感謝をこめて

次郎の塾では、壁に前年度の卒業生が勝ち取った「合格証」のコピーが貼ってある。

先日次郎と一緒に塾に挨拶に行った時には、
それが今年のものに貼りかわっていたので
「次郎の合格証もここに貼ってもらわなくちゃね」
私が言うと、次郎はうつむいたまま
「・・・いらない・・・」と首を横に振った。


あのね。
必ずしも努力したからと言って合格できるわけではない。
「運」とか「縁」というものもあるだろう。
でも、「努力のない合格」はありえない。
ここにある5枚の合格証。
これは君の努力の結晶だ。

こんなにもたくさんの学校が
「次郎君、よく頑張ったね。うちの学校においで」
と言ってくれているんだよ。

だから、これを先生方に見ていただいたり
壁にコピーを貼ってもらうことは決して「自慢」ではないし、
もし「第1志望がないから恥ずかしい」と思っているなら
それは大きな間違いだよ。
先生方もきっとこれを見たら改めて喜んでくださるよ。

それに、今4年生や5年生の子達は、きっとこのコピーを見て
「よし、僕も頑張ろう!」と思ってくれるよ。
今まで先輩たちに君が励ましてもらったように、
今度は君が後輩たちの力になる番だ。

お世話になった塾にお礼の意味を込めて、
今日はこの合格証を持って行きなさい。



・・とまあ、こんな風に「おふくろの説教」をしたんだけど、
週末のサッカーなどで気分転換ができたんだかなんだか、
次郎はずいぶん明るい顔で
「うん、わかった。持って行くよ」
と返事をした。
説教するまでもなかったかも(^^ゞ




今日から「入学準備講座」とやらが始まって
久々の?塾生活が復活。
「いやー、ちょっと緊張するなー」
と言いながら出かけていった次郎。
「もう、先生たちは怒鳴らないからね♪」
とお兄ちゃん先生は言っていたが、
果たしてどんな授業なのかにゃ?(≧▽≦)
[PR]
by poyo25 | 2010-02-16 20:39 | 家族