夫と大4・大1の息子達の4人家族。「転んでもただでは起きない!」がモットー、物忘れひどし(゚▽゚)  息子たちはそれぞれひとりぐらし中。

by poyo25

タグ:小学校 ( 37 ) タグの人気記事

次郎の卒業式

大変ご無沙汰しておりました。
今月は次郎のサッカー少年団の謝恩会を筆頭に
(これが一番大変だった。おかげで体重も減った(≧▽≦))
次郎の卒業・入学準備、
太郎の卒業・入学準備ならびに海外研修準備
おまけに私の転職まであって、目の回るような忙しさでした。
・・って、これからもしばらくは忙しい日が続くんだけど。

でも、今日は書かずばなるまい。
書かないと忘れちゃうから(゚▽゚)アポー


・・・

というわけで、あっという間に次郎の卒業式がやってきた。
誰の行いが悪いんだか(え?私?)、
あいにく寒い雨が降りしきる中、次郎はいつものように登校していった。

今年の卒業式は、「中学の制服は着用可」
だけど、「通学帽とランドセルは必須!」だった。
うふふ、おかげで太郎の時には見られなかった「学ランにランドセル姿」が見られたわ♪
d0003116_013445.jpg

入学式の時にはあんなに大きかったランドセル。
こんなに小さくなっちゃったね。

今日は寒かったので、式典の間も上着(学ラン)を着ているはずだと思っていたのに
次郎ってば、学ランを脱いでいた。
学ランだからと、ネクタイなんぞ用意していなかったから
なんかちょっとお間抜けな姿になっちゃってたぞ(≧▽≦)
ま、つくしねーさんちのくまくん(現在大学生)からお下がりでいただいた
かっちょいいセーターを着ていたのでまだ格好がついたけどさ。
ねーさん、ありがとうございました♪

男の子はスーツ、あるいはセーターにネクタイ姿が多かった。
女の子はほとんどの子がAKB48みたいな感じの、なんちゃって制服♪
3年前の太郎の時も制服っぽいブレザースーツは多かったけど、
今年はAKB度?が増している。これが流行ってものなのかね。

そんなことをぼーっと考えている間にもどんどん式は進んでいく。
一人ひとりが堂々とした立ち居振る舞いで卒業証書を受け取るし、
掛け合い漫才、じゃない、掛け合いの「旅立ちの言葉」もとてもスムーズにできた。
下級生と一緒に歌うときには、幼い声の下級生との対比に思わず涙しちゃったよ。
6年間って、長かかったなー。
本当に成長したね。おめでとう・゚ '゚(/□\) '゚゚・


一番仲良しのお友達とは、一緒にお昼ご飯を食べて、その後も遊んだ。
特に次郎は、みんなと違う中学に進学するので
「これが最後」という意識が強いらしい。
毎日まいにち、まさに「名残を惜しむ」ように遊んでいる。
本当はもうちょっと中学入学に向けておべんきょーに本腰を入れて欲しいけど、
あんなに楽しそうに遊んでいる姿を見ると、そっちを優先せざるをえない。
いい友達に恵まれて、幸せな小学校生活だったね・・・。




太郎入学以来、のべ9年間に渡った私自身の小学校生活も今日でおしまい。
9年間もいたわりには、「家庭科室ってどこだっけ?」なーんて最後まで言ってたし(^^ゞ
役員なんかで大変なこともあったけど、
今となってはいい思い出。
長い間、親子ともどもお世話になりましたm(_ _)m
  ついでに、このブログの「小学校」のタグもこれが最後なんだなー。
  ちょっとしみじみ。




さて、イタリア研修中の太郎は元気なんだろうか?
連絡がないってことは、たぶんちゃんと生きてるってことなんだろうな(≧▽≦)
一人いないと、かなーり静かなぽよ家♪(*^-'*)>
せいぜい今のうちにこの静けさを堪能しておくことにしよう♪
  (でも、一度ぐらいメール寄こしてもいいんじゃないか?おい!ヽ(*`д´)ノ)
[PR]
by poyo25 | 2010-03-25 00:16 | 学校 | Comments(17)

まだまだ可愛い6年生

えーと、小さいお子さんの目に触れないほうがいい話題がごじゃいます。
(U-10禁止?(≧▽≦))
特に低学年以下のお子さんは読まないでね♪















先日、「受験が終わったら来てもらおうね♪」と言っていたサンタさんが来てくれた。
我が家では、サンタさんは中学生になったら来なくなる、ということになっているので、
次郎にとって最後のサンタさんだ。

既にサンタさんの正体についてはバレている。
けれど、それをあからさまに言っちゃあおしまいじゃ。
なので、一応ちゃんと次郎には例年通り
「サンタさんへのお願いのお手紙」を書かせた。

「サンタさんへ 
  お元気ですか。単刀直入に書きます。 
  OOとXXをよろしくお願いします。
  ぼくも中学生になるので2度と会えなくなると思いますが元気でいて下さい。」

ぶっはっは(≧▽≦)
なんというか、微妙に上から目線だけど、なんかおかしい(≧▽≦)

その後、毎日のように
「今日はお母さん買い物に行く? サンタさん来るかなー?」
とまあ、わけのわからない催促をされ続けていたのだが、
先日めでたくサンタさんが来たらしい。
大喜びと興奮のあまり、翌朝寝坊してしまった次郎であった。

うぷぷぷ。
そんなに喜んでらもらえて、サンタさんも嬉しいと思うよ。
キミの笑顔こそが、サンタさんにとってのクリスマスプレゼントだったね・・・・。




ところで。
最近、次郎と友達が近所で不良中学生にからまれる、という事件があったので
ここのところずっと友達と遊ぶときは家の中にさせている。
次郎が友達を呼ぶと思うと、母はぐーたら昼寝ができないのが少々辛いが(^^ゞ
これが結構楽しい。「怪我の功名」ってところか。

元々次郎は外で遊ぶことが多かったので、友達が来るなんて何年ぶりかだ。
低学年のころはよく来ていた子たちがずいぶんでっかくなって
ちょっと声なんかも低くなって「こんにちはー」とやってくる。
おやつを出すついでにお話したり、
マンション以外の子は帰りにちょっと送っていくのだが(不良対策)、
そのときにお話したりするのもまた楽し♪
みんな、図体はでかくなってもまだまだ可愛いんだよ。

中には、私が焼いたパウンドケーキがいたく気に入ったらしくて
お母さんに「どこで買えるのか聞いてくれ」と頼んだ子もいるそうだ。
きゃー、そんなに好きなら今度1本まるごとおみやげにもって帰ってもらおう♪
・・・・・と一瞬思ったけれど、
実際問題、あんなシロモノをその子のお父さんやお母さんの目に触れさせるなんて
できませんがなorz
R君、今度来たらいっぱい食べていってね。おみやげはあげられないけどさ♪



残すところあと1ヶ月の小学校生活。
オリンピックに刺激を受けて
「掃除の時間に、雑巾とほうきでカーリングごっこをしている」
次郎たち6年生(≧▽≦)
おバカで可愛くて楽しい思い出をたくさん作っておいで!
[PR]
by poyo25 | 2010-02-25 13:07 | 家族 | Comments(10)
おととい、次郎の小学校で縄跳び大会があった。

実は私、今まで小学校の縄跳び大会を見に行ったことがない。
学校行事の見学には結構参加しているほうだと思うのに、
縄跳び大会だけは、記憶がない(゚▽゚)アポー
ひょっとしたら、太郎が低学年の頃にちょっと行ったことがあるかもしれないが
次郎に関しては、とにかくないっ!

おそらくそれは、毎年この時期になると風邪で寝込んでしまっているから。
お恥ずかしい話だが、見かけによらずか弱いのだよ(。・_・。)ポッ

それでも、今年は私にとって、
延べ9年間にわたる子供の小学校生活最後の大会じゃ。
幸い一応健康だし(^^ゞ 行かずばなるまい!


というわけで行ってみたのだけど、
特記事項はなし(^^ゞ
上の子も同級生だったお母さんと
「4年前、上の子が5年生だったときのものしゅげー団体戦にくらべれば
 この子達は練習が足りないね」
(注:1分間8の字飛びで144回という記録だった。すごかった。)
などとシビアな感想を言いつつ、
それでも「可愛い下の子」が頑張る姿に目を細めていたのだった。


確か太郎が6年生の時には1月31日にあった縄飛び大会。
さすがに第1志望前日の大会はやめてください、と塾の先生に言われ、
「学校優先ヽ(*`д´)ノ」と主張するダーリンとの間で
かなり困った思い出がある。
結局ちゃんと出場したのだが。

今年も絶対にひともめありそうだと予想したので
事前に室長に
「縄跳び大会は出ます。
 子供に「”出るな”と言うな」と 鬼先生に伝えておいてください」
とお願いしておいた(^^ゞ
だけど、ふたを開けてみたら
日程的にも余裕があったし、
飛んでいる様子もなんだかおっとりしていて
「緊張感のあまり転んで怪我をする」心配なんかなかったよ。

まあとにかく、小学校生活最後の大きな行事が滞りなく済んでよかった。
帰りにこうちゃんのママとおしゃべりもできたし。
「連絡したかったんだけど、邪魔したら悪いと思って遠慮してたのー」
と言ってくれたこうちゃんママ、どうもありがとう。
次郎の受験が終わったら、
こうちゃんの入園グッズを一緒に作ったり、ランチしたりしようね♪





****

おまけ。太郎のご迷答??

夕食に菜の花の和え物を出したら、太郎が
「これ、アブラナ?」
と聞いてきた。

うぷぷ。
確かにアブラナで正解なんだけど、
お料理の場合は「菜の花」と言ったほうがおいしそうだよ♪

(ちなみに次郎は「これ何?」と聞いてきた。
 毎年この時期にはよく出してるのに・・・・・orz)
[PR]
by poyo25 | 2010-01-29 10:28 | 学校 | Comments(6)

イブなのに

あっという間に今日はクリスマスイブ。
受験生、それも次郎のようなヤツを抱える我が家としては
クリスマスもへったくれもない状態じゃ。
なので、今日も豪華なディナーとか、豪華なケーキなんかはなし(^^ゞ



午前中、台所でごそごそと大掃除というか片付けものをしていたら、
年明けの試験に備えて勉強していた太郎がやってきて、嘆いた。
「あーあ、昔はクリスマスがすごく楽しみだったのになー・・・。」
中学生になって以来サンタさんが来なくなった上、
今年はさらに「クリスマス無視、平常戦闘体制」なので
つまらないらしい。
「そのうち、彼女でもできたら、またクリスマスが楽しみになるよ♪(*^-'*)>」
と慰めたのだが、そんな日はいつ来るのだろうか?




一方、今日が終業式だった次郎。
帰宅後、山のような紙を抱えてすまなそうにやってきた。
その紙とは、学校の机の中にぎゅうぎゅうにつまっていたプリントやテストだ!

チェックしてみたら、テストは100点じゃないのがたくさんあるしヽ(*`д´)ノ
「字をていねいに書きなさい!」と大書きされたテストも発見。
ほら見なさい。
塾の先生やお母さんだけじゃないよ、キミの字に問題を感じているのは。


さらにびっくりなのは、大切なお知らせが埋もれていたりすることヽ(*`д´)ノ
「そろそろ来るはずなのに、おかしいなー」と思っていた
児童就学通知
 (教育委員会から来るお手紙。通うべき公立中が指定されている。
 私立などに入学する場合には、この通知を役所に提出しなければならない)」
を発掘したときには、めまいがしたよ(o_ _)o~

思わず鬼瓦になる母。
「学校のテストで100点取れないなんて、基礎がわかっていないんじゃないの?」だの
「大切なプリントまで管理できないようなだらしなさでは、これから先が思いやられる」だの
がーがー怒った。
最初「ごめんなさい・・」とうなだれていた次郎も
だんだん逆切れしてきて、
「はいはい、どうせ僕はバカですから」
なーどと言う始末。

うーん。
この時期になって、子供を追い詰めるような叱りかたをしてはいけないんだったよなー。
気分転換に外出している間に反省したので
帰宅後、次郎に
キミはみょーに本番に強いところがあるから試験は大丈夫だろうけど
 お母さんは入学した後のことが心配なんだよー♪」
とフォローした。

・・・怒ってから2時間も経ってからこんなことを言って、
果たしてフォローになっているのか?
いや、そもそもいったい、何のフォローのつもりなのか?(゚▽゚)アポー

[PR]
by poyo25 | 2009-12-24 17:27 | 家族 | Comments(14)

最後の持久走大会

私の行いがいいせいか(うそつけ)小春日和だった昨日、
小学校の持久走大会が行われた。
昨年に引き続き、6分間走だ。

確か1年生のときを除いてずっと持久走大会(だけ)はトップの座を保っていた次郎。
今年も「がんばる!」と張り切って、仲良しのAくんと特訓していたらしい。

結果は3位。
残念。
でも、走った距離は1570メートルと言うから、去年より伸びているじゃないか。
よく頑張ったよ!

一応毎日10時半に就寝、6時起床だから、夜更かししてテレビを見ている子よりは
睡眠時間は長いと思うのだが、
毎日まいにち塾通いで、外遊びなんか全然できないし、
先月は手首骨折でろくに体育もできなかった(゚▽゚)アポー
昨日走っている姿を見ても、次郎はみんなにくらべて色が白い(ような気がした)。
途中で倒れるんじゃないかと母は心配しちゃったよ(^^ゞ

そんな中で、よくがんばったね。
母はちょこっとうるうるしそうになったのであった。



次郎が6年生になって以来、ブログタイトルに「最後の」がつくことが多くなった。
今回は最後の持久走大会。
太郎の中学にはマラソン大会なんかないし、
子供が学校で頑張っている姿を見る機会なんて、今後どんどん少なくなっていくんだろうな。
ちょっと寂しいかも(pq)



・・・・と思いつつ、6年生の走りが終わったらとっととジムに行って
自分自身が(ちょこっと)頑張ったのさ。
子離れして、自分を磨かないとね♪(*^-'*)>
(というか、真面目にダイエットしなくちゃまずい・・・・orz)
[PR]
by poyo25 | 2009-12-03 11:39 | 学校 | Comments(12)

遊びまくる6年生

先日、次郎の授業参観と懇談会があった。
授業参観は算数。
「速さ」の問題を1時間かけて考えていた。
少々応用的な問題らしくて、新幹線の時刻表を読み取りつつ、
まず、東京-名古屋にかかる距離と時間から速さを求め、
それをもとに、今度は東京-大阪にかかる時間を求める・・・という類のものだ。

いやー、びっくらしたね。
「速さ」の概念が理解できている・いないの問題以前に
分数の約分すらわかっていない子が多い!
なぜ断言できるかというと、「これを約分しましょう」と先生が言ったとたんに
「ムリー!」という声が多数上がったから。

大きな流れとして説明したいのに、ひとつひとつの段階で
「なにそれ?」だの「無理!」だのという声が飛び交う。
この問題、おそらく解ける子は5分で解けるはずだが、
45分の授業いっぱいかけても、結局終わらなかった。


先生の教え方が下手・・・・・と言う問題ではないと思う。
その前の、3・4・5年の各段階での積み残しが
こういう結果を招いているんだな。
もはやこれは、1クラス全員を一緒に教えるのは不可能ではないか、
というレベルじゃよ。



なーんてことを考えながら臨んだ懇談会。
出席した保護者の話を聞いてまたびっくらした。
「うちの子は、ほんとによく遊ぶんです。家ではほとんど勉強しません」
というお母さんの多いこと!!
しかも、「このまま楽しく卒業できたらいいと思います」というセリフが続く。

遊ぶのは結構。大いに結構。
だけど、約分もわからない状態で中学生になるのは不安じゃないのかな。
先生だって「家庭学習の習慣がついていない子がいるのが心配です」と
お話してたじゃないか。
他人事ながら、ちょっと心配してしまったのだった。


はい。とっても余計なお世話でごじゃいますが・・・。
そういう自分の息子は、机の中があまりにカオスだったので
他のおかあさんに
「・・・それはもう、触らないほうがいいかも(苦笑)」
とまで言われちまったんですが・・・orz
おまけに、「漢字ドリル未提出」リストに名前があったんですが・・・・orz
さらにおまけに、今日もノルマのお風呂掃除をサボって塾に行っちまったんですが・・・orz

[PR]
by poyo25 | 2009-11-28 15:03 | 学校 | Comments(8)

6年生の読み聞かせ

今週、次郎のクラスに読み聞かせに行ってきた。
この小学校では、月に1回保護者ボランティアによる朝の読み聞かせがあるのだが、
今月は「読書の秋」なのか、2日連続で行われた。

低学年のうちならともかく、高学年になってくると
なかなか読み手になるお母さんがいない。
仕方がないので、今月は2日間とも私が担当することになった。

せっかくなので、読み聞かせ+ブックトークにチャレンジしてみた。
題して、森絵都特集。

「これはねー、ひらがなばかりだし、ちょっと漫画チックでおもしろいんだよ」と
読み聞かせたのが
「にんきもののねがいにんきもののはつこい

作画の武田美穂さんとのコンビネーションが絶妙でしょ♪
・・という話から、同じ作者コンビの
となりのせきのますだくんシリーズを見せ
(これは知ってる子が多かった)
流れ星にお願い
ちょこっと紹介。

そして、ちょっと上級編として
彼女のアリア
(「アーモンド入りチョコレートのワルツ」からの1篇。
 「集団読書テキスト」という、とても薄い冊子になっていて読みやすい。
 ちなみに、この本の挿絵も武田美穂だ。)
そしてカラフルを導入部分だけ紹介。
本を先生に託して、しばらく教室に置かせてもらった。
興味のある子は読んでね。

「カラフル」は、売春している女の子が出てきちゃったりするので
小学生に「お薦め」するのはどんなものか?と迷ったのだが、
それでもやっぱり、いい本だから読んで欲しいし、
第一、小学校の図書室にあったんだから、いいよねー。
(ちなみに、「DIVE」は図書室で購入までしたけれど、表に出すのはやめたらしい(≧▽≦)
 中学校にはあるそうだ)



ところで。
男子はなかなか反応がよくて可愛いのだが、女子がイマイチな次郎の学年。
どうも、女の子のほうが成長が早いというか、変にませちゃったらしくて
授業態度も悪いし、
今回の読み聞かせでも、初日は教室の隅っこにグループで固まって
私が話を振っても無視したり。
2日目にはそれがだいぶ改善されていたので、
「うふふ、やっぱり私が選んだ本がいいから、興味を引かれたのかにゃ♪(*^-'*)>」
などと内心喜んでいたのだが

・・・あとで次郎に聞いたら
「ああ、1日目に女子が先生にすっごい怒られたんだよ。」
ですと。
なんだ。怒られたから真面目に聞いてくれてたのか・・・・orz
でも、面白かったでしょ?
実は結構楽しそうな表情になってたのを、おばちゃんは見逃さなかったじょ。

なんか親も先生もウザいし、友達関係もイライラする。
そんな思春期女子にこそ、本を読んでもらいたいな。
今回紹介した森絵都の本は、
こんがらがって固まってしまった毛糸玉みたいな心が
優しく揺られてほぐされていくような気持ちになれるよ。
・・・・と、更年期女子(わたしじゃ)は思うのだった(^^ゞ





思い起こせば、次郎が幼稚園の年中のときに
幼稚園の図書委員になって読み聞かせをはじめて以来
はや8年目。
決して読むのも上手ではないし、本選びもいいわけではないけれど
子供のクラスの様子もわかるし、
子供たちに「太郎・次郎のママ」と覚えてもらえるのもちょっと嬉しい。
幼稚園や小学校低学年のうちは、みんなも楽しみにしてくれていて
そりゃあもう可愛かったし、
今でも、男の子は前のほうに陣取って、面白いところでは笑ったりしてくれて
可愛いもんだ。
(ちなみに、太郎の学年は、6年生になっても男子も女子も食いつきがよくて
 こちらも楽しかった)


そんな読み聞かせも、私の担当は残すところ3月の1回だけ。
卒業を控えたみんなに、どんな本をプレゼントしようかな。
[PR]
by poyo25 | 2009-11-19 20:44 | 学校 | Comments(14)

音楽発表会と情報交換会

今日は次郎の小学校の音楽発表会があった。
例年、大勢の保護者が十重二十重に人垣を作り、ビデオオヤジやカメラママたちで
ごった返すイベントだ。
しかし、今年は新型インフルエンザの影響で、各学年独立発表方式がとられた。
つまり、1学年ずつ体育館に入場し、演奏終了後は自分たちの教室に戻る。
他の学年の演奏が聴けないのは寂しい限りだが、
全校的にインフルエンザが大流行しており、常にどこかのクラスが学級閉鎖している
状況では致し方ないことか。

まあ、おかげで、保護者の方も入れ替わりが激しかったらしくて
最後の発表6年生の頃には、ほとんどが6年生の親のみ。
演奏直前にぎりぎりセーフで間に合ったわたくしでさえも(^^ゞ
余裕で前のほうに座れるという、まさに「怪我の功名」状態であった。

これが小学校生活最後の発表会。
歌こそ、高音が出にくくて
(注:この学年は女子が少ないせいもある。変声期男子ばかりじゃ仕方ないか)
ちょっとイマイチだったかもしれない演奏だったけれど、
合奏「剣の舞」はなかなかお見事!
次郎も骨折した右手でちゃんとピアニカを弾いていた。

となりのクラスなんか、二回も学級閉鎖になって、なかなか練習できなかったらしい。
(その分といってはなんだけど、次郎のクラスは全校でただ1クラス、 
 まだ学級閉鎖になったことがない(゚▽゚))
でも、学年全体でとてもよく合っていたよ。ぱちぱちぱち♪



その後は、同じクラスのお母さん3人と近所でランチ♪
このメンバーでランチをしたのは初めてだが、それだけに話の幅が広がって
楽しかったし、大変有意義な情報交換ができた。
うん。やっぱり、たまにはランチもしなくちゃだめなんだよ♪(*^-'*)>

子供も高学年になると、母同士の交流も少なくなってくる。
難しい年頃にさしかかった子供や、他の家族との関係など
一人で悩んで煮詰まって、子供とぶつかってイライラすることも多い(私だけか?)。
そう。自分でも「第2次育児ノイローゼ(≧▽≦)」
と呼んでいた状態だった。

でも、第1次育児ノイローゼの頃と同じように、いろんな人とおしゃべりしたら
「うちだけじゃないんだ。よし、頑張ろう!」と思うことができた。
ありがと、みんな♪



さーて、リフレッシュできたところで、元気に頑張るぞ。
それに、近々こうちゃんの入園準備をお手伝いできることになったし♪(*^-'*)>
絵本袋とかの縫い物をさせてもらうのさ♪
(注:大変へたっぴだけどorz)
布地選びも一緒に行くんだよー。
可愛い布地と可愛いこうちゃんで目の保養をしようっと。楽しみだわー♪
[PR]
by poyo25 | 2009-11-06 20:11 | 学校 | Comments(8)

また骨折orz

今朝、みんなを送り出してちょっとのんびりコーヒーなど飲んでいたところ、
小学校から電話があった。
なんと、次郎が校庭のジャングルジムから降り損ねて
手を骨折したおそれがあると言うΣ( ̄□ ̄;;;)!!

近くの整形外科で私も合流して、診察を受けた。
結果は、またしても「若木骨折」orz
しかも、場所は右手首
   「右手」と聞いた瞬間、
   「なんだとー?日曜日と火曜日には模擬試験があるのに、大ばか者めー!」と
   心の中で叫んだ私は鬼母でしょうか(^^ゞ



幸い、骨折とは言えどごく軽いものらしい。
レントゲンを見ても、私のような老眼素人目にはまっったくわからにゃい。
本人も「前回骨折したときより痛くない♪」と言う。
やれやれ、ちょっと一安心♪

「このまま学校に帰って授業受けていいよー」と先生がおっしゃるので、
「あのー、日曜日と火曜日に模擬試験があるのですが」と聞いてみたら
「全く問題ないよー。
 どこの模試受けるの?よしよし、
 このギプスに、点数良くなるおまじないをかけといてあげる
という、なんだか大変ありがたい展開にもなった♪

学校では、給食もひとりで食べられたし、ピアニカまで弾いたそうな。
帰宅後も元気なので、いつものように塾に出かけたが、
念のために電話したら、塾の先生もしゅげー驚いていたよ(^^ゞ
今日は早く帰っておいでー。


ま、人生いろいろ、何が起こるかわからないからね。
今のうちに何があっても動じない訓練をしていると思えばいいか♪(ほんとかー??)





次郎も疲れているのだろうが、最近は私も疲れている。
特に肩こりと目の疲れがひどい。
それにぼーっとしていて、ミス連発。
今度受ける四谷の模試の受験票その他の資料一式をうっかり全部捨ててしまい
今日(試験2日前)再送してもらった、という大ボケをしでかしたしorz

理由はわかっている。
ネットのしすぎ(恥
農園だの、牧場だののゲームでネトゲ廃人状態なのだorz
(実は、次郎の受験ストレスが遠因となってるかもしれないが)

次郎もどうやら大丈夫そうなので、
今日は思い切って1ヶ月ぶりにジムに行った。
体を動かすとやっぱり気持ちがいい。
よし、ネット漬けから早く脱却して、健康な体と心を取り戻そう!
・・・・といいながら、こうしてブログを書いているのはいかがなものか(^^ゞ
[PR]
by poyo25 | 2009-10-30 17:43 | 家族 | Comments(16)

デザートパーティー

今日、次郎のクラスでは「デザートパーティー」とやらが開催された。
班ごとに趣向を凝らしたデザートを作り、コンテストもするんだと。

次郎はケーキ台を持参。
ついでに色とりどりのチョコレートスプレーなども持たせた。

帰宅後「デザートパーティー、優勝したよー」とごきげんな次郎。
ふふふ、お母さんが気を利かせて持たせたチョコレートスプレーが効いたか?
と思ったが、それは使っていなかった。

ケーキを生クリームとフルーツ(桃、マンゴー、みかん)で飾り、
余ったフルーツをミキサーにかけてジュースをつくり、
さらにパイも作ったんですと!!(
゚〇゚;)
その外見、味、そして手際のよさが評価されて優勝という栄誉をゲットしたらしい。

へー。
ミキサーでジュースつくるとか、パイを手作り(粉とバターから)しようなんて
なかなかやるじゃないか、6年生!


他の班では、マドレーヌを作ったり、チョコ焼きそば(!?)を作ったりして
なかなか好評だったとのこと。

ただし、「A(友達)の班はねー、味はよかったんだけど、外見がよくなかったんだよ。」
いったいどんなものかと尋ねても
「いやー、ちょっと説明できない、何とも言えないやつだった・・・」
という答え。
   ・・・・・闇鍋???


パーティーが5-6時間目にあったので、
おなかぽんぽこりんになって帰宅した次郎。
おやつもろくに食べられずに塾に出陣した。

何かと忙しいし、精神的にもきつくて大変な毎日だけど
学校が楽しくてよかったね。

今年は新型インフルエンザの影響で、とにかく大勢で集まる行事が中止されることが多い。
PTAの全校行事も中止。
朝会だって教室に放送が流れるだけだし、
「朝の運動(今の時期ならマラソン)」も中止。
・・・この分だと、マラソン大会も、縄跳び大会も中止になっちゃうんじゃないか?

大きな行事が中止になってしまう分、こうしてクラスで小さくても思い出に残る
楽しい行事をしてもらえるのはありがたいことだ♪





さて。
私事ですが、やっと〇会の繁忙期終了。
ここのところずっとパソコンに張り付いたり、背中丸めて字を書きまくったり。
それも今日でおしまい。ばんざーい♪

パソコンを開くとついつい農園だの牧場だのの世話をしてしまって(mixiね)
ぐーたらな時間を過ごしてしまう。
いつも次郎に「集中して、短い時間でちゃちゃっと終わらせなさい!」と言ってるくせに
一番だらだらしてるのはわたしorz
ごみんなさい、次郎くん。
母は反省してます。

さーて、サボりにサボったジムに行かなくちゃ。
背中丸めて座り詰めの在宅仕事だと、脚はむくむし、間食しすぎで体重増えたorz
[PR]
by poyo25 | 2009-10-21 23:13 | 学校 | Comments(10)