昨日、次郎は3校目を受験した。
当初の予定にはなかったのに、鬼先生の暑苦しい熱心な説得に負けて
受けることになっちゃったのさ。

埼玉県内の学校なので、朝は比較的遅くてOK。
近いってステキだわー♪
んでもって、近いせいなのか、
はたまたものしゅごくたくさんの受験生が押し寄せる学校だからなのか、
いよいよ鬼先生が花道
(塾の先生が道の両側にずらーっと並んで受験生を迎える。結構コワい(≧▽≦))
にご登場だった。

当日絶対に会えるようにと、わざわざ携帯の番号まで教えてくださったので
こちらも必死で探した。
鬼じゃないほうのお兄ちゃん先生にも、鬼先生にも熱ーい激励をされて
急に緊張してきたらしい次郎。
大丈夫か、こいつ?(≧▽≦)
と思いつつ子供を送り出した後、私はすぐに駅に戻って
先週受けた千葉の学校に合格証をもらいに遠征してきた。

それにしても、千葉は遠い。しゅげー遠い。
往復で4時間かかったので、昨日の受験の待ち時間は全てそれに費やされた。
お茶を飲むヒマもありゃしない。



そんなこんなで少々疲れたけれど、なんとか合格しました。よかった。
先ほどネットで次郎と一緒に確認したのだが、
最初なかなか番号が見つからなくて、寿命が3年ばかり縮んだよorz





ところで、今回の反省。
昨日の学校は3年前太郎も受けたところだった。
だから、終了後にどのように子供たちが誘導されて出てくるかがわかっていた
・・・・つもりだった。
ところがどっこい、今年は3年前とやり方が違ってたではないか!
油断していた私は、他の保護者が持っている案内図ももらってなくて
内心冷や汗をかきながら次郎を探した(^^ゞ

結局、すぐにわが子を見つけることができて事なきを得たのだが、
2人目受験のお母様方、どうぞ油断せずに最新の情報をご確認くださいませ。

・・・って、そんな(゚▽゚)アポーは私だけかorz
[PR]
by poyo25 | 2010-01-26 16:45 | 学校 | Comments(18)

怖い話

太郎の学校の学年会に行ってきた。
学年主任の先生が持ち出したのは、今年のセンター試験でのこわーいお話。

太郎の学校のとある高校3年生。
大変優秀で、どの科目も軒並み9割以上の得点をたたき出したのに、
ある科目だけマークシートをずらして記入してしまって
大量失点してしまったそうな!


ざわめくお母様方たち。
中でも私は
「せ、せんせー、今私の方を見てました!?」
と思ってしまったほど、背筋が寒くなるような思いをしたのだった。
ううっ、3年後太郎がやらかしそうなミスじゃないか。

帰宅後太郎にこの話をしたら
「(゚〇゚;)おおっ オレの先輩がいたのか♪」
みょーに喜んでるし。
(注:「他の科目で9割得点」というところは完全に無視)





太郎の学校に行く前、午前中には
おととい次郎が受験した学校の発表があった。
次郎と二人してどきどきしてネットを確認したら、
めでたく次郎の番号があった。

しかーし!
鬼先生が電話で
「いやー、実は危なかったです」と言うではないか。
なんでも、国語で「。や、を数えずに何文字」などの指定を無視したりするミス
とても多かったとのことorz
怖い。怖すぎるorz

こりゃ、次郎!
この、いわば「拾った合格」をいい教訓に
残る10日間は丁寧に頑張るんじゃよヽ(*`д´)ノ




まったくもう、どいつもこいつも(゚▽゚)アポーなんだからヽ(*`д´)ノ
お母さんは心労のあまり、今日もまた包丁で指を切っちゃったじゃないか。

・・・・あら、つまり、(゚▽゚)アポーは私譲りというのが確定ってことか・・・・orz
[PR]
by poyo25 | 2010-01-23 23:09 | 学校 | Comments(18)

出願の日は散々

昨日は東京の学校の出願日。
面倒だけど行ってきたよ、窓口出願とやらに。

確か3年前はどこの学校でもやたらと待ち続けた記憶がある。
3年分歳をとって気力も体力も衰えた私は
「別に番号が若くなくてもいいや。待たずに済む時間に行こう」
と横着なことを考え、のんびり家を出た。

一応次郎の希望により、第1希望の学校からスタート。

・・・・なのだが、いきなりやらかしたアホウなわたくし。
山手線を反対回りに乗っちゃったorz

なので、いきなり予定より10分ほど遅く、10時10分頃到着。
1時間ほど待って手続き完了。
私の後にもまだまだ長い列が続いているのを見てびっくらしながら、
次の学校へGO!

2番目の学校には12時前、3番目の学校には12時過ぎに着いたが
どちらの学校も既に行列はなく、
行ったらすぐに窓口で手続きができた。
あら、楽ちん♪


3校回ってお腹が空いたし疲れたので
とりあえずマックで何か食べていこうとしたのだが、
一口も飲まないうちにコーヒーをひっくり返してしまった。
服や食べ物などにかからなかったとはいえ、
隣に座っていたお姉さんには大変ご迷惑をかけました。
すみませんでした。でも、優しい人でよかった(涙


「もう、これ以上何かしでかす前に、おとなしくとっとと帰ろう・・・」
しょぼんと帰宅して、夕方ぼけらーっとしたままご飯の支度をしていたら
またまた包丁で指を切っちゃったし。
(今回はかすり傷)





すっかり落ち込んでいた私だが、夜になって一筋の光明が!
翌日(つまり今日)4時起きして千葉の学校に遠征なので大騒ぎしていたら
いつになく早くダーリンが帰宅して
明日は千葉で仕事だから、僕が次郎を連れて行こうか
と言ってくれるではないか!!

しかも、実はこの学校はダーリンの母校なのじゃ。
乗り換えも、駅からの道もばっちり♪
いくら卒業して以来××年経っているとはいえ
一度も行ったことのない、しかも(゚▽゚)アポーな私が付き添うよりは
100倍安心ってものだ。
ばんざーい。





・・と言うわけで、この時間にのんびりブログなんぞ書いているわけでごじゃいます。
ゴミを出して、洗濯掃除を済ませてから次郎を迎えに行ってきます♪

次郎、頑張れ。字は丁寧に書け!
そして、他の子供たちもみんな頑張って!
[PR]
by poyo25 | 2010-01-21 07:51 | お家の仕事 | Comments(12)

収穫

今日、小学校で育てていた野菜を次郎が持ち帰った。
d0003116_20525399.jpg

カリフワラーとカブ。
なかなかお見事な出来じゃないか。
「カリフワラーは、じゃんけんで勝ってゲットしたんだよ♪」
と嬉しそうな次郎。

d0003116_20545036.jpg

カリフラワーの根っこなんて、初めて見たわー。

早速、カブはお味噌汁に、カリフワラーは温野菜に調理した。
葉っぱは虫食いの穴だらけだけど、
きれいに洗ってあるせいか、イモちゃんの姿は見えない。
ちょっと残念♪

・・・・と思っていたら。
カリフワラーを小房に切り分けて洗おうとしたとき、
2匹ほどイモちゃんを発見!

あら、飼おうかしら♪
と一瞬思ったんだけど、
今の私には、次郎の世話だけで手一杯。
イモちゃんの面倒を見る気力も体力もないので、さよならしてしまった。
ごめんね、イモちゃん・・・・(pq)




***

受験ネタのおまけ。

今回の次郎は、特待合格だった。
嬉しいし、安心したけれど、
太郎が何と言うかちょっと心配だった。
なぜなら、太郎はこの学校に普通の合格しかしていなかったから。
自分より(゚▽゚)アポーな次郎が特待なんてヽ(*`д´)ノ
と、怒るかもしれないなー・・・orz

でも。
次郎が塾に行った後帰宅した太郎に伝えたら、
「(゚〇゚;)おおっ♪」
喜んでくれた(↑ これでも一応)。
よかった。
なんだかんだ言いつつ、次郎のことを心配してくれているんだよね。
そして、受験の苦労をよーく知っているだけに、喜んでくれたのかな。

・・と思っているんだけど、未だに太郎は「おめでとう」と次郎に言っていないらしい。
「本番はこれからじゃん。今から”おめでとう”なんて言って気を抜いてるヒマはないよ」
などと、まるで鬼先生が言いそうなセリフを吐いているorz


よく、上の子が受験で親の手がかかると下の子がすねると聞くけれど、
今回は上の子である太郎がすねてるのかにゃ?
受験の日も「お弁当作らなくていいよ」と言ってくれたし、
今朝も私がちょっと体調が悪かったら
「一人で出て行くから寝てていいよ」と言ってくれたし、
(一応朝食の用意だけはしたのよ)
すっかり母は甘えていたけど、いけなかったかな?



あれやこれやでなんだか心配ばかりしている今日この頃。
おかげで?今日行こうと思っていた2月校の受験料振込みを忘れちゃった(゚▽゚)アポー
いいや。明日行こう♪
とにかくなんとか2月上旬まで生き延びることだけを考えようっと(゚▽゚)アポー



すみません。
何書いているんだかわからなくなりましたねー。
疲れてるんでしゅ。わたし(pq)
[PR]
by poyo25 | 2010-01-14 21:19 | 学校 | Comments(16)

とりあえずご報告

初戦は合格しましたー。
これから入学延納手続きに行ってきます♪

よかったよかった。
今回は複数回出願だったので、受験番号も3つありました。
「まさか、2回目とか3回目とかの番号を書いてないだろうな」
と心配していましたが、どうやらちゃんとしていたらしい(≧▽≦)
(模擬試験のとき、受験番号を間違えた過去を持つ男なのでね・・・・)
[PR]
by poyo25 | 2010-01-13 12:46 | 家族 | Comments(24)

大掃除?をしながら

今日は寒いけれどいい天気。
どんよりした日はやる気ゼロでぐーたらしてしまうのに(いつものことか)、
こういう日には張り切る単純なわたくし。
・・・単純というか、動物並みというか・・・・(゚▽゚)アポー





せっかくの試験休みだからと、いつまでもすやすや寝ている太郎をたたき起こして
まずはゴミ出し!
朝食後には家中の窓ガラス(そんなにたくさんないけれど)を拭く手伝いをさせた。
しゅげーぶーたれながらも、一応手伝う太郎。
よしよし。
なかなか役に立つじゃないか。
毎日ご飯とお弁当を作って食べさせて、ここまででっかくした甲斐があるってもんだ♪

ささっとこき使われた働いて、出かけていった太郎。
本日はクラスメイトと映画鑑賞。
うちは埼玉、友達は千葉在住なので、間をとって都内で観るんだと。
ちょっとしたお出かけでも、すぐに都内に行ってしまうなんて、
母より行動半径が広いじゃないか。(≧▽≦)
なんだか、中学生のくせに行動は高校生みたいだね。




太郎が出かけた後、残りの掃除などを済ませていたら、
インターフォンが鳴った。
郵便局のおじさんが持ってきてくれたのは、1月校の受験票!
しかも2校いっぺんに来た。

実はそのうち1校は、受験料の振込み票のうち
自宅保管のものまで一緒に学校に送っちゃってたの。
(しかも、郵便局の書留送付の控えまで捨てちゃった)
万一受験票が届かないなどのトラブルかあっても、
お金を払い込んだ証拠がないので
どうしようかと心配していたところだった。
あー、よかったよかった。これで一安心♪(*^-'*)> 

この受験票ってやつは、次郎本人ではなく、私が記入した。
受験本番のときにも、机の上に出しておくものだ(たぶん)。
緊張したり、心細くなったときにはこれを見てね。
お母さんが心をこめて書いたキミの名前がここにあるからね。

・・・んでもって、母の丁寧な字を手本に、
きちんと名前を書くんじゃよヽ(*`д´)ノゴルァ






お天気だけど、とっても寒い師走の一日。
そろそろ布団を取り入れて、私も図書館にでも出かけよう。


来年の今頃は、次郎も学校の友達と都内に遊びに行っちゃうんだろうか?
残された私は何をしているのかな?
   ・・・昼寝?   ネトゲ? 
[PR]
by poyo25 | 2009-12-17 14:17 | お家の仕事 | Comments(8)

昨日2月11日は、太郎の進学先の学校の登校日。
大体どこの学校も一斉にこの日に登校日を設けて、入学者の確定を計るらしい。
「勝手に休んだやつは入学取り消しじゃー」とのことだ。

実はまだ、第1志望に落ちたことが受け入れられていない太郎。
進学先の第2志望だって、あれほど「いいなー、行きたいなー」と言ってたくせに
昨日の説明会でも、いまいちのりがよくない。
実は塾の先生から「11日の午後から夜にかけて、絶対に繰り上げ合格の電話が
あると信じています。待ちましょう!」なんて余計なことを言われちゃったもんで
余計に気持ちの整理ができないのだよヽ(*`д´)ノ

自分では気付いていないだろうが、すごく気持ちがとげとげしていて、
きつい言動ばかりする太郎を見ているのがしのびなくて
(いや、実はやつあたりされるのに我慢できなくて(゚▽゚)アポー)
思わず涙ぐみながら
「もう、○×(第1志望)のことは忘れようよ。
 こんなにいつまでも引きずっていたら、前に進めないよ。
 ○◎(進学先)で精一杯頑張って、誰よりも楽しい6年間を送ることだけを考えようよ」
と声をかけた私。
太郎も泣きながら「・・・うん・・・・」とうなずいた。


とはいいつつも、なんとなく電話を待ち続けちゃったその日だが、
結局電話は来なかった。
床に就いた太郎の頭をなでながら
「電話こなかったね。
 ・・・・君は、○×・・(あ、間違えた)・・○◎の星になれ!」
・・・・・かっちょよく慰めるつもりが、学校の名前を言い間違えちゃった。
この2校は、カナに直すと最初の2文字が同じなんだよ(言い訳するなー!)

やっぱり、太郎にとって最大の不幸は、こーゆーふぬけたハハを持ったことだったね。ごみんよ。


♪♪♪

さてさて、一夜明けた今日の午前中。
心機一転、プリントやテキスト一式を大整理したよーん。
2年間(太郎が入塾したのは5年生から)こんなにたくさん勉強したんだね。
d0003116_1895398.jpg


受験間際にはプリント類が散乱して、まるでごみためのようだった部屋もすっきり♪
さあ、気分もすっきりさせて前にすすもうではないか!
 
[PR]
by poyo25 | 2007-02-12 18:11 | 家族 | Comments(20)

終了!

皆様、いろいろご心配・アドバイス、本当にありがとうございました。
今日の発表で全て終了しましたー。
あーやれやれ、終わった終わった~o(*^∇ ^*)o わーい♪

ご報告いたします。
第1志望の1日校は、残念でした。
第2志望の3日校は、合格しました♪
第3志望の2日校は、特待合格でしたが、断腸の思いで辞退しました(゚▽゚)


それまではネット発表か、試験中に私が見に行くというパターンばかりだったのだが、
昨日、初めて学校の掲示板で自分の番号を探すという経験をした太郎。
・・・・残念ながら番号がなかった。
一緒に受験して一緒に発表を見に行ったA君と仲良く討ち死にじゃ(o_ _)o~
A君と二人して異様なハイテンションでへらへらしながら、しかし奥底にどよーんとした
雰囲気をかかえつつ、昼ごはんを食べて帰宅(前日の予想通りの展開だったじょ)。
今日になって太郎が言うには
「へらへらしていないと、なんだか押しつぶされそうな気持ちがしたんだよ」
だから一層、今朝初めて掲示板で自分の番号を発見することができて、
本当に本当に嬉しかったね♪
(ちなみにA君も仲良く合格♪)


結局「親子で号泣」というシーンはなかった今回の受験だったが、
私が密かに涙したのは次の3回。

3日、太郎が試験を受けている間に、書類をもらいにいった2日校(第3志望)。
なんと校長先生がひとりひとりに合格証他一式を手渡ししてくださった。
しかもなんと、(そのとき判明)太郎は特待合格で、校長先生に
「おめでとうございます。待っていますよ」
と言われたときに、涙が出そうになった。
まだ1日校の合否はわかっていなかったが、「たぶん×」の雰囲気が濃厚だった時。
太郎のこれまでの努力に対して神様がご褒美を下さったのかな、と思った。

次は今日(第2志望)、わが子の番号を見た時。

そして最後に、今日も帰りに塾によったときのこと。
お世話になった先生に
「君は(これまで自分が見てきた生徒の中で)一番きちんと復習をした男だったんだよ。
 だから絶対に合格させてあげたかったんだけど・・・・。ごめんな。」
と言われた時。
実は私は内心
「子供を煽り立てて、無理目の学校に挑戦させてーヽ(*`д´)ノ」
と思っていたのだが、この一言でなんだか固まっていた心が溶けたような気持ちになった。

先生、本当にお世話になりました。
心の中でこっそりうらんでしまってごみんなさい。
A君のお母さんと「大体あの先生、結婚しているのかしら?独身のオーラが出てるけど 」
などと話のネタにしちゃってごみんなさい。
心の中であやまりながら、目をうるうるさせつつ挨拶をしたのだった。



実は1月に最初に受けた学校では、「特待狙って来い!」と言われていたのに
普通の合格だった。
なのに2日校(レベル高し)ではまさかの特待。
子供なんてそんなもんかなー、と思った。
小さな体に幼い心。
ほんのささいなことで調子が上がったり下がったりするんだろう。
その時に出てきた問題との相性ももちろんあるし。
だから、合格できなかったからと言って、決して自分の能力や努力を否定しないこと。
また、合格したからといって、決して他の受験生より優れていたとは思わないこと。
だから、「4勝1敗」などという言い方はしたくない。
あくまでも「ご縁があったかなかったか」というだけのこと。
入学する学校こそが、自分にとって最高の学校なのだ。

だから太郎、明日からは普通の小学生の生活を楽しんでおいで。
今までは免除されていた学校の宿題もちゃんとやって(≧▽≦)
放課後は友達と遊ぶ約束をしておいでよ。
気が向いたらお母さんがクッキー焼いてご接待してあげるよ。
そして、入学に向けて夢を膨らませようね。


今のところ、第1志望に合格できなかったのがショックらしい太郎。
しかも塾の先生に「繰上げの電話が来るかも」なんて余計なことを言われたもので
気持ちの切り替えがまだできていない様子。
私が早速やすらかな気持ちでぐーぐー昼寝している間
なんと勉強しちゃったんだと(゚▽゚)アポー
ま、そのうち全てが消化できるでしょう。


そして私。
明日こそはメダカの水槽を掃除するじょー!
そしてダイエットするじょー!
ここのところ、めっきり「お受験ブログ」になっちまって、
ちょーっとつまんないことばかり書いてしまってすみましぇんでした。
明日からはまた(゚▽゚)アポーで楽しいことを探して生活します♪(*^-'*)>
[PR]
by poyo25 | 2007-02-04 18:50 | Comments(30)

今日も元気にお受験だーっ。
朝5時前に起き出して向かった先は、都内の某校。
ここは、足を運ぶたびにいい印象が増えていく。
今日も校長先生はじめ、学校側の心遣いが大変ありがたかった。

なんと解答までコピーして配布してくれるので、自己採点しつつ帰宅する。
夜にはネット発表。
大体予想はついていたが、番号を見つけたときには嬉しかったなー。
HP上で、合格者・不合格者それぞれにあてた温かいメッセージを読んだ太郎も
「ここは本当に親切でいい学校だなー」
と感動している。
よかったよかった。
これで、1日校や明日の学校がどうなっても、入試はおしまい。



ところで、
帰りにまた塾によって先生に挨拶をした。
今日明日の確認、それに1日校の愚痴(先生の(≧▽≦) ) などを聞いていたら、
そこに同じクラスのO君から電話がかかってきた。
おそらく第1志望の合格報告だろう。
太郎がどんな顔をするか見ていたら、
先生が「おお、おめでとう!」と言った瞬間、何のためらいも影もない笑顔が広がった。

自分はまだ合否もわからず、明日も決して楽ではない勝負が待ち構えている。
この状況で、友達の合格を心から喜べた君を、母は本当に嬉しく思うよ。

O君もおめでとう。これで受験は卒業だね。
クラス全体が、第1志望はおろか、どういうスケジュールで併願してるか、
果ては受験番号まで知り尽くしているという間柄。
みんながお互いにどんなにここまで(先生の厳しい授業に耐えて♪)頑張ってきたか
よーく知っているからこそ、心から励ましあい、喜び合えるのかもね。


さーて、明日は最終日。
太郎も「明日、燃え尽きる!」と言っている。
燃え尽きた後、1日校の発表を見て、がっかりしながらお昼ご飯を食べるんだとさ(゚▽゚)
さてさて、どうなるかにゃー。
[PR]
by poyo25 | 2007-02-02 23:14 | Comments(16)

やってきました、2月1日。
塾の友達A君と最寄り駅で待ち合わせて、電車でGo!
塾の友達と一緒に行くのはどんなもんかと思っていたが、
太郎がどうしても「緊張するから、絶対Aと一緒にいく!」と言い張ったので、
A君さえよければ、ということでご一緒したのだ。
このA君、なかなか肝っ玉の太い男の子で、
確かにこの子と一緒ならしゅげー心強いかも。
A君のほうでも太郎と一緒で安心したらしく、お弁当も二人で学校の食堂で食べた♪と
楽しそうに言っていた。

さて、今回の教訓その1は、ラッシュアワーの満員電車は避けるべし! 
深く考えずに乗った電車だったが、途中でぎゅうぎゅぅ詰めになってしまい、
A君が気持ち悪くなるというアクシデントがあった。
なんたって、電車自体に慣れていない子供なので、気をつけてやらねばならなかったな。
ごみんね、A君。

学校入り口で子供達と別れたあとは、A君のお母さんと一緒に映画鑑賞♪
たまたまA母も映画でも観て時間をつぶそうと考えていて、しかも観ようとしていた
映画まで同じだったのだよーん。
本日の教訓その2は 映画鑑賞はいい時間つぶしになる! ってこと♪
観たのはディカプリオ主演の「ディパーテッド」
以下は感想。ネタバレなので、読みたい方は選択・反転させてくらはい。

さすがR-15指定。子供には見せられまへんがな。
みーんなみーんなばたばたとお亡くなりになるのでびっくらしました。
しかも、いまいち話がよくわかんにゃいし(≧▽≦)



試験が終わって出てきた太郎とA君、すごくすがすがしい表情をしていた。
「結果はともかく、ここを受けてよかったよ」と太郎。
「ここを受けなかったら、後悔してたかも」とA君。

母達はその言葉を聞けただけで十分だよ。

そのまま塾に行ったらば、なんとびっくり、同じクラスの子がほとんど来ている。
しかも、勉強してるぢゃないか! さすが6-Fぢゃ。

一番熱心に鉛筆を走らせているのは、男に生まれてたら開成だろうが筑駒だろうが
絶対確実! この教室の期待の星☆という女の子。
ほー。たぶん今日の試験も絶対大丈夫だったに違いなのに、こうして真面目に
次に備えている、っつーところがやっぱり違うんだにゃー。感心。
太郎とA君も(君達、疲れてないんかい?)そのまま先生と検討会を始めた。

帰宅した太郎、
「たぶん、今日はだめだったー」
といいつつも、さばさばした表情は変わらない。
「これほど集中して臨んだのは初めて。これでだめなんだから、
 オレの力不足ってことだよ」

敗れて悔いなしってことか。
いつの間にか、「斉藤孝のガツンと一発シリーズ7 受験なんてヘッチャラだ」
の「特別編 入試に落ちた時に読んでください」のページまで読んでいた(≧▽≦)

・・・あんた、何もそこまでしなくても・・・まだ落ちたと決まったわけじゃないのに・・・
と思いつつ、私までもが
「たかが中学入試なんだから、"ご縁がなかった"というだけの話だよ。
 あなたを待ってくれている中学で精一杯頑張れば、それが一番よ♪」
なーどと言っちまう始末。

「お母さん、今日は連れて行ってくれてありがとう。
 明日とあさっては絶対に頑張る!」
と言ってくれた太郎。
明日もあさっても、お母さんは一緒に頑張るよ。
・・・たぶんもう映画は観ないからね♪(*^-'*)> 今日観たからもういいや♪
[PR]
by poyo25 | 2007-02-01 23:10 | 家族 | Comments(8)