいよねー。ちょっと怖いよねー。でも、うちのイトミミズはそんなにたくさんいないから
大丈夫だよ。」
なーどと言っていたのだが・・・・

今朝見たら、ヤゴ衛門にイトミミズがとりついているじゃないかーΣ( ̄□ ̄;;;)!!
ぐわーん。すぐにヤゴ衛門についている塊をつついて取り除く。
だけど、まだ食いついているミミズがいる!(怒)

実はヤゴを手で触れないヘタレな私や太郎に代わって、次郎が果敢に
ヤゴ衛門を洗ってあげたが、いまいち取り除けない。
結局、水槽の中でスポイトを使ってイトミミズを吸い取るのがベストだった。
このワザを発見し、一番上手に優しくできたのも次郎。
よしよし、次郎君、えらいじょー!!
我が家のヤゴ主任に任命してあげよう♪

それにしても、ヤゴ衛門、いったいどうしたのか?
昨日までは毎晩結構な量のイトミミズを食していたはずなのに・・。
お腹でも痛いのかにゃ?
それとも、羽化が近いのか?
昆虫って、羽化が近くなるとエサを食べなくなり、動きが鈍くなるっていうでしょ?
(ー”ー;)うーん それならますます今夜が心配(pq)

昨日は校長先生と「自然は、まさに弱肉強食ですねー」なーんてのんきなことを
言っていたが、それが自分ちの子の話となると別。
過保護なかーちゃん(わたくし)は、一番大きなイトミミズの塊を別の容器に
移し変えたのだった。
エサに食べられるよりは、エサが足りないほうがまだましでしょ????
[PR]
by poyo25 | 2006-06-11 18:07 | 生き物観察 | Comments(8)

イトミミズの逆襲

今朝、次郎のクラスに朝の読み聞かせをするために学校に行った。
職員室前で校長先生や教頭先生が「ご苦労様です」と挨拶してくださる。
「おはようございます」と通り過ぎようとした時、校長先生が
「ぽよさん、イトミミズ足りてますか?」と声をかけてきた。

おおっ、うちが今週全然エサをもらっていなかったことまでおわかりなのか???
「今日、次郎が頂きにうかがう予定です(^^ゞ 」と答えたところから、
イトミミズ談義がはじまっちゃった。

確か去年は金だらいに入っていたヤゴちゃんたちだが、今年は立派な水槽に
エアレーション(ぶくぶく)付の豪邸に住んでるじゃないか!
しかも、水槽が3つもあるじょ。

「イトミミズって、こうして砂を入れてやればもぐってるんですがね・・・」
ふむふむ、砂を入れてやるといいのか。

砂がなくてイトミミズが大量にいると、ヤゴを襲っちゃうんですよ。ほら♪」
どれどれ・・・
Σ( ̄□ ̄;;;)!!

3つめの水槽、巨大な赤い塊の中に、気の毒なヤゴが・・・・・。
私「ひょえーっ、これはやはり、ヤゴが弱っているとやられちゃうってことなんですか?」
校長先生「そうですねー。まさに弱肉強食というか。」

よっぽど携帯のカメラで写真撮っちゃおうかと思ったのだが、
ほかのお母さん達が校長先生に話しかけたし、次の予定もあったので断念。

・・・・・朝っぱらからいいもの見たおべんきょーになりました。
こうちょーせんせい、ありがとー(゚▽゚)
[PR]
by poyo25 | 2006-06-09 23:15 | 生き物観察 | Comments(6)

ヤゴちゃん来た!

(やだねー、今月初めての投稿だわ。ヤゴが来たのは6月1日だったのに・・・・)

ヤゴが我が家に来ますた。
ご存じ、トンボの幼虫だす。
子供たちの小学校のプールで冬を越していたのを、
校長先生がプール掃除のときに集めて飼っていらっしゃいます。
名づけて「ヤゴ救出作戦」(←校長先生自ら命名)
その後は職員室の前に置かれたたらいで集団生活を送るヤゴちゃんたち。
「ヤゴ主任」の校長先生に頼めば、なんとエサ付で分けてもらえます。

おととし、こうしてもらってきたヤゴちゃんを羽化させて味をしめたわたくし。
去年はもらうのを忘れてしまって悲しい思いをしたので、
今年こそはと、子供たちを脅してもらってきたのでした。
・・・いやなに、子供たちはあまり乗り気じゃなかったんですが、
「お母さんがこんなにヤゴ欲しいって頼んでるのに、
あんたたちはどうして言うことが聞けないの!!ヽ(*`д´)ノ」

と泣き落としたんだすよ。ハイ、大人気ないです(^^ゞ

えーと、とにかく、我が家にめでたくヤゴちゃんが来ますた。
それもなんと2匹♪
d0003116_21585072.jpg

小さい方はたぶんアカトンボ。
大きいほうはシオカラトンボだってさー、と次郎が言いました。
(次郎の言うことなので、本当かどうかは知りましぇん)

2匹もいると、エサがなくなるのも早いだす。
週末にエサが切れたので、ペットショップで「冷凍アカムシ」とやらを
購入しましたが、なにしろ冷凍されちゃってるので、活餌になりましぇん。
案の定、ヤゴちゃんたちが食べないので、心配していたところ、
ご近所の「ムシ友達」にイトミミズを分けてもらえますた。わーい。

えーと、ここまででも十分鳥肌が立った方のために、以下は隠します♪
[PR]
by poyo25 | 2006-06-05 22:08 | 生き物観察 | Comments(16)