男子校の卒業式

もうかれこれ1か月前になるが、
次郎の高校卒業式があった。

中高一貫の男子校。

6年前はまだ声変わりもしていない、ほっぺもつるつるで、
ぴかぴかでぶかぶかの学ランに身を包み
これから始まる中学生活にどことなく不安そうな顔をしていた、
まだまだ幼かった子供たちが、
6年後の今日は
「子供たち」というには少々トウが立ったというか、
おっさん臭くなった、もとい、大人の雰囲気を醸し出している。

  学ランの襟が妙に折れていたり、
  ズボン丈が短くなっているから座ると足首の上まで丸見えだったり(≧▽≦)
  受験直後ということもあるが、基本的に女子の目がない男子校なので
  格好はどーでもいい♪ という毎日だったことがここでも解るといものだ。

ガキんちょからおっさんへ、じゃない、
少年から青年へ成長した6年間。
確か太郎の時の卒業式保護者祝辞で
「小さかった手が、いつの間にか私よりもずっと大きくなって・・・」
というくだりがあって、思わず母たちは涙したのだが、
今日もまた、それぞれの新しい道に進もうとしている青年たちの
頼もしい背中を見て、母たちは感慨にふけったのだった。


母たちも感慨無量だったが、それは先生方も同じだったらしい。
卒業式では学年主任の先生がスピーチの途中で声を詰まらせたし、
その後のホームルームでは、普段はとてもクールな担任の先生が
まだ言っておくことはないか、もうないか、と探すようにしながら
熱い言葉を生徒たちにかけ続けてくださった。

先生方、6年間本当にありがとうございました。
この学校に入れて本当によかった。
次郎の成長は先生方のおかげです・゚ '゚(/□\) '゚゚



そして、夕刻。
子供たちはそれぞれクラスや部活の友人たちとどこかで食事会をしていたらしいが、
母たちは某ホテルで一堂に会しての謝恩会♪
いやー、楽しかった。
ノリがいい中にも、先生方への感謝の心がちゃんと伝わる演出の数々。
卒対の方々、本当にありがとうございました♪


私自身は太郎の中学入学から数えてなんと9年間!
大変お世話になった学校ともこれでお別れ。
学園生活のフィナーレを飾る、素敵な1日だった。



おまけ。

あの学校では、式典の時には壇上に松の盆栽が飾られる。
先日さいたま市の盆栽美術館に行って
盆栽についてちょっと学んだわたくしは
学園の盆栽がどんなにしゅばらしいものか拝見しようと、
式が始まる前に近くに寄ってみた。

・・・・・・そしたら、
なんと造花というか、ニセモノだった!!Σ( ̄ロ ̄lll)

うははは。
私の脳内では、どなたか(生物の先生あたり?)毎日心を込めて
お手入れしていらっしゃる姿が浮かんでいたのだが。
ちょっと、いや、かなりがっかりだった。
卒業式の思い出ベスト?3に入る出来事だったよ(≧▽≦)
[PR]
by poyo25 | 2016-04-07 12:15 | 学校 | Comments(4)

これが最後のお弁当

今日、次郎に最後のお弁当を作った。

太郎の時は、それは確か12月のはじめ、
最後の通常授業の日だった。(過去記事)

3学期に入ってからは、太郎は基本的には自宅で勉強していたので
確かお弁当はあまり必要なかったはず。
講習などで学校に行く時にどうしていたか・・・???
あれ、忘れちゃったー(゚▽゚)アポー
何しろ、まだ次郎にはお弁当を毎日作っていたので
太郎の分が時々加わったのかどうかがわからにゃい(^^ゞ


その点、太郎が大学進学、独り暮らしを始めてからは
お弁当は次郎のみ。
このお弁当があるかないかは大問題♪(*^-'*)>

太郎と違って、自宅では勉強ができないらしい次郎は(^^ゞ
講習があろうとなかろうと、毎日学校に行って勉強をしていた。
(結局、塾には行かなかった)
まあ、3学期も高い授業料を払っているのだから、元を取ったといえよう。(?)

そんなわけで、ずっと続いたお弁当。
それも今日でおしまい。
(明日が国立前期試験の結果発表なのだ。
 一応私立は合格しているので、浪人はない。)

d0003116_20544524.jpg

最後のお弁当といえど、結構しょぼい(^^ゞ
卵焼きは次郎のリクエスト♪
「他に入れてほしいおかずはある?」と尋ねたけれど
「えへへ。察してよ♪(*^-'*)>」とほざく次郎。

あ゛ー、お母さん、そういう察してちゃんは嫌なんだよーヽ(*`д´)ノ
はっきりリクエストしてよーヽ(*`д´)ノ
と何度言っても次郎がはっきり答えないので
あきらめていつも通りのテキトーべんとーになっちゃった。
とりあえず肉を焼いて入れておけば間違いないでしょ。

結局今日は学校には行かず、地元の図書館に行った次郎だが、
夕方
今日のお弁当おいしかったよ。 6年間ありがとうございました
と言ってくれた。


太郎が中学に入学して以来、なんと9年間のお弁当ライフ。
いよいよ今日でおしまい♪
大したお弁当は作れなかったけど、
まあ、頑張ったと思う。

d0003116_211133.jpg

洗って乾かし中のお弁当箱。
明日からは出番はないのね。
今までは食器棚の一番取り出しやすいところに入れていたけど、
どこか棚の奥にでもしまっちゃおうかなー♪
それとも捨てちゃおうかなー♪  ←最近捨て魔なので




おまけ。

ご近所の奥様から聞いたお話。
現在大学生のお嬢さんが、
高3の時、最後のお弁当の日に
3年間お母さんが作ってくれたお弁当の写真とそれに対するお嬢さんのコメントを
1冊のアルバムにまとめたものをプレゼントしてくれたんだそうな。
「3年間ありがとう」という感謝の言葉と共に。

きゃー。
聞いている私までうるうるしちゃった、いい話。
小さいころから知っているお嬢さんだが、
本当にいい子に育ったなー、と感動した。

それを次郎に話したところ、
「いやー、とてもいい話だとは思うけど、僕にはムリ」
と言われた。

まあ、それもそうだね。
毎日お弁当の写真を撮る男子高校生・・・・・は、ないな。
うちの学校は校内で携帯使用不可だから写真も撮れないしね。

いろいろぶつくさと言い訳した私だった。
(何に対してなんだろ???)
[PR]
by poyo25 | 2016-03-07 21:13 | お家の仕事 | Comments(2)

最後の受験?



またまたご無沙汰しております。

気が付けばもう大晦日。
あっっっっっという間に大晦日(≧▽≦)

来年はいよいよ次郎が大学受験だ。
のんきな次郎を見ていると、とてもそんな感じがしないのだが、
実はセンター試験まであと3週間なんだよなー(―“―;)

今年最後の投稿は、そんな受験生次郎のネタ。



1. クリスマス
   
  次郎は高校生になって以来、甘いもの、特にケーキなどの洋モノを
  「太るから」といってほとんど口にしていない。
  (お母さんにもその意志の強さを分けてほしいものだ)
  
  だけど、クリスマスイブにスーパーに行ったら、
  やっぱり何か買いたくなるのは主婦の性(?)。
  洋モノがダメなのはわかっていたので、
  和菓子を購入して帰った。

  次郎に「これ買ったよ」と見せたところ、
  「なんでこんなの買ってきたの?」と言う。
  「イブだからなんとなく綺麗で甘いものが欲しくなったんだよ」と答えたら
  「えっっっっっ!・・・・今日イブだったの???」と大層驚いていた。

  「そうかー。道理で駅でクリスマスっぽいものを売っていたよ。
   焼き鳥とか」

  ・・・・あのー、次郎君。
・・・・ そりは「フライドチキン」のことでしょうか・・・・。
  


2. 上の話だけなら、勉強に忙しくてクリスマスにも気づかない、
  「立派な受験生」のようだが・・。

  ちょっと前の話。

  なぜかしょっちゅう包丁で指を切っていた時期があったわたくし。
  どうも集中力が切れているらしい。
  そういえば、確か6年前、次郎が中学受験の前もこんな感じだったなー。

  夕食時に、切ったばかりの指にばんそうこうを巻いて
  そんな話を次郎にしたら、
  「いや、中学受験のころと違って、今は心配されるほど勉強していないから。
   そんな無理してないから。」
  と言うではないか。
  (母を慰めているつもりなのか???)

  「だから心配なんだよー '゚(/□\) '゚゚」
  と叫んでしまった母でした。



とまあ、こんな感じで大変心配な年越しであります。
お正月には「カリスマ塾講師」とやらの太郎が帰省するので、
ここはひとつ素直にアドバイスを乞うといいのですが。



何はともあれ、
今年もお世話になりました。
皆様、どうぞよいお年をお迎えくださいませ♪











[PR]
by poyo25 | 2015-12-30 23:19 | 家族 | Comments(4)

塾デビューならずorz

先日のこと。
部活バカ男子で、今まで塾とは無縁だった次郎が
「春休みは塾に行こうかなー」
と言い出した。

(゚〇゚;)おおっ ついにこの子にもスイッチが入ったか!!!!???

舞い上がったわたくしは
すぐにパソコンで塾の資料請求をしてあげた♪
(たくさん塾からきていたダイレクトメールは
 片っ端から捨ててしまっていたもので 手元になかったのさ(^^ゞ))

そしたら、テレビで宣伝している某有名塾から
早速電話がきて、テストだの面談だのを受けることになっちゃった。

本当は無料で受けられる春期講習を最低限申し込んで
あとは自習室で勉強しようと計画していたのに、
次郎本人に対応を任せていたらあれよあれよと言う間に
新学期からの講習をいくつも受講されられそうになってしまった。

「どうしよう・・。この塾高いって評判なのに。ごめんなさいー」
次郎がおびえている(≧▽≦)

しまった。
担当は可愛い声のおねーさんだが、
いくら若くても相手は百戦錬磨のオトナだ。
次郎みたいなボケ初心な高校生なんかひとひねりに違いない。

ここはひとつ、さらに百戦錬磨のおばはん母が出て行くべきか。
小娘なんぞにはまだまだ負けはしないじょ。
ふぉっふぉっふぉ。

「大丈夫。保護者が判子を押さない限り契約成立しないから。
 お母さんが言ってあげようか?」
優しい?母が申し出たけれど、次郎が
「いや、自分で断ってくる」と言うのでまたもや任せたところ、
新学期講習どころか、当初の目的の春期講習も全部キャンセルしてきちゃった。

そうは言っても、お姉さんから保護者宛に電話が来るかと
てぐすね引いて待っていたのに、ぜーんぜん連絡なし。
ちょっとつまらん。
・・というか、そこまでして入塾させたいほどの成績ではなかった、ということなのか?orz


そんなわけで、塾デビューに失敗しちまった次郎。
春休みも相変わらず部活バカ生活ですともヽ(*`д´)ノ
部活と昼寝にあけくれる毎日・・・・orz

・・・・・大丈夫なんだろうか・・・・・・・・・゚ '゚(/□\) '゚゚・
[PR]
by poyo25 | 2015-03-22 11:58 | 学校 | Comments(6)

久々のご迷答

次郎、久々の迷言。

腕時計の電池が切れたので、

豆電池 買ってくる」



次郎、この春いよいよ高校3年生。
花の?大学受験生。
一応、理系

・・・・大丈夫だろうか・・・・・・・・・・・・orz




ま、確かにボタン電池の中でも小さいタイプなので、豆粒みたいだけどさ。
[PR]
by poyo25 | 2015-03-18 21:17 | 家族 | Comments(2)

次郎の誕生日

週末、次郎が誕生日を迎えた。
なんと17歳!
うーん。
でっかくなったと思ったら、もう17歳かー。

本人の希望により、誕生日プレゼントは部活用のシューズ。
本人が学校帰りに買ってきた。
そして、お誕生日のご馳走は、
これまた本人のリクエストにより餃子。
・・・・なんて安上がりな子なんでしょう(≧▽≦)


あまりにシンプルなので、母の独断で
Tシャツとケーキを購入した。
Tシャツは、もちろん運動するときでも着られるし、
街中でもそんなにおかしくないデザインのもの。
ケーキはDEMEL♪
ここだけちょっと高級志向?(≧▽≦)
d0003116_21145487.jpg
d0003116_2115174.jpg


早産でNICUにまで入っていたのが昨日のようだけど、
あっっっという間に17歳。

餃子だって山のように食べるし、
毎日巨大おにぎり3個(最近増えた)ので
学校にいる間に米3合をお腹に納めている次郎。
(太郎がいなくなったのに、全然食費が減っていないなー、と思ったら、
次郎が2人分食べているからだ)
洋服代はぜーんぜんかからない(彼女がいないから?)けれど、
食費だけはしゅげーかかる次郎。
家の中では筋トレと柔軟しかしていない次郎。
テスト前になると必ず「今回はだめだー」とほざく次郎。

・・・・・
・・・あれ? なんだか可愛くない方向に進んでしまったが、
とにかく、たいしてグレもせずに大きくなってくれてありがとう♪
あと何年一緒にいられるかわからないけれど、
それまでお母さんはおにぎり作り続けるよ♪
お誕生日おめでとう!!!




おまけ。
今年は次郎の学校で役員をすることになった。
子供の役員なんて、たぶんこれが最後。
(某超難関国立医学部のお母様は大学で役員をされているそうだが)
最後のご奉公、がんばりますです。

というわけで、この10日間あまりは
毎日朝から深夜まで役員間でメールが飛び交っている。
あまりに忙しいので、
例によってテスト中
「あ゛―、今回のテストもだめだー」とほざく次郎の
相手をしているヒマがなかった。
それどころじゃないんだよ、お母さんはヽ(*`д´)ノ

・・それって、ある意味家庭の平和に貢献している???(≧▽≦)


おまけその2.
今しがた、筋トレが終わって、何やらご機嫌で自室から出てきた次郎。
「ねーねー、このTシャツさわってみて♪」
筋トレ後で見るからにびっちょりのTシャツを母に差し出してきた。

・・・・いやだーorz
[PR]
by poyo25 | 2014-05-26 21:20 | 家族 | Comments(4)

みんな進級?

4月が始まり、お役所は転出・転入のラッシュで大忙し。
ただでさえ、パートが経験不足の新人(フレッシュともいう???)ばかりなのに
今回4月の異動で上司にあたる職員までが大幅に異動しちまったもので
現場はたーいへん。
勤務3年目に入った私が一番ベテランってどうよ?
(確かに歳はくってるが(≧▽≦))
と嘆きながらも、冷や汗かきながらも、
痩せもせず(―“―;)毎日なんとか生きておりますorz



市内に大学だの専門学校だのがあるので
新入生たちが転入の手続きにやってくる。
親御さんに付き添われてくる子とか、
一人で来る子、
はたまた、知り合ったばかりの友達何人かで
連れ立ってくる子たち。

ちょうどわが子と同じ年頃なので、
なんだか母の気持ちになって接してしまう。
友達と一緒に来る子はともかく、
ひとりでなんだか寂しそうな顔をした子には
「がんばってね♪ ちゃんとご飯食べるんだよ」
声をかけたくなってしまう。(実際にはかけないけどさ)
親元を離れて、おそらくはじめての一人暮らし。
きっと楽しいよ。 勉強も生活もがんばってね♪



さて。

昨年同じ状況だった太郎。
今更だが、どうやら無事に進級できたようだ。
懸案だったフランス語もめでたく単位が取れたようだし
(後に、ママ友から
 「あの大学のフランス語は大変なんだよ」  という情報を得た。
 あらま。よく単位取れたね(゚〇゚;))

一般教養のある講座に至っては
試験の答案用紙に、答えをろくすっぽ書かずに(書けなかったんだろう)
いかに単位が欲しいかについて切々と訴える文章を綴ったところ、
なんと、最低点ながら単位がもらえた(゚〇゚;)

とのこと。
うーん。いいんだろうか?
でも、楽しそうだ。


雪も解けて、サークル活動も本格化。
先日は「ラケットを折ってしまったので、買い替えのお金を補助してもらえませんか?」
というメールが来た。
丁寧に頼まれるとイヤとはいえない、太っ腹なダーリンがyesと返事をしたところ
「ありがとうございます。 頑張ります!」という返事が返ってきたが、
私とダーリンそれぞれから
「勉強も頑張るように!」と突っ込みのメールを返したのは言うまでもない(≧▽≦)



そして、次郎。

ほぼ毎日部活。
最近は家を出る時間が比較的遅いので、
ゴミ出しとお風呂掃除が日課となっている(≧▽≦)
母の仕事が忙しくて疲れ切っているので、これは大変ありがたい♪
今日なんて、お昼ごはんを作ってくれた♪
(餃子を焼いてシューマイをチンしただけだが)
まあ、いずれはこの子も一人暮らしをするかもしれないし、
少しずつでも家事をさせないとね♪(*^-'*)>

いよいよ2年生。
部活も学校生活も一番充実する年だろう。
母も毎日巨大おにぎりを作って応援するよ♪
もちろん、勉強もがんばってくれ。。

(先日の学年末テストが、なぜかとっても良かったのだが、
 何しろ本人が
 「なんでこんなに良かったのか原因がわからない」
 とほざいているので、次回以降の成績は未知数。
 不思議な子だ)



とまあ、それぞれ進級して忙しくしているぽよ家。
着実にステップアップする春に・・・・・・・なるといいな♪(*^-'*)>
[PR]
by poyo25 | 2014-04-02 21:48 | 家族 | Comments(6)

英検合格・・

先日、次郎の英検2級の結果発表があった。

結果は合格。めでたい。
しかーし!

2次試験(面接)の点数は、
なんと合格最低点ぴったり!!
ぎりぎりもぎりぎり。
紙一重というところか。

そりゃそうだ。
本当になーーーーーーーんにもせずにいて、
面接1週間前になってやっとネットで問題集を買ったと思ったら、
実はそれが2級」のものだったのに   ←実はポチッとしたのはわたくし・・・・
買いなおすこともせず、そのまんまの状態で
(しかも、本人曰く、当日は発熱していたそうな。ほんとか)
2次試験面接に臨んだんだもんなー。
合格できたのが奇跡といえよう。

ま、ともかくおめでとう。
これで母と肩を並べたわね♪(*^-'*)>  ←私も2級を持っている。ウン十年前に取ったv





そして。
英検での失敗をとんと生かさないままに
(つまり、ろくな準備をせずに)
期末テストに臨んだ次郎くん。

今日は最終日だったのだが、
試験の結果よりも何よりも、
とにかく「試験が終わって部活ができた♪」
ということが嬉しい様子。

・・・実は、これで高校1年生もおしまい。
あっという間の1年間。
よく食べて(次郎のお弁当とおにぎり2個だけでお米2合半必要)、
よく寝て(兄弟揃って授業中に寝るらしいヽ(*`д´)ノ)
ずいぶん身長も高くなったこの1年。
新年度からも部活と勉強に励んでね。
特に勉強。よろぴく。
[PR]
by poyo25 | 2014-03-08 18:49 | 家族 | Comments(8)

餃子好き

太郎が進学で家を出て行って以来、一人っ子状態になった次郎。
好むと好まざるとに関わらず、ぽよ家に子供(というにはでかいが)は次郎ひとり。
不本意ながら、両親の愛情も感心も独り占め。
晩御飯の時間なども、次郎のペースに合わせた毎日になっている。

というわけで?
太郎がいた頃にはまだかすかにあった緊張感がまるでないorz
特に顕著なのがテスト前。
太郎も決してテスト勉強をまじめにするタイプではなかったが、
それでも、家の中に「テスト前」がもうひとりいるだけで
お尻に火がつく雰囲気にはなっていた・・・・はず。
それがまるでなくなっちゃったorz




さて、次郎の好物は餃子だ。
普段はダーリンが夜中に帰宅するので、
平日の晩御飯に餃子が登場することはまずないのだが、
(それに、よく食べる男3人に作るとなると
 真面目な話、100個は包まなければならないので大変だったのだ)
週末や長期休みのお昼ご飯などに
出来合いの(^^ゞ餃子を焼いてやると大喜びする♪


昨日のこと。
ふと思いついて、晩御飯に餃子を作ることにした。
最近のニュースなどを見ていて
「うむ。やはり出来合いのものは何が入っているかわからないからな」
と思ったのもあるし、
ちょうどダーリンが出張だったので、
二人分なら、手作りするのもそんなに大変ではないと判断したのもある。

というわけで、昨夜
久しぶりの餃子をちまちまと包んでいたら、
テスト前なのに夕方から寝こけていた次郎がやってきて
「うわっっっ! 何やってるの!!???」
と驚いた。
「何って、餃子作ってるんだよ。 ご飯7時半ごろになるよー」
と答えた私に
「・・・・・なんだか申し訳ないから、勉強してくる」
ですと!!(゚〇゚;)


そうかそうか。
手作り餃子のためなら勉強するのか♪
それなら、テストのたびに餃子をつくろうではないか(黒い笑い)

・・・・というか、
実はそんなに大変ではないのに、
いつもいつも出来合いばかり買っていて
「餃子作るの大変」という情報を
次郎に刷り込んじゃったのかしら、私???(゚▽゚)アポー




最近、太郎の話ばかり書いていたので
久々の次郎ネタでした。
うーん、ちょっとオチが弱いな。
ちなみに、久々に作った餃子もイマイチだったなorz

さらにちなみに、
太郎は本格的に食費に困ると
近所の王将で食べた後30分皿洗いをしてタダにしてもらうそうだ。
ひょー。
[PR]
by poyo25 | 2014-01-12 13:13 | 家族 | Comments(6)

個人面談とタヌキその後

先日、次郎の学校で担任の先生との面談があった。
今回のお題は、来年から文系理系に分かれるので、その選択について。

事前に次郎からは「まあ、理系だね。志望校は教えなーい」
と言われていたのだが、
(どーでもいいけど、最近次郎はこの「教えなーい」だの
 「知らない」だの「忘れた」だの、母の気持ちを逆撫でするようなセリフが多いヽ(*`д´)ノ)
先生は「志望校は・・・・東大ですかね」
とおっしゃった。

・・・・・
じぇじぇじぇじぇじぇ????????(゚▽゚)アポー
なして東大?
そんなことわたくし、一言も聞いておりませんが。
確かにまだ1年生だし、
みーんな一度は「東大志望」と口にする学校らしいし、
「Boys, be ambitious(少年よ、大志を抱け)」な志望かも。

でも、いくらなんでも唐突過ぎる。
うちの次郎はそんなにambitiousなboyじゃないしー(゚▽゚)アポー

・・・
先生は、目の前の資料を指して
「ま、本人もはっきりと大学名を言ったわけではないんですが、
ここに理Ⅰと書いてありますよね。
理Ⅰって、東大しかないですもんね・・・・」
と話が続く。

他の話をしつつも、
へんだへんだへんだへんだ・・とぐるぐると考え続けたわたくし。
そのうちはた、と思いついた。

「せんせっ! これは 理Ⅰじゃなくて、理工、理工学部じゃないでしょうか!??」

先生も
「・・・・そ、そうですね!!! (゚〇゚;)」
すっかり納得と感動の表情。
あーよかった。
二人ともすっきりできたわ♪
めでたしめでたし♪

・・・・と思ったが。
それってつまり、
次郎の字が雑だから先生が読み間違えてしまった、ということですわね。
申し訳ございません!!!!

再度はたと気づいてコメツキバッタよろしく頭を下げた母であった。

はーやれやれ。
大学受験とか志望学部とかの話以前に
「字はきちんと書きましょう」
ということを身につけなければ。
・・・・・・・道のりは遠い・・・・・・・・(゚▽゚)アポー





さて。
以前書いた生物部に持ち込まれ、釜茹でにされたタヌキのお話。(リンクここ)
その後の話を某マダムから聞いたのでご紹介。

今年、その生物部の顧問の先生が担任になったマダム。
個人面談がつつがなく終わりかけたそのときに、
「そういえば、息子からタヌキの骨格標本があると聞いたんですが」
と水を向けてみたところ、
先生の目が急にきらーんと光りだし、
「ご覧になりますか?♪」
マダムをタヌキのところに案内してくださったんだそうな。

マダムいわく、
「タヌキの解説をしてくださった先生は、息子の進路について相談していたときの
 30倍ぐらい生き生きとしていらしたわ(≧▽≦)」
とのこと。

うぷぷぷ。
おかしー。
私もそのタヌキ、みてみたーい(≧▽≦)
[PR]
by poyo25 | 2013-07-03 20:51 | 学校 | Comments(6)