タニシの赤ちゃん

この夏、メダカの水草にくっついてきたタニシちゃんが、最近一段とでかくなった。
体長約1.3センチ。殻には縦縞がはっきり見える!(゚〇゚;)
これだけでかいと、つのだの尾(?)だのもよくわかる。
ちょっとカタツムリに似ている感じ。
おたまじゃくしのような口で水槽の汚れを食べてくれている・・・はず。

などと親しんでいたら、昨日、なんと赤ちゃんがいるのを発見!
d0003116_22221287.jpg

今朝よーく見てみたら、なんと3匹もいた。
d0003116_22224928.jpg

親子の図(≧▽≦)
赤ちゃんはまだちびっこい(体長2ミリ程度)ので、一生懸命動いても
なかなか移動できないのが可愛い♪
それでも、しばらく経ってから見てみるとちゃーんと別の場所にいるところがしゅごいよ。

水草にもやもやした汚れのようなものもついているので、余計に水が汚れているような
感じになっている。
でも、このもやもやがタニシの卵だったのかも。
(卵胎生だという話もあるが)
今水を替えたり、水草を洗っちゃったりしたらいけない・・・・かもしれない。

それにしても、いつの間にどうやって卵なんか産んだのかにゃ?
タニシは一匹しかいなかったのに。不思議ふしぎ。

♪♪♪

それで思い出したこと。
子供たちが通った幼稚園では、ヤギを飼っていた。
年長さんが毎日お世話するのだが、太郎が年長になったばかりの頃、
悲しいことにそのヤギがお亡くなりになってしまった。
そこで、某動物園から、その年の春に生まれたばかりの子ヤギをもらってきたのだが、
太郎が卒園して次郎が入れ替わりに入園した春、
なんと驚いたことにその「子ヤギ」が出産してしまったのだった。

出産したのは日曜日の朝。
当直の先生がヤギ小屋に行ってみたら、赤ちゃんが生まれてたもんで、
びっくり仰天して理事長先生に電話した。
電話を受けた理事長、
「だ、誰の子だーっ!?」
と叫んだそうな(≧▽≦)

今回、わたくしも「誰の子だー?」とつぶやいてしまいましたわ。
ちなみに次郎曰く
「タニシもカタツムリと同じでオスメス一緒(雌雄同体)だから、
ひとりで赤ちゃん産めるんだよ(単体生殖する)」
だけどさー、今ぐぐってみたけど、確かに雌雄同体ではあるけれど
単体生殖するという記事は見つからなかったよー。

・・・いったい、誰の子???
[PR]
by poyo25 | 2006-11-24 22:52 | めだかの観察