冬の中学生(副題:手抜きの母)

最近、ほんとに寒くなってきましたねー。
皆様お元気でお過ごしでしょうか。

さて、太郎の学校では、一旦衣替えした後は、どんなに暑い日であっても
登下校の祭には必ず制服を着用しなければならないと校則で決まっている。
その代わり、詰襟の下は半袖でも構わないらしい。

んで、衣替え当初はもちろん半袖を着用していた太郎、
なんとこの寒い時期になっても半袖のままじゃ。
本人曰く、「字を書くときに長袖だと手首のあたりがじゃま」なんだそうな。

実は太郎くん、小学生の間はほとんど長袖のシャツをきたことがなかった。
1年生のときなんか、上着すらも着ないで過ごしていたくらいだ。
なので、一応普通のおぼっちゃんよりは、寒さに対する耐性があるらしい。たぶん。
仲良しのクラスメート(寒がり)は既にコートを買ってもらったらしいが、
この分だと太郎には買わなくて済みそうだ。
うふふ、安上がりな子だね♪

そんな太郎だが、さすがに最近はちょっと寒いと感じるようになってきたらしくて、
ベストを着ていくようになった(ワイシャツは半袖だけど)。
そこで喜んだのがこの(゚▽゚)アポー母。
早速、ワイシャツのアイロンかけを襟と袖オンリーにしちゃったのさ
(身頃はベストで隠れるから♪)
いやー、しゅげー楽ちんだわー♪(*^-'*)> (←こらこら)



一方、冬場を迎えて登場したのは保温ジャーのお弁当箱。
こりがまた、普通のお弁当箱よりもたくさん入るので困る。
ジャーの高さに合わせて、おかず入れ(二段)も深くなっているので
普通のお弁当箱なら寝かせて入れられるおかずが、縦に入っちゃうのだ。
というか、横のままだと上に空間がありすぎてさみしい・・。

そんなわけで、相変わらず手抜き放題で
質の面では長期低下傾向にあるお弁当であるが、
おかず・ご飯ともに量だけはアップしている。

先日のお弁当はこれ。
肉巻きなんて、5本(半分に切ったら10切れじゃ)も入れたよー。
余ったら次郎の朝ごはんにしようと思ったのに、余りませんがな。
ごみん、次郎。
d0003116_22341355.jpg

これさえあれば太郎が泣いて喜ぶ、強い味方の「栗の渋皮煮」、まだあります♪(*^-'*)>
何度か煮返しして、保存性を高めますた。
でも、もうすぐストックがなくなっちゃうの(pq) シクシク


ところで、ある日めずらしく太郎が帰宅するなり
「今日はどうしてあんなに豪華なお弁当だったのー?すごーく美味しかったよー♪」
と喜んでいた。

その時のメニューは
  ・冷凍のハンバーグ
  ・冷凍のハッシュドポテト
  (それに、前夜の残りのトマトソースをかけた)
  ・ほうれん草のおひたし
  ・渋皮煮♪
  ・十六穀ご飯

うへっ。なんて手抜き放題なんでしょ。
まあ一応、ハンバーグもハッシュドポテトも某生協のもので
なかなかおいちいのではあるが(←言い訳にすらなっていない(^^ゞ )

こんなお弁当であんなに喜ぶとは・・・・・・。
この子ってば、普段どんな食生活を送っているのかしら?
親の顔が見てみたいもんだ (あっ、私だ)
[PR]
by poyo25 | 2007-11-22 17:55 | 家族