13日目 食欲

育ち盛りのおたまの食欲はすごい。
今日の写真は、しっぽをふりふり煮干や朽ち葉にかぶりついているところ。
そのうち煮干はかけらになり、朽ち葉は葉脈標本のようになる運命なのだw

太郎が幼稚園の頃、まだ寒い時期にタニシを持ち帰ったことがあった。
なんでも、幼稚園のお散歩で泥の中から見つけたんだそうだ。
↑ヾ(・_・;) オイオイそりゃ冬眠してたんだよ
ともかく、そのタニシたちを飼っていたら、暖かくなる頃には赤ちゃんタニシも生まれてきた。ちっちゃくて、殻も薄くて、でもいっちょまえに水槽の壁を這い回るのがとても可愛らしかった♪

そんな時、初めておたまじゃくしを飼うことになり、無知な私は「ほーら、仲間が来たよー」とばかりに一緒の水槽に入れたのだった。
だってさー、幼稚園のママ友(生き物を飼うお宅がやたら多い幼稚園だったw)が、「金魚とタニシを一緒の水槽で飼うと、コケなどをタニシが食べてくれるから、水がきれいになっていいよ」と言ってたんだもん。(トラバ元のspring cherryさんもそうおっしゃってます♪)

私の思ったとおり、タニシとおたまは仲がよく、タニシの殻をおたまが優しくつついてお掃除などしている♪すばらしい友情♪これが共生なのねー♪
・・・と思っていたら・・・・・

赤ちゃんタニシがお亡くなりになった(o_ _)o~
どうしてかなー。病気にでもなっちゃったのかなー。
涙をぬぐいながら(←ちょっとウソ)もう一度水槽を見てみると・・・・

親タニシの殻に何匹ものおたまがよってたかってかじりついている。
殻の入り口にぐりぐり頭を突っ込んでいるのもいるじゃないかああああ!
仲良しなんじゃなくて、食べてるんだよおおお Σ( ̄□ ̄;;;)!!

殻の薄い赤ちゃんタニシなんかひとたまりもなかったんだろうなー。
ごめんね、ごめんね。

もちろん急いで水槽を別にしましたとさ。

********

そんなほろ苦い思い出があります。
おたまじゃくし、結構獰猛。
d0003116_2352653.jpg

[PR]

by poyo25 | 2005-03-31 23:09 | おたまの飼育日記 | Comments(2)

Commented by ringoame15 at 2005-04-01 23:12
ぽよぽよさんは、生き物育てる天才だと長男が言ってましたw
かえるになったら見に行きます<(_ _)>
Commented by poyo25 at 2005-04-01 23:57
ありがとうございます。m(_ _)m
でも、カブトムシは卵を産まなかったっす(涙
おたまも見てやってくださいまし♪
名前
URL
削除用パスワード