久しぶりに4人揃って♪

お久しぶりのご挨拶と新年のご挨拶を申し上げます(o_ _)o))


このお正月は久しぶりに4人家族が揃って過ごすことができた。
次郎が9月下旬に一人暮らしを始めて以来、
夫婦二人の老後状態が続いていたので、
男子大学生二人が加わると、ちょっとした「環境激変」であった(゚〇゚;)



大みそかの昼頃太郎が、夕方には次郎がやってきた。
引退したとはいえ、ついこの間までテニス三昧の学生生活を送っていた太郎は
なかなかナイスな細マッチョぶり。
ちょっと見ないうちに肩やお尻に筋肉がついた次郎は
念願かなってサッカー三昧の学生生活を送っているらしい。
180センチの息子たちが増えると家の中が狭くなった(≧▽≦)


いやー、何がすごいって、あいつらの食欲がこんなにすごいということを忘れていたよ。
大晦日の夕食はしゃぶしゃぶだったのだが、
そもそも最近は出番がなかった大きな土鍋を出してきたと思ったら
お肉1㎏があっという間に無くなった
それでも年越しそばは別腹でもりもり食べてるし(゚〇゚;)

次郎はバイトがあるとかで、元旦の夕方には帰って行ってしまったのだが、
太郎が残っただけでも、我が家のエンゲル係数はうなぎのぼり!
はっきり言って、子供たちがいた4日間で
普段の老夫婦3週間分の食費がかかったのだ。しゅげー♪
やつらに肉や野菜をすきなだけ食べさせると
大変なことになるということがよーくわかった(≧▽≦)゜
でも、子供たちがもりもり食べているのを見るのは嬉しいものだ。
大きくなったねー、とおかーさんは思うのだった(^^♪



夕食の後は紅白を見ながら、ぽよ家恒例の「人生ゲーム」。
ここ3年ほどは太郎が元旦過ぎてから帰省していたので、
4人そろっての大晦日人生ゲームは久しぶりだ。

何しろ、次郎が中学受験の時以来、ほとんど口もきかなかった兄弟。
太郎が大学生になって大人になってきたので
ちょっっっっっっとだけは口をきくようになってはきたものの、
最低限の挨拶程度しかしていなかった。
ところが今年は一緒に人生ゲームができちゃった♪
やたら計算の早い太郎と、てきぱき作業をしてくれる次郎のおかげで
楽ちんな人生ゲーム♪
・・・母が最下位でしたがね。 いいんだよ、別に。




それにしても、太郎は本当に大人になった。
中高時代は父であるダーリンに大変反抗的だったのが
大学に入って一人暮らしをするようになって
普通の親子のように接するようになっていたが、
今回はさらに優しく、孝行息子に成長してた。
どこのご子息か(゚▽゚)??と思うほどだ。

そんな太郎に社会人スタートのためにスーツを誂えに行き、
いろんな背広を試着している姿を見ていたら
お母さんはちょっと泣きそうになっちゃった(^^ゞ


一人暮らしで、寂しい思いや大変なことをたくさん経験したことだろうが、
それら全てを糧にして、いい4年間を過ごしたんだろうね。
あと3か月、残りの学生生活を楽しんでおいで!
卒業旅行も気を付けて行ってらっしゃい!!



先ほど太郎が下宿先に帰っていったので家の中ががらーんとしている。

さあ、私は何をしようか!
子供から手が離れた今が正念場、という気がする。
いろいろな意味ですっきりと幸せな毎日を過ごせるように頑張ろう!

皆様にとっても、今年が素晴らしいものになりますように!!






[PR]
by poyo25 | 2017-01-03 16:29 | 家族 | Comments(6)

太郎の帰省 2016

新年おめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします(o_ _)o))


元旦に太郎が帰ってきた。
29日まで大学の授業があり、元旦の午前中もバイトが入っていたので
こちらに着いたのは元旦の夕方。

2日の朝にはダーリンとジョギング&初詣♪
(一昨年のお正月もしていた(参照)。
 この時はカーナビが嘘ついたから なかなか車でたどり着かなかった私だが(^^ゞ
 今回はちゃんと地図で確認したから大丈夫♪ 
 ちゃんと着いて一緒に初詣ができたv)
しかし、それ以外は特に予定もなく、ただひたすらのんびりして
一緒にテレビなど見て過ごし、3日の朝にはもう下宿に帰っていった。
夕方にはサークルの練習があるんだと。

慌ただしい帰省で「ただお年玉をもらいに来た」かのようではあるが、
今回の大きな目的は、大学院に進学する許可を得るためだったらしい。
来る早々、神妙な顔をしてダーリンにお願いしていた。
(ダーリンは快諾)
(現在3年生なので、実際に院の試験を受けられるのは来年度)

実は当初、太郎は
「次郎が受験で慌ただしいだろうし、バイトもあるから
 今年は帰らないかもしれない」
と言っていた。
あらまー、面倒なのかしらん。
最近「いい子」になってきたと思っていたけど、
やっぱり「いい子キャンペーン終了」なのかなー?
などと思っていたのだが、
こうして急に、わざわざ来て進路のお願いをしたところを見ると、
本人が元々きちんとしている、というよりは、
誰かいい先輩や友達がいて諫めてくれたのではないか、と推察される。

さらにびっくり。
2日の午前中は頼んでもいないのにお風呂掃除をするし、
家中掃除機をかけるし、とっても働き者の太郎くん。
聞けば、
古くなったTシャツは雑巾としてその辺を拭くと言うし、
ほぼ毎日自炊しているそうな!
この年末も、野菜が安くなっていたからたくさん買って
煮物など作ってストックしてきたと言うではないか!!!
しゅげー。
ひょっとして主婦力高い?(≧▽≦)

親はなくても子は育つ(?)
太郎を成長させてくれた環境に、人々に
深く感謝を申し上げます。


<おまけ1>

わが家には「ふるさと納税」でゲットした○○和牛すき焼き用が500グラムあり、
当初こ大晦日に3人で食べようと思っていたのだが、
太郎が帰省してくることになったので、元旦の夜に変更した。
ただ、肉食男子が2人になったので、お肉500グラムで足りるわけはない。
急きょダーリンがスーパーに走り、500グラムお肉を買ってきた(和牛じゃないけど)。

合計1キロのすき焼き肉。もちろん野菜もてんこもり。
・・・・
瞬殺だった!Σ( ̄ロ ̄lll)
さすが男子。
ちなみに翌日の夜は豚しゃぶ。
これまた瞬殺。
しゅげー。


<おまけ2>

12月中旬に「帰らないかも」とメールが来たきり、なかなかその後の連絡がなかった。
可愛いわが子の顔が見たくて、楽しみに待ってはいたのだが、
だんだんま待ちくたびれてきたわたくし。
あまり「帰ってこい」と催促をするのも悪い気がしたし、
ちょっと面倒になってきたのも確かだ♪(*^-'*)>

「あー、もう、"帰ってこなくていい"ってメールしちゃおうかなー」
つぶやいたところ、そばで聞いていた次郎が
「・・・それはやめたほうがいい」と言う。
「自分ではそんなに帰りたくないとしても、
 親から"帰ってこなくていい"なんて言われたら傷つくよ」
親を諭す次男(≧▽≦)

そうか。わかった。
君は君なりに、兄を思いやる気持ちがあるんだね。
ちょっと感心したよ♪
(単に母が無神経すぎるだけ、という気もするけど)
[PR]
by poyo25 | 2016-01-05 21:25 | 家族 | Comments(4)

進級問題??

我が家のもう一人のBB(部活バカ)男子のお話。

つい先日、食料品だの日用品だのを詰め込んだ
「オカン定期便」を発送した。
太郎から「ありがとうメール」が来たので、そのまた返信として
「そういえば、ちゃんと進級できたの?」と聞いたところ、
「明後日の試験の結果次第」という返事が来た。

その時は「あー、まだ試験中なんだー」と思っただけなのだが(゚▽゚)アポー
後からよく考えたら、
3月も下旬になって試験とはどういうことだ????
まさか、追試??
太郎ってば、留年するのか??????Σ( ̄□ ̄;;;)!!

急にとっても不安になった母。
太郎にしつこく
「その試験はできたのか?」
と問い合わせてみたのだが、
「まだわからない」
と返信が来たまま、はや数日・・・・・。

がーん。
この期に及んで留年かよーヽ(*`д´)ノ

血圧が上がりそうになったわたくしだった
・・・が。
よくよく考えたら、例え留年だとしても
もうこの時期には決定しているはずだ。
うーん、何が未定なんだろうか。

メールの履歴をたどってみたところ、
月初めに太郎がよこしたメールに
「3月末に専攻を決定する試験がある」
と書いてあったではないか。(←よく読めよ)

はーやれやれ。
とりあえず、留年はなさそうだわ♪

密かに額の汗をぬぐいつつ、
もう一度そのメールをよく読んでみたら
「(希望する分野の)演習をさぼったりして素行がよくないので
 試験がんばらなくては」
と書いてあったΣ( ̄□ ̄;;;)!!


太郎、素行が悪いのか・・・・・・。
・・・・・大丈夫だろうか・・・・・・・・orz


どいつもこいつもBB(部活バカ)で
あっちもこっちも心配だわーヽ(*`д´)ノ




<おまけ>

そんな太郎だが、
相変わらず節約生活を送っているらしい。

1月に帰省した際、
「新しい下着など買ってあげようか?」と尋ねたら
「パンツは大丈夫♪
 この間10枚で780円のやつを買ったばかりだから♪(*^-'*)>」
と言う。

ちょうどその時洗濯に出していたのがそのぱんつ。
見たら、しゅげーぺらぺらだったよ(≧▽≦)
[PR]
by poyo25 | 2015-03-26 21:16 | 学校 | Comments(6)

太郎の成人式

先日、太郎が成人式を迎えた。

この子は大学入学時に住民票を移したので、当初はそちらで成人式に出る予定だったのだが、
母校(中高)で成人祝いの同窓会を開いてくれることになったので
こちらに帰省してくることになった。

  地元での成人式では、ゲストが地元中学の恩師だとか、
  記念の集合写真が出身中学単位になってしまい
  うちの子たちのように中学から私立に行った子たちは
  「その他」グループに入れられて寂しい思いをするんだとか(≧▽≦)

  そんなわけで、とてもありがたい成人式同窓会。
  別に学校が主催してくれるわけではなく、有志生徒が幹事を引き受けてくれて実現した。
  ありがとう、幹事君たち。 そしてご協力くださった先生方、感謝いたします。


現在、中学受験生を含む家庭教師などで大忙しとかで、
式前日の朝、夜行バスで帰ってきた太郎。
去年のお正月以来の里帰りだ♪
(昨年秋の義父のお葬式の時には、こちらには泊まらなかった)

「あー、こっちは暖かいし、 うちの中も広くて暖かいし、食べ物がいっぱいある♪」
こんなことを言ってのんびりしている。
(どんだけ普段厳しい生活を送っているんだ)

この長男、去年のお正月もなんだか角が取れてオトナになっていたが、
今年はまた一段と丸くなっていた。
だから私達両親は嬉しくなっちゃって、
またもやほいほいとスマホの機種変更なんぞしたり、
仕送りの増額を約束したりする始末。
うーん。ちょろいorz
でも、まだ学生の、可愛い息子が一人で頑張っているのがわかるので
素直に頼られればなんとかしてやりたくなるのが親心というものだ。
お母さんも、またおかずを送るからねー♪   ←だから甘いって!


太郎が読んでいる文庫本をちょっと見てみたら、
ハインラインの名作「夏への扉」だった。
あー、これ、私も昔好きだったなー。
別にそんなことを言った記憶はないのに、
息子が自分でこの本を選んで買ったのだと思うとなんだか不思議だ。

そういえば、前回帰省した時には
私がはまって大人買いした漫画「海街diary」を見て
「これ、読んだ」と言ってたしなー。
やっぱり、親子だから読書の傾向も似るのかな????


そんなことを考え、いつもより野菜と肉を多目のご飯を食べさせているうちに
太郎はあっという間に下宿に帰っちゃった。
また来年のお正月までこちらには帰ってこないのか、と思うと
なんだかお母さんは寂しいよ(pq)
でも、体に気をつけて、元気で大学生活を楽しんでおいで!


****


ところで。
成人式同窓会に出て、夜遅く帰宅した太郎。
「おそくなってごめんなさいー o(*^∇ ^*)o 」
すっかりへろへろで、お風呂にも入らず(入れず)
しばらくソファで丸まっていた(≧▽≦)
あらー、この子が酔っ払ったのを見たのは初めてだわ♪
と思いつつ、ちょっと心配でウコンなんぞ飲ませて寝かせた。

ところが、翌朝は7時ごろさくさく起きてシャワーを浴び、
大きな茶碗大盛りのご飯をお代わりしてたよ(゚〇゚;)

しゅごい。
さすが若者。
さすがハタチ。
[PR]
by poyo25 | 2015-01-15 21:59 | 家族 | Comments(8)

みんな進級?

4月が始まり、お役所は転出・転入のラッシュで大忙し。
ただでさえ、パートが経験不足の新人(フレッシュともいう???)ばかりなのに
今回4月の異動で上司にあたる職員までが大幅に異動しちまったもので
現場はたーいへん。
勤務3年目に入った私が一番ベテランってどうよ?
(確かに歳はくってるが(≧▽≦))
と嘆きながらも、冷や汗かきながらも、
痩せもせず(―“―;)毎日なんとか生きておりますorz



市内に大学だの専門学校だのがあるので
新入生たちが転入の手続きにやってくる。
親御さんに付き添われてくる子とか、
一人で来る子、
はたまた、知り合ったばかりの友達何人かで
連れ立ってくる子たち。

ちょうどわが子と同じ年頃なので、
なんだか母の気持ちになって接してしまう。
友達と一緒に来る子はともかく、
ひとりでなんだか寂しそうな顔をした子には
「がんばってね♪ ちゃんとご飯食べるんだよ」
声をかけたくなってしまう。(実際にはかけないけどさ)
親元を離れて、おそらくはじめての一人暮らし。
きっと楽しいよ。 勉強も生活もがんばってね♪



さて。

昨年同じ状況だった太郎。
今更だが、どうやら無事に進級できたようだ。
懸案だったフランス語もめでたく単位が取れたようだし
(後に、ママ友から
 「あの大学のフランス語は大変なんだよ」  という情報を得た。
 あらま。よく単位取れたね(゚〇゚;))

一般教養のある講座に至っては
試験の答案用紙に、答えをろくすっぽ書かずに(書けなかったんだろう)
いかに単位が欲しいかについて切々と訴える文章を綴ったところ、
なんと、最低点ながら単位がもらえた(゚〇゚;)

とのこと。
うーん。いいんだろうか?
でも、楽しそうだ。


雪も解けて、サークル活動も本格化。
先日は「ラケットを折ってしまったので、買い替えのお金を補助してもらえませんか?」
というメールが来た。
丁寧に頼まれるとイヤとはいえない、太っ腹なダーリンがyesと返事をしたところ
「ありがとうございます。 頑張ります!」という返事が返ってきたが、
私とダーリンそれぞれから
「勉強も頑張るように!」と突っ込みのメールを返したのは言うまでもない(≧▽≦)



そして、次郎。

ほぼ毎日部活。
最近は家を出る時間が比較的遅いので、
ゴミ出しとお風呂掃除が日課となっている(≧▽≦)
母の仕事が忙しくて疲れ切っているので、これは大変ありがたい♪
今日なんて、お昼ごはんを作ってくれた♪
(餃子を焼いてシューマイをチンしただけだが)
まあ、いずれはこの子も一人暮らしをするかもしれないし、
少しずつでも家事をさせないとね♪(*^-'*)>

いよいよ2年生。
部活も学校生活も一番充実する年だろう。
母も毎日巨大おにぎりを作って応援するよ♪
もちろん、勉強もがんばってくれ。。

(先日の学年末テストが、なぜかとっても良かったのだが、
 何しろ本人が
 「なんでこんなに良かったのか原因がわからない」
 とほざいているので、次回以降の成績は未知数。
 不思議な子だ)



とまあ、それぞれ進級して忙しくしているぽよ家。
着実にステップアップする春に・・・・・・・なるといいな♪(*^-'*)>
[PR]
by poyo25 | 2014-04-02 21:48 | 家族 | Comments(6)

太郎の帰省

新年おめでとうございます。
皆様にとって今年が素晴らしいものでありますように。
相変わらずの(゚▽゚)アポーなおばはんが書く
近ごろちーっと放置気味のブログですが、
どうぞ今年もよろしくお願いいたします。


*****


さて、このお正月、太郎がはじめて帰省してきた。
なんと10ヶ月ぶりの我が家だ。


当初は帰省するつもりがなかった太郎。
「お正月ぐらいは帰って来い」というダーリンの要請にも
「いろいろ忙しいからムリ」という返事をよこして
「そんなにオレの顔がみたくないのか・・・?」と
ダーリンがすねたこともあったぐらいだ。

家族の恥をさらすようだが、
実はあまりうまくいっていなかったダーリンと太郎。
それこそ、思春期対更年期???、しかも男同士なので
ボタンが掛け違いまくっていたここ数年。
もちろん、妻であり母であるわたくしが至らなかったのが大きな要因だ。
ついでに、といってはナニだが、太郎と次郎も兄弟仲悪いしなー。
うちって、機能不全家族かしらん。
太郎がわざわざ地方の大学に進学したのも
こんな家族から逃れるのが目的だったんだろうか。
だとしたら、あの子の人生を捻じ曲げてしまった毒親なんだろうか、私。

・・・・などと悩み続けてきたわたくし。
とはいえ、秋に会った太郎はとても元気で楽しそうだったので
ま、いいか。 これが彼の人生だ♪(*^-'*)>
と気持ちの整理をしていた(↑ヒドイ親じゃ)。
だから、今回もダーリンがすねたときに
「いや、別に帰りたくないわけではないけど、
 それだけ向こうの生活が楽しいんだよ」
などと慰めていた。やれやれ。



結局、わずか2泊だけど帰省する事になった太郎。

空港で久しぶりに会う我が子を探したけど、
最初なかなか太郎だとわからなかった。
「あのー、ぽよ君ですか?」
と声をかけそうになったくらいだ(゚▽゚)アポー
だって、私が買ったのではない服を着てるしさー、
髪型も雰囲気もちょっと変わっていたしさー。


んでもって、変わったのは外見だけではなかった。
なんと、とってもオトナになっていて、
ダーリンにも普通の親子みたいに(親子なんだけどさ)
会話ができるようになってるではないか!!!
初詣なんて、ダーリンと一緒に5-6キロ先の神社まで
仲良くジョギングして行ったのだ!!
まさにじぇじぇじぇだよ( ' jjj ' )
(ちなみに、私は車で先回りする予定だったのに
 カーナビが大嘘ついたもんで、道に迷って大幅に遅れたorz)

この変化に、内心びっくらしながらも大喜びの私たち両親。
ダーリンなんて、ipadmini(しかも最新型ハイスペック、6万円也)を
ほいほい買い与える始末。
甘いな。


でも、久しぶりの我が家に
「おー、広い! 3歩歩いてもまだ部屋の端まで行かない!」とか
「おー、キレイ!」とか
「おー、冷蔵庫にたくさん食料が入ってる!」とか
日ごろの生活のしょぼさが伺える言動を連発する息子は
やっぱり可愛い、というか、不憫。

ここぞとばかりに肉と野菜を食べさせようとする私たちに
「豚肉は高いんだよねー」とか
「きゅうりやトマトは意外と高い(から買えない)」とか
「トイレットペーパーや洗剤は安いときにまとめ買いする」、とか
苦学生ぶり(もしくは倹約主婦ぶり)が滲み出る日常の報告をしてきた。
笑える。でも、不憫(≧▽≦)


ダーリンの実家にお年始も行って、祖父母にも喜んでもらえたし、
とても楽しかった3日間。
嬉しい。
母は本当に嬉しいよo(*^∇ ^*)o 


ちなみに次郎はまだ中2病が抜けていないので
ろくに口もきかずにすぐに自室にこもってしまった3日間だったが、
それでも、
「お帰り」とか「バイバイ」とか「またな」とか
その程度ではあるけれど、
とにもかくにも兄弟で口をきいたことが奇跡\( ' jjj ' )/
やはり太郎が大人の態度をとってくれたのが大きいとみた。

もう少しして、次郎も大人になってきたら
兄弟の関係も変わるんだろうか。
おかーさんはそれを信じるよ♪



ということで、とても幸せな三が日だった。
太郎、お疲れさま♪ 楽しかったよ♪
また来年帰っておいで♪

・・・・あ、それから、
床屋さんで寝ないほうがいいよ。
床屋さんが勝手に眉毛を細くしてくれたと言っていたけど、
せっかく東出昌大似のイケメンなのに
      (↑注:個人の特定を防ぐためかなりフェイクを入れてあります)
ヤンキーな雰囲気になっちゃうからね(≧▽≦)

それから、
・・・・・フランス語がんばれ・・・orz
[PR]
by poyo25 | 2014-01-03 17:04 | 家族 | Comments(4)

母の愛は届かないorz

10日ほど前は太郎の19歳の誕生日だった。

太郎が一人暮らしを始めてはや5ヶ月。
その間一回も顔を見ていない。
大丈夫かなー。
ちゃんと生きているかなー。
楽しく過ごせているかなー。
野菜食べてるかなー。

心配しつつ、「誕生日には何が欲しいか」とメールをしたら
「強いて言えば着るものとお菓子」との返事が♪

ちょうど上京する用事があったので、
デパートでいろいろと買い整え、
宅配便の箱の隙間にはプロテインだのビタミン剤だのを詰め込んで
ちょうど誕生日当日に届くように発送した。
あー、母の愛だわねー♪(*^-'*)>


ところがっ。
これがまた、ずぇんずぇん届かない。
うっかり「生もの」扱いにマルをしてしまったもので、
そのうち宅配会社から
「お荷物、生ものがあるようですが、このままお届けしてしまって
大丈夫でしょうか?」
とわざわざ確認の電話が入るていたらくorz
「また、あまり長期にわたって保管することはできないので
このままだと送り主様にお返しすることになります・・・」
心配してくれる宅配会社の人に、電話の前でぺこぺこ頭を下げたわたくし。

うーん。
太郎め。毎日何してるんだ?
ってか、家に帰ってないんじゃないか????ヽ(*`д´)ノ

太郎に確認したら
「毎日忙しくて受け取れていないだけ。
大丈夫、そのうち受け取れるから」という返事。

なのに、その後もなかなか配達できていなかった。
(ネットで今どういう状況なのか追跡できるのさ)
冗談抜きで、
太郎が熱中症かなんかで入院でもしているんじゃないかと
心配しはじめた矢先に
「宅急便届いた。ありがとう」
というメールがやっっっっっっと来た。


はーやれやれ、やっと受け取ったか。
安心した母だけど、
あんまり間があいたのと、余計な心配をしたのとで
そもそもどういう目的でナニを送ったのか
わかんなくなっちゃった(゚▽゚)アポー

あ゛ー、確か、誕生日のプレゼントだったんだっけか?
もう一度メールで「おめでとう」ぐらい言ってあげればよかったよ。
忘れちゃったけどさ(゚▽゚)アポー







ところで。

太郎の中高時代のお母様方と話をすると、
どこのご子息も、家を出たら連絡が途切れがちなんだそうな。
あの学校のご子息たちは結構
「大切に育てられたお坊ちゃん」というタイプが多いのだが、
離れて暮らすとかなーり母には冷たいらしい。

「メールを打っても3回に1回返信があればいいほうだヽ(*`д´)ノ」
とか、
「怪我をしたと聞いたから、大丈夫か?と尋ねるのに返事がない。
 たまりかねて、
 "元気だったら、「げ」の一文字でもいいから返事して"
 ってメールしたのに、やっぱり無視されたヽ(*`д´)ノ」
とか。
息子たちについての近況報告が
「たぶん」とか「おそらく」という単語だらけになる
のも
子供が出て行った母たちの特徴だ。

そうかと思えば、自宅から通っているご子息でさえも
「すれ違いが多くて、ちゃんと顔を見られない日が続いたら、
 気がついたら息子が7キロ痩せてたわ(≧▽≦)
という例もあるので、
まあ、大学生ともなれば、かなーり自由に生きているらしい。

しかし、
「突然デパートの某ショップで上から下まで服を買い揃えて
 毎日おしゃれに気を使うようになった時期があったけど、
 そのうち突然身なりに構わなくなった。 
 どうやら好きな女の子ができたけど、ダメだったらしい(≧▽≦)」
丸わかりのご子息もいらっしゃって、なかなか可愛い(≧▽≦)


学校を卒業してもまだまだ続く、母のネットワーク。
これがまた結構楽しい。
我が子の様子がわからない分、よそのご子息の
大学生活の話を聞くのが新鮮で楽しい♪
相変わらず「へー」とか「ほー」とか言いながら
仲間に入れていただいているわたくし。
今も昔も聞くばかりで役立たずですが、
皆様どうぞこれからもよろしくお願いいたしますです♪
(誰に言ってる?)







 
[PR]
by poyo25 | 2013-08-26 21:41 | 家族 | Comments(6)

頑張るルンバ君

うちにルンバ君が来たのは、実は半年以上前、確か昨年の12月ごろ。
ダーリンがたまったカードのポイントでゲットしてくれたのだ。

でも、当時は宅浪さながらに
太郎が自宅で一日中受験勉強をしていた時期だった。
ルンバ君はお仕事するときに大変うるさいので
一応太郎に遠慮して、使うのを自粛していたのだ。

晴れて太郎が大学に合格し、旅立っていった後
いよいよルンバ君本格稼動の時がきた。
さて、がんばって働いてお母さんを楽させておくれ♪


でも、最初は試行錯誤が続いた。
バーチャルウォール(立ち入り禁止エリアを設定する道具)を
設定するのを忘れたもので
玄関(5センチほどの段差がある)に落ちて
そこだけピカピカに掃除したあげく、
こと切れていたこととか(≧▽≦)

ダーリンの机の下で何やらコードに絡まって
こと切れていたこととか(≧▽≦)

あとは、真四角ならともかく、
我が家のようなマンションの間取りだと
(いくら狭くても)1回の作業で全ての部屋掃除は
ムリだということも判明した
(あんまりキレイにならない上に
 途中でこと切れていたので(≧▽≦))。

最近になってようやくルンバ君を使うコツがわかってきたわたくし。
家の中を2分割し、ちゃんとバーチャルウォールを置いて
床の上のものを片付けてから
「んじゃ、後はよろしくっ!♪(*^-'*)>」
お出かけするようになった♪


「やっぱり、自分の目で確かめながら
丁寧に掃除機をかけたほうがきれいになるよなー」
などと言いつつも、
私が仕事に行っている間にお掃除しておいてくれるのは
大変たいへんありがたい♪

最近は、仕事の日でなくても使うようになっちゃった。
先日は美容院に髪を切りに行っている1時間あまりの間にも
ルンバ君をセット♪
帰宅したら何やら絡まってこと切れていたので(多いな、このパターン)
救出して再スタートさせた。

気づいたら、開けていたドアから予定外のゾーンに入り込んでいたので
うまーく誘導しながら本来のお掃除予定エリアに戻してあげたり
(迷い込んできた虫を外に出すときみたいだった(≧▽≦))
最後にランプを赤くしながらホームベースに戻る瞬間を目撃できたり
(”はー、やれやれ、おなか空いたよー”と言っているみたいだった(≧▽≦))
なかなか楽しい発見があった。


いつもありがと、ルンバ君♪
これからも頑張っておくれ♪(*^-'*)>





おまけ。

先日、太郎の入っているサークルが
東京の大学と試合をするために来る、
という情報をゲットしたわたくし。

試しに
「会いに行こうか?」とメールしたら
いつもは単語しか返ってこないのに
「忙しくてそんなヒマはない。
 お願いだからやめてくれ」
という文章での返事が来た(―“―;)

でも、どーーーーーーーーしても
顔が見たくなって密かに出かけちゃったよ。

なのに、最近手元ばかりでなく遠くも見えにくくなってきた
オトナの目を持つわたくしには
どれが太郎だかわからなかった(゚▽゚)アポー

一緒に行って下さった方が
いろいろ確認してくださったので
なんとか太郎を同定でき、
どうやら元気で楽しく生きているらしいことが
判明したのでよかったよかった(゚▽゚)アポー


あのね太郎。
常日頃からこまめに連絡を取っていて
ちゃんと元気に暮らしていることがわかっていれば
母だって無理やりこっそり観に行ったりはしないのだよ。
あなたからあまりにも音沙汰がないから
心配になってしまったの。

今後このようなことをしてほしくなかったら
ちゃんとたまには連絡しろよなヽ(*`д´)ノ
[PR]
by poyo25 | 2013-06-08 19:07 | お家の仕事 | Comments(8)

それぞれのGW

いよいよ連休も終わり。
皆様いかがお過ごしになったでしょうか。


今年の我が家は、みんなそれぞればらばらにのんびり過ごした。
こんなにのんびりしたのは久しぶり。
というのも、
私の実父の命日が5月3日なので、法事だの何だのがあったし、
法事はなくとも、一昨年までは御墓参りなどで子供たちと一緒に里帰りしていたから。

しかし、今年は実家の母からの「いつ帰ってくるのヽ(*`д´)ノ」という催促もない。
(おそらく、太郎の進学で舞い上がっていたからだにゃ)
これ幸いとばかりに、自宅でのんびり過ごすことにした。



私は基本ぐーたら。
あ、でも、一日だけ「渋谷ヒカリエ」に行って、おのぼりさんよろしく楽しんできた。

ダーリンはランニング三昧。
「これ以上休みが続くと脚が持たない♪(*^-'*)>」
ですと。



次郎は、試合三昧
・・・のはずが、早々に負けちゃったもので、思わぬ連休に♪
母に負けず劣らずのぐーたら生活を満喫した。

昨日は、オトナらしく「一人映画」を観に行ったのだが、
(「アイアンマン」)
「周りはみんな子供ばっかりだった(―“―;)」
ですと(≧▽≦)




そして太郎。
何の連絡もないから、GWは帰ってこないんだろうなー、と思っていたが
案の定、戻ってこない。
ま、たぶん無事なんだろう、と思っていたら。

連休のある夜、太郎の高校の同級生のお母様からメールが。
「今、旅行に来ています。息子はこれから太郎君と会います」
とのこと。

なんと、家族旅行のついでに、ご子息が太郎に会ってくれたのだそうだ。
太郎にメールをしたところ
「サークルの練習が終わったら、自転車でホテルまで行くよ」
ということになり、
二人でご飯を食べ、太郎の下宿にご案内したりしたんだそうな。

ほー。
ずいぶん慣れたみたいじゃないか。
自転車でホテルまでお迎えに行けたのか。
そこからちゃんとご飯食べるところまで案内できたのか。
人を呼べるような部屋の状態だったのか(これは疑問)。

ホテルのロビーで、そのお母様が撮ってくれた写真を見ると
ぜーんぜん変わらない様子の太郎がいる。
「元気そうだったよ」という優しい一文を添えてくれたそのお母様、
どうもありがとうございました。
おかげで、わが子が無事なのがわかりました(゚▽゚)アポー

・・・・・
どうして、よそ様を通じてしか我が子の様子がわからにゃいのか???
という疑問がふつふつと湧き上がるが、
ま、いいか。
とりあえず元気そうだから。



さーて、明日からはまた通常営業の毎日。
連休明けだから、お役所も混むだろうなーorz
ま、頑張りましょう!
[PR]
by poyo25 | 2013-05-06 18:14 | 家族 | Comments(4)

ママ友達と久々に

最近、私の勤めるお役所窓口に知り合いが来ることが多い。
なぜかこのところとても多い。

大学受験の合格発表がピークの頃は、太郎の小学校の同級生が多かった。
何しろ久しぶりに会うもので、お互いはっきり覚えておらず、
申請書の名前を見て
「(゚〇゚;)おおっ 太郎の同級生の☆☆ちゃんか!」
と驚くていたらく(゚▽゚)アポー

親御さんが来所する場合は、もうちょっとはっきり覚えているので
「あら、☆☆君のお母さん! じゃ、私が受付しないほうがいいかしらね」
(注: 住民票だの、住民票記載事項証明だの、一応プライバシー事項だし、
 本人確認の免許証の写真とか生年月日を知り合いに見られるのはイヤだろう)
と言うと
「いやいや、大丈夫。太郎君は元気?」
なーんて会話が広がったりして楽しかった。


そして近頃は、なぜか次郎関係の知り合いが来所する。
まずは、小学校時代の仲良しH君のママと妹。
確かこの妹ちゃんは、小学校卒業式の頃赤ちゃんだったのに、
もう立派な幼稚園児ではないか!!!

次に来たのはこうちゃんママとこうちゃん。
久しぶりに会うこうちゃんは、もう小学校2年生!!!
「えーと、これは・・・・・・ななちゃん?」
(゚▽゚)アポーな私は三番目のお兄ちゃんの名前を出してしまったが、
「うふふ、これはこうちゃんよ♪」
とママに教えられてびっくらした(゚〇゚;)


次郎に
「H君ところの妹も、こうちゃんも大きくなってたよー。
 こうちゃんが2年生、その上のななちゃんは5年生だってさー」
と報告したら、次郎が
「・・・オレが年取るはずだー・・・・(゚▽゚)」
と遠い目になっていたよ(≧▽≦)


余談だが、このH君も、こうちゃんの一番上のお兄ちゃんY君も、
県立トップ校に見事に合格。
別の仲良しK君も、某超有名私立名門校に合格。
みなさんしゅばらしい♪
次郎は
「あ゛ー、なんかもう、みんな学校がバラバラになっちゃって寂しい・・」
などと言っていたけど、
どうせみんなご近所なんだし、これからもまた会えるよ♪

そして、母であるわたくしも、
さっそくこうちゃんママと2年ぶりにランチをした。
近々、K君ママともランチの予定。
ご近所で、小学校で協力しあった仲間だもん。
この年になると何年かブランクがあっても大丈夫だし
子供に関係なく、またおしゃべりしようねーo(*^∇ ^*)o 





おまけ。

これまた久しぶりに電話をかけてきた太郎。
教科書だのなんだのの請求をしてきた。
(どうでもいいけど、電子辞書を新しく買われたのにはびっくらした。
 事前に言いたまえ。 4万円もするんだから。)

ついでに、
「元気にしてる? ちゃんと野菜食べてる?」と質問しはじめたら、
「・・・もう(電話切って)いい?」
ですと。

ばかものヽ(*`д´)ノ
可愛い息子が一人でちゃんと生きてるか、
いつも心配しているハハゴコロをわかっとらんな。

そんなに冷たい態度をとり続けると
仕送り停止処分じゃー!

いや、その前に、センター試験の結果を開けて見てやろうか(黒い笑い)
(すぐに転送してやるのが面倒で、まだ手元にあるのだ(^^ゞ)
                  ↑ こんな親だからあんな子供に・・・・orz
[PR]
by poyo25 | 2013-04-29 18:24 | 家族 | Comments(4)