太郎の読書

我が家では長年、
自分や子どもが好き(そう)な本を
私が図書館で見繕って借りてきている。

特に子供たちが小学校ごろまでは
子供に読ませる本は必ず
私が事前にチェックを兼ねて読み、
子供の読書傾向を掴むと共に(←大げさ)
共通の話題ができて楽しかった。


そんな私もいつの間にかアラフィフorz
仕事で忙しいとか、体力がなくなってきたとか、
目がかすむとか、アタマが弱ってきたとか、  ←(≧▽≦)
いろいろあって
最近めっきり読書力が落ちている。

一応、今でも図書館に毎週通って
いろんな本をゲットしてくるものの、
なかなか自分では読めないうちに期限が来て
返却することも多い。
通学電車の中などでがんがん読める
子供たちにはもう敵わないじょ。

なので、最近は活字本を借りる数が減ってきたし
自分が読まずに返却するもので
忘れて同じ本を借りちゃったりすることもある(≧▽≦)



そうこうするうちに、
太郎は自分で読みたい本を買ってくるようになった。

今読んでいるのは
山口 雅也「奇偶」ですと。
d0003116_21191414.jpg


太郎いわく、
「これさー、面白くないわけじゃないんだけど
 めちゃくちゃ暗いんだよー。
 だから時々これ読んで気分転換してる」

その「これ」とは、母が図書館から借りてきた
波間 信子「ハッピー」
d0003116_2121486.jpg

盲導犬ハッピーとそのパートナー香織との
清く正しく美しい物語♪
はっきり言って、後期思春期男子(今私が造った(≧▽≦))が
喜んで読むとは期待していなかった漫画だが、
意外にも太郎は気に入った様子。

・・・・まだ結構可愛いところがあるじゃないか、太郎(≧▽≦)
お母さんはちょびっと安心したよ♪

通常の本(?)ではもう追いつけなくなってきた母だけど
これからも漫画の話題でつながっていける・・・・・かな?
それを励みに図書館に通い続けようっと♪
[PR]
by poyo25 | 2012-01-13 21:50 | 家族