イブなのに

あっという間に今日はクリスマスイブ。
受験生、それも次郎のようなヤツを抱える我が家としては
クリスマスもへったくれもない状態じゃ。
なので、今日も豪華なディナーとか、豪華なケーキなんかはなし(^^ゞ



午前中、台所でごそごそと大掃除というか片付けものをしていたら、
年明けの試験に備えて勉強していた太郎がやってきて、嘆いた。
「あーあ、昔はクリスマスがすごく楽しみだったのになー・・・。」
中学生になって以来サンタさんが来なくなった上、
今年はさらに「クリスマス無視、平常戦闘体制」なので
つまらないらしい。
「そのうち、彼女でもできたら、またクリスマスが楽しみになるよ♪(*^-'*)>」
と慰めたのだが、そんな日はいつ来るのだろうか?




一方、今日が終業式だった次郎。
帰宅後、山のような紙を抱えてすまなそうにやってきた。
その紙とは、学校の机の中にぎゅうぎゅうにつまっていたプリントやテストだ!

チェックしてみたら、テストは100点じゃないのがたくさんあるしヽ(*`д´)ノ
「字をていねいに書きなさい!」と大書きされたテストも発見。
ほら見なさい。
塾の先生やお母さんだけじゃないよ、キミの字に問題を感じているのは。


さらにびっくりなのは、大切なお知らせが埋もれていたりすることヽ(*`д´)ノ
「そろそろ来るはずなのに、おかしいなー」と思っていた
児童就学通知
 (教育委員会から来るお手紙。通うべき公立中が指定されている。
 私立などに入学する場合には、この通知を役所に提出しなければならない)」
を発掘したときには、めまいがしたよ(o_ _)o~

思わず鬼瓦になる母。
「学校のテストで100点取れないなんて、基礎がわかっていないんじゃないの?」だの
「大切なプリントまで管理できないようなだらしなさでは、これから先が思いやられる」だの
がーがー怒った。
最初「ごめんなさい・・」とうなだれていた次郎も
だんだん逆切れしてきて、
「はいはい、どうせ僕はバカですから」
なーどと言う始末。

うーん。
この時期になって、子供を追い詰めるような叱りかたをしてはいけないんだったよなー。
気分転換に外出している間に反省したので
帰宅後、次郎に
キミはみょーに本番に強いところがあるから試験は大丈夫だろうけど
 お母さんは入学した後のことが心配なんだよー♪」
とフォローした。

・・・怒ってから2時間も経ってからこんなことを言って、
果たしてフォローになっているのか?
いや、そもそもいったい、何のフォローのつもりなのか?(゚▽゚)アポー

[PR]
by poyo25 | 2009-12-24 17:27 | 家族