太郎の卒業式

先日、太郎の中学の卒業式があった。
とはいえ、中高一貫だから、先生も生徒も基本的にはみんな持ち上がり。
4月になったらまた会うメンバーなので
卒業式だからと泣いている人なんかだーれもいなかった♪

練習が一切なかったという卒業式は
校歌以外の歌もなければ
(ちなみに、私はこの校歌を聞くのは入学式以来はじめて)
事前に聞いていたのと入退場のルートが違ったり
(写真撮れないじゃないか)
みんなみょーにホコリっぽかったり、小さい学ランだったりで笑えた。
(うちだけじゃないわね♪と安心)

それでもやっぱり、ひとりひとり名前を呼ばれて立ち上がる姿は
3年前の入学式とは見違えるように背も高く、声も低くなっていて
なかなかりりしい♪
やっぱり3年分成長したんだなー、と感慨にふける母であった。



さて、校長先生の話が長くて眠かったせいなのか(≧▽≦)
式の時間は予定よりかなり長引いた。
   太郎なんか、せっかく「精勤賞」をとったのに
   精勤賞受賞者があまりにも多かったために、時間短縮のためか
   名前すら呼んでもらえなかった(≧▽≦)

私を含めて大多数のマダムが思ったのは
「あら大変!ランチの予約していたのに、遅れちゃうわ」
ということ。
子供たちは子供たちだけの「卒業を祝う会」があったらしいが
親は立ち入れないので、
しょうがなく?クラス単位だの部活単位だのでランチに行ったのだ。
私も部活のランチに参加して、マダムたちとにこやかにお話してきたよーん。


はっきり言って、
そのわずか2日後に迫った海外研修の準備で忙しくて
卒業式どころじゃなかった私たち。
そのうちあっという間に入学式を迎えることになるけれど、
中だるみした気持ちを引き締めて高校生活に臨みたいものだ。


****

ところで。
入学式は午前中学、午後高校のダブルヘッダーじゃ。
1日に2回もあの校長先生の眠い話を聞くと考えただけで気が遠くなるが、
それよりも、お昼ご飯を食べる時間がなくなるかもしれないのが大問題だ。
駅前のファミレスで済ませることができればベスト。
下手すると近所のコンビニで買ったおにぎりを校庭で食べることになるかも・・・orz
[PR]
by poyo25 | 2010-03-27 23:42 | 学校