理系の人々?

「理系の人々」という本を図書館で借りてきた。
d0003116_15162952.jpg

理系男子の生態?を半ば自虐的に綴った漫画だ。
子供たちも喜んで読んでいたが、特に太郎は
「まるで自分のことが書いてあるみたい」とウケていた。

高校に上がる頃から、「自分は理系だ」と宣言していた太郎。
私は単に進学のためのコース選択の話だと思っていたけど、
そーゆー意味でも「理系男」なのかー??

ああ。
母としてはちょっと、いや、かなーり心配。
太郎がこの本のどこのエピソードを指して自分のことのようだと言ったのかは
定かでないが、
どのみち、なーんとなく、
機械にばかり関心とお金をかけて、おしゃれや女心にうとくて・・
という人生を歩みそうな恐ろしい予感がするの(pq)
ただでさえ男子校なんぞに行っちまってるのに、
こんなことでどうするんだろうか。


とまあ、しょーもない先の心配をしてしまう母。
だけど、よく考えたら、いや、考えるまでもなく
うちのダーリンだって理系なんだった。
その昔、仲間の結婚祝いの同期会(実は私とダーリンは同じ会社の同期だ)の席で
ダーリンたちが
金とプラチナのコンビの結婚指輪ってのは
 二つの金属の熱膨張係数が違うから
いかがなものか?」
などという(詳細は忘れたよ、んなこと)会話で盛り上がっているのを見て
私は
「なんだ、この人達? 絶対ヘンだわ!」
と思った記憶がある。
まさか自分がそのうちの一人と結婚するとは思いもしなかったよ(≧▽≦)
まあ、でも、(確かに驚くことも多いけど)一応平和に暮らしているからいいか。
太郎も良き友人、良き伴侶を得て幸せな人生を送って欲しいと心から願うよ♪



****

なーんておバカなことを書いていたら。

今日はいつもに増して集中力に欠けていた次郎。
午後になってついに発熱したΣ( ̄□ ̄;;;)!!
今、初めての中間テストの真っ最中なのに・・・・orz
(しかも、明日は英語だじょー)

先の心配よりも、目先のテストの心配のほうが大変なのだった。
やれやれ。
[PR]
by poyo25 | 2010-05-23 16:15 | 家族