2009年 09月 11日 ( 1 )

アゲハのたまご(次郎その後)

週末、うちのベランダに黒いアゲハチョウが遊びに来ていた。
ひらひらしてきれいだねー♪などと微笑ましく見ていたのだが、
実はその蝶は、うちのイタリアンパセリに卵を産みに来ていたらしい。

d0003116_1332414.jpg

肝心な卵のところがピンボケじゃorz

緑色の葉っぱに、オレンジ色の卵。結構目立つのでよくわかる。
    ちょうどご飯にかけて食べていた「トビコ」に大きさといい色といい似てるねー。
    と言ったら、次郎にすごくイヤな顔をされたが(^^ゞ
  



そして孵ったちびイモがこちら。
d0003116_13363861.jpg

体長およそ1.5ミリ。
「なんだかうちのカタツムリ(1センチサイズ)のフンみたいだねー(≧▽≦)」
と次郎。

いっちょ前に葉っぱをかじって成長中。
がんばれー♪




(ちなみに、アリさんたちは元気なく生きてます。ごめんなさい、アリさんorz)

(さらにちなみに、カタツムリは元気です。
 昨日からにんじんをエサにしたので、オレンジ色のウンチョをしています(≧▽≦))




*****


さて、夏休みの終わりに壊れた次郎だが、
復活したとはいえ、やっぱりどーも集中できていない様子。
20分ぐらいで「はー」とためいきをつきながらプチ休憩を繰り返していた。

2学期になって、学校で連日運動会の練習てんこもりで疲れているんだろうなー、
とは思うが、何しろ目の前でぐーたらされるので気になってしょうがない。
一度
「いくら一区切りついたからって、20分で休憩していたらかえって集中できないよ。
 ”集中できない”のは能力や気持ちの問題じゃなくて、行動の仕方の問題だから
 ちょっとやりかたを考えて変えてごらん」
と、毎度おなじみの余計なお世話を言ってしまって、
またもやおなじみのバトルになりかけた(゚▽゚)アポー

はいはい。
「口出ししない」と約束したのに変な事を言うわたくしが悪いんでごじゃいます。
末っ子の次郎にはとことん甘いダーリンにも叱られてしまいましたよ。
ふんだヽ(*`д´)ノ
これからは、塾の先生に告げ口して、
先生から次郎に注意してもらうもんねーだヽ(*`д´)ノ




というのも、先日の「壊れた事件」のときに
「塾の先生はしゅごい!」
と改めて感心したから。

あの時、疲れた次郎を休ませたのはいいが、
どうにもこうにも、どよーんとしていて元気がない。
ずっとこのままではまずいのではないか?と心配になったけど、
どんな声をかけていいのかもわからない。
「どうせ、塾には毎年こんな子が2人や3人絶対いるはずだから、
 慣れているに違いない!」
とにらんで、塾に相談しに行った。

塾でお話したのは、一番若いY先生。
「ええっ、次郎君が・・・・」とびっくらしていたので、大丈夫か?
と一瞬心配になったものの
「わかりました。こちらから電話して次郎君とお話させてください」
と言ってくださったので、お任せすることにした。

結局、Y先生とO先生の二人がかりで説得?してくださって、
最初は涙と鼻水をたらしながら、ひたすらうつむいているだけだった次郎が
「お母さん!僕やっぱり受験続けるよ!」
と見違えるような明るい顔で電話していた部屋から出てきたのにはびっくらした。

「ねえねえ、先生たちはなんておっしゃったの?」
聞いてみたところ、
「O先生は、”先生は嬉しかった”って言った」
     ・・・・・・???
     え?嬉しかったって?何が?と混乱する母。
「僕が”やめる”と(お母さんに)言ったときに
 ”泣いていた”のが嬉しかったんだって♪」


泣いていたのは自分が情けなくて悔しかった(のがえらい)、とか、
それだけたくさん勉強していたということ(なのでえらい)、とかいうことらしい。たぶん。

ひょー。
そんな殺し文句が出てきちゃうことに母は心底感心した。
さすが百戦錬磨の塾講師。
次郎どころか、私(歳だけくってる)よりも100枚も1000枚も上手でらっしゃる。
敵いませんわ。
次郎も私も黙ってついていきます・・・・・
[PR]
by poyo25 | 2009-09-11 14:11 | 生き物観察