人気ブログランキング |

タグ:虫 ( 53 ) タグの人気記事

簡単ビーズ

d0003116_23285432.jpg
壊れてしまったストラップの
代わりを作った。
ビーズ細工なんて2年ぶりぐらいかも。






どう?♪(*^-'*)>
幼稚園の女の子が欲しがるようなにぎやかさでしょ?
いいの。こーゆーのをつけたい気分だったのっ。

ちなみに相方は碁石ストラップ。
白と黒がしぶい。


d0003116_2334536.jpg
楽しくなってしまったので、
ネックレスも製作。
あー、肩がこった。







ちょっと長すぎたし、一番目立つところに大失敗を発見したけど(わかる?)、
もうやり直す気力はにゃいもんねー(o_ _)o~

白いタートルネックのセーターに合わせて作ったのだが、先ほど着てみたら
・・・首がきつい!首絞め状態(≧▽≦)
こりはもう、セーターを処分するしかないな。

あれえ?
私ってば、首まで太ったってこと???Σ( ̄□ ̄;;;)!!
いやいや、考えてみたら、買ったときから首は妙にきつかった。
それが我慢できなくなったということは、
見てくれより着心地一番=おばちゃん指数増加 ってこと??
どっちにしても・・・・orz



<おまけ イモちゃん報告>
寒空の中、鈍い動きながらも着実にバジルの葉を食べていくイモちゃん。
今朝も確かにバジルの枝にいた。
・・・なのに、夜見てみたら、いなーい!!Σ( ̄□ ̄;;;)!!

どうしよう。そこらへんを探してみたが、暗くてよくわからない。
明日の朝もう一度ちゃんと探してみよう。
ここは自然の中とか、畑とかじゃないんだから、1歩外に出てしまったら
生きていけないんだよおおお。
イモちゃん、かむばーーーーっく!

by poyo25 | 2006-12-01 23:45 | 趣味 | Comments(10)

絵本の原画展

28日のことだが、友人に誘われて絵本の原画展に行ってきた。
「絵本作家ワンダーランド」

実はとんと絵心のないわたくし。普段は絵画展なぞ行きゃーしない。
でも、子供たちと一緒に親しんできた絵本ならとっつきやすいのだ。
だけど、さすがにホンモノの絵の迫力は違う。
油絵だと特に迫力があったなー。
水彩でも、やはり印刷と本物では微妙な色合いが違っていたよ。
わざわざ来た甲斐があったというものだ。

といいつつも、お楽しみは自分達が読んだことのある絵本。
d0003116_015799.jpg











「バムとケロ」で有名な島田ゆかさんは「ぶーちゃんとおにいちゃん」の原画が
展示してあった。
「ひょー。この作者はカナダ在住だってー」だの
「絵の中にさりげなく描いてある小物が可愛いよ」
「こんなのほんとに売っていたら欲しくなるね」
などと、おばちゃん達は芸術とあんまり関係ないところで感心したのだった(゚▽゚)アポー

こういう親しみやすい絵本の原画は、絵本を読む年齢の子供たちに見せたらいいなー、
と思った。
すんなりと本物の芸術に触れられるいい機会じゃないかな。
12月10日まで川越市立美術館で開催されているので、お近くの方はぜひどうぞ♪


ちなみに、この美術館のすぐそばには、元祖ウォーターボーイズで有名な
県立川越高校がある。
バスの中から正門だのプールだのが見えたので、
「きゃー♪ここがカワタカねーっ♪(地元人は「川高」を「カワタカ」と呼ぶ)」
「うちの息子がここに入ったら幸せだわー(埼玉県屈指の男子進学校なのじゃ)」
「きゃー、そしたらぜひ水泳部に入って!私にも文化祭のチケット回して(≧▽≦) 」
おかーさん達は妄想を膨らませちゃったよ。えへへー。


(おまけ: イモちゃん報告)
昨日今日と、イモちゃんはおとなしくバジルのプランターにいる。
どうやら「ここから出ちまったら、もはやエサはない」ということがわかったらしい?
もくもくとバジルを食すイモちゃん。
私の心配は唯一つ、プランターの残り少ないバジルが足りるかということ(pq) シクシク

by poyo25 | 2006-11-30 00:37 | 趣味 | Comments(14)

晩秋のイモちゃん

(すみましぇん。今日のイモムシ写真は縮小しておりましぇんm(_ _)m)


あー、そういえば、今年はイモムシ飼ってなかったなー・・・と寂しく思った晩秋の週末。
今年最後のバジル収穫をしていたダーリンが台所で
「(゚〇゚;)おおっ」
と声を上げたので見てみたら、なんとこんなに寒くなったのに、イモちゃんが1匹いたの♪
d0003116_23301999.jpg

既にイモちゃんがいた苗はおろか、家で育てていたバジルはほぼ全部刈り取った後。
どうしよう。こんな10センチほどの枝だけで足りるとは思えない。
かといって、イモのためにわざわざバジルを買ってくる気にはなれないし・・。

とりあえず、イモちゃんがくっついている小さな枝を小さな花びんにさし、
それを、わずかにバジルが残っているプランターに置いて、なんとか飼うことにした。
d0003116_2338076.jpg

(ー”ー;)うーん でも、イモムシって結構歩き回るんだよなー。
心配していたとおり、一夜明けた今日、早速行方不明になっていた。
がっかりしながら探し回ったり、ついでにベランダの掃除をしたりしていたら、
なんといつの間にかベランダスリッパの上にいるではないか!
「あーよかった♪ これからはあんまりうろつき回るんじゃないよー♪」
優しく声をかけて、再びバジルのプランターへ。

・・・でも、明日の運命はわからにゃい。
今年最初で最後の?イモムシちゃん、果たして無事に育つことができるのか????

by poyo25 | 2006-11-27 23:41 | 生き物観察 | Comments(8)

つわものどもが・・・・

もう10月も終わり。
今朝、近くの学校の1ねんせいたちが、近所の公園に「秋をさがしに(生活科のテーマ)」
行き、どんぐりなどを嬉しそうに拾って帰るのを見た。

1. ちょうちょ

    うちのダーリンがベランダで手塩にかけて育てているお花に、時折蝶がくる。
    先日はモンシロチョウ、その前はアオスジアゲハ。
    野生の花はだんだん少なくなる時期なので、人んちの庭がパラダイスらしい。
    
    昨日、ウォーキングをしていたら、道端の植え込みの花に止まる
    アオスジアゲハを発見。
    この時期、道路端の植え込みのお花もしょぼくなっているが、  
    このアゲハもかなりよぼよぼ。翅の色もなんだか薄くなっていた。  
    がんがれ、アゲハ!

    (ちなみに、この辺にはアオスジアゲハが多いのだが、それはおそらく
    食草のクスノキが多いせいだと思う。)

2. 次郎のカブトムシとクワガタ

    実はもう10日ほど前になるのだが、うちで飼っていた最後のカブトムシ(オス)が
    お亡くなりになってしまって、次郎はがっかりしていた。

    なぜかカブトムシの安置所はリビングの特等席、サイドボードの上。
    ティッシュのおざぶとんに載せて何日か別れを惜しむのだ。
    (え、変? やっぱりそう思う?)

    その後、お墓を作って埋葬するのだが、
    次郎ってばマンションのエントランスの植え込みにお墓を作っちゃう(^^ゞ
    しかもきっちり埋めてない(たぶん)もんだから、カブトの角が出てたりして
    小さい子たちが喜んで拾っちゃうらしいんだわΣ( ̄□ ̄;;;)!!
    この間、若いお母さんに「ここはカブトムシがいるんですか?」と聞かれて
    冷や汗かいて謝ったよ。
    ・・・・たぶん、そのお母さんはカブトの生息地が森の中だということを
    知らなかっただけなんだろうけどさ。

3. カマキリ

    おととい、交差点のところで友達と立ち話をしていたら、3-4メートル先に
    カマキリがいるのに気付いた。
    だけど、一緒にいた友人は別に虫好きではなさそうな普通の奥様だったし
    私もカマキリを素手で触れるわけではないので、ちょっとためらっていたら
    ・・・あっという間に自転車や人に轢かれてしまいました・・・・orz
    ごめんね、カマキリさん。気付いた時にすぐに捕まえて、安全なところに逃がして
    あげればよかったね。私の勇気が足りなかったばかりに・・・・(pq)


秋の夜更け、今日はちょっとしみじみ。
え? 虫の話題なんかでしみじみするなって? ♪(*^-'*)>
 

by poyo25 | 2006-10-27 23:09 | 生き物観察 | Comments(14)

夏休み総括

いやいやいやいや、夏休みもやーっと今日で終わり。
今回は、夏休みの反省じゃ。

1. まずは塾弁。
夏休み前からずーっと憂鬱だったのだが、冷凍食品とプチゼリーのおかげで(汗
案ずるより生むが易し。
みなさんのおべんとのようなゴージャスなものを作ろうという欲を捨てれば、
なんとかなるもんだ
(゚▽゚)アポー
d0003116_1744476.jpg
ちなみに、今日最終日のおべんと。
チーズはんぺんの存在の大きさが笑える(≧▽≦)






それにしても、太郎は慣れない(爆)おべんきょーをよく頑張った。
塾で10時間、家で3-4時間という長時間勉強。
私なんか大学受験のときですらそんなにしてないじょ。
時には、うっかりモノの母が出かけちまったもので、帰宅しても家に入れず
玄関先で勉強していたということもあった。
実は昨日もやっちゃったのだよ。・・あのさー、いい加減カギ持ってってよね。


2. 昨年までは、男3人で行っていたカブト取り。
今年は太郎が引退したので、ダーリンと次郎だけで行って大量収穫。
昨年までは私や太郎が主体になっていた虫のお世話も、
今年は次郎が一人でこなした。
そしたら、ずいぶん熱心なんだよ。
毎日何回もケースを開けて、カブト同士やカブトとクワガタを対戦させたり、
観察したり。

そっかー。去年まではなんとなく「太郎のもの」という感じがあって、遠慮半分、
他人事半分といったところだったんだろうね。
何年も飼っているカブトムシだけれど、今年はじめて「自分のもの」という
自覚と喜びが芽生えたんだろう。
何でも本人が主体的に関わるのが大事なのね。
親が押し付けたり、一人で喜んでいたりしたらいけない、ってこときゃ?
                ↑ここ、わたくしの反省ポイント

3. 体力がまた落ちたー(o_ _)o~
りんご病がやっと治ったと思って、一昨日、次郎のサッカーの試合に応援に行った。
その前後が比較的涼しかったり曇っていたりしたのに、
この日は誰の行いが悪かったのか、ものすごい晴天(゚▽゚)アポー
日陰一つないグランドで(人のパラソルに入れてもらったけど)一日応援はきつかった。
なんかねー、「日光消毒されてしまった」と言う感じ。

年々夏がつらくなってくる・・・・。
友人に、高校生の息子さんのバスケの試合には欠かさず応援に出かける、という
人がいるが、私、次郎が高校生になる頃にはもう動けないかも(o_ _)o~
・・・バスケは室内だからいいのか?いやいや、やっぱりそんな問題じゃない・・・・

by poyo25 | 2006-08-31 18:17 | お家の仕事 | Comments(10)

虫捕りキャンプ

キャンプの醍醐味といえば、やはり大自然との触れ合い。
テントの周りには、トンボだのでっかいアゲハだのが群れ飛んでいる。

子供たちは「キャッチアンドリリース」で、さかんに虫捕り網を振り回しては
いろんな虫をゲットして遊んでいる。
でも、どうやら、トンボはつかまえられても、アゲハは無理な様子。
どれどれ、ちょっとお母さんに貸してごらん・・・・・
ひゅっ!
我ながら見事な網裁きでアゲハをゲット♪(*^-'*)>
ふっふっふ。蝶はねー、上から網をかぶせるのじゃなくて、下からすくい上げるのよーん。
写真がうまくとれなかったのが残念たが、翅の一部が緑色に光る、すごーくでっかい
黒いアゲハだったよーん。


さてさて、2日目の午前中は、ならまた湖をカヌーで探検した。
昨年もお世話になったおじさん特製のツインカヌーで、転覆の危険のない
お気楽カヌーツアーなのじゃ。

湖の奥に行けば、国蝶オオムラサキに会える
今年は群れに遭遇。
オオムラサキって、写真で見るのと実物を見るのとでは大違いだ。
実際に飛んでいる姿は、メタリックな紫の輝きがとても美しいし、動きがシャープ。
(↓中央に見えるのが水を飲んでいるオオムラサキの群れ)
d0003116_1150861.jpg


しかーし、うちの子たちは、オオムラサキのありがたみなんか知ったこっちゃない。
関心はクワガタにのみあるのじゃ。
というのも、この湖には、夜間飛行に失敗したクワガタが水面に浮かんでいることがある
からだ。去年カヌーのおじさんからこの話を聞いて以来、みんなして水面を見つめながら
こいでいる。

去年は残念ながら見つからなかったが、今年は何とミヤマクワガタのオスをゲット!!
(しかも結構でかい)
木屑に混じって浮かんでいたのを見つけたのは次郎。執念の勝利といえよう。
d0003116_1250846.jpg

つめたーい水に長期間つかっていたもので、脚をつっぱったまま動かないクワちゃん。
「あー、死んじゃってるよー」と嘆く次郎。
でも、日当たりのいいところに置いておいたら、なんと生き返った!
大喜びの次郎がいじくりまわすので、大あご全開で威嚇しまくるクワちゃん。
「すごいすごい!こいつすげー元気o(*^∇ ^*)o」

・・・・・
でも、夜になったらだんだん元気がなくなってきて、翌朝にはお亡くなりになっちゃった。
やっぱり、湖に浮かんでいた時間が長すぎて、体力を消耗しちゃったのかなー。
(しかもその後、次郎にもてあそばれちゃったしな(^^ゞ )


というわけで、虫捕り三昧のキャンプも終わった。
つれて帰ったのは、オオクワガタ(ほんとかいな)1匹、ミヤマクワガタ(お亡くなり)1匹、
そしてハサミムシ2匹。こいつらは荷物の中に勝手に入ってたのだ(≧▽≦)

by poyo25 | 2006-08-20 13:04 | 家族 | Comments(6)

のんびりキャンプ

今年も水上にある「オートキャンパーズエリアならまた」に行ってきたよーん。

何といっても涼しい♪さわやか♪
トンボやアゲハチョウ(やアブ)たちにお出迎えしてもらって、心は一気に清らかに♪
木々をわたる風の音・・・・田舎とはいえ、交通量の多い自宅ではとんと聞けない
音色じゃ。

お盆だというのに、適度にすいているところがまたしゅばらしい♪
私達が住み着いたのは、AC電源付の区画だったのだが、最大18件は入る区画に
3家族しかいなーい。
キャンプ場中央に流れる小川の両岸は、小さい子連れの家族だの、どこかの子ども会
だのがいたが、それでも満員ではないので、のーんびり、涼やか。
d0003116_11156100.jpg

d0003116_1115376.jpg

何しろうちは、キャンパーとは名ばかりのヘタレ家族なもんで、
未だにテントも買ってにゃい。
年1ペースだし、干す場所もないし、キャンプ場でレンタルするので十分じゃ。
今回はキャンプ場のおじさんたちが、既に家の形にできあがっているテントを
ほいほいと運んできてくれて
、トンカントンカン設営してくれた。
d0003116_11101660.jpg

子供たちは川で遊んだり、フリスビーでディスクゴルフ(のまねっこ)などをしたり。
お風呂は車で10分も走れば湯の小屋温泉「洞元荘」がある♪

夜は花火。
合間に空を見上げてみれば、ところどころ雲がかかってはいるものの、
雲が切れれば、なんと天の川まで見えるではないか!
天の川なんて、(プラネタリウムは別として)子供の頃、祖母の家で見て以来だわー。
さすがの太郎も
「こんなすごいの、はじめて見た・・・・・」と感嘆。


子供たちがクワガタ探索のためにテント裏の山林に入っている間、
私は炊事場でお皿を洗っていたのだが、
ふと見ると、床に何やら黒い虫がひっくり返っている。
「おーい、クワガタおっこちてるよー」
叫んだとたん、運動会でも見せたことのないようなダッシュで、転がるように
山から出て走り寄るサル子供たち。

おかあさんの慧眼で、まずは小型のオオクワガタ(だとさ)をゲットじゃ♪

「明日の朝は早起きして、ならまた湖のほとりにクワガタが流れ着いていないか
確かめようね」
子供たち、特に次郎が張り切っているのをなんとか寝かしつけて初日は終了。

久々に家族で変則川の字。年毎にテントが狭くなるのを感じるじょ。
いつまで普通サイズのテントで収まるのかしらん?
あ、それよりも、いつまで家族全員でキャンプになんか来られるのかしらん????

by poyo25 | 2006-08-18 15:48 | 家族 | Comments(8)

夏の虫たち

このところずいぶん涼しい日が続き、いまだセミの鳴き声も聞こえない状態だったのだが、
おとといようやく梅雨明けし、今日は久々に「蒸し暑いですねー」という挨拶が交わされ、
夕方にはセミの声が聞こえた。
いやー、夏なのに妙に涼しいのも気になるけれど、やっぱり暑いのはやだよー。

とはいえ、やはり夏は虫♪
最近身の回りで発見した虫たちをご紹介♪(*^-'*)>


d0003116_22352486.jpg近所の公園のクヌギの木の根元で、カナブンたちが大騒動。
樹液の染み出ている隙間に頭を突っ込んでいるやつや、
横から入ってくるライバルを押し出すやつ。
夜はコクワガタあたりが来るんだろうなー。


d0003116_22361525.jpg同じ公園で発見したカマキリの子供。
たぶんハラビロカマキリ。
(手に乗せているのは次郎。
なんと太郎は怖気づいていた。
どっしぇー。幼稚園の頃は成虫でも果敢に
つかまえていたのに)


d0003116_2239356.jpg同じハラビロカマキリの幼生が
うちのマンションにもいたじょー。
月曜日も、今日もいた。ということは、
この子はなんと、マンションの外階段の
踊り場の壁に住んでいるってことよね?
2階と3階の間の壁なんだけど、
こんなところで何を餌としてゲット
してるのかにゃ?


ハラビロカマキリの幼生、ぐぐってみたら「危険を察するとお腹を反り返らせます」
だってさ。
私の顔を見ると腹を反らせて威嚇ポーズをとるカマキリちゃん。
あのね、おばちゃんはあなたの味方よ。怖くなんかないのよーん♪(*^-'*)>
(味方とはいえ、なーんもできないけどさ)

by poyo25 | 2006-08-02 22:55 | 生き物観察 | Comments(10)

ヒトもカブトムシもゼリーが好き♪

本日の塾弁。
d0003116_1149980.jpg

中に入っているオバQ明太子が、直径2.5~4センチ(楕円形)なのに敬意を表して、
きょうのおにぎりは特大だよーん♪(*^-'*)>
横幅約10センチ(≧▽≦)

んでもって、おべんと作りに悩むわたくしは、ついに秘密兵器を発見した!
おかずの隅っこに入っているプチゼリーじゃ♪

だってさー、太郎ってば、「実はプチトマトやきゅうりが嫌い」と告白するんだもん。
(今まで好き嫌いのない子だと思っていたのに、なして今頃カミングアウトするんだ?
プチトマト倍増作戦が使えないってことでしょー?困るよ。
・・といいつつ、1個は入れちゃうもんね。リコピンパワーを取り入れるのじゃ。)

果物も「汁がおかずやごはんに移るからいや」と言う。
ま、ゼリーの方がこちらとしても安上がりで簡単なので好都合。
塾の友達にも好評らしい。この間は友達のさくらんぼと交換したと言っていた。


d0003116_129412.jpg左が人間用、右がカブトムシ用(≧▽≦)
大きさといい、においといい、
(ついでに値段も)かなーり似ている。


子供たちは、幼稚園時代、自慢のカブトだのクワガタだのを園に持っていっては、友達の虫と戦わせたりして遊んでいた。
時にはクラスで飼っているカブトにご馳走してあげるんだと言って、家のゼリーを何個も持っていったっけ。
・・・・・そして案の定、誘惑に負けてムシゼリーを試食したのだった・・。
太郎もやった。次郎も食べた。
「けっこうおいしかった」そうだし、別にお腹もこわさなかった。

するってーと、人間用のゼリーのストックを切らした場合には、
ムシゼリーでもOKってことかにゃ????(゚▽゚)アポー

by poyo25 | 2006-07-29 12:28 | お家の仕事 | Comments(20)

本日の収穫

1. 巨大明太子!

昨日のブログでうちが明太子好きだということを読んだ、つくしねーさんから
ものすごーくでっかくておいしそうな明太子を頂いた。
どのくらい大きいかって、
この間私が買った「5切れ398円」の明太子をわたくしのクチビルぐらいとするなら、
今日頂いたのはオバケのQ太郎のクチビルぐらい(≧▽≦)
子供たちに見せたら、「つくしさんってなんていい人なんだろう♪」と感激していた。

ありがとうごじゃいます。
我が家は明太子大好きでごじゃいます。
トリュフ、フォアグラ、現金、商品券なども大好きでごじゃい・・・・・あっ、殴らないで・・・・

2. 卵焼き用フライパン

まだ持ってなかったんかいヽ(*`д´)ノ と自分でも呆れるが、
今までは小さい普通の丸フライパンで卵焼きも作っていた。
ま、これからお弁当を作る機会が増えることだし、
何しろ580円だし、買って損はなかろう。

3. カブトムシ(オス)

この暑い中、外で友達と遊びまくっていた次郎が拾った
マンションのエントランスにへたばっていたんだと。
だけど、家の中に連れて来てからはやたら元気。
ゼリーはがつがつ食べるは、飼育ケースのふたを取ったら脱走しそうになるは、
とても写真が撮れる状態ではない。

そのうちメスを取ってきてあげるから、おとなしく待っててね♪(*^-'*)>

by poyo25 | 2006-07-26 23:49 | その他 | Comments(12)