母も巻き込む中間テスト

昨日の夕方、マンションの廊下からちいさい女の子の声が聞こえてきた。
推定4歳と1歳というところか。
姉「さいしょはぐー、じゃんけんぽん♪」
妹「さーしょはぐー、じゃーけーぽー♪」
姉妹で仲良くじゃんけんをして遊んでいる。

か、可愛い。かわいすぎるっ!!
特に妹の方の、まだ舌が回らない幼い声がたまらなく可愛い。
その子たちは、私のいた部屋のすぐ前にいた(はず)ので
思わず窓をがらっと開けて
「おばちゃんも仲間に入れて!」と言いそうになってしまった。
・・あぶないあぶない。
不審者になっちゃうところだったよ(≧▽≦)



さて。
今ではすっかり声変わりして可愛さなんてかけらも残っていない太郎と  ←ひどい言い方じゃ
まだ声変わりはしていないけれど言うことが可愛くない次郎は
今週から中間テストだ。

今年に入ってからなぜか、「確認テストしてー」とノートを持ってくるようになった子ども達。
これがとっても母には負担なのだorz

思い起こしても、入学後はもちろん、中学受験の頃だってそんなことはしたことがない。
次郎なんて、受験勉強中こそそういう親子の連携が必要だったはずなのに
当時はかたくなに拒否していた。
なのに、何を思ったか太郎が母を使って試験勉強をするようになったら
真似をし始めたのだ。くっそー。

何がイヤって、せっかく夕食後の後片付けなどが終わって
「さあ、私の時間♪」
とくつろごうとした瞬間にやってくることヽ(*`д´)ノ
それが二人分なので、今週の私は忙しくてしょうがないヽ(*`д´)ノ
昨日なんて、栗の渋皮煮を作る作業をする合間にノートをつきつけられたから
「お断りじゃヽ(*`д´)ノ」と怒っちゃったよ。

本当に、何を考えて母なんぞを使おうとしているんだろう?
「おかーさんがヤマを外したからテストの結果が悪かった」
という言い訳をしようとしてるのか????
あーやだやだ。




ところで、
試験直前にジャパンオープンを観にいった私と太郎。
私はほぼ初めての体験だったが、しゅげー楽しかった♪
優勝したナダルももちろんしゅげープレイを見せてくれたが、
今回私は準優勝のガエル・モンフィス選手のプレイに目が釘付けになった。
(ガエル・モンフィス選手の解説リンク)


背が高い! 手が長い! 脚がしゅげー長い!
足が速い! どこに打たれても追いついてしゅげー球を返す!

名前すら知らなかった選手だったのに、試合が終わる頃にはすっかりファンに♪
モンフィス選手がしゅばらしいプレイをするたびに
喜んでぱちぱち手をたたいている私を見て、
一緒にいた人たち(部活の母じゃ)も大笑いしていたよ。

「テニス観戦は楽しいねー」と言う私に太郎がここぞとばかりに
「来年はもっといい席で見ようよ」とねだった。
「今度の中間でしゅげーいい成績だったら一番いい席にしよう♪(*^-'*)>」
こちらもすかさず応戦。
結果次第では、太郎の来年の観戦はナシじゃよヽ(*`д´)ノ
(もちろんわたくしは行きますわよ♪)



そんなこんなで、いつもより試験の出来に敏感な母(≧▽≦)
さてさて、母のまとめ口頭試問は効果あるのか?
はたまた、試験前に遊んでいたバチが当たるのか??(≧▽≦)
[PR]
by poyo25 | 2010-10-14 11:26 | 趣味