4年生

暑いっ。
暑すぎるっ。
なのに、学童では今週に入ってからやっっっっとクーラーを入れ始めた。
んでもって、
クーラーが入っているのに関わらず、子供たちは「外行こうっっ!」 と叫ぶ。
はああ。
若いってしゅばらしい・・・・・・・・・・・??



元気いっぱいに校庭に走り出て行く子供たちの後から
UV用品に身を固めてよろよろと歩いていくおばはんわたくし。

そんな私に、隣の学童(小学校は同じ)のAちゃんが声をかけてきた。
「せんせー、今あそこ(校庭の隅)に私の"両思いの人"がいたんだよ♪」

「えっっ! どこどこ? だれだれ?? o(*^∇ ^*)o」
いきなり元気になった私(こらこら)に、Aちゃんはいろいろ教えてくれる。
お相手は同じクラスのBくん。
学童の子ではなく、今日は校庭に遊びに来たんだそうな。

「でもね、Bったら私のことからかってくるからちょっとウザイんだ♪」
というAちゃんに
「あらま。カレのこと"ウザイ"なんて言っていいの?」と聞いたら
「うーん、Bはねー、
 ただのオナクラ(同じクラス?) じゃないけど、カレカノっていうよりボーイフレンドって感じかな?
 いっつも私のことからかってばかりなんだよ♪」
「もうやだー」と言いつつ、嬉しそうなAちゃんだ。

このAちゃん、
背の高い美人で、小さい子の面倒を見るのがしゅげー上手な
とってもしっかりしたお姉さんだ。
この日も同級生から小さい子までたくさんの子を引き連れて
遊びのリーダーとして活躍していた。
まだ4年生とはいえ、こんなガールズトークがみょーに似合う♪

結局、Bくんの顔も確認できず(帰っちゃったらしい)
カレカノとボーイフレンドの区別も今ひとつわからなかった私だったが(゚▽゚)アポー
久しぶりに会ったAちゃんの楽しそうな話が聞けて嬉しかった。



実はその直前、私は別の4年生女子を叱っていたところだった。
重たい事情を抱えていて、いわゆる「問題行動」の多い子だ。
この時も、ちょっとびっくりするような幼稚で粗暴な言動をしていた。



同じ学年とはいえ、特に女子は身体的にも精神的にもぐっと成長する時期。
ぐんぐん伸びていく、まぶしいような子供たちと
何かに押さえつけられてもがいているような子供たちとの差が顕著になっていく。

普段は1日にたった数時間のお付き合い。
私達には何ができるのだろう、と模索する日々。
もうすぐ始まる夏休み、つまり一日保育はお互いにとって救いになるのか?????
[PR]
by poyo25 | 2011-07-16 10:24 | 仕事